上原美佐 映画。 上原美佐 (1983年生)とは

Amazon

上原美佐 映画

来歴・人物 [ ] に『』でデビュー。 に『』で初主演。 には監督の映画『』で主演を果たす。 『』では、当時29歳ながらほぼで17歳の女子高生を演じた。 彫りの深い顔立ちと均整の取れたの秘訣は、「と」というでもある。 出演 [ ] テレビドラマ [ ]• (2004年11月-12月) - 楠花梨 役• (2005年1月-12月) - 手古奈 役 系• 第5話(2011年、) - 三条実花 役• 第5話(2012年、読売テレビ) - 大西冴子 役 系• (2000年10月-12月) - 明峯響子 役• (2001年) - 林麗子 役• (2002年)- 真鍋周子 役• (2003年) - 倉木真弓 役• (2005年4月-6月) - 小谷毬子 役• (2008年7月-9月) - 高塚薫 役 系• (2002年1月-3月、) - 風間めぐみ 役• 第3話(2002年) - 真崎奈津子 役• (2002年7月-9月、関西テレビ) - 松本アリス 役• (2003年7月-9月、関西テレビ) - 坂上明日香 役• (2004年1月) - 山崎良美役• (2004年7月) - 小川友香 役• 「誰かが囁いている」(2004年3月) - 原田さやか 役(主演)• 「真夜中のサイレン」(2004年12月) - 青竹千咲 役(主演)• 『RUNNER'S HIGH』(2004年) - 高原あすか 役• (2005年)• (2006年) - 太田和子 役• (2006年4月-6月) - 弘田沙織 役• 土曜プレミアム・アテンションプリーズスペシャル〜ハワイ・ホノルル編〜(2007年1月) - 弘田沙織 役• アテンションプリーズスペシャル〜オーストラリア・シドニー編〜(2008年4月) - 弘田沙織 役• (2006年10月-12月) - 多賀谷彩子 役• 2007年 秋の特別編「自販機男」(、フジテレビ) - 川井田美月 役• 僕と彼女の間の北緯38度線(2007年、関西テレビ) - 金美姫 役• (2007年) - 吉野加奈子 役• 第5話(2008年) - 韮沢の娘・奈津子 役• 特別企画・(2010年) - 水谷香苗 役• 第9話 - 最終話(2011年) - 剣持留美 役• (2012年10月-12月) - 工藤美希 役 系• (2003年)• (2004年) - 島崎美和 役• グルメ弁護士VSダイエット検事(2005年、朝日放送制作) - 三崎若葉 役• (2011年) - 山名冬美 役• (2012年) - 西条美保 役• (2012年) - 三村茜 役• (2006年1月-3月) - 杉原七々美 役• (2007年4月-6月、共同制作) - 鳥居玲奈 役• (2010年1月-3月、朝日放送共同制作) - 白井尚子 役• (2012年) - 大島悦子 役 系• (2005年4月27日) - 清水優子 役• (2011年11月2日) - 児玉梨奈 役 系• ・(2011年) - 中山由香 役• ・(2011年4月3日) - 深沢美香 役 テレビ出演 [ ]• (2006年3月20日、フジテレビ) 「アテンションプリーズ」撮影現場から中継出演• (2006年4月10日、フジテレビ) 「アテンションプリーズ」チームとして出演• (2006年4月18日・6月27日、フジテレビ) コーナーゲスト• (2006年10月16日、フジテレビ) 「のだめカンタービレ」チームとして出演• (2009年1月14日、関西テレビ)• (2012年12月9日、フジテレビ)• (2013年2月8日 - 3月29日・7月12日 - 9月27日・2014年6月3日 - 7月29日、フジテレビ) - 旅人• (2013年4月13日、フジテレビ) - 乙姫 役• (2014年1月13日・1月20日、) - 旅人 映画 [ ]• (2003年1月25日) - 遠山いづみ 役• (2003年9月27日) - 佐藤真弓 役• (2005年)• (2006年10月28日) - 井上早樹 役• (2007年3月10日) - 小野薫子 役• (2009年5月9日)• (2014年6月14日) - エミ 役 舞台 [ ]• (2010年5月2日〜24日) 写真集 [ ]• 『Two faces:上原美佐写真集』渡辺達生(撮影)、2002年、、• 『20th anniversary:はたち:上原美佐写真集』渡辺達生(撮影)、2004年、・特別編集、• 『きらきら:上原美佐写真集』玉川竜(撮影)、2004年、メディア・プランナーズ、 イメージビデオ [ ]• 上原美佐 2003 PV [ ]• 『Shine』 2003年 雑誌 [ ]• 『』集英社• 『』 CM [ ]• (2002年-2004年)• (2002年)• 「」(2003年)• (2004年)• キリン(2005年)• (2005年)• (2005年)• (2005年)• コーンチップ(2007年)• 「新キューピーコーワi」(2009年-)• 緑ウェディング「ガーデンテラス東山」(2013年) Web [ ]•

次の

「隠し砦の三悪人」の上原美佐が履歴詐称 (昭和33年)

上原美佐 映画

0 「隠し砦の三悪人」上原美佐 上原美佐という、まったく無名の新人がお姫様役として抜てきされた。 その上原美佐が経歴詐称で騒がれたことがあった。 この作品でお姫様役が一般から募集され、上原美佐という、まったく無名の新人が抜てきされ主演した。 このときの彼女の役はあまりセリフもなく、黒澤監督の演出のせいもあって、ボロも出さず、大いにイカス新人として注目された。 なにしろ彼女は徳川義親元侯爵が、孫娘のようにかわいがっていた遠縁の娘ということだった。 当時「隠し砦の三悪人」の記者会見の席上、黒澤監督とともに上原美佐、そして徳川義親が同席して「上原は遠縁にあたります」といったのだから、保証付きである。 彼女の風貌も、いかにもおっとりしているし、まがうことなく貴き家の出と感じさせたものだ。 ところが、記者会見後、旬日を出でずして「上原さんは徳川家との血のつながりがなく、将軍家の孫娘は私の方です」という娘さんが名乗りをあげ、上原美佐の前歴、いや毛並みに横ヤリが入った。 名乗り出た直系のお嬢さんは、徳川義親の実兄の孫娘・徳川和子さん。 彼女はその春まで宝塚に席をおき、雪組で葵美津子として三年間舞台を踏んでいた。 「おじさまが上原さんを縁続きだといって応援してくれるなら、なぜこの私にもやってくれなかったのかしら—-」、と、いうエゴイズムが、和子さんの胸をふるいたたせた。 「上原さんは良く知っております。 あの人が抜てきされたことについては別に何とも感じていません。 でも、徳川の遠縁だとか、孫だとかいうのだったら、そんなことはゼッタイないといいきれます。 おじさまが可愛がっていたのは事実です。 それを利用するのはイヤな話です」和子さんの母親・徳川喜和子さんは芸能界のことは知らないので、この問題はただ笑っているだけ。 では上原美佐は一体何者? 昭和12年3月生まれ、当時20歳。 福岡女子高校から文化女子短期大学に学び、在学中から校長の徳川元侯爵にかわいがられ、卒業後、上京すると徳川宅に泊まり、徳川さんの行く先々に付いてまわるほどだった。 そのため徳川家の孫娘のように思われ、名古屋での試写会で東宝プロデユーサーにスカウトされ、「隠し砦の三悪人」のヒロインに決まったのだった。 活動屋の面目躍如といえようか。 収まらなかったのは本モノたち。 彼女はいわば静かなるドライ娘であったのだ。 そんな話題もあった「隠し砦の三悪人」だったが、上原美佐は、あの少しかん高い声で難しいセリフや演技を良くこなした。 黒澤監督が「気品と野生の二つの要素がかもしだす異様な雰囲気」で採用したと言うが、その意図が良くわかった。 作品は昭和33年の興行収入ベスト・テン5位と健闘した。 その後上原美佐は、一躍スターとなり、「戦国群盗伝」「独立愚連隊」「日本沈没」などに出演するが、「私には女優としての才能が無い」と言って、2年であっさりと引退してしまった。 平成15年、66歳で他界している。 Filed Under: , Tagged With: , , Primary Sidebar.

次の

上原美佐 (1983年生)とは

上原美佐 映画

ジョージ・ルーカス監督映画『スター・ウォーズ』(1977)がこの映画から強いインスピレーションを得て製作された話はあまりにも有名。 【予告編】 【以下 雑なネタバレ。 映画を観てから読んだ方が楽しめるよ!】 またまたフランスの KUROSAWA映画祭に行ってきました!今回は大娯楽活劇・ 「隠し砦の三悪人」を観てきました。 この映画は めちゃくちゃ面白いです。 一作の中にアクション、コメディ、ヒューマニズムと 色々な要素が詰まってるんですよ。 金に貪欲でへっぽこな二人の百姓・又七(藤原鎌足)と太平(千秋実)。 男気溢れる侍大将の六郎太(三船敏郎)。 六郎太の好敵手・兵衛(藤田進)。 美しく男勝りな雪姫(上原美佐)等々、各キャラクターが立っています。 太もも丸出しで躍動する三船敏郎と上原美佐に心奪われること間違いなし。 時は戦国時代。 早川領の百姓・又七と太平は負け戦で身ぐるみはがされ、惨めに荒地をさまよっている。 村へ帰ろうにも敵陣・山名領の関所に阻まれ八方ふさがりの中、偶然蒔の中から敗国・秋月の 軍資金である金塊を発見します。 秋月の隠し砦に身を寄せるのは、雪姫と臣下の侍大将・六郎太。 身分を伏せつつ又七と太平の前に金塊の分け前をぶら下げ、同盟国の早川領へ逃れるため 敵陣突破に協力させます。 この又七・太平が隙あらば金塊を持って逃げようとするんですが、行動が グダグダなので大抵失敗に終わる。 忠義心厚い六郎太は、妹・小冬が雪姫の身代わりとなって処刑されたことを姫に伝えます。 同い年の小冬を想って涙する雪姫。 この雪姫がさめざめとではなく、 キリッとした顔で男前に泣くシーンが良かったです。 姫といえど侍のような、一本芯が通ったお方です。 】 六郎太の機転で山名の関所を突破した一行。 途中寄った宿で女郎をさせられていた 秋月領の娘を買い戻したり、 敵陣の侍大将・兵衛と一戦交えたりしながら進んでいきます。 この娘さんが、ことあるごとに 姫に忠義を尽くそうとするシーンが泣ける。 敵陣の囮になろうとして怪我をする場面では、姫の手当を受け「勿体ない」と言いながら嗚咽します。 こんな人が真ん中にいたら手が出せない。 】 余談ですが、眠ってる姫に手を出そうとする太平の スケベ面がスゴイ。 こんな自然な助平面見たことない。 六郎太が騎馬上で両手に太刀を構え、敵方の侍と交戦するシーンは 躍動感が半端ないです。 昔の俳優さんてほんとすごいですよね。 両手放しで疾走する馬に乗って戦うんですよ。 その無尽蔵に湧き上がる力はどこから来るんや。 】 途中、なぜか火祭りに参加することになった一行は山名の兵に怪しまれぬよう、 金塊入りの蒔を全て火にくべてしまう。 ヤケクソ気味で踊る一同。 翌朝、燃えかすから金塊を取り出した一行は、過酷な山越えを続けます。 あと少しで早川領というところで、山名の鉄砲隊に捕らえられてしまう雪姫と六郎太。 又七と太平はなんとか逃げおおせます。 最後の晩、捕まっている二人を訪れたのは兵衛でした。 しかし、六郎太に敗北したことを激しく責められた彼の顔には、主君に打たれた傷が残っていました。 明日処刑されるというのに、雪姫は晴れ晴れとしていました。 城から出て、 人の優しさや醜さ、いろいろなものを見ることができた。 自分は幸せだったと六郎太にお礼を言います。 そして 祭りの場で聴いた歌をゆっくりと歌うのです。 翌日、処刑の場へ出発する二人の前に、吹っ切れた表情の兵衛がいました。 「裏切り御免!」そう叫んで二人を逃し、自分も二人と共に山名領を後にします。 無事に早川領でお家再建を果たした雪姫と六郎太は、荒地でさまよっていた又七と太平を呼び寄せ、金貨を与えます。 中央の姫と左右の武者が好対照です。 】 今まで欲の塊だった又七と太平が、金貨をもらった帰りには お互い譲り合うようになっていましたとさ。

次の