かぐや ルーティーン。 かぐやのルーティーンマグカップ

アニメ「かぐや様は告らせたい(第二期)」第9話感想(ネタバレあり)|ヌマサン|note

かぐや ルーティーン

Voters: 340 redditの反応 635 points 伊井野の妄想に石上がいなかったことを指摘する大仏。 最初は大仏も候補に挙がったけど、10回その話を聞いても気にしていないみたいだから、石上だと思う。 伊井野レベルとはいかないまでも、(いままで触れてきた)豊富なフィクションが燃料となり、彼もアクティブな想像力を持ってそう。 redditの反応 444 points ショートへアーの石上。 髪を後ろに下ろしている石上。 女子の制服を着た石上。 とんでもない化粧をする石上。 私の中の何かが間違いなく目覚めた。 redditの反応 354 points ドアを開ける伊井野。 かぐやの制服を着た石上を見てすぐに閉める。 トップクラスのコメディ。 redditの反応 344 points 伊井野が全員の中で一番やらしい。 彼女は気づいていないだけだ。 ユニークなユーモアセンス(皮肉っぽくて自虐的なものが多い)があるから。 そして、取るに足らない描写に伏線を潜ませておくことに関して神だから。 アニメスタッフ(声優も含め)が作品を実際に愛し、気にかけていて、漫画を超えるものを作ろうと全力を尽くしているから。 redditの反応 519 points 千花ダンスに匹敵するかぐやジグ(ダンス) それから、ピーナッツ(スヌーピーの正式タイトル)の引用もとってもキュート! 大仏の「えぇー」がオープニングをまたいで続いたことが気づいた?油断してたわ。 西洋のものの引用を増やし始めたみたいだ。 redditの反応 716 points このアニメ化におけるA-1の自由度は漫画読者も楽しませてくれる。 彼等のアーティスティックなアプローチにはたびたび驚かされるよ。 一回の投げで会長をのしてしまうなんて、彼女はぶっ壊れキャラ。 redditの反応 357 points 初めから、OPにあの手のルーティーンがあったことに気づいた時の、あの気持ち。 redditの反応 49 points かぐやの愛のゲージが溢れそうだったから、簡単にリミットブレイクが使えたんだよ。 スポンサーリンク redditの反応 98 points スヌーピーの引用は本当に予想外だった。 クレイアニメ(粘土アニメ)の引用も一回ぐらい期待できそう。 redditの反応 石上がボクサーブリーフを着ている。 何という(シナリオの)連続性。 伊井野の夢のフルバージョンが見たい。 そしてマドンナのVogueに合わせて踊るかぐやのミュージックビデオが見たい。 redditの反応 134 points 石上は倒すと誓った相手そのものになってしまったんだな…。 redditの反応 189 points OPの謎が解けた。 急に落ち着くかぐやがずっと奇妙だと思ってたんだ。 redditの反応 136 points 大仏の感情のこもってないリアクションはいつも見ていて楽しい。 そして友達の戯言に付き合う様子を見ているのが楽しい。 redditの反応 ワオ、今回は特に高品質のエピソードに感じる。 物凄く滑らかだ。 伊井野のファンタジーは映画レベルのクオリティ。 ルーティーンを探すかぐやのダンスはものすごく唐突だったけど素晴らしかった。 もし会長がかぐやのティータイムやハンモックタイムを見たら、キュートがオーバーロードして気を失っていたかも。 redditの反応 284 points スタッフが伊井野の空想に全力だった。 全く不満はない。 彼女の空想レベルはウルトラいやらしい級。 lol redditの反応 326 points すまないみんな。 だけど石上がベストガール。 MALの反応 二つ目のパートのルーティーンを練習するカグヤが今季の千花ダンス?恐ろしいくらい滑らかだった。 MALの反応 石上のパートが一番好き。 何故なら独白がトップクラスだから。 今回の続きが凄く見たい。 応援団の石上を見て、伊井野はどう反応するだろう。 この二人は全くかみ合わなそう。 MALの反応 wohooo 2期はかぐやダンスだ。 唯一の不満は短すぎたことだな。 MALの反応 ゴッド、これはファンタスティック。 そしてクリフハンガー。 続きが見たい。 ミコの想像は間違いなくパンチがあるxD たった数週間前は鉄の心を持っている女の子を想像していたのに、最も少女な空想をする子だったなんて lol アレに何度も付き合う友達が不憫. そして石上君の不幸。 自分から克服しようとするのは勇気があるし、将来の成長を後悔することはないと思う。 あのクラブのメンバーたちが何とかしてくれると思うから、大笑いできるのが今から待ち遠しい。 なんと言うか、とても自由なグループみたいだからね。 引用:reddit, MAL, MALスコアは8. 伊井野の空想(妄想)に関する反応が多めだったでしょうか。 彼女のキャラクターがだいぶ浸透してきたっぽいですねw スヌーピーなどのパロディに関する反応も結構ありました。

次の

『かぐや様は告らせたい』第169話 早坂愛のモーニングルーティン 感想 : だけど信じてる 信じてる どうか信じさせて

かぐや ルーティーン

古くは イチローのやる打席前の所作、近年では 五郎丸ポーズで有名になった「 ルーティーン」。 そういや「ルーチンワーク」の「 ルーチン」と同じ言葉なのになんでルーティーンなんて違う表記の仕方の言葉として浸透したんでしょうね? 今週はそんなルーティーンにまつわるバカ話。 週刊ヤングジャンプ 赤坂アカ かぐや様は告らせたい71話 「かぐや様は触りたい」 68話の体育倉庫イベントをいまだにひきずって引き続き 心臓がおかしくなってる かぐや。 白銀の顔を見ただけで頭がパニックになるそうです。 ピュアです。 逃げてばかりいるので白銀から「避けられてる」と思われるほどになってしまいました。 生活に支障が出てきてます。 かぐやは心臓病の次は 脳病を疑い始め、そして 早坂は言外に オツムの病気だと身もふたもないことを言うのが相変わらず面白いです。 早坂が提案したのが ルーティーンでした。 一定の動作を自分の心を落ち着かせる儀式として精神状態をリセットする自己暗示法。 かぐやは「 右手で左頬を触る」という動作をルーティーンに設定し、その動作を取ればすぐに平常心を取り戻すよう訓練を積みます。 これって ジョジョ2部で ワムウが自分で両目を潰した「 スイッチング・ウィンバック」も要するに同じことなんでしょうか。 あと 喧嘩稼業(喧嘩商売)の「 無極」はルーティーンをさらに一歩すすめて何の動作もなしに精神状態を自己コントロールする技なのかなあーって気もします。 話を戻して、かぐやはあっさりとルーティーンを会得しました。 これで白銀の前でいても平常心を保てます! では!いざ! (PR) 放課後の生徒会室で二人きりで対峙します。 「俺の事を避けてないか?」 さっそく動揺するかぐやですが、「ルーティーンは乱用すると効果がなくなるのでいざというときのみに使うべし」という教えから、まずは距離を取ろうとします。 しかしその瞬間に白銀に 手を掴まれてしまいました。 計らずともルーティーンを封じられてしまい、もうなすすべがありません。 もう詰み、アウト。 二人きりで対峙した瞬間からこうなることは薄々予想がついていましたが、どうにもならなくなってパニックになるかぐやは面白くてかわいいです。 かぐやの精神的許容量「 テンパリゲージ」が限界値を一気に大オーバーして、白銀を 一本背負いしてしまいました。 限界になると投げ飛ばしてしまうのね。 今週は登場人物がかぐやに早坂に白銀の3人だけで、なんか初期のノリというかこの漫画の純粋な 原点のような話って印象でした。 私はこの漫画最初は気に留めないまま読んでいて、いいと思うようになったのは 伊井野が登場してからで、読んではいたけど注目するようになったのはかなり遅い読者です。 なのでこういう話を読むと「あ、 かぐや様って本来こういう漫画だったっけ」と改めて認識するのでした。 次回からは体育祭編?.

次の

TVアニメ『 かぐや様は告らせたい? ~天才たちの恋愛頭脳戦~ 』第9話【感想コラム】

かぐや ルーティーン

圭ちゃんは反抗期 圭ちゃん、反抗期だったんですね……兄への。 キス未遂の一件依頼、かぐやに避けられがちになった白銀会長……なぜか自宅で花占い……落ち込み具合からみて、きっとろくでもない結果だったのでしょう。 そんな兄の様子を見て、圭は強い興味を抱くものの……今の圭は絶賛兄反抗期中。 食事中にジュースを飲まない、好き嫌いしてはいけない……などなど、確かに白銀の言動はオカンそのもの。 そして父親はというと7年音沙汰ナシの妻にいまだに未練たらたらで離婚届の判も押せない甲斐性なし……反抗対象としてはちょっと難易度設定高めなのです。 でも、そんな白銀パパだけど……息子の事情聴取は妙にうまい……圭も思わずガッツポーズ(よしっ) ただ、反抗期とはいいつつも、兄のことを心から嫌っているわけではないんですね……むしろちょっとブラコン気味で、それがちょっと恥ずいだけ。 その反動からちょっと罵倒気味に質問してしまうところが個人的にはかなりツボ……出番は少ないながらもしっかりと爪痕を残していく……そういうスタイル、好きやで。 で、結局、白銀パパのパパ活(誤)は聞いた本人にダメージが入り……見かねた圭が「好き避け」という適切なアドバイスを送っていた……なんだかんだで兄大好きな反抗期。 圭の分析は極めて正しく……ルーティーンを会得したかぐやの歩み寄りにより、キス未遂の一件はこれ以上引きずることもなさそうだった。 ただ肝心の兄の恋愛相手についてはわからずじまい……藤原書記の妹が義妹になる世界線に戦々恐々としている様子だった。 圭ちゃんのまたの登場に期待する。 悪霊が人間になるまで 白銀会長……また藤原書記に特訓受けてましたね……今度はソーラン節。 これまでもバレーボールや歌の特訓で藤原書記に地獄を見せてきたわけですが……今回はその悪霊めいた踊りでエクソシスト体験させた挙げ句、途中で見捨てられるなど、さすがのチカメンタルも限界迎えるの早かった。 けれども会長の場合、たとえ運チでもオンチでもこれまで努力でカバーしてきた実績がある。 実際、特訓の成果はそれなりに出ており、少々見た目は悪くとも、体裁さえ整えば白銀的には無問題。 ただ、今回の場合は藤原の表現者気質の逆鱗に触れてしまったのが悪かった…。 とはいえ、藤原書記の「表現」から入る手法はダンス音痴な白銀会長にはむずすぎる。 藤原書記が去ったあと、入れ替わるように来たかぐやがダンスレッスンを引き継ぐことになるのですが……そのことを利用して会長にボディタッチしまくるなど、珍しく肉食気味になっていた……マッサージの件で味をしめたのか? そんな最中、まさかの藤原アイルビーバック……生徒会長の椅子にどっかと座り、ただならぬ気配をまとわせる……ちょっとした魔王感あり。 形を重視するかぐやに対し、藤原書記は表現の本質を重視する……激しく対立する二人に白銀会長は両腕引かれて、ソーランソーラン大変ソーラン……これがかの有名な大岡裁きなるものなのか(違う) ただ、そのおかげで白銀会長は引っ張られる網の気持ちを理解した。 結果、白銀会長、スキル「ソーラン節」修得……努力が報われることを身を以て証明してくれた(違和感) 大仏視点の石上優 大仏視点での石上エピソードがとても興味深かったですね。 石上は中学時代のストーカー事件をきっかけに1年の女子全員からの風当たりが強い状況なのですが……大仏だけはそんな石上に対して正しい認識を持っている。 大仏によると石上とミコ、この二人はとても良く似ているとのこと……ただし仲は普通に悪いという認識。 大仏の回想に出てくる石上は、伊井野の背中の中傷の張り紙を本人に知られずさっと取り除く男。 そしてミコは、石上を高校に進学させないという学校側に食ってかかる正義感の強い女。 お互いに知らないところで助け合う……おそらく大仏はそんな二人の関係性を唯一知る存在なのかも。 そして彼女もまた彼女なりの正義感を有しており……応援団の団長に対して石上のことをそっと口添えするなど、風紀委員として陰ながら石上のことを応援する…。 そんな大仏に対する団長と副団長の答えは……パリピーという偏見が一気に吹き飛ぶような気持ちよさ……めっちゃいい人達やんけ。 当の石上はミコにゲーム没収され連行されてしまったけれど。 個人的には、今回の石上のエピソード……もっともっと知りたいですね。 石上優は知れば知るほどイケメンになる傾向ありますからね。 なお、さすがの大仏でも藤原書記が所属するテーブルゲーム部は取り締まり不可案件みたいだった……。 白銀パパのパパ活(誤)ふたたび 不定職の白銀パパ……今度は息子の体育祭にいらっしゃっていましたね。 白銀はなんとかソーラン節をやりきるも……声に振り向けばヤツがいる。 白銀的には絶対かぐやに会わせたくない……ということで食堂のカレーパンをすすめるも……これが逆に仇になった。 生徒会でただひとり、赤組になったかぐや様……めちゃくちゃ遠くから会長の走る姿を応援する様子がなんとも微笑ましい……横にパパさえいなければ。 会長を応援する横で息子をディスる謎の男……会長ラブなかぐやにしてみれば、この男、看過できない。 必死に白銀会長のことをアピールするも……さすがに家族には勝てんわな……。 結局癇癪起こしてプリプリしてた……ただパパ的にはそこが「おもろい」 このパパさん、甲斐性はないんだけど、その実相手から話を聞き出すのが妙にお上手……結局かぐやはいいようにパパの言葉に振り回され……会長への恋愛感情をほぼほぼ丸裸にされていた。 最近のかぐや様、ほんとリアクションいいからなぁ……パパのパパ活(誤)大成功やん。 そして白銀ご本人の登場により、さらに恥ずか死ぬところもいい……息子も恥ずか死んでいたけれど……それはそれでパパ的にはおもろいですよね。 圭ちゃんからは「洗濯物を一緒にしないで」なパパだけど……いずれはかぐやの「義父」になる日が来るのかもしれない。 ちょー楽しみだわ。 まとめ アニメ「かぐや様は告らせたい?~天才たちの恋愛頭脳戦~(第2期)」第10話「白銀圭は話せない/白銀御行は踊りたい/大仏こばちは取り締まりたい/白銀父は聞き出したい」を視聴した感想について書きました。 今回は圭ちゃんや白銀パパなど、白銀家の出現率が高く、また家を出ていった母親の話題も出てくるなど、また一つ白銀家の知識が深まる回だったように思います。 また、個人的には大仏こばちによる石上エピソードがとても興味深く……できれば第2期の間にもっともっと深堀りしていって欲しいところ……一年女子達からの風評が少しでも改善されることを期待したいですね。 次回もとても楽しみです。 以上、アニメ「かぐや様は告らせたい?~天才たちの恋愛頭脳戦~(第2期)」第10話の感想でした!.

次の