渦 読み。 コロナ禍とは? 読み方と意味

コロナ禍の読み方は?鍋(なべ)、渦(うずにしめすへん)?と読めない人が続出!意味と使い方、影響を調べました!

渦 読み

対義語は「福」 今回の場合、 「コロナわざわい」「コロナまが」というのも読みにくいので、 コロナ禍(か)と読むのが正しいと考えられます。 また読みやすさの他にも「禍」という漢字をどのように使うのかを調べてみると 「コロナ禍」を「コロナか」と読むという根拠がわかります。 「禍」の使い方 か(音読み)と使う 禍災 (かさい) 禍根 (かこん)・・・わざわいの起こるもとや原因 交通禍 (こうつうか) ・・・交通事故による災難 災禍 (さいか) ・・・天災や事故によって受けるわざわい。 思いがけない災難。 「災禍に遭う」 わざわい(訓読み) 禍転じて福となす(わざわいてんじてふくとなす) まが(訓読み) 禍々(まがまが)しい 禍事 まがごと コロナ禍の意味 「か」と読む場合の言葉に 「交通禍(こうつうか)」というものがあるので、 コロナによる思いがけない災難や不幸という意味で「コロナ禍(か)」 と読むのが正しいと言えるのではないでしょうか。 新型コロナ渦(か)(うず)という表記も見かける コロナ「禍」の他にコロナ「渦」と表記されている場合も見かけますが、 どちらが正しいのでしょうか? 「渦」の読み方 訓読みで「うず」 勢いよく流れる水(液体)の表面にできる、螺旋 らせん 状に巻き込んだ流れ。 また、それに形が似たもの。 音読みで「か」 水がうずをまいて流れる。 また、うずをまいている形。 うずまき。 「渦中・渦水・渦紋・戦渦」というように使われていますね。 今回のニュースの「コロナ渦」も「コロナうず」と読むのはちょっと不自然な感じがしますので 「コロナか」と読むと考えられます。 意味合い的には「禍」を使うのが適当だと思いますが、 これだけの感染拡大の様子はまるで渦に飲まれているようですから、 ある意味「渦」でもいいような気もします。 まとめ 新型コロナウィルス関連のニュースででよく見かける 「コロナ禍」という文字を 何と読んだらいいのかがわからなかったので、辞典などで調べてみました。 初めて「禍」という漢字を知りましたが 「禍」という漢字には思いがけない不幸という意味合いがあり、新型コロナウイルスによる 思いがけない不幸、災難という意味合いを持つのが「コロナ禍」という表現であり、 「コロナか」と読むと考えられます。 たまに「渦」という文字を使って「コロナ渦」という表記をされているものも見かけますが、 こちらも同様に「コロナか」と読みます。 【こんにちは! まちゃです!】 <元>BADDAD、だけど今は自分で言うのも何ですが、めっちゃ家事や育児に関わるGOODDADだと思います。 奥さんと3人のこどもを持つ多趣味なアラフォー会社員パパ アメ車、ハーレー、ジェットスキー、キャンプ、DIYなど子供達と一緒に楽しむために始めました。 インテリアも好きですが、現在迷走中 人生一度きりなので、後悔したくない。 やりたいことは全部やってみたい!! というワガママ親父です。 自分の親が仕事で忙しかったということもあり、 どこかへ連れて行ってもらったとか、一緒に遊んでもらったことがありません。 それが子供ながらにとっても淋しくて悲しかった・・・ 自分のこどもにはそんな想いをさせたくないし、色んな経験をさせてあげたいと思って、自分の趣味を子供達と一緒に楽しみながら、日々仕事に、家事に、子育て奮闘中! ランキングに参加しています。 人気記事.

次の

コロナ禍の読み方と意味!しめすへんにか!渦ではないよ!

渦 読み

用例としては以下の通り ・コロナ禍によって売り上げ減少 ・コロナ禍により給料激減 ・コロナ禍の影響で大量リストラ 試しに、ヤフーニュースで「コロナ禍」と入力すると、喜ばしくないマイナスのニュースばかりざくざくでてきます。 コロナ鍋(なべ)、コロナ渦(うず)の読み方は間違いです。 ネット上には、コロナ鍋(なべ)という読み方をしている人もいました。 なんだか、一気に暖かい雰囲気になりますが、コロナ鍋という読み方ではありません。 たしかに、渦のように人を飲み込んでいますがコロナ渦(うず)でもありません。 新型コロナ渦があろうとあるまいと、2020年東京五輪は、私にとって7年前のブエノスアイレスにおける一夜の興奮のみを以てすべて完了している。 コロナ渦(うず)と書いてしまっている人は、割とまじめな長文を投稿している傾向がありました。 仕事・社会・経済など、知的な文章を投稿していました。 コロナ鍋(なべ)と書いている人は、周囲を明るくするネタとして投稿していました。 詳しくは、ツイッターなどで検索してみると顕著にわかりますので、ぜひトライしてみてください。 なぜ、禍(か)、鍋(なべ)、渦(うず)を混同してしまうのか。 この三つの漢字の読み方が混ざってしまう理由は、漢字の左側の部首のみが違っており、つくりの部分が共通ということです。 災い・・・防ぎようのない天災 禍い・・・人為的な努力で防げる余地がある事象 以上のことから、新型コロナウィルスに関しては、天災にはあたらないので 「禍」が用いられています。 ただし、 「口は災いのもと」と言ったように、人が生み出すものであっても「災(わざわい)」が使われている文章も多く存在しています。 間違いでありませんし、社会の中でも広く浸透もしていますので、特に恥をかくこともありません。 例えば、子供から違いを聞かれた時など、厳密な違いを判断する場合にのみ、「天災」か「人為的な努力で防げる余地があるか」を基準にして考えるのがおすすめです。 読者の方はお気づきだと思いますが、厳密にいうと 「口は禍のもと」が正解となります。 音読み;「禍(わざわ)い」の送り仮名とは 禍(わざわい)には、送り仮名の「い」がある文章・ない文章が存在しています。 様々な辞書・辞典を調べましたが、「禍(わざわい)」と送り仮名なしでも「わざわい」と読んでいるものもあれば、「禍い」と送り仮名の「い」をつけているものもありました。 結論、送り仮名に関しては、こちらが正解だというものがないようです。 送り仮名があっても、なくても正解だと言えますが、もし音読みする場合には、送り仮名をつけた方が読み手には伝わりやすいしれません。 「禍」の他の読み方とは 禍は「わざわい」の他にも、 「まが」と読むことができます。 「まが」という読み方で使用する場合は、二つ並べて 「禍々(まがまが)しい」という使い方がされることが多いです。 これは 「不吉だ」「嫌なことが起こりそうな予感がする」など、マイナスな意味で使われます。 マンガやRPGゲームなどでも、たまに目にすることがありますが、普段の日常生活ではほとんど使う機会はないと思います。 禍をつかった勇気づけられる文章 コロナウィルスで大変な時期ですが、コロナ禍に負けず気分をあげるための慣用句を紹介して終わりにします。 ・禍転じて福となす(わざわいてんじてふくとなす) マイナスな出来事を教訓として、プラスに変えるという意味。 ついでに「COVID-19」って読み方も覚えちゃいましょう! こちらの記事もおすすめです.

次の

コロナ禍の読み方は?鍋(なべ)、渦(うずにしめすへん)?と読めない人が続出!意味と使い方、影響を調べました!

渦 読み

コロナ禍の読み方 コロナ鍋?コロナ渦?「読めない!」 コロナ鍋?じゃないし コロナ渦、、、 なんですかあれ? 新語? んーーーーーーー ググろうにもその漢字がわからなーい はい情弱ですみませーん — うーさん通信。 わたしの脳味噌ったら、本当に… みんなで安心して一つの鍋をつつける日が早く来ますように。 — 河本 久和 ikuonomusuko 見間違えやすいですね〜 ずっとコロナ鍋(なべ)だと思ってました。 既に指摘されている方も多いようだが、「コロナ禍」と「コロナの渦中」が混淆したと思われる「コロナ渦」という表記が大量に出現中。 全くの誤りと見るべきか、新語と見るべきか。 ただ、間違いなのか新語なのか…そこは不明ですね。。 まず、辞書を調べると・・・ 禍には、 「か」、「わざわい」、「まが」という読み方があります。 コロナ禍についてどれが正しい読み方なのかは不明です。 では、もう少し詳しく見てみましょう。 禍は、配置によって読み方が変わるようです。 禍は、 「よくないこと、悪いこと、災い、不幸せ」といった意味があります。 コロナ禍にも関わらず昨日もご来店下さり、どうも有り難うございました。 最終日となった本日3月31日も11時より18時まで営業致します。 大変名残惜しいですが、皆さまとお会い出来るのも今日が最後となりました。 状況が状況だけに、決してご無理の無いようご来店頂ければ幸いです。 — 三進堂書店 公式 OUV719TLw3QE6rw このコロナ禍、今後1〜10年くらいの長期間にわたって少子化促進しそう。 現在の社会的活動低下は現在の懐妊機会減少にも繋がるだろうけど、人と人が出会って付き合い始める機会もどう考えても減るじゃないすか。 新歓や歓送迎会も合コンもなくなるし、アプリでの出会いですらデート設定しにくくなるし。 — ystk lawkus 【 撮影裏話】 コロナ禍で大変な状況ですが、現在発売中with5月号カバーストーリーのこぼれ話を本日より5日間に渡りお届けします。 地震だって水害だってあり得る。 いつもと違うのは避難場所には感染のリスクがあり、都市封鎖があればボランティアは来れず、支援物資の流通だって思うに任せないかも。 無用の買い占めは不要なれど「ダブルパンチ」を想定した準備が重要かと。 (ご意見ありがとうございました) 「コロナの渦中」というのもしっくりきますが、これだと字が違いますね。。 どれが正しい意味か、というのも明記されているものがないため個人の見解をお伝えする形になりました。 こちらはコロナ用語関連記事です。 あわせてどうぞ!.

次の