ダルビッシュ サブ チャンネル。 ダルビッシュ、周囲のサポートに感謝し25日先発

ダルビッシュ有

ダルビッシュ サブ チャンネル

ダルビッシュ有関連チャンネル 1 Yu Darvish(ダルビッシュ有)のYouTube公式チャンネル。 ブルペンの様子やトレーニング解説、プロテイン紹介などの動画を投稿している。 妻は元女子レスリング選手の山本聖子。 :1986年8月16日生まれ 出身地:大阪府 [2020年1月19日] カブスのダルビッシュが、このオフ精力的に行っているYouTubeでの動画配信を、キャンプ中やシーズン中も継続していくと明かした。 17日にシカゴでファン感謝・・・ [引用元:スポーツニッポン] [2019年12月9日] MLBシカゴ・カブス所属のダルビッシュ有が、本格YouTuberデビューをしてから1ヶ月が過ぎた。 YouTubeチャンネルそのものは2年前から開設されていた・・・ [引用元:NEWSポストセブン] [2019年11月12日] およそ2年前から、自身のYouTubeチャンネルを運営しているダルビッシュ。 これまではトレーニング中の様子や野球に関するアドバイスなどを動画にまとめアップ・・・ [引用元:BIGLOBEニュース] [2019年9月6日] メジャーリーグ シカゴ・カブスのダルビッシュ有投手が9月2日、自身の公式YouTubeチャンネルに「ビジュアライズトレーニング」と題した動画を公開。 ・・・ [引用元:リアルサウンド] ダルビッシュ有と同じやってみた系ユーチューバー はじめしゃちょーは日本国内でYouTubeチャンネルの登録者数が最も多いYouTuber(ユーチューバー)として知られている。 実験・ドッキリ・質問への回答・商品紹介などジャンルに関わらず様々な動画を投稿している。 :1993年2月14日生まれ 出身地:富山県 血液型:AB型 HIKAKIN(ヒカキン)はHikakinTVのほかHIKAKIN、HikakinGames、HikakinBlogと 4つのチャンネルを運営しているYouTuber(ユーチューバー)、ヒューマンビートボクサー。 動画の総アクセス数は72億回を突破、 チャンネル登録者数は計1080万人以上と日本を代表するYouTuber(ユーチューバー)。 兄のSEIKINもユーチューバー。 2010年に結成され、「アスレチック動画」をはじめ「コメディ」「チャレンジ」「ドッキリ」などを投稿している。 出身地:東京都 東海オンエア(とうかいオンエア)は6人組YouTuber(ユーチューバー)。 メンバーは、てつや・としみつ・しばゆー・りょう・ゆめまる・虫眼鏡で全員が愛知県出身者。 ネタ動画やドッキリなど過激な内容に果敢にチャレンジしており、体を張った企画を投稿している。 すしらーめん《りく》は実験・ドッキリなど動画を投稿しているYouTuber(ユーチューバー)。 :1999年5月30日生まれ 出身地:東京都 水溜りボンドはカンタ、トミーからなる2人組のYouTuber(ユーチューバー)。 キャッチコピーは「発想重視の2人組YouTuber」でドッキリ、実験、検証、都市伝説、心霊、料理、サバイバルなどの動画を投稿している。 他のYouTuber(ユーチューバー)ともコラボも多い。 カンタ:1994年4月4日生まれ 血液型:B型 トミー:1993年7月26日生まれ 血液型:A型 ヒカルはヒカル(Hikaru)、Hikaru Games、ヒカル2ndチャンネルの3つのチャンネルを運営しているYouTuber(ユーチューバー)。 都市伝説や心霊体験(ホラー)、実験検証、ドッキリなどの動画を投稿している。 元の所属はVAZ(NextStage)。 :1991年5月29日生まれ 出身地:兵庫県 スカイピースは、男性2人組のYouTuber(ユーチューバー)、音楽ユニット。 ネタ動画、検証動画などの動画を投稿している。 日常の出来事を刺激的に、おもしろおかしく表現した投稿やドッキリ、家族を使った動画が人気となった。 その後過激な動画を求めるあまり、学校を辞めそうになったり、選挙掲示板に自作自演騒動を起こし警察の捜査を受けるなどした。 :1998年9月14日生まれ 出身地:石川県 ポッキー(PockySweets)はゲーム実況を中心にしたYouTuber(ユーチューバー)。 あつまれどうぶつの森(あつ森)、バイオハザードなどのホラーゲーム、バカゲー・インディーズゲーム・死にゲーと呼ばれるゲームの動画が人気。 名前の由来はお菓子ではなく実家で飼っている愛犬 柴犬 の名前からきている。 :1998年1月27日生まれ 出身地:三重県 血液型:O型 6人組YouTuber(ユーチューバー)・東海オンエア(とうかいオンエア)のサブチャンネル。 撮影の裏側やメンバーの日常など、多種多様な動画を投稿している。 メンバーは、てつや・としみつ・しばゆー・りょう・ゆめまる・虫眼鏡。 (旧チャンネル)ワタナベマホトはYouTuber(ユーチューバー)。 2019年6月、同居していた女性への暴力で現行犯逮捕され、約8カ月間活動を休止。 その後復帰し、新チャンネルを立ち上げた。 オフショットやメインチャンネルでは公開していない、まったりゆっくりとして見られるような動画を投稿している。 おるたなChannelは大学のサークルで知り合った2人組YouTuber(ユーチューバー)。 メンバーはないとーと渋谷ジャパン。 実験・検証・UFOキャッチャー・ドッキリなどテンポよく見やすい動画を投稿している。 ないとー:1990年2月12日生まれ 出身地:千葉県 血液型:B型 渋谷ジャパン:1990年6月21日生まれ 出身地:埼玉県 血液型:A型 ブライアンは6秒動画Vineで人気に火が付いたYouTuber(ユーチューバー)。 過激なワードのアフレコ動画や「演じてみた」、ラップ動画で知られる。 下ネタ、ラップ、モノマネ、ゲーム実況などの動画を投稿している。 日本とアメリカのハーフ。 :1995年8月29日生まれ 血液型:O型 「しばなんチャンネル」はYouTuber(ユーチューバー)で最も有名な夫婦であるしばなん夫婦のチャンネル。 YouTuberユニット「東海オンエア」のメンバーの一人であるしばゆー、あやなんとのカップルの間に息子・ポンスが産まれた。 あやなん:1993年6月19日生まれ 出身地:埼玉県 レペゼン地球はDJ社長を中心としたDJ集団YouTuber(ユーチューバー)。 メンバーはDJふぉい。 、DJ銀太、ジェニファー、DJまる、マネージャー脇。 超過激的なDJ社長のノリが人気。 あまりにも過激なためチャンネル登録数100万人を前にアカウントBANになり更生し新チャンネルで復活した。 一億円プレゼント企画など話題性のある企画も。 アルバム・シングル曲も発表している。 ヴァンゆんチャンネルはYouTuber(ユーチューバー)の「ヴァンビ(VAMBI)」と「ゆん」の男女2人組のチャンネル。 実写化系ユーチューバーで、アニメに出る料理、武器、技の実写化やメイク、ファッションなどの動画を投稿している。 甘いルックスとテンポのいい話術で人気。 :7月10日生まれ ボンボンTVはやってみた系の動画を中心とするYouTubeチャンネル。 講談社と事務所UUUMが共同で運営をしている。 なっちゃん、りっちゃん、なる、よっち、いっちー、えっちゃん他多くのメンバーが出演している。 大食いやドッキリ、実験、お絵かき、DIY、対決などの動画を投稿している。 お笑い芸人の江頭2:50(ユーチューバー)のYouTube公式チャンネル。 「YouTubeでやりたいこと全部やってやる!おもしろいこと全部やってやる!」と体を張ったやってみた系の動画を投稿している。 :1965年7月1日生まれ 出身地:佐賀県 血液型:B型 身長178cm.

次の

思わずハマる!? ダルビッシュ有のYouTube配信が凄すぎる件

ダルビッシュ サブ チャンネル

【ダルビッシュ投手開設のゲーム用YouTubeチャンネル】 プロ野球のシーズン開幕戦が6月19日に決まり、ようやくファンも来月から試合観戦という楽しみを取り戻すことができる。 これまで緊急事態宣言が発令され、国中が自粛ムードに包まれる中、なかなか野球を楽しめる環境ではなかった。 それでもネット上で、野球を通じたエンターテインメントを提供し続けてくれた人物がいる。 ダルビッシュ有投手だ。 彼はYouTubeにメインチャンネルの他にサブチャンネルを開設していたのだが、このサブチャンネルを「」と改名し、ひたすらKONAMI社製の携帯アプリ『プロ野球スピリッツA(通称プロスピA)』をプレーする動画を公開し続けているのだ。 いわゆるゲーム動画の1つではあるのだが、そんな単純なものではない、かくいう自分も、ほぼ毎日公開される動画を楽しみにしているファンの1人だ。 プレー中は、登場してくる選手たちにまつわるエピソードを披露してくれるし、プレーごとに彼が感じた名解説をどんどん挟んでくれ、まさに極上の野球観戦として動画を楽しむことができる。 つい先日KONAMI社とコラボ企画を実施したこともあり、同チャンネルの登録者数は26. 7万人(5月26日現在)を数え、公開される動画は常に20~40万人が視聴している状況だ。 【自分と対戦して漏らした一言】 5月26日に公開された動画も、楽しく視聴させてもらった。 「言ったでしょ。 ダメなんですよ、このピッチャーは。 立ち上がりが悪い」 さらに以下のように続けた。 「立ち上がりが悪いです…。 でも結構僕、立ち上がりが悪いというイメージがあると思うんです。 でもね、そんなことはないです。 意外と初回の数字はいいっす」 【MLBでのイニング別防御率を完全比較】 このダルビッシュ投手の一言が非常に気になってしまい、早速データを調べてみることにした。 下の表を見てほしい。 2012年から2019年までのイニングごとの防御率をまとめたものだ。 2015年はトミージョン手術のため公式戦登板がないので省略している。 ちなみにダルビッシュ投手のMLBでの通算防御率は3.57なので、それより高い数値はすべて赤で表示している。 筆者作成) 如何だろう。 こうして比較をしてみると、確かに2013年と2018年は他のイニング以上に1回に失点される傾向が強い気がするが、逆に2014年と2019年はむしろ1回の方が他のイニングより失点が少なくなっているのが理解できる。 このデータからも、ダルビッシュ投手はすべてのシーズンにおいて立ち上がりが悪いという傾向を示しているわけではなく、むしろ立ち上がりが良かったシーズンがあるということが明確になった。 つまり彼の発言は正しかったのだ。 【引き続き動画公開に期待】 ということで、いろいろな意味で楽しませてもらっているダルビッシュ投手のYouTubeチャンネルだが、現在はMLBもシーズン開幕の方向で動き出しており、今後は動画公開を継続するのが難しくなっていくだろう。 ただ前述したように、現在は自分を含め彼の動画を楽しみに待っているファンが少なからず存在している。 もう少しの間でいいので、無理が生じない範囲で動画公開を期待したい。 自分が本格的にスポーツライターとしての活動を開始したのは、野茂英雄投手がドジャースに移籍した1995年です。 渡米後3年目のことでした。 そこから今年3月まで22年間、MLBの取材を続けてきました。 今年4月に24年間の米国生活を終えるまで、まったくNPBに触れる機会がなったわけではありませんでした。 一応日米野球やWBCなどの取材経験があります。 しかし基本的には相手チーム側の取材を担当していたので、実質的にNPBの現場を取材するのは今シーズンが初めてです。 つまり自分の野球取材の根幹はMLBでの経験がすべてであり、NPBに対する自分の視点は日本人というよりもむしろ、外国人選手にかなり近いと思います。 最近は日本でも多くのMLB情報を入手できるようになりましたが、それでも日本の野球ファンの皆さんが、自分が感じているような格差を明確に理解するのはなかなか難しいのではないでしょうか。 そこでそんなディープな情報を欲している一部の読者に向け、有料記事というかたちで自分が感じた格差をトピック別に紹介していくことを目的に、このレポートを立ち上げることにしました。 記念すべき第1回はまず「シートノック」について考えてみたいと思います。 皆さんが野球観戦のため球場入りする頃は、ビジターチームの打撃練習が終わりかけの頃だと思います。 なので皆さんが試合前にしっかり見学できるのは、両チームのシートノックではないでしょうか。 自分がここまで現場取材をしてきた限りにおいて、試合前のシートノックを実施しなかったチームは1チームも存在しません。 実はこのこと自体が、自分にとっては大きな驚きでした。 というのも、逆にMLB マイナーも含め では試合前にシートノックを行うことはほとんどないからです。 シートノックはあくまで連係プレーの確認のようなものです。 もちろんキャンプ中は基本練習として重要視していますが、シーズンに入ると月に数回やる程度です。 それも打撃練習前に投手と一緒に行い、NPBのように別枠でシートノックの時間をつくることはしません。 もちろん各個人の守備練習はしっかりやっています。 打撃練習中の時間を有効に使い、コーチ相手に自分の好きなだけノックを受けることができます。 中にはコーチにお願いして全体練習前に個別にノックを受ける選手もいるくらいです。 この点に関してはNPBも同様です。 打撃練習中にしっかり個別でノックを受けています(ただチームによっては外野手は打撃練習中にノックを受けないケースも見受けられます)。 それでも試合前には必ずシートノックを行っているのです。 高校や大学なら試合を行う球場で練習を行う機会が少ないですから、試合前にシートノックを行うのは効果的だと思います。 でもNPBの場合、たとえ遠征試合でも年間を通して使用している球場で練習を行っているのですから、グラウンドの状態やクッションボールの跳ね方は熟知しているはずです。 地方球場での試合ならまだしも、プロの選手たちが守備練習以外に毎試合連係を確認する必要があるようには思えないのです。 また打撃練習とは別にシートノックを行うことは多少の弊害があるようにも見えてしまいます。 特にホームチームの場合は顕著だと思います。 ホームチームは打撃練習が終わった後、ビジターチームの打撃練習が終わるまで1時間ぐらいクラブハウスで待機しなければなりません。 そして再びグラウンドに戻り、改めてウォーミングアップ、キャッチボールを行った後、シートノックを実施します。 そしてシートノック後はまたクラブハウスに戻り、試合前まで30分以上待たなければなりません。 結局試合開始前に選手それぞれがまたアップしなければならないことを考えると、シートノックを行うことで、結果として個人の負担を増やしているように感じています。 その点MLBなら、ホームチームは打撃練習が終了すれば、試合開始までグラウンドに戻ってくる必要がありません。 2時間余りの時間を選手それぞれが有効活用できるのです。 自分の体調や疲労度を考えて、自分なりの準備や個別練習(MLBは練習量が少ないと言われていますが、実は個々人でしっかり練習しています)をすることができます。 長丁場のシーズンを戦う抜く上で体調管理が重要なのは当然のことですが、NPBのようにチームとしての拘束時間が長いと、どうしても個人の裁量が制限されてしまいます。 このようにシートノックに関して日米格差があるのは、そもそもその根底に練習そのものの捉え方が違うからだと思います。 次回以降、また別の観点からいろいろな違いを紹介していきたいと思います。

次の

ダルビッシュ、周囲のサポートに感謝し25日先発

ダルビッシュ サブ チャンネル

大手検索エンジンのグーグルで表示された自身の肩書きが「ユーチューバー」とされたことに衝撃を受けた。 グーグルに名前を打ち込むと、肩書として真っ先に表示されるのは「YouTuber」。 そのことを指摘されると「間違ってませんが。。 」とつぶやいた。 ちなみに、インターネット百科事典「ウィキペディア」にもプロフィール欄に「大阪府羽曳野市出身のYouTuber」と記載されている。 その反応に対してフォロワーたちは「Googleに認定された男」「趣味が野球ですね」「本業はどっちなんですか?」「確かに間違っていない…」と大盛り上がりだ。 開設している公式チャンネルは登録者が48.9万人(29日正午現在)。 サブチャンネルとして開設した「ダルビッシュのゲームチャンネル」も19.1万人(同)に達している。 同チャンネルでは、スマホアプリの野球ゲーム「プロスピA」をプレイする動画を連日公開。 腕前はかなりのもので、すでに最高ランクの「プラチナ」に達し、連日、熱戦を繰り広げている。

次の