トップナイフ 3話 感想。 【第3話】ドラマ『トップナイフ

トップナイフ

トップナイフ 3話 感想

番組内容、放送時間などが実際の放送内容と異なる場合がございます。 TiVo、Gガイド、G-GUIDE、およびGガイドロゴは、米国TiVo Corporationおよび/• またはその関連会社の日本国内における商標または登録商標です。 「Yahoo! テレビ. Gガイド」はYahoo! JAPANのサービスであり、ヤフー株式会社が株式会社GYAOと協力して運営しています。 - - - - -• Copyright C 2020 IPG Inc. All Rights Reserved. Copyright C 2020 GYAO Corporation. All Rights Reserved. Copyright C 2020 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

次の

トップナイフ4話あらすじネタバレ感想動画・西郡の痛みの正体が明かされる?|みやびカフェ

トップナイフ 3話 感想

Contents• 里美の手術は非常に難しい手術だった。 そして、今出川が深山たちトップナイフを集めた理由は、妻に最高の治療を受けさせるためのエゴだった。 保に芽生えはじめた、父親の感情 黒岩 椎名桔平 は保の忘れ物を届けに小学校へ向かった。 すると、同級生たちからいじめを受けるも無反応な保の姿を見かけた黒岩。 かつての自分を重ね合わせていた。 学校が終わった頃を見計らって保を待っていた黒岩は、高級な料理をご馳走しようといしたが、保はドリンクバーがあるファミレスで満足した。 いじめのことを聞くが反応の薄い保に、 自分の身は自分で守れ。 男はなめられちゃダメだ。 自分は舐められないように腕を身につけた。 オペだよ、オペの技術だ。 そして無敵になった。 強いんだ、オペって…。 オペのこと全く知らない保だったが、黒岩の言葉に納得してくれた。 そして、今出川は辞表を出す考えでいた。 里美 有森也実 は落ち着いているときは普通の妻だが、錯乱状態になると今出川に怒鳴り声で電話を入れることもあった。 海外にいる娘たちに連絡したか気にしていた里美だったが、連絡したから安心してと今出川から言われ、自分の物忘れを気にしてしまう。。 今出川は、いろんな薬のせいで混乱していて皆同じなんだと説明する。 保 嶺岸煌桜 とダブった黒岩 椎名桔平 の過去? 黒岩 椎名桔平 は深山 天海祐希 をバー・カサブランカに誘った。 保のために日本に残るつもりかと問う深山に、黒岩はDNA鑑定のやり直しを頼みつつも、保にかつての自分を見ていた。 人を探るような目つき、無抵抗な弱さ、昔の俺だ…。 黒岩の父親は酒を飲んでは暴れるろくでなし。 母は妹を連れて出て行った。 黒岩が高校のときに父親が死んで、奨学金で地方の医大に入ったが、それでは這い上がれない。 アメリカに渡り修行を積んでトップナイフになった。 人間は所詮ひとり。 そうだろ!? 黒岩は辛い人生を語ってくれた。 里見 有森也実 の積年の恨み 事故で鉄筋が頭部に突き刺さった中学生・添田徹 田中奏生 が搬送された。 深山と西郡が緊急手術を担当することに。 徹の母 鈴木杏 も病院へ駆けつけた。 徹の手術は鉄筋を抜くと出血が大量になり、予断を許さない状況。 そんな中、今出川の妻・里美 有森也実 がまた暴れ出し、黒岩・幸子・犬飼 福士誠治 が駆けつけ処置を行い落ち着かせていた。 今出川が黒岩に里美とのことを語りはじめた。 今出川も昔は血気盛んな脳外科医で、腕には絶対の自信があったという。 上司に楯突いて飛ばされた頃に紹介されたのが里美だった。 自分の実力を思い知り、当時は上手くいかないことを里美にブチまけていた今出川。 今、里美が今出川に暴言を吐くのは「積年の恨み」だろうという。 医師としては、それが妄想だとわかっている今出川も里美の言葉に傷ついていた。 そのころ、添田徹の手術は無事に終わり経過観察となった。 保 嶺岸煌桜 がヤラせだった 黒岩 椎名桔平 のもとへ、母親 内田慈 が保を取り戻しにやってきた。 新しい男ができたから保が邪魔になったが、その男が保と一緒でいいというから引き取りに来たと言われ 「ふざけるな!」と激怒する黒岩。 すると母親から 「だってあなたの子じゃないもん、保は」と言われる。 保に関する調査を依頼していた探偵 六角慎司 から、 DNA鑑定はヤラせですべて嘘だったと報告される。 せっかく芽生えはじめていた、父親の感情。 黒岩は保を手放さなければならなくなった。 いつでも何度でも行けよ…と言いながら涙ぐむ黒岩を心配した保は、 「オペがついてるから大丈夫だよね?」 と、黒岩を励ましてくれた。 部長になれば第一線を退くことができ、その時間を家族に充てることができる。 君はまだ間に合う!僕のようになっちゃいけない。 と、今出川は深山を説得した。 一方、今出川も参加するなら手術を受けると里美 有森也実 に言われ、手術について綿密なシミュレーションを始めたトップナイフたち。 保 嶺岸煌桜 が黒岩 椎名桔平 に残した戦隊ヒーロー バー・カサブランカでは、幸子 広瀬アリス が来島 古川雄大 に 「女が愛せないってどういうこと?」 と聞くが、来島から「脳がそうなってる」とはぐらかされる。 〜その夜🌙〜 ふと目を覚まし洗面所に行くと、タオルの上に保 嶺岸煌桜 が大事にしていた戦隊ヒーローの小さなフィギュアがあった。 タオルが入った引き出しを開けてみるとそこにも戦隊ヒーロー。 最後のひとつはドラム式の洗濯機の中にあった。 黒岩は、保との何気ない会話を思い出した。 「この家で弱いところってある?そこに置いておけば守ってくれるよ。 」 保のやさしさに涙ぐむ黒岩だった。 徹 田中奏生 の事故は母親 鈴木杏 が原因!? 目を覚ました徹 田中奏生 は、深山に語り始める。 Sponsored Search トップナイフ「最終回 10話 」予告・あらすじ 次回はいよいよ最終回です! いよいよ、今出川(三浦友和)の妻・里美(有森也実)のオペが始まろうとしていた。 まずは西郡(永山絢斗)と幸子(広瀬アリス)が開頭した状態の里美に話しかけながら脳のチェックをしていく。 今出川も参加し、順調にオペが進むが……。 一方、深山(天海祐希)は、鉄筋が頭部を貫通する事故から奇跡的に回復に向かっている中学生・徹(田中奏生)から、「母親に殺されそうになった」と打ち明けられ、驚きを隠せない。 しかし、オペを前に突然徹の容態が急変する……!! 引用:公式サイト 以上、最後までご視聴いただき有難うございました。 人気記事.

次の

トップナイフ 3話ネタバレあらすじと感想 評判!~東京人なのに関西弁しか喋れなくなる?~―天才脳外科医の条件―|ドラマ情報サイトのドラマイル

トップナイフ 3話 感想

子供の面倒を見る為、シフトの調整をしようとする今出川(三浦友和)だったが、深山と黒岩はあえて仕事を優先する。 そんな中、黒岩は関西弁の患者・赤坂(金井勇太)から、生粋の東京人であるにも関わらず、外傷性くも膜下出血になった後、関西弁しか話せなくなったと相談を受ける。 ntv. 赤坂の場合は関西弁になってしまう症状だった。 赤坂の彼女は関西弁が大っ嫌いらしく、赤坂は彼女にバレた時のことを不安がっている。 コタール症候群とは、自分が死んでいると思い込む病気。 右脳の損傷が起こると人物や空間を認識する側頭葉や頭頂葉が機能不全となり、現実との関わりを実感できなくなる。 さらに前頭葉の機能不全が加わると最終的に全ての感覚情報が大脳辺縁系に届かなくなる。 何を見ても何を食べても何も感じない。 だから自分が死んでいると思い込む。 だから神辺は「深山のオペで殺された」と警察に通報したのだ。 非常に珍しい病気で、深山(天海祐希)も初めて視たという。 神辺はもともとエリートでお金持ちで陽気な人だった。 それが今では自分が死んでいると主張し陰気な雰囲気を纏っている。 ある日、神辺は入院している病室から検査室へ向かう途中、死んでいるから二階から飛び降りても平気だと思い込み、1階めがけてダイブw 頭を打って集中治療室に入れられる。 一方で、関西弁に訛ってしまった外国語アクセント症候群の赤坂は、見舞いに来た彼女にプロポーズ中、容態が急変。 緊急手術に入る。 天海祐希と永山絢斗が執刀。 うまく行っていたが、途中で脈が下がらなくなってしまった・・・。 何かがおかしい。 広瀬アリスは赤坂の彼女から、赤坂がプロポーズで緊張し、喉を掻きむしっていたことを聞いていた。 「赤坂の喉は腫れていた気がする」 広瀬アリスの一言で赤坂が甲状腺クリーゼだということがわかる。 処置したら脈も正常に戻った。 広瀬アリスの起点のおかげだ。 甲状腺クリーゼは脳疾患と混合しやすい。 プロポーズという過度の緊張から起こったことかもしれない・・・。 術後、広瀬アリスから話を聞いた赤坂の彼女は「関西弁くらいで嫌いになるはずがない」と赤坂に駆け寄る。 「家族になろう」 彼女は赤坂に逆プロポーズ。 目撃した広瀬アリスも感激して拍手w そんな中、神辺がベッドから消えた。 焦る椎名桔平。 探し回ると、神辺は椎名桔平が愛人から押し付けられた少年とお笑い動画を見ていた。 くだらない動画で笑顔になる神辺。 「あれ?俺、今笑ってました?くだらない・・・」 「笑ってましたよ、人生って笑っちゃうほどくだらないものでしょう」 「だったらもう少し生きてみるか」 コタール症候群はうつ病を併発することが多い。 笑うということは回復の兆しだ。 その後、神辺が離れ離れになっていた娘が訪ねて来た。 「生きていることに意味がない」と言っていた神辺だったが、娘の姿を見て涙ぐむ。 「人生・・・無駄にしたな」 「後悔してるなら来てよかった」 ということで、3話の患者さんは2人ともいい感じに落ち着いた。 天海祐希と椎名桔平の子ども問題は未解決のまま。 そして次回は永山絢斗のバックグラウンドが明らかになりそう。 1話では脳の手術でDVが治るとかなんとか。 2話はそこら中の男が元カレに見えてしまうフレゴリ妄想。 そして3話では関東人なのに関西弁になってしまった「外国語アクセント症候群」と自分が死んでいると思い込む「コタール症候群」。 知らない病名が多くて新鮮な気持ちで見れてます。 脳は人間の体で1番謎が多い部分って言われてますもんね🤔 こんなに日常的に珍しい症状の患者が現れるのかは謎ですがw でも今期の医療ドラマの中で「トップナイフ」上位で好きかもしれない。 心に残る内容の濃いドラマといえば「アライブ」や「心の傷を癒すということ」だけど、「トップナイフ」はライトにテンポよく見れて好きです。 洗濯物畳みながらでも内容がちゃんと入ってくるのでいい。 全てのドラマが濃くて重かったら洗濯物たたむ時間が無くちゃうから有り難いですw ってことで、「トップナイフ」。 3話を終えて今期の中では上位に挙げたいドラマの1つです。 「恋は続くよどこまでも」のことは医療ドラマと認めていませんw 小机(広瀬アリス)のキャラが不思議 小机の設定に 幼い頃から神童ともてはやされ、何事も一番が当たり前でトップ中のトップになる人生を歩んできた。 名前もわからず家族に連絡もできない中、複雑な表情を浮かべていた西郡(永山絢斗)は、女性患者と自分の関係を告白する。 患者の娘・千春(三浦透子)によると、女性心臓外科医の第一人者だった患者・喜和子は2年前に脳腫瘍を発症。 誰もやりたがらない難手術を西郡が執刀した結果、記憶をなくして徘徊を繰り返すようになったという。 手術ミスのせいで喜和子の人生が台無しになったと千春は西郡を責めていて…。 さらに、喜和子の意外な正体が明らかになる。 そんな中、60代の男性・山口清(本田博太郎)が幼馴染の内田正(綾田俊樹)に付き添って病院を訪れる。 記憶が3分しかもたず、自分が33歳だと思い込んでいる内田。 彼を親身に世話する清だが、なぜかバッグの中には包丁を隠し持っていて……。 今出川(三浦友和)は清が心に抱えている暗い感情に気づくが……。 西郡と喜和子との関係を自分と娘の関係に重ねる深山はその夜、カサブランカで顔を合わせた黒岩に言い過ぎだとたしなめるが、「甘い」と切り捨てられて……。 一方、来島(古川雄大)への思いを持て余す幸子(広瀬アリス)は、自身をコントロールできなくなる中、まさかの来島からの急接近が! 記憶をなくした患者とその周りの人間関係が渦巻く中、深山は脳に刻まれた患者の『真の想い』を読み解いていく・・・。 ntv.

次の