ねずみ ど し 2020 運勢。 2020年・運勢ランキング!誕生日でわかる令和2年の最強運【無料で当たる】

【干支占い】酉年(とりどし)生まれ 2020年の運勢を占う

ねずみ ど し 2020 運勢

子年女性の性格 子年の女性は素直で、人との付き合いを大切にすることができます。 いったん仲良くなった相手とは生涯付き合いをやめることはありません。 また、恋愛関係においても、相手の欠点を受け入れ、一途に人を愛することができます。 それだけ温厚で人に好かれやすい子年女性は、笑顔が素敵な女性が多く、周囲の人からは魅力的だと評価されやすいです。 少し気がかりな点があるとすれば、周囲に合わせすぎて無理をしてしまう傾向があることです。 とはいえ、普段から周りの人を大事にする子年女性なら、ちょっぴりワガママを言っても周りの人は快く聞いてくれるはずです。 たまには自分の意見を言うことが、うまく世の中を渡っていく秘訣です。 子年のポジティブな性格・特徴 子年の性格・特徴? :柔和 子年の女性は柔和な性格といわれております。 子年の男性の場合にはどちらかというと腹黒い性格の方が多いようなので、柔和な性格なのは女性が大多数だと考えても良いようです。 そんな柔和な性格の女性は人付き合いが良過ぎる傾向にあるため、付き合う相手はしっかりと選ばなければいけないのです。 そのため自分のパートナーが子年の女性の場合は、男性側は良い相手を選んだと思って良いのかもしれませんね。 子年の女性は、そのように人付き合いが良過ぎるため、少しくらいのミスならば大目に見てもらえることが多いなんとも不思議な魅力があります。 女性のみならず子年の男性も相手に合わせることができるのですが、女性の場合はそれ以上に相手に合わせられら他、愛嬌を思う存分に降り注ぎます。 しかし、それは表面上で見えるところだけで、実際には男性の好き嫌いがとてもはっきりしています。 ただしそれは表面上だけで男性の好き嫌いははっきりしています。 子年の性格・特徴? :穏やかで我慢強い 子年の性格の特徴は、誰とでもすぐに親しくなれ、明るく、目的をはたすために人一倍努力します。 どんなタイプの人でも、打ち解けられるので、多少自分と性格が合わなくても、我慢し、相手をたてて、対人関係でのトラブルが少ないです。 非常に穏やかな性格なので、相手もうけいれやすいです。 忍耐強いので、自分の能力以上のことを求められても、影ながら努力をし、相手の希望にそった結果をだせるようにします。 対人関係を円滑に運ぶことが得意なので、そこを活かして、自分の有利なように物事をすすめることができます。 子年の穏やかな性格は、集団の中では必要な存在で、周囲の人を和ませ、団結力が深まります。 芯が強いので、困難に対してもすぐにはあきらめず立ち向かっていきます。 子年の性格・特徴? :几帳面 大雑把な人も丁寧な人もいますが、子年の人はかなりの細やかさと注意深さを持った、几帳面なタイプです。 仕事上の細かなミスも決して見逃さず、また、同僚のちょっとした変化にも気が付くことができますし、プライベートの場でも、うまく空気を読んだり距離感を考えていくことができます。 威圧的、高圧的なタイプでもないので、仮に指摘したとしても周りが萎縮したり、場の空気が殺伐となってしまったりすることがないので、安心感を持って言える部分もあります。 また、単に対処しようとするだけではなく、本当にまずい状況であればいち早く「逃げる」ことができる良い意味での弱さを持ち合わせているので、結果的にトラブルへの対応も迅速になるという長所もあります。 子年の性格・特徴? :はっきりと物事を言えない 邪心や名声に対するこだわりもなく、コツコツと物事を進めていけるのが子年タイプの美点ですが、反面、プレッシャーに弱く引っ込み思案で、何かを思ってもはっきりと言えないことが少なくありません。 もちろん、何も思っていないわけではないのですが、意思表示が苦手なために、周囲からは「自分を持っていない」、「やる気がない」と見なされてしまうこともあります。 元々の臆病さに加えて、抜け目なく現実的課題をクリアしようとする性格が悪く出て、大言することが苦手という側面があるのかも知れません。 とは言え、仕事ぶりの確かさは必ず誰かが見ているもので、着実に評価は上がっていきます。 スっと簡単にうまく行かなくても、やる気を損ねないのが肝心ですね。 子年の性格・特徴? :溜め込んで爆発させる 周りが良く見え、頭の回転が早く、成功のための布石をじっくり打つことができる子年タイプ。 しかし、自分のことであれば柔軟に解決できたりするものですが、気弱で引っ込み思案な一面があるだけに、他人や組織のこととなるとなかなか口出しすることができません。 感覚も鋭いため、小さな違和感に気付き、見て見ぬフリもできない関係上、ストレスが溜まりやすく、しかも発散するのはなかなか難しい性質があります。 こうした点が重なってしまうと、限界ギリギリまで不満を溜め込んだ末に、どうにもならなくなって爆発させてしまうということになります。 結果、他の問題よりも子年の人のキレ方の強さが問題になってしまったりして、損な役回りを担ってしまうこともあり得ます。 あまり内にこもらずに不満は素直に発散すると良いでしょう。 子年の性格・特徴? :問題から逃げがち コツコツと仕事に取り組むことができ、「業務モード」に入るのも速い子年の人。 しかも判断力も高いため、日常業務はテキパキこなすことができます。 また、少々問題が発生したとしても、機転をきかせて対処することもできるでしょう。 しかし、本当に差し迫ったトラブルとなると、これはまずいという見切りが生じてしまい、早くに逃げてしまいがちという弱点を持ってもいます。 そのため、普段の仕事ぶりの正確さにも関わらず、彼は頼りにならないといった評価が広がってしまいがちで、なかなか周りからの信頼を得にくい感があります。 何でも自分ひとりで対処しようとはせず、緊急事態に強い人と組んでおくようにすれば、弱点は随分補えるでしょう。 子年の恋愛運や特徴は純粋だが不器用 恋に対するスタンスは人により極めて様々ですが、子年の人は元々の純粋さ、無邪気さもあいまって、恋や愛の対象となる相手を「値踏み」をしてしまったり、価値判断を恋愛に持ち込むことがありません。 そのため、想いもひたむきで清々しく、周りの人が応援したくなるような爽やかさがあったりもします。 しかし、想いのボルテージが高いため、仕事をしている時のように淡々と、あるいは軽く機転を効かせて、といった具合に捌くことができず、普段の態度とはまったく違う直球の態度や言葉で相手に熱をぶつけることもあります。 ただ、お相手が交際をOKしてくれたりしたのも普段の自分のことを認めてくれたからだという基本に立ち返ることで、さらに良い関係が築けるかも知れません。 恋愛を成功させるポイントは助け合う関係づくり 子年生まれの人の恋愛運についてご紹介します。 子年生まれの人の恋愛を成功させるポイントは、助け合う関係づくりです。 基本的に、子年生まれの人は、相手に合わせる協調性にとても長けています。 またまじめで一途であるため、ひとを好きになるとその人しか愛せなくなります。 しかし、子年生まれの人も人間ですので、ずっと相手に合わせてばっかりでは、疲れてしまい嫌になることも多々あるでしょう。 まじめ故になかなか言いたいことも伝えきれずに溜め込んでいってしまう傾向も見受けられます。 そんな時は、相手と助け合って解決していくことをお勧めします。 自分からも思いを伝えて良いんだと割り切り、相手にばかり合わせるのではなく、たまには自分に合わせてもらうように仕向けてみましょう。 子年の仕事運の特徴は従順で素直 子年の人は、仕事においてとても従順です。 上司から仕事を頼まれた時は、二つ返事でそれを引き受けるので、とてもいい部下だと思われています。 そのため、上司からの信頼はとても厚いのですが、無理をしてしまうことも多々あります。 また、素直な性格のため、自分の考えだけにこだわらず、人の考えをいいと思った時には、すぐにそれを受け入れることができます。 自分の感覚だけに固執することはなく、周りの人の良いところを取り入れるということが自然とできるので、特に何も意識せずとも様々な知識をつけられているのではないでしょうか。 また、共感的な話の聞き方をすることもできるため、多くの人から頼られる、ということも子年の人の特徴です。 仕事を成功させるポイントは誰でも公平に接する 機転がきき、仕事に対して真摯な態度を取ることができる子年の人ですが、にも関わらず業務上の評価が低くなってしまうことが珍しくありません。 それは、表面的には色々と言われるかも知れないですが、結局のところ他の人の「不満」が絡んでいることが少なくありません。 具体的には、、見切りの能力が高いために、能力の高い人や便利な人に対しては丁重な態度を取るものの、そうでない人には軽んじた態度を見せたり、もっとひどい場合には見下してしまうということもあり得ます。 多くは無意識上の行為なので、なかなか治らないかも知れませんが、人に公平に接するという基本中の基本をしっかりと守り、誰からも不快感を持たないようにすることが、仕事をより円滑にするためには必須と言えるでしょう。 子年と仕事の相性がいいのは丑年! 牛の背中に乗ってネズミがトップでゴールしたという逸話は有名ですが、実際に子年と丑年生まれの仕事上の相性は抜群です。 細かく周りが良く見え、敏感な子年が先導し、丑年が黙々と実行するというのが基本的な形ではあるものの、逆に丑年が先導する形でも子年はそれをうまく活かすことができますね。 かなり対照的な性格のようでいて、実際のところは似通った部分がかなり多く、「着実さ」という重要な一点において一致するからこそ、うまく仕事ができるという部分が非常に多い組み合わせと言えるでしょう。 一方、うまく出し抜く形になってしまう子年に対して、丑年からの不満が溜まってしまうという懸念があるのも事実ですので、うまくコミュニケーションを取っていきたいものです。 子年 ね年・ねずみ年)の2020年運勢 2020年は、子年生まれにとって人生の絶頂期ともいえる一年になりそうです。 「したたかさ」と「粘り強さ」が成功をつかみ取るための重要なポイント。 昨年までは縁の下の力持ちに徹することが多かった子年ですが、2020年は積み重ねてきたことが実を結ぶ年になります。 そもそも子年は温厚で人当たりの良い人物です。 あれこれ頼みごとをされることも少なくありません。 いつも辛抱強く仕事を引き受けているのに、表舞台で称えられるのは別の人、ということもしばしば。 ところが2020年の子年の運勢は、大きなステージの主人公となるにふさわしいと告げています。 これまで培ってきた人脈や粘り強く取り組んできたことが子年に追い風を吹かせてくれるのです。 多くの人の注目を急に浴びることになるので謙遜してしまうかもしれませんが、したたかに堂々としていましょう。 きっと来年以降にも繋がる結果が生み出せます。 子年の守護神は阿弥陀如来! 子年の守護神は、亥年と同じ『阿弥陀如来』です。 仏の悟りをひらかれたのはお釈迦様です。 阿弥陀様は、お釈迦様を含む十方諸仏(宇宙に存在する数え切れない程の仏さまを指す)の本師(先生)であり王でもあります。 阿弥陀如来の光は、あらゆる人々を照らし(無量光)寿命は限りない(無量寿)とされています。 阿弥陀様がたてられた48の願いの中の一つに阿弥陀様を信じる者は、どんな罪人・悪人でさえ一言『南無阿弥陀仏』と唱えると極楽浄土へと導いてくれるということがあります。 子年のあなたへの阿弥陀様からのご利益は、あなたが亡くなった後に極楽浄土へ導き修行をすれば仏にさせてあげるということです。 信仰のはじめとして初詣を機会として捉え、守護神のいらっしゃる神社仏閣を訪れてみてはいかがでしょう。

次の

亥年生まれの2020年(令和2年)の運勢と性格・相性

ねずみ ど し 2020 運勢

興味のあるところから読んでくださいね• 2020年 子年(ねずみどし)の総合運 2020年の子年の総合運は、やや低迷した運勢となるでしょう。 1960年(昭和35年)・2020年(令和2年)生まれの子年の人は、そこそこの運勢となりそうですが、それ以外の子年の人は体調を崩したりすることが多いかもしれません。 とくにプライベートの問題が子年の人を悩ませそうです。 次に、生年別の運勢を見てみます。 1948年(昭和23年)・2008年(平成20年)生まれの子年の人は、娯楽にハマりやすい一年となります。 しかし、度が過ぎると怠惰な生活に陥ってしまうこともありそうです。 また、疲れやすい一年でもあります。 月運は、1月・2月・3月・5月・10月が吉。 6月は吉凶混合の月。 7月・8月・9月・11月は要注意の月。 12月は大きな変化が起きやすい月となります。 1960年(昭和35年)・2020年(令和2年)生まれの子年の人は、変化の多い一年を送ることになりそうです。 強いパワーに恵まれる反面、我が強くなる傾向があります。 コツコツ真面目に仕事に励むことで、幸運を呼び寄せることができるでしょう。 月運は、1月・5月・8月・10月が吉。 3月・7月・9月は要注意の月となります。 1972年(昭和47年)生まれの子年の人は、子年の中でも運気が低迷しやすいです。 また、挫折しやすく内向的になりやすいでしょう。 無理のない程度に働いたり、何でもいいので創作活動に励むと運気が安定してくるはずです。 月運は、2月・8月・10月が吉。 6月・7月・9月・11月・12月は要注意の月となります。 1984年(昭和59年)生まれの子年の人は、不安定な一年となりやすいです。 また、仕事が非常に忙しい場合もあります。 また、あなたの父親が体調を崩すこともありそうです。 月運は、2月・10月が吉。 4月・6月・7月・8月・9月・11月・12月は要注意の月となります。 1996年(平成8年)生まれの子年の人は、人づきあいが多く疲れやすい一年となるでしょう。 仕事も忙しいのですが、その割に給料は少ないかもしれません。 また入ってきたお金は交際費ですぐに消えてしまうでしょう。 月運は、2月・8月・10月が吉。 6月は吉凶混合の月。 4月・5月7月・9月・11月・12月は要注意の月。 2020年 子年(ねずみどし)の仕事運 2020年の子年の仕事運は、やや低迷した運勢となるでしょう。 2020年の子年の人は、内在するパワーが強くなり、そのパワーを仕事に活かすことができる人と、反対にあなたの内面やプライベートの問題に翻弄され、仕事も不調に陥る人とで分かれそうです。 次に、生年別に運勢を見てみます。 1948年(昭和23年)・2008年(平成20年)生まれの子年の人は、健康面での心配があり、それをきっかけに転職をしたり失職する可能性もあります。 また、サボり癖がつきやすい一年でもあるため、気をつけてください。 1960年(昭和35年)・2020年(令和2年)生まれの子年の人は、独立に向いている一年です。 また、パワーもあるため、残業が多くても乗り切ることができるでしょう。 職場では協調性を大事にして下さい。 1972年(昭和47年)生まれの子年の人は、内向的になりやすいことから人間関係がうまくいかず、仕事を辞めてしまう傾向があります。 しかし、転職がうまくいく可能性は低いため、我慢して現在の仕事を続けるか、生活を維持できる程度にアルバイトをするようにしましょう。 1984年(昭和59年)生まれの子年の人は、職場が忙しく忙殺されやすい運勢です。 変化を求めて転職したくなりますが、現状維持を心がけましょう。 2020年の論争や出世争いは勝てる見込みがなさそうです。 1996年(平成8年)生まれの子年の人は、忙しく気を遣う接待も多いため、ストレスが溜まりそうです。 その割に成果も給料も上がらないため、落ち込むことが増えるかもしれません。 2020年 子年(ねずみどし)の恋愛運 2020年の子年の恋愛運は、やや低迷した運勢となるでしょう。 2020年の子年の人は、恋愛への関心が強く、異性に対して積極的に行動できそうですが、結果は芳しくなさそうです。 肝心なところで臆病になったり、ワガママが出てしまい、好意のある相手といい関係を築くことが難しいでしょう。 次に、生年別に運勢を見てみます。 1948年(昭和23年)・2008年(平成20年)生まれの子年の人は、遊びの恋愛からのトラブルに注意してください。 望まない妊娠もあり得ます。 1960年(昭和35年)・2020年(令和2年)生まれの子年の人は、恋愛に積極的になれる一年です。 ただし、我が強すぎると敬遠されるでしょう。 1972年(昭和47年)生まれの子年の人は、内向的になりやすく恋愛とは縁遠くなるでしょう。 ただし、女性は年下の男性と、男性は年上の女性と縁が生まれやすい時期でもあるのですが、悪縁となりやすいです。 1984年(昭和59年)生まれの子年の人は、この年に結婚すると生活基盤がしっかりせず、苦労することが多いかもしれません。 女性は傲慢な男性との縁があります。 1996年(平成8年)生まれの子年の人は、モテる一年ですが真面目な恋愛とは縁遠いでしょう。 この年の恋愛は金銭の絡んだトラブルが増えるかもしれません。 2020年 子年(ねずみどし)の金運 2020年の子年の金運は、やや低迷した運勢となるでしょう。 財は入ってきても流れやすい運勢です。 しかし、生まれ年によっては貯金も可能です。 次に、生年別に運勢を見てみます。 1948年(昭和23年)・2008年(平成20年)生まれの子年の人は、娯楽に浪費してしまい、生活が苦しくなる可能性が高いです。 また医療費がかさむ可能性もあります。 1960年(昭和35年)・2020年(令和2年)生まれの子年の人は、真面目に働きながらコツコツ貯蓄できる運勢です。 ただし、貯蓄額はそこまで多くはないかもしれません。 1972年(昭和47年)生まれの子年の人は、金銭的に苦しい一年となるかもしれません。 仕事も安定しないため、生活が困窮する可能性もあります。 ともかく、最低限生活を安定させる努力をしましょう。 1984年(昭和59年)生まれの子年の人は、金銭の出入りが激しいでしょう。 貯蓄は増えない可能性のほうが高いです。 1996年(平成8年)生まれの子年の人は、金銭の出入りが激しい運気です。 入ってきたお金は、ほぼ交際費で消えるでしょう。 2020年 子年(ねずみどし)の健康運 2020年の子年の健康運は、やや低迷した運勢となるでしょう。 2020年の子年の人は、腎臓・泌尿器系・婦人科系の病気に注意してください。 次に、生年別に運勢を見てみます。 1948年(昭和23年)・2008年(平成20年)生まれの子年の人で、体調に要注意です。 規則正しい生活を心がけ、暴飲暴食は控えましょう。 とくに睡眠はしっかり取ってください。 1960年(昭和35年)・2020年(令和2年)生まれの子年の人は、おおむね健康ですが、無理は禁物です。 スパイスの利いた食べ物は、あなたの健康に役立ってくれるはずです。 1972年(昭和47年)生まれの子年の人は、心身ともに無理は禁物です。 部屋に引きこもりがちなため、外に少しでも出るようにして、夜更かしはせず規則正しい生活を心がけましょう。 1984年(昭和59年)生まれの子年の人は、注意が必要な健康運です。 焦りやすいため、事故やケガにも気をつけてください。 1996年(平成8年)生まれの子年の人は、人づきあいが多く不規則な生活を送りやすいです。 しかし休日にはしっかり休むようにすれば回復するでしょう。 2020年 子年(ねずみどし)のラッキーアイテム• 赤色、青色のもの• ラジオ 2020年 子年(ねずみどし)にとって相性のいい干支・悪い干支 この相性は、2020年限定のものです。 良好な相性の干支はあなたの運気を上げてくれますが、要注意な相性の干支はあなたの運気を下降させることがあります。 良好な相性• 1986年(昭和61年)生まれの寅年の人• 1965年(昭和40年)・1977年(昭和52年)生まれの巳年の人 要注意な相性• 1960年(昭和35年)・1972年(昭和47年)・2020年(令和2年)生まれの子年の人• 1980年(昭和55年)・1992年(平成4年)生まれの申年の人• 1981年(昭和56年)・1993年(平成5年)生まれの酉年の人• 1971年(昭和46年)・1983年(昭和58年)生まれの亥年の人.

次の

2020年・運勢ランキング!誕生日でわかる令和2年の最強運【無料で当たる】

ねずみ ど し 2020 運勢

Contents• 全体運 2020年、あなたの星が回座する中宮は、本来五黄土星が定位している場所。 この場所は「大変化」を意味します。 そのため、七赤金星を本命星に持つあなたは、これまで歩んできた人生を一度完成させ、全ての面で昇り詰めた状態になります。 そのまま現状維持ができればいいのですが、そうもいかないのが2020年のあなたの運勢。 ここまで順調に来た人ほど停滞感を味わいやすくなるでしょう。 ここまでトントン拍子にきていたのに、この年に入った瞬間に思い通りにいかなくなるとか、邪魔する人が増えるなど、足止めを食らってしまいがち。 また、これまで「バレないから」とか「これくらい大丈夫だろう」といった気持ちで、堂々と人には言えないようなことをしていた場合、この年に入ると明るみに出てしまいやすい時期となります。 特にこの年に多いのが、脱税や不祥事が公になる、不倫や浮気など秘密の情事が見つかるといったこと。 自業自得と言えばそれまでなってしまいますが、少しでも事を荒立てたくない場合は、大事に至る前に早い段階で軌道修正を図っておいた方がいいでしょう。 とはいえ、前年度まで誠実に堅実に生きてきた人にとってはそれほど大きな問題は起こらないので、心配はいりません。 何もかも順調に進んでいく幸運期とは言えませんが、名誉や美しさといった意味を持つ九紫火星の影響も受けるのがこの年なので、これまでの努力が認められ大きな成果を得たり、あなたの魅力が際立ち人気者になれるといった可能性も。 暗剣殺を伴っているため、中には嫉妬や妬みの感情を向けている人も現れるかもしれませんが、それ以上に賞賛したり共感したりしてくれる人も多く現れるはずです。 また、この年は「大変化」を意味するので、さまざまな変化が起こりやすくなります。 それもあなたの予期せぬことが起こりやすい年。 たとえば突然の異動を命じられて全く違う環境に行くことになったとか、早期退職を言い渡されるといったこともあるかもしれません。 人間関係においては親しくしていた友人とギクシャクするなど試練とも呼べる出来事が起こる予感が。 ただ、後になって振り返ってみると、あなたにとって良き変化だったと納得できることしか起こらないので、「嫌だな」と思っても逃げずに乗り越えていってください。 恋愛運 2020年のあなたは、突発的なことが次々と起こりやすいので、心が落ち着かない年となるでしょう。 念入りに計画を立ててもその通りにいかなかったり、予期せぬ出来事に見舞われたりして、自分のペースが乱されてしまいがち。 そのため、とても恋愛をしている気持ちになどなれないでしょう。 とはいえ、あなたが適齢期の場合は周囲からは結婚を急かされるなどしやすいので、恋愛に興味がないのに焦ったり、ひとりでいたいのに孤独を感じたりと矛盾した気持ちになってしまうことも。 そんな心情で無理に恋愛を始めようとしても、うまくいかないもの。 2020年はあなたの本当の気持ちに耳を傾け、恋愛にあまり前向きになれないのなら、自分の時間を充実させるとか、この年は恋愛をお休みすると決めてしまうのがいいでしょう。 元々あなたは、いくつになっても異性から好意を抱かれやすいモテるタイプなので、今年一年恋愛をしなかったからといって恋愛から遠ざかることはありませんよ。 既にパートナーがいる場合は、気持ちがすれ違いやすい時期。 あなたも忙しさからついパートナーと過ごす時間を後回しにしたり、「ワガママを言ったりしてしまいがち。 自分のことで手一杯になり、とてもパートナーのことなど考えていられないと言った気持ちになり、つい冷たくしてしまいやすいでしょう。 気付いた時には埋められないほどの溝がパートナーとの間にできていたとか、突然相手から別れを告げられるといったことも否定できません。 大事な縁を一時的な環境に振り回されて失ってしまわないためにも、この年は会えなくてもせめてメール電話はマメに入れておくとか、休みの日はどちらかの家でのんびりするなど無理なく一緒に居られる時間をつくるようにしてください。 また、無理に結婚を勧めようとすると話がこじれてそのまま別れ話になってしまう可能性が高いです。 ハッキリしない関係が続いていても、この年は相手のペースに合わせるくらにの気持ちでいた方がうまくいきやすいでしょう。 全体的にパッとしない恋愛運ですが、8月7日から9月6日はいい出会いに恵まれそう。 カップルはこの期間に、大事な話をするといい方向にまとまりそうです。 仕事運 前年度とは大きく流れが変わりそうなのが2020年。 仕事面においても、大きな転機が舞い込む予感があります。 このまま現職続行を検討している場合でも、転職を余儀なくされるような出来事が起こったり、反対に転職を考えていた場合は思わぬ足止めをくらって身動きが取れなくなってしまったりする可能性も高いです。 いずれにせよ、この年は自分の思っている方向とは逆に進みやすいと覚悟していた方がいいかもしれません。 ただ、流れに逆らうよりも、この年は流れに身を任せた方がいい時期。 一見すると「ツイてないな」とか「なんで自分ばかり?」と思うような状況でも、この年を過ぎてしまうと、「あの時がこうだったからよかった」と納得できる形になっているはずです。 反対に無理をして自分のやり方を推し進めようとすると、周囲からの反感を食らってトラブルに巻き込まれるとか、違う時期にやっていれば順調に進んでいたのにこの年に始めたばかりに成果を出すのにかなりの時間を要するといったことにもなりかねないでしょう。 この年に起こることは、今後の自分にとって必要な試練だと受け止めて、素直に受け取り乗り越えていってください。 ただ、いくら現状をしっかり受け止めて乗り越えた方がいいからとはいえ、無理は禁物。 特に忙しくなったり、周囲に振り回されたりすることが増えるため、知らず知らずのうちにストレスや疲労を溜め込んでしまいがち。 自分の身体を労わるような余裕もなくなるかもしれませんが、意識して体調管理に努めるようにしましょう。 自分にご褒美を与えるといいので、頑張った月は欲しかった物を買ったり、忙しい日が続いた時は高級エステで自分を癒したりしてみてください。 仕事運が好調なのは、11月7日から12月6日まで。 大きな決断をする場合は、この時期まで待ってみるのがいいでしょう。 金運 2020年、あなたの金運はかなり変動の激しいものとなりそうです。 一時的に予期していなかった臨時収入がドカンと入ってきそうな一方で、浪費や散財癖に火がついて出費を増やしていきやすい傾向があります。 いずれにせよ、安定しないのが2020年のあなたの金運なので、臨時収入があったからといってパァッと使うようなことはせず、その分を貯蓄に回しておくようにしましょう。 ギャンブルは、一時的にかなりの利益を獲得しやすい年。 ただ、一度利益を出すと、さらに欲が出てしまい、ハマってしまいやすい時でもあるので注意が必要です。 利益が出た時点でやめておくとか、金額を決めてそれ以上はギャンブルにつぎ込まないようにしておきましょう。 また、この年はうまい話しには注意が必要。 特にメリットばかりを伝えてくるような人には、慎重になって吉。 詐欺などにもあいやすい時なので、持ちかけられた話には、まずは疑ってかかってみるくらいでちょうどいいです。 大きな買い物も避けた方が無難。 特に書面での契約を必要とする買い物は来年度以降に見送ってください。 反対に不要なものをリサイクルショップやネットオークションに出品すると意外な高値が付きそうです。 ラッキーアイテム ・ラッキーアイテム 腕時計 ・ラッキースポット 高層ビル、屋上のある場所.

次の