ブルー ライト カット メガネ jins。 【値段は?即日渡し?】JINSでブルーライトカット付き度入りメガネを作る

JINSでブルーライトカット40%の眼鏡を買ったら目元が暗くなったけど目が疲れにくくなった。

ブルー ライト カット メガネ jins

筆者は主にパソコンを使った仕事をしており、時には夜遅くまで画面を見続けることがあります。 特にパソコンを新調してから、解像度が良く素晴らしいのですが、目が疲れやすくなっていることに気がつきました。 そんな時に、ブルーライトカットを遮断してくれるブルーライトカットメガネ(PCメガネ)を使い始めてみたのですが、刺激の強いブルーライトをカットしてくれるので、目の疲れが軽減される効果を感じました。 特に、パソコンやスマホの画面を眩しく感じることがあったのですが、ブルーライトカットメガネを使うと、眩しさを感じません。 ブルーライトカットメガネ(PCメガネ)を使っていく中で、ブルーライトカットメガネを選ぶ際のポイントがいくつかあると感じましたので、解説します。 事前知識を知っておくことで、よりライフスタイルに合ったものを選べるようになりますよ! ブルーライトカット率で選ぶ ブルーライトカットメガネ(PCメガネ)はメーカーや製品によってカット率が異なります。 単にカット率が高いものが使いやすいというわけではなく、カット率が高いものにはレンズに薄茶色や黄色っぽい色が付いているものも多くあります。 例えば、色付きメガネはビジネスシーンでは向かない場合もあるでしょうし、映画やテレビを見たり、デザインの仕事など色を扱う場合には、自然な色に見えないと困る場合もあります。 ブルーライトカットメガネ(PCメガネ)を選ぶ際は、ご自身の用途とカット率のバランスに気をつけましょう。 ちなみに筆者は、色付きのカット率の高いメガネと、カット率の低いクリアなメガネの2種類を使い分けています。 また、注意点もあります。 いくつかの製品を試してみて気が付いたのですが、製品情報に「クリアレンズ」「色なし」「透明」と書かれていても、ブルーライトをカットするという機能の特性上、実際はうっすら黄色っぽい色味を感じることが多いです。 色味があるのが嫌な方は、口コミなどで見え方を確認しておいが方が良いでしょう。 また、ブルーライトカットメガネにはUV(紫外線)カットの機能を持ち合わせているものも多いため、野外でパソコンやスマホを使用する際に使う場合は、UVカット率も確認しておきましょう。 ただし、あくまでスクリーンを見る用に作られていますので、サングラスとして使うものであはりません。 太陽を見たりしないように気をつけましょう。 メーカーや品質で選ぶ ブルーライトカットメガネは、様々なメーカーから販売されており、安価なものの中には品質の良くないものもあります。 筆者が初めて購入した安価なブルーライトカットメガネは、レンズが曇りやすく、汚れなどの掃除がしづらいため結局使わなくなってしまいました。 購入する際には、メーカーの製品情報だけでなく、口コミもしっかり確認し、手入れのしやすさや使いやすさも事前にしっかり確認してください。 プラスアルファの特徴で選ぶ ブルーライトカットメガネには、ブルーライトカット機能のみの度なしのものから、近視に対応している度つきもの、老眼鏡として使えるものなど様々な機能付きのものがあります。 また、子供用を取り扱うメーカーも増えました。 お子様がゲームやスマホ、パソコンなど長時間使用している場合は、体内時計への影響が懸念されるため、ブルーライトカットメガネ導入を検討してみても良いでしょう。 ブルーライトカットメガネ10選 ブルーライトカットメガネの比較 ブルーライトカット率 UVカット率 レンズのカラー 重量 特徴 価格 J! 25 99. 4 99. 5 0. 42 0. 25 0. 35 0. 5から選べる 税込2,900円 老眼鏡 NEW BL Cutter 801 バネ丁番 ブルーライトカット35% 0. 35 0. 5から選べる 税込2,000円 ブルーライトカットメガネ(大人用) J! 50という高評価のブルーライトカットメガネです。 値段が税込2,500円と安く送料も無料で、ブルーライトカット率は43%と高いです。 デザインの種類やカラーが充実していて、スクエアタイプには、シャイニーブラック、マットブラック、クリアブラック、クリアブラウン、マリンブルー、レッド、グリーン、オレンジ、パープル、ライトブラウンデミ、オーバルタイプにはシャイニーブラック、マットブラック、スモーク、マットブラウン、ブルー、レッド、ピンクバイオレット、ストライプ、ブラウンマーブルのカラー展開があります。 メンズ・レディース共用で、多くの中から選ぶ楽しみもあります。 カラフルなものは普段使いにおすすめで、ファッションコーディネートを楽しめるのも魅力です。 13gと非常に軽量なため、寝る前にベッドの中でスマホを見る習慣のある方などにも便利です。

次の

【JINSバイオレットプラス】目に必要と言われる光を通すレンズ、JINS VIOLET+

ブルー ライト カット メガネ jins

ミドリ安全のブルーライトカット眼鏡 MM21 クリップオン式を使っていて、目の痛みが明らかにかける前よりはよくなった、ド近眼の管理人です。 どれくらいド近眼かというとこんな感じです。 まぁ結論から言うと、私の場合は、度入りレンズのブルーライトカット眼鏡の購入をあきらめたのですが……。 よかったら参考にして下さい。 【20161221追加】JINSとZoffではあきらめましたが、普段掛け眼鏡を酔っぱらって割ってしまったので、パリミキでブルーライトカットコーティングした眼鏡を購入しました。 ちなみにこちらがミドリ安全のブルーライト対策眼鏡 MM21 クリップオン式を購入して1か月目、2か月目に書いた記事です。 読んでいただくとわかるのですが、最近は目の調子がよく『いま使っている普通のド近眼用眼鏡のフレームのメタルメッキも 剥 はげてきているから、新しいメガネを購入しようかなぁ。 そうだ!どうせ買うなら普段掛けもできる 度入りレンズのブルーライトカット眼鏡 ってどうなんだろう? なんかオシャレだし、ちょっといいかも……欲しいなぁ』なんて、と思うようになりました。 そこで『ブルーライトカット眼鏡といえばJINSとZoffかなぁ』なんてイメージが何となく頭にあったので、それぞれのホームページを調査しはじめました。 ブルーライトカット眼鏡のレンズには色がついているので普段掛けには難しい でまぁ、JINSとZoffの店舗にいったわけですが、そこでの第一印象は、 『ブルーライトカット眼鏡のレンズには色がついているので、PC作業以外の普段掛けには難しいなぁ』 ということでした。 まぁ、当たり前といえばそれまでですが、ブルーライトをカットするためにレンズに色がつくわけです。 まぁそれは今使っている「ミドリ安全のブルーライトカット眼鏡 MM21 クリップオン式」も同じなんですけどね…… でも、実際に店舗に行って、はじめて実感したわけです。 『ブルーライトカット眼鏡のレンズには色がついているので、PC作業以外の普段掛けには難しいなぁ』ということを。 【20161221追加】JINSとZoffではあきらめましたが、パリミキでブルーライトカットコーティングした眼鏡は普段掛けに利用できます。 あー、そうそうJINSとZoffのブルーライトカット眼鏡がどんな感じなのかを簡単に……書いて置きますね。 JINSのブルーライトカット眼鏡 JINSはブルーライトカット眼鏡を「JINS SCREEN」というブランド名で販売しています。 外から見た時の色は、どれもレンズに黄色みがかった感じになります。 25%でもそこそこ感じます。 Zoffのブルーライトカット眼鏡 Zoffはブルーライトカット眼鏡を「PC ULTRA LENS」というブランド名で販売しています。 外から見た時の色はJINSに比べると黄色みはありませんが、それでも普段掛けで使用するには厳しいです。 たとえばこの眼鏡をかけて、『ちょっとおしゃれなレストランへ……』という気にはなりません。 店員さんにも色々と話を聞きつつも、『普段掛けと併用するにはちょっと無理かなぁ……』と感じながら資料をもらって帰ってきました。 ちなみに価格は、レンズ(度入り・度なし)とフレームとをあわせて、JINS・Zoffともに大体10,000円くらい~になります。 レンズ(度入り・度なし)の価格はすべて同じです。 フレームの価格が異なります。 ブルーライトカット率はどうやって計算しているのか? 『ブルーライトカット率は、JINSとZoffとではバラバラだなぁ……そういえば、ブルーライトのカット率ってどういう計算なのだろう』 JINSとZoffとの各店舗に行く前は、ブルーライトカット眼鏡を購入することが前提だったので興奮していて気がつきませんでした。 しかし、家に帰って落ち着いてくるとふと、そんなことを思うようになりました。 では、ホームページをみてみるか……ということで調査してみました。 JINSはこんな感じです。 00mm、屈折率1. 53の数値 Zoffはこんな感じです。 ブルーライトカット率の測定基準は光の波長380nm~500nm、レンズ中心肉厚約2mmでの平均カット率です。 『おっ、なんかちゃんとしたページみたいだ』ということで中をみてみると…… ブルーライトカット眼鏡の透過率テスト — 神奈川県ホームページの内容 「」には、神奈川県が実施したブルーライトカット眼鏡の透過率テストの調査および結果・考察・消費者へのアドバイスがのっています。 でその中でも私が注目したのは、以下の記載です。 今回の調査では、ブルーライトカット率の値を2つの規格 JIS、BS に基づく測定方法で検出しました。 カット率は、どの規格に基づく方法によって測定するかで異なる値となります。 例えば、No. 1は、JISに基づく方法では19. 7%のカット率となります。 そのため、ブルーライトカット率を広告等で表示する場合は、どの規格に基づく数値なのかを記載することが望まれます。 今回調査した15銘柄のうち、規格を記載していないものが6銘柄 調査した中の40% ありました。 商品選択にあたっては、説明書等をよく読み、内容に疑問等があればメーカーに確認する等、納得した上で使用することをお勧めします。 とまぁ、いろいろわかりました。 おわりに とまぁ実際にJINSとZoffの店舗に行って、資料をもらってきて、ネットで調べて、ブルーライトカット率について調査して……と色々やってきたのですが…… 結論として「ド近眼である私が、普段掛けでも使用できる「度入りのブルーライトカット眼鏡」を購入することは 今回見送ることにしました。 理由は「ブルーライトカット率については、実際につかってみないとわからない」「普段掛けとの併用が難しい」などの条件により、コストが高くなるからです。 【20161221追加】JINSとZoffではあきらめましたが、パリミキでブルーライトカットコーティングした普段掛け眼鏡を購入しました。 こういう時はいつも思います『あー、目が悪くない人はうらやましい……』 今後どうするかは、またご報告しますね。 それでは。

次の

【zoff(ゾフ)】ブルーライトカットメガネを使ってみた感想【効果実感】

ブルー ライト カット メガネ jins

ブルーライトカットして目を大切にしたいことが目的でメガネを探していたので、 なるべく カット率は高いのがいいので、 Zoffに決めました。 ブルーライトカットメガネなのに、透明度が高いから そしてもう1つのポイントは、 ブルーライトカットメガネ特有の青い反射や黄色がかりの少なさです。 ブルーライトをカットするためにレンズに加工されているので、普通のメガネにはない色味が付きます。 普段パソコンやスマホなどを見る時に使うので、あまりにも見え方が変わってしまうとストレスになってしまうので、なるべく透明度を保って使いたいと思っていました。 その点に関しても、 Zoffの業界最高水準の透明度という謳い文句にひかれ、買う決め手になりました。 透明度業界1位とはいえ、 ブルーライトカットメガネなので、かけた時に見える景色が相当な黄色味がかかるんじゃないのぉ~ と思っていました。 しかし、 少しの黄色味ぐらいだったので、個人的には使っていてほとんど気にならないくらいのものでした。 もちろん、かけてすぐは微妙な変化がわかりますが、 かけて作業を始めてしまえば、ほとんど気にならないですね。 また、とても軽くて、かけ心地もいい感じでした。 圧倒的に疲れ目がなくなった すぐに効果が実感できました。 僕は基本的に1日平均10時間近くスマホやパソコンを見ています。 毎回前半3時間くらいから目がしょぼしょぼして疲れと集中力切れがありました。 が、 これを使ってからは3時間経過しても全く疲れずに作業に取り組めるようになりました。 個人差はあるかと思いますが、いろんな人に少し貸してみても、みんな口を揃えて、 👤「 メガネ無しで画面を見る時と、目の疲れ度合いが全然違う!欲しい!」 というほど効果はあるので、それなりに信憑性は高いのかなと思います。 肩こりが改善された おそらく目の疲れからくる肩こりですが、 ブルーライトをカットされたおかげか、辛かった肩こりもほぼなくなりました。 肩こりを忘れて、毎日、とても快適に作業に取り組めるようになりました。 ブルーライトカットメガネを購入した人の声 zoffブルーライトメガネを使っていなかったときは、眼精疲労がひどくめまいだったので、それがなくなりとてもありがい。 目使いまくって目疲れすごかったけど、zoffのメガネに買い換えたら、めっちゃ軽減されて、楽にPC作業ができるようになった。 1時間半で集中が切れてたのが3時間以上持つようになり、仕事がとても捗っている。 ・スマホ、パソコン、テレビなどの液晶画面をよく見る人 ・目が弱く ブルーライトに負けてしまっている人 ・長期的に目を大切にしていきたい人 スマホやネットが普及した現代「目」に大量の光を浴びない生活から逃れられないかと思います。 ただそれをそのままにしておくことで、健康への影響やストレス、疲れを引き起こしてされてしまうことは目に見えています。 なので、 ブルーライトメガネでしっかりと対策を講じて、ストレスフリーでかつ健康な目を維持することが大切だと思います。 Zoffブルーライトメガネなら5000円でそれ以上の効果ありなので、使わない方が損です 僕は ブルーライトカットメガネをずっと買おう買おうと思ってかれこれ1年が経ってしまっていました。 ただつい最近やっと買った結果、 見違えるほどに快適に、疲労少なく作業できるようになりました。 疲れ目や肩こりも一発で改善の方向に向かいました。 圧倒的に、日々のストレス度合いも下がり、作業効率も上がりました。 なので、パソコンやスマホ作業が多い、 ブルーライトの疲れ目に悩んでいる方は、早めに活用しない手はないです。

次の