ウイグル 地区。 新疆ウイグル自治区、新型コロナ対策で飢餓発生 収容施設で流行の恐れも 写真8枚 国際ニュース:AFPBB News

ウイグル収容所で多数の死者か=「文化消し、中国人に」と絶望感:時事ドットコム

ウイグル 地区

中国に五つあるの一つで、総面積は約166万平方キロメートル。 などとを接し、希少金属などが豊富とされる。 住民はを信じるトルコ系住民「」が多い。 清朝時代に征服され、その後独立の動きもあったが、新中国成立を経て自治区となった。 とは「新しい土地」の味。 同自治区の統計によると、総人口約2200万人 2011年末 のうち、以外のが6割を占める。 新中国成立以降はのが増え、文化や宗教が抑圧されていると訴える族とのが。 1990年代以降はに伴う中央アジア諸国の独立を受け、ウイグル族の独立運動も活発になった。 こうした動きに対し、中国政府は武装警察を投入するなどして締め付けを強めているが、不満を持つウイグル族による武器やを使った襲撃事件が後を絶たない。 背景には、漢族との経済格差や就職差別も指摘される。 爆破事件のあったは、自治区中部に位置する最大都市 区都 で、人口の大半を漢族が占める。 09年にはウイグル族の学生らとが衝突する大規模ながあり、2千人近い死傷者が出た。 2014-05-02 朝日新聞 朝刊 2総合 出典 朝日新聞掲載「キーワード」 朝日新聞掲載「キーワード」について の解説 中国北西部の民族自治区。 ,ロシア,スタン,,,,パキスタン,インドに接する。 主都は。 中央にがに連なり,南疆,北疆に2分する。 南疆はを中心に,その南北にオアシス都市が東西に並ぶ。 北疆は()を中心に,その南縁に中国中央部との交通幹線が東西に走る。 河川はほとんど内陸河である。 気候は典型的内陸性気候。 交通は自動車道路を主とし,蘭新鉄路(蘭州〜ウルムチ),南疆鉄路(トゥルファン〜クルレ)などがある。 小麦,水稲,綿花,果物,木材,畜産品などのほか,金,銀,鉄,石油,石炭などの地下資源が豊富。 特に石油と天然ガスはそれぞれ,中国全体の埋蔵量の3割とされ,中国は新疆生産建設兵団という準軍事的政府組織を展開し,経済・軍事開発をはじめ行政・司法の全般を担わせた。 原油精製やパイプライン敷設,送電線建設,石油コンビナートなどの巨大設備建設が進んでおり,成長を続ける中国にとって最重要の経済拠点である。 民族構成は族(維吾爾族)が総人口の47%余(1991年。 1949年には76%。 )を占め,漢族約38%が次ぎ,そのほか族,,モンゴル族,満族,(ロシア人),族,,族,族などの少数民族が居住する。 1955年に中国で2番目に成立したこの自治区では,最も遅れて1965年に成立した自治区とともに民族問題が大きな重みをもっている。 漢族の大量の流入が相次ぎ,漢族との格差問題なども加わり,ウイグル族を中心に分離独立を求める動きが活発化することになった。 分離独立を主張する人々は,新疆という呼称を嫌い〈〉という呼称を用いている。 民族構成における漢族の比重の増大,改革・開放政策のもとでの格差拡大,ソ連崩壊と中央アジアの隣接する民族国家の独立,東トルキスタンイスラム運動などイスラムの影響力が主たる要因である。 2013年11月の天安門自動車爆破事件や2014年3月の昆明駅無差別暴力事件などを中国政府は新疆ウイグル自治区の過激派組織によるものとしてウイグル族への規制・弾圧を強めているが,中国当局が実体を開示していないため詳細は不明である。 2015年3月,同区共産党委員会は,イスラム過激派組織ISの戦闘に参加した後,中国に戻ったグループを摘発したと発表,ウイグル独立派など新疆のイスラム過激派の一部がISに参加していると懸念を示した。 164万6800km 2。 2226万人(2014)。

次の

ウイグル自治区とは?ウイグル弾圧問題をわかりやすく!

ウイグル 地区

中国が新疆ウイグル自治区でのイスラム教徒を中心とした少数民族への弾圧を強めているという見方が広がっている。 中国の厳しい取材規制により現地から直接報道できないなか、複数の欧米メディアが、中国共産党への忠誠心を植え付けることを目的とした「強制収容所」の存在を強く非難する社説を掲載している。 一方、アメリカ政府は政治的な思惑に左右され、煮え切らない態度を続けている。 イスラム国家の多くも中国の経済的影響力により積極的にウイグル支援に乗り出せないのが現状だ。 は、著名イスラム専門家の試算を根拠に、その人数はもっと多い150万人だとしている。 ちなみに、新疆ウイグル自治区のイスラム教徒は約1000万人とされている。 厳しい取材規制のため、収容所の実態ははっきりしていないが、生還者や反体制活動家、イスラム研究者らの報告によれば、人々は劣悪な環境のキャンプに押し込められ、暴力や拷問を伴う政治的な洗脳を受け、北京語以外の言語の使用が禁じられているという。 米シンクタンク、ケイトー研究所のイスラム学の専門家、ムスタファ・アクヨル氏は、「人々はイデオロギー的な講義を受けること、中国共産党を賛美する歌を歌うこと、自己批判の作文を書くことを強制されている」と、で語っている。 ガーディアンは、収容者のバックグラウンドは、男女を問わずコメディアン、有名歌手、研究者、年金受給者、公務員など多岐にわたり、「完全に影響を免れているウイグル人家族は存在しない」という研究者の見解を紹介している。 そうした収容者は、逮捕・裁判というプロセス抜きに収容所に押し込められているとされる。

次の

ウイグル族が迫害される理由

ウイグル 地区

中国に五つあるの一つで、総面積は約166万平方キロメートル。 などとを接し、希少金属などが豊富とされる。 住民はを信じるトルコ系住民「」が多い。 清朝時代に征服され、その後独立の動きもあったが、新中国成立を経て自治区となった。 とは「新しい土地」の味。 同自治区の統計によると、総人口約2200万人 2011年末 のうち、以外のが6割を占める。 新中国成立以降はのが増え、文化や宗教が抑圧されていると訴える族とのが。 1990年代以降はに伴う中央アジア諸国の独立を受け、ウイグル族の独立運動も活発になった。 こうした動きに対し、中国政府は武装警察を投入するなどして締め付けを強めているが、不満を持つウイグル族による武器やを使った襲撃事件が後を絶たない。 背景には、漢族との経済格差や就職差別も指摘される。 爆破事件のあったは、自治区中部に位置する最大都市 区都 で、人口の大半を漢族が占める。 09年にはウイグル族の学生らとが衝突する大規模ながあり、2千人近い死傷者が出た。 2014-05-02 朝日新聞 朝刊 2総合 出典 朝日新聞掲載「キーワード」 朝日新聞掲載「キーワード」について の解説 中国北西部の民族自治区。 ,ロシア,スタン,,,,パキスタン,インドに接する。 主都は。 中央にがに連なり,南疆,北疆に2分する。 南疆はを中心に,その南北にオアシス都市が東西に並ぶ。 北疆は()を中心に,その南縁に中国中央部との交通幹線が東西に走る。 河川はほとんど内陸河である。 気候は典型的内陸性気候。 交通は自動車道路を主とし,蘭新鉄路(蘭州〜ウルムチ),南疆鉄路(トゥルファン〜クルレ)などがある。 小麦,水稲,綿花,果物,木材,畜産品などのほか,金,銀,鉄,石油,石炭などの地下資源が豊富。 特に石油と天然ガスはそれぞれ,中国全体の埋蔵量の3割とされ,中国は新疆生産建設兵団という準軍事的政府組織を展開し,経済・軍事開発をはじめ行政・司法の全般を担わせた。 原油精製やパイプライン敷設,送電線建設,石油コンビナートなどの巨大設備建設が進んでおり,成長を続ける中国にとって最重要の経済拠点である。 民族構成は族(維吾爾族)が総人口の47%余(1991年。 1949年には76%。 )を占め,漢族約38%が次ぎ,そのほか族,,モンゴル族,満族,(ロシア人),族,,族,族などの少数民族が居住する。 1955年に中国で2番目に成立したこの自治区では,最も遅れて1965年に成立した自治区とともに民族問題が大きな重みをもっている。 漢族の大量の流入が相次ぎ,漢族との格差問題なども加わり,ウイグル族を中心に分離独立を求める動きが活発化することになった。 分離独立を主張する人々は,新疆という呼称を嫌い〈〉という呼称を用いている。 民族構成における漢族の比重の増大,改革・開放政策のもとでの格差拡大,ソ連崩壊と中央アジアの隣接する民族国家の独立,東トルキスタンイスラム運動などイスラムの影響力が主たる要因である。 2013年11月の天安門自動車爆破事件や2014年3月の昆明駅無差別暴力事件などを中国政府は新疆ウイグル自治区の過激派組織によるものとしてウイグル族への規制・弾圧を強めているが,中国当局が実体を開示していないため詳細は不明である。 2015年3月,同区共産党委員会は,イスラム過激派組織ISの戦闘に参加した後,中国に戻ったグループを摘発したと発表,ウイグル独立派など新疆のイスラム過激派の一部がISに参加していると懸念を示した。 164万6800km 2。 2226万人(2014)。

次の