吉田 女性 経団連。 一般社団法人 日本経済団体連合会 会長・副会長

G20閉幕翌日に急死…W20共同代表、吉田晴乃さんが伝えたかったこと:イザ!

吉田 女性 経団連

(左)BTジャパン 代表取締役社長 吉田晴乃さん(右)お母様との思い出の一枚。 16歳のとき、友人の紹介でお父様と出会い、一途な思いを貫いた。 「父に『あなたを必ず看取るからね』と言ったのが彼女がついた唯一の嘘。 母はとてもおしゃれで、このゴールドのアクセサリーも彫金の特注品なんです。 服のサイズも趣味もピッタリ合うので、「親子って不思議だな」と思います。 母は1937年(昭和12年)12月23日生まれ。 父とは16歳で知り合い、23歳で結婚しました。 一人の男性に忠誠を誓い、専業主婦として生きた、あの時代の女性の鑑(かがみ)のような人。 学校が終わって帰ると、手づくりのおやつが用意されていて、紅茶を入れて待っていてくれる。 毎日「今日は何があったの?」と娘たちを迎える温かい母親でした。 母の時代の専業主婦たちは、今の働く母親とはまた違った意味で、本当に偉かったと思います。 幼少期を旧満州で過ごした母は幼い頃の戦争体験から、平凡でもいいから皆がいつも一緒にいられる幸せな家庭をつくりたいと心の底から願い、それをちゃんと実現したわけですから。 でも、そんな母を見て育った私は、反面教師でこうなっちゃいましたが(笑)。 キリスト教の伝統ある女子校に通っていましたが、反抗期もひどく、プラカードを持って職員室に立てこもったことも……。 母は何とか私を型にはめようとしましたが、当時の私はどうしてもそこからはみ出ようとする。 でも母の中には矛盾もあって、私を型にはめようとする一方で、幼い頃から「これからの女性は社会に出て仕事をしていくべきなの」「自分でお金を稼がないと発言権もなくなるし、悲しい思いをするのよ」と、ため息交じりに私につぶやく母もいました。 次第に、母の中でくすぶる矛盾がいったい何なのかと、疑問を抱くようになります。 「なぜそんな惨めな思いをしなきゃいけないの? それでいいわけないじゃない」と。 だから今の私があるのは必然であり、何よりも私の中に母の血が流れていることの証しなのかなと思います。

次の

G20閉幕翌日に急死…W20共同代表、吉田晴乃さんが伝えたかったこと:イザ!

吉田 女性 経団連

< 2015. 10 産経新聞朝刊から > ( 同上Web版記事は ) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 経団連初の女性役員登用に、日本の増すゴミ諸君が大はしゃぎです。 既に18名もいらしゃる審議員会副議長の座に女性が就くことが、そんなに凄い事なのか、一般人のオジサンにはサッパリ判りませんが、その18名の副議長の 所属先と肩書きを拝見しますと、日本を代表する企業トップの重鎮ばかりですので、男女を問わずその一員に迎えられること自体が、企業経営者としては世間的にもこの上ない名誉職になるんでしょう。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ < 経団連役員名簿 > 会長1名、副会長18名 理事24名、監事2名 審議員会議長1名、副議長18名 議長 岩沙弘道:三井不動産会長 副議長 芦田 昭充:商船三井相談役 矢野 薫:日本電気会長 亀井 淳:イトーヨーカ堂顧問 大坪 文雄:パナソニック特別顧問 前田新造:資生堂相談役 小林栄三:伊藤忠商事会長 岡本圀衞:日本生命保険会長 伊東信一郎:ANAホールディングス社長 伊藤一郎:旭化成会長 下村節宏:三菱電機相談役 日覺昭廣:東レ社長 飯島彰己:三井物産社長 村瀬治男:キヤノンマーケティングジャパン会長 野路國夫:小松製作所会長 宮本洋一:清水建設社長 伊藤雅俊:味の素社長 岡本毅 :東京ガス会長 十倉雅和:住友化学社長 名誉会長4名 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ で、本日オジサンが何故この記事を採り上げたのかと申しあげますと、こちらの吉田晴乃嬢のご尊顔に思わず見とれてしまったからでございます。 < 2015. 09 産経新聞 > 宝ジェンヌと見まがう程のお美しさw 今どきの経団連のお偉いさん諸君って、この種のタイプの熟女がお好みだったなんて、オジサンはちっとも知らなかったゾ。 万が一、ビジネス現場でご一緒させて頂く機会があるとするなら、オジサンなんかは赤面しちゃって、思わず目を伏せちゃうかも。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ それに致しましても、ネットでアップされてる彼女のご尊容はどれを見ても、華やかと言いますか、目立ちたがり屋さんと言いますか、はっきりいってかなりケバイ。 こう言っては大変失礼ではありますが、素性を知らずにいきなり対面したら、オジサンなんかは、間違いなく銀座のママさん?と勘繰っちゃいます。 ( 画像出典: ) ( 画像出典: ) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ < 吉田晴乃・BTジャヤパン社長、プロフィール > 大 学を卒業して日本のモトローラ社に入社。 その後、カナダの通信会社に転じた。 2000~08年、NTTコミュニケーションズ(日本本社)とNTT America Inc. (ニューヨーク事務所)でさまざまな役職を歴任。 さらに、ベライゾンジャパンの営業本部長を務め、日本での企業向けサービスを統括して、IT市場 進出の成長戦略の推進を担った。 2012年1月、BTジャパンの社長に就任。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 上記プロフィールには出身校が書かれてませんが、彼女はどうやら慶大卒のようです。 < 2015. 09 毎日新聞 > 吉田氏は 慶大卒 で、NTTアメリカなど情報通信業界勤務が長く、2012年1月から英通信大手BTの日本法人BTジャパンの社長に就任した。 < New York 三田会 バックナンバー Vol. 6 > 5 退会者 吉田晴乃 1988 文学部 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 離婚歴ありのシングルマザー < 2013年1月 EURObiZ JAPAN > Haruno Yoshida Upon graduating from Keio University, which she represented in tennis, her first job was at Motorola. The telecommunications industry and global companies have defined her career ever since. Having followed her then-husband to his native Canada, she joined a Canadian telecoms firm at the time the market there was being deregulated, selling cheap overseas calling plans to the Japanese business and expatriate community. 縁故でしか4大卒の 女性は採ってもらえない時代ですから、大学4年の時に親の決めた某大企業に押し込んでもらいました。 運命の矯正力ってすごいですよね。 内定も白紙で、ここからまさに「世間亭はばからず」な人生が展開しました。 公園デビューよろしく、カナダで初のママ友をさがして公園をさ まよい歩くんですが、そこはだだっ広い森で、コヨーテがでてきました。 これはどうも様子がちがう。 この国ではママたちは子供を預けて仕事していたんです ね。 郷に入りては郷に従えということで私も仕事をすることを決意し、カナダ国営の電話会社に勤めたわけなんです。 上述NY三田会通信によりますと、彼女は慶應を1988年に卒業となってますから、大学卒業直前に病気して、それからしばらくしてモトローラ・ジャパンに 就職して、1990年初期にカナダ人と結婚して(モトローラで知り合った?)、カナダに夫とともに移住となると、モトローラでのビジネスキャリアは2年も なかった、ってこと? でも同時に掲載されてる彼女のキャリア年表を拝見すると、結婚後も娘を産むまではモトローラに勤め続けていたとも取れます。 この種の経歴って不都合な点はスキップしますから、結構いい加減です。 NTTがアメリカでの事業を立ち上げる際にお声がけいただいたのですが、本当によくぞ私を見つけてくださったと今でも感謝しています。 ベビーシッターに預けて仕事に行くのですが、東海岸から西海岸まで全米をフィールドにしていたので、東京・大 阪間を出張するのとはわけが違います。 泊りがけの出張のときは娘が本当に嫌がりました。 すごく寂しい気持ちだったと思います。 今でも「母の日は嫌いだっ た」と話すことがあります。 だから続いたんだと思います。 もしも頼れる夫がいたら、とっくにギブアップしてしまっていただろうと思います。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 下記2つの情報に、吉田社長は日本を代表するキャリアウーマンとして登場してます。 いずれも、男女共同参画ウンタラカンタラの蔭がチラホラ見え隠れします。 と言う事は、吉田晴乃社長が経団連初の女性役員に選ばれたのは決して彼女の仕事上の実力が認められたものではなく、普通の国民が与り知らぬところでフェミニンおばさま方の経団連への圧力が相当あった可能性も大いに考えられます。 それを安倍政権が上手く利用している、との観方も出来ましょう。 < 2013. 19 駐日欧州連合代表部公式ウェブマガジン > 国際女性デー記念セミナー「キャリア成功の秘訣-各界で活躍する女性に学ぶ」 基調講演者 佐村知子 内閣府男女共同参画局長 / マルセル・ウィーガス・ランスタッド株式会社代表取締役兼CEO(写真左から2人目)パネリスト 清水季子日本銀行金融機構上席考査役(写真左から33人 目)/福島理恵子東芝デザインセンター戦略デザイン推進室参事(写真中央左)/遠藤貴子株式会社つ・い・つ・い代表取締役(写真右から3人目)/ 吉田晴乃 BTジャパン株式会社代表取締役社長(写真右から2人目)/モデレーター 石倉洋子慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授(写真右端) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ < J-Win オフィシャルHPから > J-Win 9月度定例会が、2013年9月11日(水)17時から田町の女性就業支援センターにて行われました。 今回は2人の講師の方に講演をいただきました。 最初の講師はBTジャパン株式会社 代表取締役社長の 吉田晴乃 氏。 ご自身のキャリアと、シングルマザーとしての体験 を、飾らない言葉でお話しくだいました。 J-Winについて 「特 定非営利活動法人ジャパン・ウィメンズ・イノベイティブ・ネットワーク」(NPO法人 J-Win)は、企業におけるダイバーシティ・マネジメントの促進 と定着を支援することを目的に、2007年4月に設立された企業メンバー制の団体です。 女性活用についてのアドバイス、コンサルタントをはじめ、セミナー や講演、さまざまな調査など、企業におけるダイバーシティ・マネジメントの推進をサポートする各種活動を展開しています。 また、業種や業態の枠を超えた女 性企業人の相互研鑽の機会を提供し、ネットワーキングの構築を支援することにより、女性リーダーの育成、能力開発を図っています。 これらの活動を通じ、 性別や国籍、年齢などにかかわりなく、多様な個性が力を発揮し、活躍できる ダイバーシティ 社会の実現 に寄与しています。

次の

吉田晴乃

吉田 女性 経団連

BTジャパン株式会社 代表取締役社長 吉田晴乃さん 慶応義塾大学卒業後、モトローラ・ジャパン(現・モトローラ・ソリューションズ・ジャパン)に就職。 30歳の時、結婚を機にカナダに渡り、現地の通信会社に入社。 その後、離婚を経て親子2人でニューヨークに渡り、NTTアメリカに入社。 2004年に帰国し、NTTコミュニケーションズやベライゾンジャパンなどを経て、12年に英国最大手通信会社ブリティッシュテレコム日本法人、BTジャパン代表取締役社長に就任。 15年6月、日本経団連審議員会副議長に就任 今年6月、日本経団連初の女性役員が誕生した。 外資系通信会社BTジャパンの代表取締役社長を務める吉田晴乃さんだ。 30歳でカナダに渡って通信業界で働き始め、その後ニューヨークでもキャリアを積んだ。 一方でプライベートでは離婚を経験し、娘を育て上げたシングルマザーでもある。 頼れる人がいない海外でハードな仕事と育児の狭間で企業の経営トップにまで駆け上がってきた吉田さんに、「女性はなぜ働くのか」という問いをぶつけてみた。 「仕事か、家庭か」ではなく、ごく当たり前に「仕事も、家庭も」選ぶことができる。 それが今後の日本が目指すべき社会のあり方です。 少し前まで、日本の女性が自分を表現する方法は「専業主婦になって子どもを産み育てる」という非常に画一的なものに限られていました。 しかし本来、女性の生き方には他のオプションもあるはず。 特に今の時代、女性が家に入って夫の稼ぎだけで食べていくというライフプランはほとんど崩壊しています。 離婚する夫婦も多いし、パートナーが病気や事故で働けなくなることもある。 ダイナミックに経済が変化する中で、会社が倒産したり、社員がリストラされることも珍しくなくなりました。 その時、唯一の収入源を失った女性が、果たして家庭を維持できるのか。 現在の日本では、平均所得の半分に満たない世帯で暮らす17歳以下の子どもが300万人に達します。 そして、その大半はシングルマザーの家庭です。 だから私は、「結婚したら専業主婦になりたい」と話す若い女性を見ると、こう言いたくなります。 「あなたはこの先どうやって生きていくつもりなの?」と。 「お金がない」から子どもの願いを聞けないのは、母親にとって死ぬほど苦しい 辛口なメッセージかもしれませんが、私自身がシングルマザーとして娘を育ててきたからこそ、若い女性たちには真剣にそのことを考えてほしいのです。 私だって20代のころは、「自分は幸せな結婚をするのだ」と信じていました。 ところが現実には離婚を経験し、1人で娘を育てることになった。 いくら理想的なライフプランを描いたところで、結婚は相手があることですから、その通りにいくとは限りません。 厳しい言い方をするならば、確実でないものをベースに将来設計をするのは愚かです。 一生養ってもらえる保障なんてどこにもない。 何しろ私がそうでしたから。 それに、子どもを育てるにはものすごくお金が掛かります。 皆さんも母親になれば分かると思いますが、子どもに「これを買ってほしい」「あの習い事がしたい」と言われたら、全部かなえてあげたいのが親心。 金銭的な理由で「それはできないのよ」と言うのは、親にとって死ぬほど苦しいことなのです。 たとえ子どもを生み育てなくても、今や80歳や90歳まで生きる長寿社会。 それまで自分をどうやって養っていくのか、皆さんは考えたことがあるでしょうか。 そのためにお金がいくら必要になるか計算してみれば、現実が見えてきます。 今の時代は、「どんなキャリアパスを描こうかなあ」などとのん気に考えている余裕はありません。 「生きるために自分が何をすべきか」を考える必要があるのです。 ロボットと同じ土俵で戦って、勝てなければ働く機会は得られない とはいえ、今の時代には素晴らしい点もあります。 社会全体が女性の活躍を推進し、生き方のオプションを増やそうという動きが盛り上がっている。 働き方についても、ひと昔前のように補助的な仕事で終わるのではなく、管理職になるチャンスもあれば、独立や起業を選ぶことも可能です。 ただし、こうしたオプションを掴み取るには、市場で求められるだけのスキルセットを備える必要があります。 働く女性や外国人が増え、人材市場の競争が激しさを増す今、働く機会を得るには「私はこれで食べていけます!」と自信を持って断言できるスキルが不可欠なのです。 ちなみに弊社では最近、ロボットを雇いました。 このロボットはバイリンガルだし、指示したことは文句を言わずにやるし、「モチベーションが上がらなくて……」なんて面倒なことも言わない(笑)。 しかも掛かるコストは電気代だけ。 経営者から見て、こんなに優秀な人材はいません。 つまり我々は、男性や外国人、ロボットまで、あらゆる相手と同じ土俵で競争して勝てる人材にならないと、将来働く機会を得られないということ。 その危機感を持つ必要があるのです。 働くとは、「自分のバリュー(価値)を売ること」です。 その対価としてお給料をもらえる。 バリューを生むには、他の人とは違うことをする必要があります。 同じ事務作業でも、「この人に頼むとすごく丁寧で見やすい資料が上がってくる」といった差別化ができれば、その人は重宝されるでしょう。 私もカナダやアメリカに渡ったときは、まったく実績のない土地で、「私が何者であるのか」という自分の価値を証明するために必死でした。 事実に色はない。 「女性である」という事実の捉え方はあなた次第 ここまで話を聞いた皆さんは、私が働く理由は「生きるのに必要なお金を稼ぐため」だと思ったかもしれません。 それは間違いではありませんが、ではお金を稼ぐには何が必要かというと、私は「好きなことをすること」だと考えています。 これって、一見するとものすごいパラドックスですよね。 でも考えてみてください。 嫌いなことのために工夫や努力なんてできないでしょう? そうするとバリューが出せないので、お金も稼げない。 でも好きなことなら、工夫や努力をするのも楽しいし、最高のバリューを追求し続けることができる。 「好きなことをすること」とは本当の自分になることであり、その時に一番良い力が出ます。 そうすれば必ず「ロボットなんかより、君にお金を払いたい」と言ってくれる人が現れるはず。 お金はあなたのバリューを示す指針なのです。 私がここまで来られたのも、好きなことに出会えたから。 とにかく営業の仕事が楽しくて仕方なかったのです。 たくさんの人に会い、目には見えない通信という商品を、まるでそこにあるかのごとく説明し、相手が前のめりになって私の話を聞いてくれて、最終的に契約に至る。 サービス提供を通して人とのつながりをグローバルで持てることは、最高にワクワクしました。 次から次へとアイデアも出てきました。 よく言うんです。 「私は世界中の男性社会に助けられてここまで来たのよ」って。 上司や同僚から顧客の方たちまで、欧米でも日本でも、たくさんの男性たちが私の敵になるどころか大きな支えになってくれました。 自分が女性であることを意識する暇がないぐらい、夢中でやってきたせいかもしれませんが。 そもそもファクト(事実)には、何も色が付いていません。 どんな色に染めるかは、自分次第。 例えば私は大学時代、雨が降ると幸せだったんです。 なぜって、所属していたテニス部の練習が休みになるから(笑) 普通は「今日は雨だ」と聞けば、憂鬱な気分になりますよね。 ところが私は「どこへ遊びに行こうかな」とウキウキしていた。 事実なんてこんなものです。 自分が女性であるという事実も同じこと。 女性という個性をいかに明るく前向きな色に染めるかが生きる知恵です。 だから皆さんには、物事を画一的に見るのではなく、その本質を見抜くインテリジェンスを身に付けてほしい。 そして人と違うことを恐れず、どんなしがらみにも捕われず、本当の自分を見つけて、バリューを発揮できる道を探してほしい。 「周りと同じ」に安心しているのは怠惰でしかありません。 その先には、覚悟を持って「自分を生きること」を選んだ人だけが出会える、素晴らしい人生が待っているはずです。 取材・文/塚田有香 撮影/竹井俊晴 正社員で長く働きたい女性のための転職サイト「女の転職type」 東京・横浜など首都圏を中心に女性に人気のある正社員求人情報を多数掲載中。 女性が仕事探しをする際に重視する「残業の有無」や「産育休活用例の有無」などの情報を求人ごとに紹介。 また、希望の職種や勤務地からの検索ができるだけでなく、登録情報にマッチしたオススメの求人情報や転職イベント情報などを女の転職type編集部よりご案内しています。 その他、面接対策や履歴書の書き方、実際に企業で働く社員から職場の評判を集めた「うちの会社のほんとのところ」など、転職・就職活動に役立つ情報も満載!さらに、2016年より「リトルミイ」がサイトキャラクターとして新登場!どんな仕事が自分に向いているのか、自分の経験はどんな仕事に活かせるのかが分かる「いい仕事ミイつけよう診断 職業・適職診断テスト 」など長く働きたい女性の転職を応援します。 転職するなら「女の転職type」をぜひご活用ください。

次の