式典 さがみ の 倒産。 【神奈川県初の「新型コロナウイルス」関連倒産】葬儀の延期や中止が相次ぎ業績悪化、(有)式典さがみのが破産|ニフティニュース

新型コロナで受注急減 葬儀業「式典さがみの」経営破綻 神奈川県内初

式典 さがみ の 倒産

当社得意先の医療機関で新型コロナ集団感染が発生。 以後、同医療機関からの業務斡旋が受けられなくなり、事業継続を断念 (有)式典さがみの(TDB企業コード:201128590、神奈川県相模原市南区大野台6-3-40、代表神田忍氏)は、3月30日に横浜地裁相模原支部より破産手続き開始決定を受けた。 破産管財人は多湖翔弁護士(神奈川県相模原市中央区矢部4-17-8、多湖総合法律事務所、電話042-711-7142)。 債権届け出期間は4月27日までで、財産状況報告集会期日は6月3日午後1時30分。 当社は、1989年(平成元年)2月に設立された葬儀業者。 相模原市の斎場「さがみの会館」の運営を手がけ、97年9月期には年収入高約2億8000万円を計上していた。 しかし、従前から財務面はぜい弱で、2019年9月期には年収入高約6800万円にまで落ち込んでいた。 この間、金融機関からの資金調達にも苦慮するなど、余裕のない資金繰りが続いていた。 こうしたなか、当社の主要得意先であった地元の医療機関で、今年2月に「クラスター」と呼ばれる新型コロナウイルスの集団感染が発生。 以降は、同医療機関から業務の斡旋を受けられなくなったことで事業継続を断念、今回の措置となった。 負債は債権者約19名に対し約2億円。

次の

新型コロナで受注急減 葬儀業「式典さがみの」経営破綻 神奈川県内初(カナロコ by 神奈川新聞)

式典 さがみ の 倒産

当社得意先の医療機関で新型コロナ集団感染が発生。 以後、同医療機関からの業務斡旋が受けられなくなり、事業継続を断念 (有)式典さがみの(TDB企業コード:201128590、神奈川県相模原市南区大野台6-3-40、代表神田忍氏)は、3月30日に横浜地裁相模原支部より破産手続き開始決定を受けた。 破産管財人は多湖翔弁護士(神奈川県相模原市中央区矢部4-17-8、多湖総合法律事務所、電話042-711-7142)。 債権届け出期間は4月27日までで、財産状況報告集会期日は6月3日午後1時30分。 当社は、1989年(平成元年)2月に設立された葬儀業者。 相模原市の斎場「さがみの会館」の運営を手がけ、97年9月期には年収入高約2億8000万円を計上していた。 しかし、従前から財務面はぜい弱で、2019年9月期には年収入高約6800万円にまで落ち込んでいた。 この間、金融機関からの資金調達にも苦慮するなど、余裕のない資金繰りが続いていた。 こうしたなか、当社の主要得意先であった地元の医療機関で、今年2月に「クラスター」と呼ばれる新型コロナウイルスの集団感染が発生。 以降は、同医療機関から業務の斡旋を受けられなくなったことで事業継続を断念、今回の措置となった。 負債は債権者約19名に対し約2億円。

次の

神奈川初の新型コロナ関連倒産 式典さがみの 破産手続き開始(帝国データバンク)

式典 さがみ の 倒産

当社得意先の医療機関で新型コロナ集団感染が発生。 以後、同医療機関からの業務斡旋が受けられなくなり、事業継続を断念 (有)式典さがみの(TDB企業コード:201128590、神奈川県相模原市南区大野台6-3-40、代表神田忍氏)は、3月30日に横浜地裁相模原支部より破産手続き開始決定を受けた。 破産管財人は多湖翔弁護士(神奈川県相模原市中央区矢部4-17-8、多湖総合法律事務所、電話042-711-7142)。 債権届け出期間は4月27日までで、財産状況報告集会期日は6月3日午後1時30分。 当社は、1989年(平成元年)2月に設立された葬儀業者。 相模原市の斎場「さがみの会館」の運営を手がけ、97年9月期には年収入高約2億8000万円を計上していた。 しかし、従前から財務面はぜい弱で、2019年9月期には年収入高約6800万円にまで落ち込んでいた。 この間、金融機関からの資金調達にも苦慮するなど、余裕のない資金繰りが続いていた。 こうしたなか、当社の主要得意先であった地元の医療機関で、今年2月に「クラスター」と呼ばれる新型コロナウイルスの集団感染が発生。 以降は、同医療機関から業務の斡旋を受けられなくなったことで事業継続を断念、今回の措置となった。 負債は債権者約19名に対し約2億円。

次の