韓国ドラマ 100日の郎君様 キャスト。 韓国ドラマ 100日の郎君様 キャスト 相関図

100日の郎君様

韓国ドラマ 100日の郎君様 キャスト

名前:ナム ・ジヒョン(남지현) 生年月日:1995年9月17 日 身長:162センチ 血液型:B型 ナム・ジヒョン 9歳で女優デビュー キム・レウォン主演のドラマ「愛してると云って」で、9歳の時に女優デビューしたナム・ジヒョン。 幼い頃は、年間2〜3本の映画やドラマに出演する売れっ子子役として活躍しました。 子役時代の代表作は、最高視聴率43. 主人公トンマン(イ・ヨウォン)の子ども時代を熱演し、 「天才子役」と称されました。 また、 同じ年に最高視聴率40. 立て続けに大作に出演し、 お茶の間の人気者になりました。 〜見どころ〜 韓国高度経済成長期時代、陰謀によって引き裂かれた家族を描く人間ドラマ。 復讐、切ないラブラインなど、涙あり、感動ありで、多くのファンを虜にした、骨太の長編ドラマです。 〜あらすじ〜 1970年、釜山。 12歳の ガンモ(イ・ボムス 子ども時代:ヨ・ジング)は、貧しいながらも、両親、兄と妹と仲良く暮らしていた。 しかしある日、軍の陰謀に巻き込まれた父が殺害されてしまう。 兄ソンモ(パク・サンミン 子ども時代:キム・スヒョン)が、事件を目撃したことから命を追われ、一家は逃亡を余儀なくされる。 途中、母は命を落とし、兄妹もバラバラになってしまう。 ソウルで靴磨きの仕事をしていたガンモは、客の一人だったテソプの命を救ったことから引き取られる。 成長し、テソプの仕事を手伝いするガンモは、大学生になったテソプの娘 ジョンヨン(パク・ジニ 子ども時代 ナム・ジヒョン)に密かに想いを寄せる。 その頃、兄のソンモは父の殺害した敵ピリョンの忠実な部下として仕えるふりをしながら、復讐の異界を狙っていた。 また、その一方で、行方不明の弟ガンモと妹 ミジュ(ファン・ジョンウム)の捜索を続けていたが・・・。 役どころは山奥からソウルに出てきた元気いっぱいで、思いやりがある少女ボクシル。 ドラマの第1回は低視聴率だったものの、 回を重ねるごとにストーリーが面白くなり、さらにはソ・イングクとナム・ジヒョンの胸キュンシーンも増えていったことから、ハマる視聴者が続出。 最終話では、高視聴率を記録しました。 これにより、ナム・ジヒョンは、「子役」から「主演女優」へのイメージチェンジに成功しました。 〜あらすじ〜 幼い頃に事故で両親を亡くした ルイ ソ・イングク は、大金持ちの祖母の言いつけで、フランスの大邸宅で暮らしていた。 友だちも恋人もいないルイの唯一の楽しみは買い物。 ショッピング王と呼ばれる目利きの技を持っていた。 そんなある日、ルイは祖母が倒れたと聞いて、15年ぶりに韓国に帰国するが、交通事故で 記憶を失い、無一文のホームレスになってしまう。 一方、山奥育ちの ボクシル ナム・ジヒョン は、家出した弟ボクナムを捜すため、ソウルに上京していた。 街でボクナムと同じ服を着たルイを見つける。 しかし、ルイはボクナムのことを知らず、記憶もお金もない。 ボクシルは、そんなルイを記憶が戻るまで面倒を見ることに。 ひと部屋しかない家で、2人の間にはカーテン1枚のみ。 密着度120パーパーセントの二人は・・・ 〜見どころ〜 「無一文なしで生活力ゼロの男性が、実は財閥の御曹司だった」という設定から、韓国では「大人のおとぎ話」と称され、話題になりました。 ドロドロ感がなく、見ていると幸せな気分になるドラマです。 〜あらすじ〜 敏腕検事のジウク(チ・チャンウク)は、地下鉄でボンヒ(ナム・ジヒョン)に痴漢と間違われ、散々な目にあう。 しかし、ボンヒが恋人ヒジュン(チャンソン)に浮気をされ、ケンカしているところに遭遇し、思わず救いの手を差し伸べる。 3ヶ月後、ジウクは検事研修を受けにやってきたボンヒと再会。 厳しく接するが、なぜか彼女を放っておけない。 そんなある日、ボンヒは元恋人ヒジュンの殺人容疑で逮捕されてしまう。 担当検事になったジウクは事件を調査するが・・・。 〜見どころ〜 ラブコメとサスペンスが合体した新ジャンルのドラマ。 胸キュンシーンと、ミステリー要素がうまく絡み合っていて、回を追うごとにどんどんはまっていきます。 韓国では 「チ・チャンウクとナム・ジヒョンは付き合っているに違いない!」とのウワサが立ったほど、息がピッタリ合った二人の演技に注目です。 時代劇は「善徳女王」以来、実に9年ぶりの出演になりました! ナム・ジヒョンが演じるホンシムってどんな役? 両班の娘として何不自由なく育っていたが、12歳の時に陰謀に巻き込まれ、父を殺され、兄とも生き別れてしまう。 命からがら逃げていたところを、庶民のヨン氏に助けられ、庶民「ホンシム」として、田舎で明るくたくましい女性に成長。 ある日、世子が下した「結婚命令」により、記憶喪失で無一文なしのウォンドゥクと結婚する羽目に! しかし、ウォンドゥクは臣下の陰謀により、命を狙われていた世子だった・・・! 「ショッピング王ルイ」のボクシルと、「100日の郎君様」のホンシムの設定が似てる!? 「100日の郎君様」で、ナム・ジヒョン演じるホンシムは、世子の命令により、記憶喪失のウォンドゥクと結婚することになります。 このストーリーって・・・・・、そうです! 「ショッピング王ルイ」でも、ナム・ジヒョンが演じたボクシルも、ひょんなことから記憶喪失のルイと同居生活を始めることになります。 しかも、ウォンドゥクは実は世子(時期王)、ルイは実は財閥の御曹司という設定や、二人とも出会った時は一文無しというところまで同じです。 この点について、「100日の郎君様」の制作発表記者会見では、リポーターから 「設定が似ているように思いますが、実際に演じてみていかがでしたか?」という質問が飛び出しました。 それについて、ナム・ジヒョンは、こう語っています。 私も最初に台本を読んだ時、設定が似ているなと思いました。 だからこそ、どこが違うかを分析しようと思い、もう一度じっくり読み直してみると、ホンシムとウォンドゥクの関係性やキャラクターが、「ショッピング王ルイ」の時とは全く異なることに気づいたんです。 また、時代背景も違うので、「ホンシム」という新たなキャラクターを演じてみたいと思いました。 この言葉通り、「ショッピング王ルイ」のボクシルとは全く異なる魅力を持ったたくましくもキュートなホンシムを熱演し、幅広い年齢層から愛される女優になりました。 個人的には、ナム・ジヒョンさんが演じるホンシムは、吹き替え版のホンシムよりも、100倍キュートでかわいいと思いました! 「100日の郎君様」で共演したド・ギョンスとの仲は? 95年生まれのナム・ジヒョンと、93年生まれのド・ギョンスは同世代ということもあって、すぐに打ち解けたそう。 韓国では、1歳でも年が違うと、年下が敬語を使うことが多々ありますが、二人の場合は友だちのようにタメ口でおしゃべりをしていたとか。 彼女の印象について、ド・ギョンスは制作発表記者会見で 「いつも明るく元気な人。 これまで共演した女優さんの中で一番エネルギッシュです」と語っていました。 また、ジェユン役のキム・ソンホも 「現場ではいつも笑顔を絶やさず、一生懸命。 若い彼女から教わることがとても多かったです」とべた褒め! これらの発言を聞いているだけでも、和気あいあいとした撮影現場だったことが伝わってきます。 この3人に加え、世子嬪役のハン・ソヒや、ムヨン役のキム・ジェヨン、クンニョ役のイ・ミンジ、クドル役のキム・キドゥなど、みんなとても仲が良かったそうです。 そんな撮影現場の様子は、「」でもたっぷり紹介されています。

次の

韓国ドラマ【100日の郎君様】の相関図とキャスト情報

韓国ドラマ 100日の郎君様 キャスト

2020. 22 100日の郎君様-あらすじ-全話一覧-感想付きネタバレでありで! 韓国ドラマ-100日の郎君(ナングン)様-あらすじ-全話一覧 このドラマの評価: 4. とても人気があるグループで、日本の女子達の中にもEXOファンは多い。 ステージで見せるダンスや歌の表現は、いつ見てもかっこいいディオが今度は映像の世界で視聴者らを魅せるドラマ「100日の郎君様」。 ディオが演じるのは、心に傷を抱える世子の役。 幼い頃にある少女に出会い、一目で恋に落ちたユルはその少女に婚約したいと申し出ます。 幼いながらもしっかりとした男の子。 婚約の求婚はうまくいったように思われますが・・・。 そして相手役を務めるのは、子役時代から女優として抜群の演技力で活躍し続けるナム・ジヒョン。 ナム・ジヒョンといえば、最近では「ショッピング王ルイ」や「怪しいパートナー」などラブコメディものに主演を果たしましたよね。 そして今では次世代のラブコメクィーンと言われるまでに・・・。 7歳で出演したクイズ番組でスカウトされてから、2004年「愛しているといって」で女優としてデビューし、善徳女王などにも出演。 そして今回、EXOのメンバーディオと共演することに。 二人がテレビのブラウン管を通して視聴者に届けるのは、もちろんラブロマンス。 ディオ演じる完全無欠の王、世子だったが自分を暗殺しようとするものから逃げるうち、怪我を負う。 怪我を負いながらも逃げた先はある村。 そこでナム・ジヒョン演じる、朝鮮で最高年齢と言われるオールドミスのホンシムと出会うことになリます。 世子から使い道のない、役立たずの男に転落してしまったウォンドク(ユル)。 二人が繰り広げる前代未聞でありながら、ドキドキが止まらない100日のラブロマンス。 100日の郎君様 あらすじ 宮廷の中で世子として生きるユル。 宮廷の中で暮らすユルは、笑うこともない。 性格は気難しいことで知られ、不満を抱えながら生きている。 冷たい表情であるものの昔はこうではなかった。 ある少女に出会い一目惚れして、即座に求婚するほどの積極的で明るい少年だった。 ある事情で離れ離れになってしまった二人。 それから世子であるユルは誰にも心を開くことなく生きて生きた。 大人になったユルは、父親から自分の婚姻の相手を紹介されるものの全くもって興味を示そうともしない。 自分の伴侶の相手として女性を紹介されるだけでなく、床入りまでを迫られてしまうユル。 それに反発すると父親だけではなく、周囲からも迫られるようになってしまう。 すべてに嫌気がさしたユル。 ある日、自分を暗殺しようとするものに命を狙われることに・・・。 怪我を負いながらも必死で逃げたユルは、ある村に到着して命が助かることに。 そこで出会ったのが、朝鮮で一番のオールドミスというあだ名を持つ女であるホンシム。 初めはお互いがお互いを毛嫌いしていたものの・・・・。 「 100日の郎君様-各話あらすじ」はこちらから ご覧になりたい話数を押していただけると各話の詳しいあらすじが表示されます。 見どころポイント ポイントとしてはズバリ、「運命」と「因縁」でしょうか。 二人は「運命の糸」でつながっている。 二人は幼き少年少女時代に出会います。 ユルが求婚した相手がホンシム(イル)。 ですがユルの父親である現在の王が、王座につきたかっただけのために、ある悪行を行いユルとイルを引き裂いてしまいました。 それによってイルは大事な人を失いす。 その二人が大人になって再度、出会うことになるのですが、そこには因縁としか思えないような数々の出来事。 赤い糸で繋がれている運命でありながらも、因縁の相手でもある二人。 二人の過去から現在の運命と因縁を織り交ぜつつ、笑えるシーンも満載で切なくもあるラブストーリーに注目しながらも、周囲にいる人間たちの憎しみ、秘密、復讐などいろいろな要素が詰め込まれた部分にも注目してみるともっと楽しめるのではないでしょうか? 100日の郎君様 評価・レビュー 韓国ドラマ「100日の郎君様」の評価レビュー&感想です。 ストーリーの良し悪し、出演者の演技力、物語の展開、脚本の面白さなどを総合的に評価しています。 胸がキュンとなる場面がたくさんあり、だけど、面白い場面もたくさんありました。 ドラマ中に使われる曲ともすごい良くて、耳に残る曲ばかりです。 ユル役をしたト・ギョンスさんのドラマは初めてでしたが、 世子とそして平民としてのギャップがどれくらいあるのだろうかと思っていたのですが、 記憶がなくても世子としての気品はそのままの状態で平民として暮らしていく。 周りからしたら少しおかしい人?になってしまい、見ていて、 本人はつらいけど、周りにいてる人間もつらいよね。 理解できないよね。 と 思わせてくれました。 だけど、そんな状態でも、ホンシムに何かあれば助けたりとしていて 泣いてしまいそうな場面もありました。 ホンシムの兄のムヨンがまさかのソヘのお腹の子供の父親だと知った時は ホンシムの気持ちが切ないな。 と一番思いました。 好きな人の妻を…と。 でも、自分はユルへの気持ちを押さえなければいけない。 間違ったことをしてしまったからと…。 だけど、ユルもそんなことがあってもホンシムが好きでたまらない。 2人は一緒になれないのかな?と思っていましたが、 ユルがちゃんと求婚して、ホンシムもそれを受け入れた。 きれいな終わり方でした。 あえて1つだけ言うならば、宮殿に行くところまで描いてほしかったな。 と 思いました。 100日の郎君様 キャスト・登場人物 韓国ドラマ「100日の郎君様」のキャスト&主な登場人物一覧です。 主人公(ヒロイン)から脇役まで、登場人物の詳細をリスト表示。 主演俳優・女優および共演者情報など、出演者プロフィールが一目でわかります。 ユン・イソ ヨン・ホンシム役 (ナム・ジヒョン) 朝鮮では知らぬものはいない、朝鮮最高齢のオールドミス・・・。 養父に育てられた過去を持つ。 幼い頃にイ・ユルに一目惚れされたイソ。 ユルにプロポーズ(婚約)されたものの、ユルの父親によってイソの父親は罪を着せられ命を落とすことに。 そのためユルとはそのまま離れ離れになってしまい年月が過ぎた。 イソは生きるために名前を変え、ホンシムと名乗っている現在・・・。 ある日暗殺者に狙われ怪我をしたユルに出会うことに・・・。 そしてとっさについた嘘によってホンシムは・・・・・。 イ・ユル ナ・ウォンドゥク役 (EXO デュオ) まだ幼かった時分、ユルはイソに出会う。 イソに出会って一目惚れをしたユル。 幼いながらにもイソに婚約して欲しいと申し出る。 しかし王の座を手に入れたいユルの父親は、謀反を働きその罪をイソの父親にかぶせてしまう。 それによってイソとは離れ離れになってしまって、16年の月日が過ぎた。 世子となったユルだったが、誰にも心を開くことなく大人になった。 ユルはソへを自分の妻にするよう命令を受けるが、これを聞くことはしなかった。 ある日、ユルは暗殺者に命を狙われることになる。 怪我を負いながらも、必死で逃げた村で助けられたユルだったが・・・。 キム・ソヘ役 (ハン・ソヒ) 圧倒的権力を持つチャオンの娘、セジャビン。 誰よりも美しい容姿を持つソヘに嫉妬しない女はいない。 男たちもソへの美貌に溺れるように、淫心を抱かないものはいない。 だがこの世でただ一人ソヘに興味を示さなかった男が一人。 世子であるユルの心を掴むことはできずじまい・・・。 ユルの心を掴むことができなかったソヘは、心を閉ざして雪のようにつめたくなってしまった。 そして自分を受け入れなかったユルの死の知らせを聞いたソヘ。 喜びが止まらず、この先は自分の意のままになっていくと一人予想したが・・。 キム・チャオン役 (チョ・ソンハ) 50代後半の左議政。 朝鮮では随一の権力者に当たる。 今から約16年前、あり反乱を起こし先代の王を玉座から引き摺り下ろしただけではなく、現在の王を王の座に就かせた功績を持つ。 自分のなすがままにこの世は動く。 そのため自分を非難しようとするもの、自分の行く道の妨げになるような人間は容赦せず殺せる。 悪魔のような冷血漢の持ち主。 現代の王役 (チョ・ハンチョル) 現代の王でありユルの父親。 チャオンと過去に取引を行い、今の座についた。 王となったことで全てはうまくいくと思っていた。 安泰な生活を送れるはずだとも。 だが、現実は功臣たちが起こす厄介な出来事に巻き込まれて、全くもって心が穏やかに休まる日はないのが現実。 ソ・ウォン大君 (チ・ミンヒョク) ユルの腹違いの弟 キム・スジ役 (ホ・ジョンミン) チャオンの息子 チョ・ジェユン役 (キム・ソノ) 漢城府参軍従第7位。 誰もが羨むほどの知見の持ち主。 顔面認識障害を患っている。 顔を認識できないものの、唯一一人だけの顔は認識できる。 それは偶然にも出会って一目惚れをしたホンシムだ ヨン氏 (チョン・ヘギュン) ホンシムの養父 100日の郎君様 主題歌・OSTは? 「100日の郎君様」をご覧になられた方は、ドラマ内に流れる数曲のOSTが気になった方もいらっしゃるのではないでしょうか? 韓国ドラマ「100日の郎君様」は、全体的にバラードで構成されたOSTになっています。 バラードが大好きな方には、嬉しいバラード尽くし! そして、OSTに参加したアーティストもとても豪華なメンバーで、OSTの女王と呼ばれるGummyや実力派アーティストB1A4のジニョン。 EXOチェン、NEIGHBRO、JBGB(夜明工房)ととても豪華なラインナップ! OSTにはヒロイン2人の100日間における、溢れんばかりの切なさの感情が描かれています。 1,「消える」 Gummy OSTの女王と呼ばれるGummyが歌う「消える」 「消える」はドラマにおける前半戦において、とても重要な役割を果たしていてドラマ前半戦の雰囲気を引っ張っていってくれています。 Gummyの美しく切ない声は聞いている人たちを、ドラマの中へとどんどん引き込ませてくれます。 目を閉じて曲に耳を傾けると、ドラマのシーンが蘇ってくる一曲に仕上げられている気がしませんか?.

次の

韓国ドラマ 100日の郎君様 キャスト 相関図

韓国ドラマ 100日の郎君様 キャスト

「ろうぐん」「ろうきみ」とか思っている人も多いようですが、そのまま読む感じで大丈夫 「郎君様」の意味について 読み方が分かったところで意味について調べてみました。 郎君様の意味は 「旦那様」 という意味があります。 ドラマの中でも、結構「郎君様」と出てきますが、日本語で言えば「旦那様」っと呼んでいるのと同じという事です。 ウォンドュクの事を「郎君様」と呼ぶ人物は? ドラマの中での郎君様はEXOのディオさんが演じている世子として生きていましたが記憶を失ってウォンドュクとして生きている男性の事です。 ドラマの中で誰がどんな時に郎君様と呼んでいるのか調べてみました。 〇ウォンドュク本人 ドラマの中では頻繁にウォンドュクが自分の事を「郎君様」と呼んでいます。 ほとんどがホンシムとの会話で使っていますね。 なにかと「俺はお前の郎君様だ」とか「郎君様を目の前にしてそんな事を。 不快だ!」などと話しています。 自分の事を郎君様と呼ぶなんてやっぱり記憶を失っていても世子ですね~。 〇ホンシムの養父 ホンシムの養父もウォンドュクの事を「郎君様」と呼んでいます。 最初は役に立たないウォンドュクだったので「うちのは役に立たない郎君様だ」とよく言っていました。 しかし、ウォンドュクが字が書けること、読める事を知って、尊敬の意味も込めて「さすがうちの郎君様」と話すようになります。 またホンシムがウォンドュクの事を雑に扱っていると「郎君様を大切にしないと」とウォンドュクの味方をしてくれるのでした。 〇ホンシム ホンシムはウォンドュクの事は基本ウォンドュクと呼んでいます。 しかし、ウォンドュクはホンシムに「郎君様」と呼んで欲しいんです^^ 第8話ではウォンドュクの誕生日会が開かれます。 誕生日を知らずに贈り物を準備しなかったホンシムに、ウォンドュクは贈り物の代わりに「郎君様」と呼んで欲しいとお願いします。 しかし、王様の権力争いや家族間の関係からして、11代王・中宗と16代王・仁祖の時代をミックスした時代を描いたものなのではないかと思われます。 この時代を日本でいう安土桃山時代や江戸時代です。 また世子はあくまでも架空の人物ですが モデルとなっているのは16代王・仁祖の長男昭顕世子ではないかと言われていますよ。 ウォンドュクの妻ホンシムがとっても頼りがいのある妻だったように、昭顕世子の奥様もとっても才能が豊富でホンシムのようだったとの記録があるそうです。 韓国の歴史との日本の歴史を一緒にみていくと、なんだかおもしろいですね。 日本でこんな事が起きている時には、韓国ではこんな王様がいて、こんな戦いがあったんだ~と分かります^^.

次の