ボートレース 桐生リプレイ。 ボートレース桐生の特徴やイベントやアクセス方法など詳細まとめ

BOAT RACE蒲郡 Official Site

ボートレース 桐生リプレイ

ボートレースまるがめの「報知グリーンカップ」は18日に開幕(23日まで)。 唯一、SGを制している柳沢一(愛知)が地力上位の存在だ。 まるがめは昨年11月の67周年こそ準優(3着)で脱落となったが、それまではSG含め3連続で優出するなど、相性は良好。 ターン力、スタート力、調整力の全ての面で高いレベルを誇っており貫禄の走りを見せる。 中辻崇人(福岡)、渡辺浩司(福岡)の福岡支部コンビも有力なV候補だ。 中辻は前期勝率(昨年11月から今年4月)でただ一人、7点台(7. 06)をマーク。 今年5月の当地・MB大賞では準優2着に入りながらも不良航法で賞典除外となっており、名誉挽回の活躍に期待したい。 渡辺は6月の宮島で今年初優勝を飾るなど、リズムは上向きだ。 地元まるがめでG1V2を飾っている秋山広一(香川)も要注目。 5月の児島、徳山、6月の鳴門と3連続優出中(いずれも4着)と上昇ムードが漂う。 当地2連続優出中の下條雄太郎(長崎)・森定晃史(岡山)も活躍必至だ。 他では今井貴士(福岡)、佐々木和伸(徳島)、中越博紀(香川)、郷原章平(福岡)、白神優(岡山)、岩崎正哉(福岡)も侮れない。 (データは6月26日現在).

次の

ボートレース尼崎 Official Site

ボートレース 桐生リプレイ

ボートレースまるがめの「報知グリーンカップ」は18日に開幕(23日まで)。 唯一、SGを制している柳沢一(愛知)が地力上位の存在だ。 まるがめは昨年11月の67周年こそ準優(3着)で脱落となったが、それまではSG含め3連続で優出するなど、相性は良好。 ターン力、スタート力、調整力の全ての面で高いレベルを誇っており貫禄の走りを見せる。 中辻崇人(福岡)、渡辺浩司(福岡)の福岡支部コンビも有力なV候補だ。 中辻は前期勝率(昨年11月から今年4月)でただ一人、7点台(7. 06)をマーク。 今年5月の当地・MB大賞では準優2着に入りながらも不良航法で賞典除外となっており、名誉挽回の活躍に期待したい。 渡辺は6月の宮島で今年初優勝を飾るなど、リズムは上向きだ。 地元まるがめでG1V2を飾っている秋山広一(香川)も要注目。 5月の児島、徳山、6月の鳴門と3連続優出中(いずれも4着)と上昇ムードが漂う。 当地2連続優出中の下條雄太郎(長崎)・森定晃史(岡山)も活躍必至だ。 他では今井貴士(福岡)、佐々木和伸(徳島)、中越博紀(香川)、郷原章平(福岡)、白神優(岡山)、岩崎正哉(福岡)も侮れない。 (データは6月26日現在).

次の

レースリプレイ|ボートレース平和島

ボートレース 桐生リプレイ

ボートレース桐生(桐生競艇場)とは ボートレース桐生は、群馬県のみどり市にある競艇のレース会場で、全国のボートレース場の中で日本最北に位置しており、初めてナイター競走を開催した競艇場としても有名です。 1956年11月8日に競艇レースが初開催され、全国24か所のボートレース場の中では最も遅い開場となります。 近年では、ディズニーランドをお手本としており、来場したお客さんを「ゲスト」、従業員のスタッフを「キャスト」と呼び、クォリティの高いサービスや様々なイベントを実施し、集客力をあげる営業努力をしています。 こうした経営改善とナイターレースの成功などによって、会場内の売上は全国のボートレース場の中でも上位となっています。。 日本初のナイター競走発祥の地 ボートレース桐生は、1997年9月20日に、 日本の競艇場で初めてとなるナイター競走「 アクアンナイト」を開始しました。 2011年5月3日よりナイターレースの名称を「 ドラキリュウナイター」に変更して、冬季を含めた通年でのナイター開催に移行しております。 マスコットは「ドラキリュウ」 ボートレース桐生のマスコットキャラクターは、ドラキュラをモチーフとした「 ドラキリュウ」です。 ドラキリュウは、ゆるキャラグランプリにも毎年エントリーしています。 設定としては、ちょっとクールなモンスターで、紳士として夏でもマントと白の手袋は常に着用しています。 このキャラは強風にも強くて、上州名物のからっ風「赤城おろし」にも対応できるとのことです。 ちなみに、2010年度までの昼間開催が行われていたときは、国定忠治をモチーフにした「 桐生忠太」がマスコットキャラクターでした。 ボートレース桐生(桐生競艇場)の特徴 ボートレース桐生のコース特徴として、ピットから2マークまでの長さが全国有数の長さとなっておりインコースが強いという特徴があります。 ピット離れが良ければインコースに進入することも可能となります。 インコースが強い会場ですので、ピット離れが良くインに入れれば勝利できる可能性が高くなります。 ちなみに、2006年まではインコースが弱いと有名のコースで「マクリ天国」と呼ばれていました。 この問題はコースの1マークをバック側へ5メートルほど移動させた結果に解消されています。 また、全国のボートレース場で最北端に位置しており、空気が少々薄いという特徴もあります。 選手同士の話では、モーターのパワーが大きく影響するコースであるとも言われています。 機力差と体重差が結果に大きく影響するコースとも言えます。 コース水面の特徴 競走水面は沼で、水質は淡水です。 また、冬から春にかけて「赤城おろし」と呼ばれる強い風が吹き、水面が荒れやすいという特徴があります。 比較的、夏は穏やかな水面となります。 また、前述していますが、標高が高く空気が薄い為にモーターのパワーや出足は弱くなる傾向にあります。 レース予想の攻略ポイント ボートレース桐生のコースの特徴として、ピットから小回りブイまでのが非常に長いのと、標高の高さ、冬から春にかけて強風の「赤城おろし」が吹く、そして、モーターのパワーが出しにくくて出足が弱いといった点をあげてきました。 この特徴を踏まえてのレース攻略ポイントをご紹介します。 舟券予想のご参考にしてみてくださいね。 地元のレーサーが有利に ボートレース桐生のコースは全国の競艇場の中でも難水面であるといえます。 艇の出足の調整や強風による荒れた水面での狂いやすいスタートなど、経験値が重要となります。 つまり、地元としてこのコース場を走っている回数が多い、コースに慣れている地元レーサーが有利となります。 機力のあるモーターが有利に ボートレース桐生の水面は沼で水質が淡水です。 さらに標高が高く空気が薄いのでモーターの性能が出しにくいボートレース会場となります。 そのため、モーターの機力差が出やすく、当然のように機力の高いモーターが有利となります。 また、この機力を活かす要素として、体重が軽いレーサーほどバックストレッチでの伸びが良くなります。 レースを予想する際には、モーターの調子の他にも、レーサーの体重なども気にかけてみましょう。 施設の特徴 ボートレース桐生の観覧席ですが、無料の「 アクティブビュー」の一般席や、グループで利用できる有料席の「 ワイワイシート」などの多様な席があります。 ナイター開催時には、レースが始まると照明が消える演出があり、ドラマッチクです。 施設西側のガーデンプレイスは、夜になるとライトアップされるので、若いカップルがデートに使用することも増えています。 そしてなぜかモアイ像も設置されています。 また、フードコートやカフェも充実しており、豊富なメニューとお店の中から好きなものを選ぶことができます。 家族連れも来やすい施設です。 ライブ映像やレース結果のリプレイ ボートレース桐生で開催されるレースは、ライブ映像を生配信しています。 公式ホームページの「 BORT RACE桐生」でライブ映像を確認できます。 スマートフォン版もあり、直接会場に出向けないときでも、外出先でレースをリアルタイムで確認することができます。 また、過去のレースや展示のリプレイもチェックすることができます。 ボートレース桐生の全レースの開催日程はこちらから見ることができます。 SGから一般戦までの各グレードの節が分かりやすく色分けしてあり、モーニングやナイターや女子戦のアイコンもあり非常に見やすくなっています。 ボートレース桐生へのアクセス方法 JR両毛線岩宿駅と東武桐生線桐生駅と阿左美駅、この3つの駅のちょうど真ん中位に位置しています。 JR両毛線岩宿駅からは無料送迎バスが出ており3分ほどで会場まで到着します。 徒歩の場合は15分ほどかかります。 東武桐生線阿左美駅からも徒歩で15分ほどです。 東武桐生線新桐生駅からは往路無料タクシーで5分で徒歩だと30分ほどです。 車で来場する場合も、ドラ・ショップ側、南ウイング側にそれぞれ無料大駐車場があります。 まとめ ボートレース桐生は、全国の競艇場の中で最北端に位置しているボートレース会場です。 恐らくこれ以上北にボートレース場を作っても、冬場に水面が凍ってしまったり、雪で開催が出来ないのかもしれません。 今後温暖化が進んでいけば、東北や北海道にも競艇場ができる可能性もありますね。 ボートレース桐生は、日本初のナイター開催をしたり、ディズニーランドを手本としたサービスの改善などで、経営努力を常にしている点が好感を持てるボートレース場です。 各種さまざまなイベントも実施しており、家族連れやカップルの来客も増加していて、近年では明るく楽しい雰囲気のボートレース場になっています。 お近くの方は是非足を運んでみてください。

次の