ケイ ヤク。 xxxHOLiC 8話「ケイヤク」

ケイ×ヤク

ケイ ヤク

極婚~超溺愛ヤクザとケイヤク結婚!? ~・第2話のネタバレ 口付けを交わし九条さんを求めます。 学生の頃好きだった九条はヤクザの道へと進んでいました。 九条は組を継ぐため蓮見に結婚を申し込んできました。 自分の心臓が相手に聞こえるほど脈打ってることに恥ずかしさを感じますが それは九条の心臓の音。 九条はシャツを脱ぎますが、蓮見はその姿に驚いてしまいます。 背中には大きな刺青がありました。 その姿に九条が 本物のヤクザであることを認識します。 蓮見は、自分の不安を九条にぶつけます。 自分は九条に買われたのか。 跡を継ぐためには嫁が必要だから利用したのかと問い詰めます。 問い詰めながら蓮見は泣いてしまいました。 九条は謝りながら蓮見を抱きしめました。 九条に抱かれる腕の中は気持ちよくて、 これは過去の恋心の残りなのか、恩義なのかわからないまま 九条の腕に抱かれていました。 会わせてほしい人がいると蓮見に言う九条。 その会わせてほしい人は蓮見の母でした。 九条は蓮見の母の墓に手を合わせ、挨拶をしていました。 その姿に蓮見は嬉しそうに母も喜ぶと笑顔で言いました。 蓮見からの言葉に九条は満面の笑みを浮かべます。 その姿をみて九条は怖い顔より笑った顔が似合うと思い、 蓮見も自分の母に挨拶しようとします。 すると、 九条は隣で大きな声でヤクザの挨拶を始めます。 その姿に蓮見は驚きを隠せません。 母に プロポーズさせていただきたい とお願いしだします。 蓮見に振り返り 結婚してください とプロポーズをしました。 蓮見をもう1人にはしないことを約束し、 自分の生きる理由になってほしいと伝えます。 その言葉は蓮見にはとても重くのしかかります。 これから先ヤクザの嫁として生きる事になることになるからです。 九条は蓮見への想いを語ります。 高校の時蓮見と向き合えず逃げた事をずっと後悔してきたこと 逃げたくない。 借金の事も関係ないとありのまま想っていることを伝えますが、 途中で言葉が口から出なくなってしまいます。 そして顔を逸らしながらグダグダになってしまった事を謝ります。 蓮見が了承するまで口説くと伝えました。 蓮見は九条の名を呼び、手を握ろうとした時。 突然、九条の電話が鳴ります。 電話にでながら九条は蓮見を見ますが、蓮見は口笛を吹きごまかしました。 九条は仕事に行かなきゃいけない事になりました。 九条は何かを思い出したかのように車の中に入り、蓮見にプレゼントを渡します。 開けてみるとそれは、 高級色鉛筆。 昔すごく欲しくて何度も店に足を運ぶほどほしかった事を九条に伝えます。 ただ 九条はその事を知っていました。 九条は蓮見にゆるキャラを作ってほしいと頼みますが、 ヤクザのゆるキャラを作るのかと驚きます。 九条の会社のゆるキャラだと説明をします。 蓮見は仕事で絵がかける喜びと高級色鉛筆をもらった事に嬉しそうな笑みでお礼を言います。 その姿に九条はいてもたってもいれず口付けを交わします。 秘書に車で送ってもらう事になりました。 蓮見はどうして九条がヤクザに入ったかを聞きます。 だが本人に聞いたほうがいいと言われると蓮見は落ち込んでしまいました。 その姿をみた秘書は九条が刺青をいれた噂をおしえます。 それは部下が失敗した事を知りその部下を逃がしたための制裁の為刺青をいれたとの話でした。 九条は部下には刺青を入れるなと言っていたといいます。 蓮見はもっと九条の事を知りたいと思いました。 蓮見は九条に連絡しました。 その事が嬉くて九条はニヤニヤが止まりません。 冗談で会いたかったの?と聞くと、蓮見は会いたかったと答えます。 嬉しそうにニヤニヤがもっと止まらなくなる九条をよそに ヤクザをどうしてやってるのか教えてほしいと伝えます。 そしてヤクザをやっている理由を話します。 子供の頃からヤクザに囲まれる生活をしていてみんなを見ていて、 極道になりたくてなった人がいないことに気付きました。 そして組長をやっている自分の親父が余命一年の宣告をうけているその間に次の跡目がきまります。 その時までに自分が跡を継いであの組を解散させて新しい居場所を作ることを考えていることを教えてくれました。 蓮見は紙を九条に渡します。 その紙には前に言っていた会社のゆるキャラを書いたと伝えます。 描かれていたのはキリンでした。 九条はどうしてキリンなのかと聞くと九条の背中の刺青の描かれたキリンから描いたと伝えます。 九条の刺青について調べたことを伝えます。 キリンの性格は穏やかで殺生をきらう事、でもいざとなれば闘う姿は九条に似ているからふさわしいと思ったと伝えます。 借りたお金はイラストで返していきたいと伝えます。 イラストで稼ぐ蓮見とヤクザを辞めた九条と普通の夫婦になれたらいい と笑顔で話します。 九条は蓮見を抱きしめ結婚しようと伝えました。 蓮見は肯定の言葉をかえします。 お互い服を脱ぎますが、蓮見は刺青を見たいといいます。 背中をむき刺青を見せます。 その刺青を丁寧に舐めていきます。 二人で家族になろうと決意を固めます。 蓮見は視線を感じよく見てみると女の人が見ていました。 女の人は続けなさいといいますが蓮見はおびえてそれ所じゃありません。 九条のお姉さんだと説明をします。 そのままの姿で挨拶をした後振り返り結婚は無理かもというと 九条は驚きの声をあげました。

次の

ケイ×ヤク

ケイ ヤク

もういないってことは亡くなったのでしょうか? するとそこに怒鳴り散らしながら駆け込む大和。 どうやら澪のGPSを見て、実家で何かされているのかと勘違いした様子。 慌てて止める若い衆を殴り飛ばしながら澪の元へ…。 灯里に対しても白咲の嫁が勝手なことをするなと凄み、灯里に殴られる大和…笑 澪は灯里に謝りますが、灯里はあんなに愛されて羨ましいと寂しそうに微笑むのでした。 大和が白咲家を出ようとすると、偶然帰って来た白咲と鉢合わせ。 お互いに睨みをきかせてけん制し合います。 その後、澪は志貴に連れられ家に帰りますが、大和は実家を昔から嫌っていたので自分の作る家庭にいつも恋焦がれていたことを聞かされます。 澪は大和も自分を必要としてくれたらありがたいと、大和との出会いを思い出し胸が震えるのでした。 帰宅した大和に対して、澪が作っていたのはオムライス!! 自分の好物だと喜ぶ大和に、澪は灯里が教えてくれたので今日のことを後で謝ってほしいとフォロー。 大和はそんな健気な澪を愛おしく思い、オムライスをおいしく平らげた後、幸せだと言います。 その言葉を聞いてうれし泣きする澪。 そして大和は結婚指輪を澪に渡し、さらにうれし泣き…笑 大和も澪と一緒に居れる毎日が奇跡だと思っているようで、幸せな瞬間を過ごします。 その後、大和に抱かれながら、大和の兄のことなどは少しずつ聞いていこうと思う澪。 しかし、その時、不穏な空気が流れ始めているのに澪は気がつかないのでした。

次の

ゲンケイヤクとは? ~ 使う場面で意味合いが変わるゲンケイヤク(原契約・現契約)について ~です。 | ビジネス初心者のための契約書入門

ケイ ヤク

素材が作る柔らかな着心地。 ヤクのニットを知る 今回取り上げるのは、「ヤク」のニット。 寒さが身に沁みる季節に身につけたい素材といえば、「ウール」や「カシミヤ」が代表的ですね。 そんな中、ウールの暖かさやカシミヤの保温性にも匹敵する「ヤク」という素材があるのをご存知でしょうか。 私たち日本人にはあまり耳慣れない種類のニットですが、実際に手で触れてみるとふんわりと滑らかで、非常に繊細な肌触りを感じることが出来ます。 そんな「ヤク」の毛を使ったアイテムについて深掘りしてみましょう。 ヒマラヤ山脈では、ヤクはチベット族の生活の糧として大切にされている動物です。 寒冷地で育つヤクは、厳しい環境にも耐えうるよう柔らかい毛と硬い毛の組み合わさった体毛になっており、非常に高い保温性があります。 常に呼吸をしている素材のため、暖かさだけでなく熱がこもって蒸れる心配もないのですね。 また、ヤクの繊維を特徴づけるのが「繊細さ」と「希少性」。 ヤクの毛は全体から柔らかい部分だけをクシですき取るため、 1頭からわずか100gしか採取できず、標高が高ければ高いほど高品質になると言われます。 ヤクの毛は14〜20ミクロンの細さとなっており、 一般的なウールの糸が20ミクロン以上であることを考えるとその細さが分かります。 毛が細いゆえにきめ細やかな編み地となり、風を通しにくく暖かさを保ち、 ちくちくと感じにくい優しい肌触りとなっているのです。 ヤクに限らず、様々な素材の繊維製品に共通することですが、 繊維製品は「織物」と「編み物(ニット)」に大別されます。 織物は縦糸と横糸の構造を持ち、 一方のニットは1本または複数の糸を特定の法則で編むことで 様々な模様を作り出します。 先述のように、繊維が非常に細いヤクの毛は、 ストールのような織物にすれば軽く薄くて、暖かい、 ニットにすれば柔らかかく素肌にも心地よい仕上がりになるのが特徴です。 冬のニットセーターといえばウールが定番ですが、 お肌が敏感な方はチクチクとした素材感が気になってしまうことも。 その点、ヤクはもともと繊維が非常に細いため、織物・編み物の生地に加工した際に 肌あたりが柔らかく感じることができるのですね。 ・高い保温性を誇る、冬の防寒アイテム なんといっても、ヤクの一番のメリットは保温性です。 またヤクの毛は汗を吸収し、外に蒸発させるため臭いがつきにくいことも大きなメリット。 冬のニット製品は気軽にお洗濯やクリーニングが出来ないのが気になりますが、 その点ヤクの場合、繊維そのものが自然に呼吸してくれるため 匂いがつきにくいというメリットがあるのです。 ・素肌にもチクチクしにくい、柔らかな着心地 また、繊維が細くチクチクしにくいため 素肌に直接触れても触り心地がよく、たとえば写真のような ノースリーブニットも快適に着用することが出来ます。 ボレロや光を反射するジュエリーを合わせれば パーティーにお呼ばれした時など、上品な装いに仕上がります。 SHOKAY(ショーケイ)のヤクのニットは、基本的にドライクリーニングでお手入れをしてください。 もしくは水で手洗い、あるいは洗濯機の手洗いモードでお洗濯も可能です。 洗剤はウール用洗剤をおすすめしますが、メーカーによりますと 髪用シャンプーで洗ってリンスやコンディショナーを柔軟剤代わりに使っても良いのだそう。 お手入れをしながら、7〜8年も愛用の方がいらっしゃるというのですから、 大事に使えば何年も着こなしたい愛用ニットになってくれます。

次の