千と千尋の神隠し 考察。 千と千尋の神隠し【謎解き・考察】~宮崎駿が伝えたかった事~

千と千尋の神隠しの坊は誰の子?父親の正体は何者かを考察

千と千尋の神隠し 考察

千と千尋の神隠しの「ハク」の正体は? ハクの正体 引用元: www. amazon. jp 普段は美少年のハクですが、 正体は白い龍です。 元々は 琥珀川(こはくがわ)に住んでいた龍の神様なのですが、都市開発のせいで川が無くなり住む場所を失ったのです。 そのため、湯婆婆の元に弟子入りしました。 「ハクはな、千と同じように突然ここにやってきてな。 魔法使いになりたいと言いおった。 ワシは反対したんだ、魔女の弟子なんぞろくな事がないってな。 聞かないんだよ。 もう帰るところはないと、とうとう湯婆婆の弟子になっちまった。 そのうちどんどん顔色が悪くなるし、目つきばかりきつくなってな」 引用元:映画『千と千尋の神隠し』より 帰る場所をなくした龍の神様。 それがハクの正体です。 結局、結末はどうなったのか? ハクは名前を奪われたから、湯婆婆の命令に逆らえませんでした。 でも、エンディングでは千尋がハクの名前を思い出してくれます。 「あなたの本当の名は、コハク川」 千尋のこの一言で、ハクは自分の本当の名前を思い出し、湯婆婆との契約から解放されます。 名前を取り戻したおかげで、魔女の契約は効力を失いました。 つまり、もう湯婆婆の命令に従わなくても大丈夫! 「私は湯婆婆と話をつけて弟子をやめる。 平気さ、本当の名を取り戻したから。 元の世界に私も戻るよ」 引用元:映画『千と千尋の神隠し』より 最後のシーンでは、ハクも 「本当の名前を取り戻したから大丈夫」と言っています。 この流れから考えると、少なくとも結末はバッドエンドにはならないはずです。 スポンサードリンク 補足:宮崎監督のインタビューも理由 インタビューの内容 また、ハクの八つ裂き説が噂された理由として、宮崎監督のインタビューも関係しているようです。 宮崎監督はインタビューされた時に「千と千尋の神隠しは悲しいお話なんですよ」と言っていて、この一言から 「千と千尋の神隠し=悲しいお話=ハクの最後が悲惨」という連想ゲームになったらしいです。 でも、宮崎監督のインタビューをよく聞くと、この説は違うとわかります。 2019年8月16日に放送された「金曜ロードショー」によると、 「悲しいお話」とはハクではなく千尋のことを指しているそうです。 もう少しいたら、カエル男たちや湯女たちともさらに知り合えただろうし、良い人、くだらない人、いろんな人がいることにもっと気づくことができたはずなのに、 それを全部捨てなきゃいけなかった、この映画は、実は切ない話なんです。 出典:金曜ロードショー「宮崎監督の想い」より(2019年8月16日放送分) そもそも設定が悲しい 『千と千尋の神隠し』に出てくる神様や妖怪は、人間のせいで被害にあったキャラクターが多いです。 ストーリー自体は優しい内容ですが、よく考えると悲しい設定なんです。

次の

千と千尋の神隠し・ハクの最後の結末は?公式や5年後のその後についても

千と千尋の神隠し 考察

タグ Chara Free! 『千と千尋の神隠し』のあまり知られてない秘密 まずは『千と千尋の神隠し』の謎に迫る前に知っておきたいトリビアをご紹介します。 「何度も鑑賞している」という人も情報を目にすると 新たな発見があるかもしれません! 『千と千尋の神隠し』の誕生秘話 宮崎駿監督は、普段の生活においても知人のお子さんたちを「小さな友人」と慕って交流を大切にしているそうです。 そんな背景から、本作品は主人公である千尋と同世代の「小さな友人」たちに贈るために制作されました。 作品には 「大丈夫、あなたはちゃんとやっていけるよ」という本気のメッセージが込められていると監督も説明しています。 他にも監督は厳しさの中にも美しさが広がる描写とともに 「この世界がどれほど豊かで、多くの可能性があるかを描きたかった」と作品誕生の背景を語っています。 「小さな友人」たちのための作品 宮崎駿監督は『千と千尋の神隠し』を「小さな友人」に喜んでもらえるように、主人公である千尋を彼らと同世代の どこにでもいるようなごく普通の女の子としてデザインしています。 そのため作品では、よりリアルな子どもの反応や思想が伝わり、臨場感あふれる描写で千尋をはじめとするキャラクターに親近感がわいてきます。 油屋のデザインモデル 千尋の冒険の舞台の1つとして日本文化を分かりやすく凝縮したようなデザインの湯屋である「油屋」が描かれています。 実はこの 「油屋」は、道後温泉本館、渋温泉金具屋、四万温泉積善館(群馬県)、旅館・鬼怒川「あさや」など日本に実在する温泉宿、日光東照宮など宮崎駿監督が訪れた建築物がモデルとされているのです。 そのため、作品中では 油屋は独創的かつ印象的なデザインに仕上げられ、 温泉や日本の建築物・美術の美しさだけでなく、おもてなしや食事までもリアルに描かれています。 湯屋は風俗店? 作品の中で千尋は「湯女」として「油屋」で働くことになります。 しかし、この「湯女」というのは実は遊女という意味があるのです。 「小さな友人」たちのための作品は、 風俗産業を舞台に描かれているという衝撃的な秘密が含まれています! しかし、宮崎駿監督が「小さな友人」たちのための作品にあえてこの舞台を選んだ理由を探ってみると 非常に難題な現実問題を訴えていることに気付きます。 悲しいことに世界中で学校に行けずに 就労している子どもたちもいれば、 貧困問題から逃れらずに生きる手段として誤った道へと進むしかない子どもたちもいます。 厳しくも美しく愛のあふれるかたちで千尋が成長していくストーリーの背景には、 大人たちが取り組まなければならない世界的な社会問題が訴えられているのです。 トンネルの正体は? 千尋たちは森の中にあるトンネルを抜けたことにより油屋の世界に辿り着きました。 トンネルというと子供の時には結構怖いイメージを持っていた方も多いのではないでしょうか? 現実世界と銭湯にゆっくりしている八百万の神々の世界をつなぐトンネルですが、千尋がくぐる時の 行きと帰りでトンネルの色が違っています。 冒頭で建築関係の仕事をしている千尋の父が、トンネルは「モルタル製」だと話すシーンがありましたが、帰りのトンネルを見ると石造りになっていることが分かります。 トンネルが変わってしまったのでしょうか。 このトンネルには行きは特別な魔法がかけられており、違う見え方をしていたのだと考えられます。 つまり帰りは元のトンネルに戻っており、戻ろうとしても戻れない状態にあったということです。 ハクが千尋に言ったようにトンネルを抜けるまでは振り向いてはいけないというのは、この魔法が関係しているわけではなく、純粋に千尋には自分を信じてこれからの人生を歩んでいってほしいというメッセージと解釈できます。 物語に潜む多数の謎 この物語は主人公は10歳のどこにでもいる「ごく普通の女の子」である「千尋」が引っ越しの途中で、不思議な世界に迷い込んでしまうことからはじまります。 『千と千尋の神隠し』のストーリーは神々を癒す湯屋が舞台で、さまざまな出来事や仲間との関わりを通して頼りなかった千尋が大きく成長していくストーリーです。 現代っ子の「千尋」をヒロインとして、ハク、釜爺、湯婆婆、リン、カオナシ、銭婆婆をはじめとする個性豊かなキャラクターが登場しています。 この映画を鑑賞すると「あれ(表現)はどういう意味?」「どうしてこのように描写されたの?」と疑問に感じる場面も多くあります。 こちらでは数ある「物語に潜む多数の謎」の中から、今回は 「ハク」と 「カオナシ」に焦点を絞って謎と込められたメッセージについて迫っていきましょう。 きっとこれを 理解できれば作品をより深く楽しめるに違いありません! 「ハク」 ハクは千尋が不思議な世界に迷い込んでしまう 作品の冒頭から、何も分からずに怯える千尋の力になる謎めいた少年です。 こちらでは、謎に包まれた少年「ハク」に込められたメッセージについての考察をご紹介しましょう! 「ハク」のキャラクター 魔法使いの見習いとして 湯婆婆の弟子という立場で湯屋の番頭として帳場を預かって油屋で働き、湯婆場にとっても重要な存在として描かれています。 対照的な顔をもつ ハクは 「千尋を助ける心優しい少年」と 「湯婆婆の手先として人を寄せつけない冷淡な番頭」として 対照的な顔をもつのが大きな特徴です。 そんなハクは作品の中盤からは 「白龍の姿」でも登場し、作品を通して 多くの謎を秘めながら重要な役割を担う存在として描かれています。 次章では、その謎に迫ってみましょう! 「ハク」も名前を取り上げられていた 白龍としての姿ももつ「ハク」も実は千尋と同様に湯婆婆との契約で名前を取り上げられ、自分の名前もすっかり忘れてしまったことが作品の中でも明らかになっています。 「ハク」の正体 千尋は小さな頃、川に落ちた時に助けられたという出来事を母から聞いたことを思い出します。

次の

千と千尋の神隠しで両親が豚になった理由を考察!ジブリからの回答が! | マジマジ情報局

千と千尋の神隠し 考察

千と千尋で思い出したけどハクって千尋とさよならしたあと湯婆婆に八つ裂きにされるんだよね トンネル出るの前に千尋が振り向きそうになった時に髪留めが光るのは銭婆が振り向かないように魔法をかけた時で 最後の千尋がトンネルを出て髪留めが光るのはハクの涙とかなんとかどっかに書いてあった — 池崎 ユキ ikemoai 千と千尋の神隠しの終わり方めっちゃ好き。 今までドタバタしてたのに、あっさりと日常世界へ帰る。 もうあの不思議な町にも、多分ハクにも会えないだろうけど、千尋は振り向かない(戻らない)。 あの寂しい感じが良い — はつみ 823hatumi823 後ろを振り向かない最後の別れで、手の感覚を視覚化しているよう — チャップ nonakatomki ハクが千尋に「絶対振り向いてはいけない」と最後の別れのシーンで告げ、そのまま現実世界を目指します。 途中で振り向きそうになりますが、銭婆がくれた髪飾りが光り、そのまま約束を守り、現実世界へ戻ることができ物語は終焉を迎えます。 ハクが千尋に告げた理由としては、• 千尋に元の世界で幸せに生きて欲しい。 振り返ると過去の自分に戻ってします。 この2点ではないかこ考察します。 千尋に元の世界で幸せに生きて欲しい。 ハクとの距離が縮まったことに、恋ともとられる感情が千尋の中にある状態です。 年齢的にも異性を好きになる時期でもあります。 その気持ちは人間ではなく、かつて川であったハクに向けられたものであり、抱き続けていては、千尋にとって良くないとハクが考えたのではないでしょうか。 また、坊がいなくなったことがわかった直後、ハクが湯婆婆に「戻ってきたときにはお前が八つ裂きにされる覚悟はあるのかい」と聞かれたとき、千尋を思う気持ちから「覚悟があります」と答えました。 よって、ハクは千尋を助けるために犠牲になる覚悟が出来ており、千尋にその結末を見て欲しくないと願ったことも考えられます。 いずれにせよ、千尋にとって幸せに生きてほしいという願いが込められていたと想うと感慨深いですね。 「また会える?」とハクに言った際「きっと」と答えています。 この事から自分の運命を悟ったハクはまた生まれ変わって千尋に出会えることを願ったのかもしれませんね。 決して嘘ではないと思います。 振り返ると過去の自分に戻ってしまう。 今作では千尋が少しずつ成長していくストーリです。 物語冒頭の千尋からは湯屋での出来事を乗り越え、格段に人間として大人へと成長しています。 振り返る=過去の自分に戻る。 のではないかと考察します。 最初にトンネルを抜けて来た時に戻ってしまうことが予想されます。 過去に囚われずに前を向いて歩けという意味にも捉える事ができます。 よって、湯屋で起きた出来事はあくまで成長するイベントのようなものであり、思い出として残す必要はないという事です。 元の世界に戻れなくなるという説もあります。 いわゆる「ダルマ説」です。 ダルマ説と理由を考察 千と千尋の神隠しで最後らへんのシーンでハクが振り向かないでって言ったのは振り向くとトンネル付近にあるダルマになっちゃうかららしい。 見てればわかる。 髪留めに助けられる — りょう。 千尋は振り向こうとしたが、振り向こうとした瞬間、銭婆からもらった髪留めが光り、そのおかげで踏みとどまった。 ダルマとは、トンネルの前にあった石像のダルマです。 なんと、最初はダルマはトンネルの方を向いており、出た際は車の方を向いています。 このダルマは実は意思を持っているのではないかと噂されています。 千尋のように迷い込んでしまった人間が現実世界に戻る際に、振り返ってしまいダルマの石像になってしまうという設定があるのではないかと話題です。 よって、千尋がいる方向へ向いているのではないでしょうか。 過去の自分に戻ってしまうよりも悲しいですね。 その事実をハクは知っており、(ダルマになることは知らない)助言したのだと思います。 よって、トンネルの先の世界から現実世界へ帰る時は、決して振り返ってはいけないのです。 また、油屋では湯婆婆に名前を取られてしまい、名前を奪われてしまいますよね。 その世界のものを食べないと姿が消えてしまうなど、そもそもの次元が違う世界になります。 思い出や記憶も含め、現実世界に戻るには熱量が必要だと思います。 なので、振り返ることの代償は大きいと考察します。 まとめ 今回は千と千尋の神隠しで、なぜ振り向いてはいけないのか考察しました。 最後のシーンも含め、素晴らしい作品ですよね。 せつないですが、最後のシーン・別れを乗り越えてさらに千尋は成長したのではないでしょうか。 様々な考察でが出来ますね。 「千と千尋の神隠し」関連記事.

次の