クライン クラフト。 クラインクラフトの口コミと評判

クラインクラフトの口コミと評判

クライン クラフト

クラインクラフト 【プロフィール】 1980~1990年代のネオクラシック世代のホンダ車、特にホンダ プレリュードを多数取り扱う中古車販売店「クラインクラフト」を2001年より運営しております。 ホンダ旧車以外のお手頃価格の中古車も取扱いさせていただいております。 一人での運営のため対応に限界もございますので、誠に勝手ながら、現車確認・商談・ご相談お打ち合わせ等すべて予約制とさせていただきアポ無しでのご来店は対応しておりませんのでご了承ください。 営業内容は、各種中古車販売だけではなく、一般的な鈑金塗装修理からオールペイント、ボディレストア、部分的なプチレストア、車検整備受付、ボディコーティング、ウインドフィルム施工、インテリアリペア、なども承っております。 当店の古いホンダ車の整備内容の一例も、以下のURLをクリックするとご覧いただけますのでご参考になさってみてください。 まずはお問い合わせをいただく前に目を通してからご連絡いただけると幸いです。 当店の旧車の在庫車両は、賛否両論あるところではございますが、基本的には当時の面影を色濃く残すオリジナルコンディションの車両が取扱いの中心になっております。 旧車は、「当時の状態に近い状態に一度各部を初期化して、趣き、時代感、走り、当時の技術、などを五感で感じるのもまた楽しいもの、そしてオリジナルの良さやコンディションをあらかじめ十分に知ってこそ、カスタム車の魅力もまたより深く理解でき、自分の愛車のカスタマイズの方向性や扱い方も理解できて旧車趣味の楽しさもより楽しくなってくるのではないか」と個人的に考えております。 私自身も1980~90年代にはリアルタイムでカスタマイズ、レース活動なども色々楽しんできており、その中で経験し、考え、私なりにたどりついた結論が今のオリジナル志向になっているのでありますので、当店はカスタムすることをすべて否定していると捉えられてしまいがちですが、価値観や楽しみ方は千差万別ですし、カスタマイズしたいと思う気持ちはクルマ好きなら誰しもあることであり、楽しい世界であることは十分理解しております。 カスタムされている方でも、その車種について熟知され、とても大切に愛車を取扱いメンテに手間と費用もかけている方も大勢いらっしゃるわけで、カスタマイズすること、カスタムされている方をすべてNOだと否定はしておりません。 ただし、今となっては数少なくなってしまった貴重な残存個体は、今後もその姿のまま残ってほしい、仮にカスタマイズしたとしても元に戻せる程度にとどめてほしい、カスタムされるベースにするならば相応の個体を使っていただくのがよいのではないか、との思いから、時には否定的な文面になることもしばしであり、貴重な仕様やオリジナル度の高い資料性も高いような貴重な残存個体は元に戻せぬような極端な改造やクルマを痛めつけるような改造はしてほしくないとあくまで個人的に願っているだけなのであります。 また、オリジナルの貴重なオプション品やデカール、装備品など各種アイテム等がキレイに残っているようなオリジナルコンディションの個体を高く評価する考えの私ではございますが、だからと言ってそれらのディティールやアイテム類が失われてるからと、そのものの価値がゼロであるかのようなことまで言いだすような我儘な極論者ではございませんのでぜひ誤解をしないでいただきたくも思います。 私がなぜオリジナルコンディションにて残った車両を1台1台を大切に思うのかと一言で申しますと、 「もう2度と造られることはなく、減ることはあっても増えることは決してないから」ということなのです。 当店で扱う車種も在庫で数台あるから、次々と入庫しているから、中古車情報には複数台掲載があるから、と、まだいくらでも残存しているのだろう?と誤解をされている方も結構多いように見受けられますので申し上げておきますが、貴方が想像しているほどもう個体は残ってはいないものも多いのです。 毎年車検制度があった頃の淘汰、そして2度にわたる悪法エコカー補助金スクラップインセンティブでの淘汰、旧車への増税による淘汰、そして走行距離が多いからもう乗れない、と思わせる未だ新車を売らんがために書かれた記事や販売店営業のトークにより生み出され洗脳を浸透させられた走行距離神話の定着による淘汰、そんなモノを大切にしなくなってしまった日本人の昨今の風潮により80~90年代の名車は想像以上に淘汰が進んでいることは日々の仕事の中で実感しております。 最後に・・・ ネット上(ホームページ&カーセンサー等)からお見積りや現車確認のお問い合わせを日々いただいておりますが、お客様の希望される整備や仕上げの内容は各々異なることから支払い総額も当然 かわってきますので一度ご要望などお聴きしてお打合せしないと概算見積額は算出できませんし、車両詳細もきちんとご説明をしたいので、基本的にメールではなくお電話にてお問合せをお願いしております。 そしてお電話は、午前10~午後19時の間にてお願いしております。 (当店は24時間営業ではありません) クラインクラフト 渡辺 2001- kleinkraft. All Rights Reserved.

次の

クラインクラフト公式ホームページ

クライン クラフト

クラインクラフト 【プロフィール】 1980~1990年代のネオクラシック世代のホンダ車、特にホンダ プレリュードを多数取り扱う中古車販売店「クラインクラフト」を2001年より運営しております。 ホンダ旧車以外のお手頃価格の中古車も取扱いさせていただいております。 一人での運営のため対応に限界もございますので、誠に勝手ながら、現車確認・商談・ご相談お打ち合わせ等すべて予約制とさせていただきアポ無しでのご来店は対応しておりませんのでご了承ください。 営業内容は、各種中古車販売だけではなく、一般的な鈑金塗装修理からオールペイント、ボディレストア、部分的なプチレストア、車検整備受付、ボディコーティング、ウインドフィルム施工、インテリアリペア、なども承っております。 当店の古いホンダ車の整備内容の一例も、以下のURLをクリックするとご覧いただけますのでご参考になさってみてください。 まずはお問い合わせをいただく前に目を通してからご連絡いただけると幸いです。 当店の旧車の在庫車両は、賛否両論あるところではございますが、基本的には当時の面影を色濃く残すオリジナルコンディションの車両が取扱いの中心になっております。 旧車は、「当時の状態に近い状態に一度各部を初期化して、趣き、時代感、走り、当時の技術、などを五感で感じるのもまた楽しいもの、そしてオリジナルの良さやコンディションをあらかじめ十分に知ってこそ、カスタム車の魅力もまたより深く理解でき、自分の愛車のカスタマイズの方向性や扱い方も理解できて旧車趣味の楽しさもより楽しくなってくるのではないか」と個人的に考えております。 私自身も1980~90年代にはリアルタイムでカスタマイズ、レース活動なども色々楽しんできており、その中で経験し、考え、私なりにたどりついた結論が今のオリジナル志向になっているのでありますので、当店はカスタムすることをすべて否定していると捉えられてしまいがちですが、価値観や楽しみ方は千差万別ですし、カスタマイズしたいと思う気持ちはクルマ好きなら誰しもあることであり、楽しい世界であることは十分理解しております。 カスタムされている方でも、その車種について熟知され、とても大切に愛車を取扱いメンテに手間と費用もかけている方も大勢いらっしゃるわけで、カスタマイズすること、カスタムされている方をすべてNOだと否定はしておりません。 ただし、今となっては数少なくなってしまった貴重な残存個体は、今後もその姿のまま残ってほしい、仮にカスタマイズしたとしても元に戻せる程度にとどめてほしい、カスタムされるベースにするならば相応の個体を使っていただくのがよいのではないか、との思いから、時には否定的な文面になることもしばしであり、貴重な仕様やオリジナル度の高い資料性も高いような貴重な残存個体は元に戻せぬような極端な改造やクルマを痛めつけるような改造はしてほしくないとあくまで個人的に願っているだけなのであります。 また、オリジナルの貴重なオプション品やデカール、装備品など各種アイテム等がキレイに残っているようなオリジナルコンディションの個体を高く評価する考えの私ではございますが、だからと言ってそれらのディティールやアイテム類が失われてるからと、そのものの価値がゼロであるかのようなことまで言いだすような我儘な極論者ではございませんのでぜひ誤解をしないでいただきたくも思います。 私がなぜオリジナルコンディションにて残った車両を1台1台を大切に思うのかと一言で申しますと、 「もう2度と造られることはなく、減ることはあっても増えることは決してないから」ということなのです。 当店で扱う車種も在庫で数台あるから、次々と入庫しているから、中古車情報には複数台掲載があるから、と、まだいくらでも残存しているのだろう?と誤解をされている方も結構多いように見受けられますので申し上げておきますが、貴方が想像しているほどもう個体は残ってはいないものも多いのです。 毎年車検制度があった頃の淘汰、そして2度にわたる悪法エコカー補助金スクラップインセンティブでの淘汰、旧車への増税による淘汰、そして走行距離が多いからもう乗れない、と思わせる未だ新車を売らんがために書かれた記事や販売店営業のトークにより生み出され洗脳を浸透させられた走行距離神話の定着による淘汰、そんなモノを大切にしなくなってしまった日本人の昨今の風潮により80~90年代の名車は想像以上に淘汰が進んでいることは日々の仕事の中で実感しております。 最後に・・・ ネット上(ホームページ&カーセンサー等)からお見積りや現車確認のお問い合わせを日々いただいておりますが、お客様の希望される整備や仕上げの内容は各々異なることから支払い総額も当然 かわってきますので一度ご要望などお聴きしてお打合せしないと概算見積額は算出できませんし、車両詳細もきちんとご説明をしたいので、基本的にメールではなくお電話にてお問合せをお願いしております。 そしてお電話は、午前10~午後19時の間にてお願いしております。 (当店は24時間営業ではありません) クラインクラフト 渡辺 2001- kleinkraft. All Rights Reserved.

次の

クラインクラフト公式ホームページ

クライン クラフト

クラインクラフト 【プロフィール】 1980~1990年代のネオクラシック世代のホンダ車、特にホンダ プレリュードを多数取り扱う中古車販売店「クラインクラフト」を2001年より運営しております。 ホンダ旧車以外のお手頃価格の中古車も取扱いさせていただいております。 一人での運営のため対応に限界もございますので、誠に勝手ながら、現車確認・商談・ご相談お打ち合わせ等すべて予約制とさせていただきアポ無しでのご来店は対応しておりませんのでご了承ください。 営業内容は、各種中古車販売だけではなく、一般的な鈑金塗装修理からオールペイント、ボディレストア、部分的なプチレストア、車検整備受付、ボディコーティング、ウインドフィルム施工、インテリアリペア、なども承っております。 当店の古いホンダ車の整備内容の一例も、以下のURLをクリックするとご覧いただけますのでご参考になさってみてください。 まずはお問い合わせをいただく前に目を通してからご連絡いただけると幸いです。 当店の旧車の在庫車両は、賛否両論あるところではございますが、基本的には当時の面影を色濃く残すオリジナルコンディションの車両が取扱いの中心になっております。 旧車は、「当時の状態に近い状態に一度各部を初期化して、趣き、時代感、走り、当時の技術、などを五感で感じるのもまた楽しいもの、そしてオリジナルの良さやコンディションをあらかじめ十分に知ってこそ、カスタム車の魅力もまたより深く理解でき、自分の愛車のカスタマイズの方向性や扱い方も理解できて旧車趣味の楽しさもより楽しくなってくるのではないか」と個人的に考えております。 私自身も1980~90年代にはリアルタイムでカスタマイズ、レース活動なども色々楽しんできており、その中で経験し、考え、私なりにたどりついた結論が今のオリジナル志向になっているのでありますので、当店はカスタムすることをすべて否定していると捉えられてしまいがちですが、価値観や楽しみ方は千差万別ですし、カスタマイズしたいと思う気持ちはクルマ好きなら誰しもあることであり、楽しい世界であることは十分理解しております。 カスタムされている方でも、その車種について熟知され、とても大切に愛車を取扱いメンテに手間と費用もかけている方も大勢いらっしゃるわけで、カスタマイズすること、カスタムされている方をすべてNOだと否定はしておりません。 ただし、今となっては数少なくなってしまった貴重な残存個体は、今後もその姿のまま残ってほしい、仮にカスタマイズしたとしても元に戻せる程度にとどめてほしい、カスタムされるベースにするならば相応の個体を使っていただくのがよいのではないか、との思いから、時には否定的な文面になることもしばしであり、貴重な仕様やオリジナル度の高い資料性も高いような貴重な残存個体は元に戻せぬような極端な改造やクルマを痛めつけるような改造はしてほしくないとあくまで個人的に願っているだけなのであります。 また、オリジナルの貴重なオプション品やデカール、装備品など各種アイテム等がキレイに残っているようなオリジナルコンディションの個体を高く評価する考えの私ではございますが、だからと言ってそれらのディティールやアイテム類が失われてるからと、そのものの価値がゼロであるかのようなことまで言いだすような我儘な極論者ではございませんのでぜひ誤解をしないでいただきたくも思います。 私がなぜオリジナルコンディションにて残った車両を1台1台を大切に思うのかと一言で申しますと、 「もう2度と造られることはなく、減ることはあっても増えることは決してないから」ということなのです。 当店で扱う車種も在庫で数台あるから、次々と入庫しているから、中古車情報には複数台掲載があるから、と、まだいくらでも残存しているのだろう?と誤解をされている方も結構多いように見受けられますので申し上げておきますが、貴方が想像しているほどもう個体は残ってはいないものも多いのです。 毎年車検制度があった頃の淘汰、そして2度にわたる悪法エコカー補助金スクラップインセンティブでの淘汰、旧車への増税による淘汰、そして走行距離が多いからもう乗れない、と思わせる未だ新車を売らんがために書かれた記事や販売店営業のトークにより生み出され洗脳を浸透させられた走行距離神話の定着による淘汰、そんなモノを大切にしなくなってしまった日本人の昨今の風潮により80~90年代の名車は想像以上に淘汰が進んでいることは日々の仕事の中で実感しております。 最後に・・・ ネット上(ホームページ&カーセンサー等)からお見積りや現車確認のお問い合わせを日々いただいておりますが、お客様の希望される整備や仕上げの内容は各々異なることから支払い総額も当然 かわってきますので一度ご要望などお聴きしてお打合せしないと概算見積額は算出できませんし、車両詳細もきちんとご説明をしたいので、基本的にメールではなくお電話にてお問合せをお願いしております。 そしてお電話は、午前10~午後19時の間にてお願いしております。 (当店は24時間営業ではありません) クラインクラフト 渡辺 2001- kleinkraft. All Rights Reserved.

次の