早急 敬語。 早い対応へのお礼メール|2つの敬語表現で好印象を獲得【例文あり】

至急(しきゅう)の類語・言い換え

早急 敬語

「至急」の社外への使い方と敬語 「至急でお願いします」は目上には失礼 「至急でお願いします」は、 「急いぎでお願いします」と、相手に催促をしている言い回しであるため、威圧的に感じられてしまい、目上の人に使用すると失礼にあたります。 目上の人に「急いで」催促する場合は柔らかいニュアンスで相手を尊重した言い回しを使用することを心がけましょう。 代わりに使うべき表現[丁寧な依頼]には ・優先していただけないでしょうか ・早急にご対応くださいますようお願い申し上げます ・お早めにお願いいたします ・お忙しい中恐縮ですが、ご対応お願いいたします があります。 例文 「新プロジェクトの会議が今週ございますので資料作成を優先していただけないでしょうか」 「期限が今週中ですので早急にご対応くださいますようお願い申し上げます」 「手続きに少々お時間をいただきますので、恐れ入りますがお早めにお願いいたします」 「期限が迫っておりますので、お忙しい中恐縮ですが、ご対応お願いいたします」 「至急ご連絡ください」も上から目線で失礼 相手からの連絡が急ぎでほしいという場合に、 「至急ご連絡ください」とお願いをすることも、上から目線に聞こえてしまい、失礼にあたります。 「至急」は、上記でも説明したように、催促しているニュアンスが強いため柔らかい言い回しで「連絡がほしい」ということをお願いするほうが好ましいです。 連絡が急ぎでほしいときの柔らかい言い回し例として、 ・お早めにご連絡をお願いいたします ・早急にご連絡をお願い申し上げます などがあげられます。 また、「催促」しするのではなく、「伺う」というニュアンスになる ・お早めにご連絡いただけますか? ・早急にご連絡いただけますか? という疑問形になる言い回しを使用することで、更に柔らかくお願いをすることができます。 「至急」の社内での使い方 「至急対応いたします」は自分の目上に対する行為なのでOK 「至急お願いします」など、相手に急ぐことをお願いする場合には注意が必要であると上述しましたが、 自分の目上の人に対する行為である「 至急対応いたします」は使用可能です。 相手に何か急ぎの依頼をされたときはもちろんのこと、何か自分の仕事のミスを指摘されたと言う場合には、 「極めて急ぐ」というニュアンスのある「至急」を使用して「至急対応いたします」と伝えることで、相手に誠意をみせることができます。 「至急、これやっておいて」と上司が部下に使うならOK 「至急、これやっておいて」と上司が部下に使用することも可能です。 自分より目下の人に「至急」と使用すると、部下に 急ぎの用であるため優先してほしいをいうことを強要することができます。 目上の人に対して急ぐことを強要するのは失礼にあたりますが、部下であれば問題はありません。 「至急、この件についてご相談させてください」と部下が上司に使うのもOK 「至急、この件についてご相談させてください」と 部下が上司に使用することもできます。 「させていただく」は、「 相手に許可を得たうえで、〜してもらう」という表現として使用できる言い回しで、「させてください」は「 〜をしてもいいですか?」というニュアンスになり、 強要しているニュアンスもなく、相手に「急ぎで相談したいんだな」という意志も伝わることができます。 したがって、「至急」は社内では後に続く表現によって問題なく使用することが可能ですが、社外の目上の人には催促する意味合いがある文言なので使用を避けるべき、ということになります。 「至急案件」はビジネスで最優先の仕事 「至急案件」は、 ビジネスで最優先すべき仕事に使用します。 相手に 「至急案件です」と依頼をされた場合、最優先でとりかかるべきです。 いつまでにという使用がある場合は 必ず期日を守り、すぐに対応できない場合はいつまでになら対応できるかを伝えるなど、誠意をみせましょう。 また、自分が「至急案件」とおいう言葉を利用して相手にお願いをする場合は、本当に急いでもらわなければならないことであるのか一度よく考え、「至急案件」という言葉を乱用しないようにしましょう。 使用する場合も「至急案件」である[理由]を明確にしなければ失礼にあたります。 「至急回覧」は自治会の回覧板で使われる 「至急回覧」は、 自治会の回覧板で使用される言葉です。 「回覧板」は、 町内会の告示事項や配布書類を挟んで順番に回覧するものです。 町内会の人が亡くなった場合など急ぎで回すべき重要なお知らせは「至急回覧」と表記して早めに回すことを促す場合があります。 「大至急」は「至急」を強調した形 「大至急」は、「 だいしきゅう」と読みます。 「大至急」は、「 非常に急を要する事」という意味です。 「至急」という言葉に「大」をつけて強調した形で、「 大急ぎで」というニュアンスになります。 「大至急」は、かなり急を要することに使用する言葉であるため、あまり頻繁に使用するのは避けるべきです。 「至急」「早急」「緊急」の違い 「至急」・・・・・「極めて急ぐこと」 「早急」・・・・・「非常に急ぐこと」 「緊急」・・・・・「即座に対応しなければならないこと」 「至急」「早急」「緊急」は、「急いで」という意味合いのある類語です。 しかし、同じ意味合いでもニュアンスが若干違う言葉であるため、簡単に説明ます。 「 至急」は「至」という「極めて」という意味の漢字を使用していることからわかるように、 他の何よりも優先しなければならないことに使用する言葉です。 「 早急」は、「早く急ぐ」という意味合いであり、 「至急」ほど「急ぐ」ということを強調している言葉ではありません。 「 緊急」は、「ことが差し迫って、対策などを急がなければならないこと」という意味であり、 「急いでもらわなければ困る」というニュアンスが含まれます。 「早急」の意味は「非常に急ぐこと」 「早急」は、「 そうきゅう」と読みます。 また、「 さっきゅう」とも読むことができます。 「そうきゅう」と読んでいる人のほうが割合はとてもお多いですが、本来は「さっきゅう」と読む言葉でるということも覚えておきましょう。 「早急」の意味は、「 非常に急ぐこと」です。 例えば、「早急にご対応お願いいたします」というように使用します。 「至急」よりも催促するニュアンスが少なく、 柔らかい印象があるので急ぐことをお願いする場面に適している言葉です。 例文 「こちらの件については、こちらで早急に処理いたしますのでご安心ください」」 「期日が迫っておりますので早急に企画書を提出していただきたく存じます」 「利用者の激減対策について早急に話し合いましょう」 「緊急」の意味は「即座に対応しなければならないこと」 「緊急」は、「 きんきゅう」と読みます。 「緊急」の意味は、「 即座に対応しなければならないこと」です。 例えば、「緊急事態」という言葉は「即座に内応をしなければならない事態」という意味です。 また、「 急がないと見の危険がある」というような場合にも使用され、「緊急車両」「緊急搬送」というような言葉にも使用されます。 例文 「緊急の場合は、こちらの電話番号に連絡をお願いします」 「非常事態が発生したので、これより緊急会議を開かせていただきました」 「車内にいた人が突然意識を失い、緊急搬送されていった」 「至急」のその他の類語 「迅速」の意味は「すみやかなこと」 「迅速」は、「 じんそく」と読みます。 「迅速」の意味は「 すみやかなこと」です。 「 きわめてはやいこと」を「迅速に」というように言い表します。 例えば、「迅速な対応ありがとうございます」は、「すみやかに対応してもらいありがとうございます」という意味になります。 例文 「先日は、迅速に対応いただきありがとうございました」 「お客様からの依頼には迅速な行動を心がけております」 「期日が過ぎておりますので、迅速な対応をお願いいたします」 「早速」の意味は「すぐに行うこと」 「早速」は、「 さっそく」と読みます。 「早速」の意味は「 すみやかな様」です。 「 すぐに行うこと」を「早速」といいます。 例えば、「早速のお返事ありがとうございます」は、「すぐにお返事をいただきありがとうございます」というような意味になります。 例文 「お問い合わせおりがとうございます。 早速ですが、サンプルを送付させていただきます。 」 「素敵なプレゼントをありがとう、早速使いますね」 「早速ですが、本題に入らせていただいてもよろしいでしょうか?」 「取り急ぎ」の意味は「とりあえず行う」 「取り急ぎ」は「 とりいそぎ」と読みます。 「取り急ぎ」は、「 物事をいそいでする・とりあえず行う」という意味です。 「急な事態が起きたため、十分な準備や対応はできないが、急ぐべきこととして」といったニュアンスになります。 例えば、「取り急ぎご報告」というには、「とりあえず急いで報告だけします」というようなニュアンスで使用されます。 例文 「取り急ぎ何がおきているのが状況だけでも教えてくれませんか」 「問題は無事に解決いたしましたので、取り急ぎご報告をさせていただきます」 「取り急ぎ欠品している商品のみ発送させていただきましたのでよろしくお願いいたします」.

次の

ビジネスにおける「早速」の意味と類語 迅速,早々,取り急ぎとの違い

早急 敬語

ビジネスで取引先から早い対応をしていただいたときや、 ビジネスメールですばやく返信いただいた場合に、 感謝を表す表現としてどのような言葉を使えば、 相手に失礼無く相手に感謝の気持ちを伝えることができるのでしょうか? 「早い対応ありがとうございます」 と、そのまま述べてしまうとぶっきらぼうな印象となりますし、 せっかくのお礼の文章も、選ぶ言葉を間違ってしまうと、 相手を不快にさせてしまったり、 誤解を生むことにつながってしまいます。 そこで今回は ・早い対応のお礼を表す敬語 について解説をしていきます。 早い対応のお礼でありがとうございます、を敬語で述べる表現は ビジネスなどでは多用する場面が多いものです。 いくつか表現の仕方を知っておくだけで、非常に便利になります。 スポンサードリンク Contents• 早い対応のお礼ありがとうございますを敬語で表す表現 早い対応のお礼を敬語で表す場合の文例です。 代表的なものをいくつかあげておきます。 早い対応のお礼 ・迅速なご対応ありがとうございました。 ・早速のお返事ありがとうございました。 ・早速のご返信ありがとうございます。 ・迅速な対応をしていただきありがとうございました。 注意点としては、ご迅速なご対応とはいわないことです。 「ご」をつけるのは「ご対応」として1つにしておきましょう。 この他にも早い対応のお礼を表す表現は たくさんありますので、みていきましょう。 他にもたくさんある、あわせて使いたい感謝を表す表現! 基本的な表現としては上記の表現を使っておけば問題ありません。 他にもあわせて使うと効果的な表現ありますのでご紹介しておきます。 あわせて使うと 効果的な 感謝を表す表現 ・心より感謝申し上げます。 ・お礼の申し上げようもございません。 ・ご配慮ありがとうございます。 使い方ですが、 「迅速な対応をしていただき、心より感謝申しあげます。 」 といったかたちで用います。 クレームや問題があった場合の対応を素早くしていただいた場合などは 「お礼の申し上げようもございません。 」といった表現を 使っても良いででしょう。 また相手の心遣いや思いやりに対して、 「ご配慮ありがとうございます。 」という表現も文中に加えることで より感謝の気持ちが伝わる文章になります。 スポンサードリンク お礼メールを送る時にやりがちなビジネスマナー違反 お礼を伝える際にやってしまいがちなビジネスマナーの失敗を 以下にあげておきますので気をつけましょう。 ・相手の役職の後に様をつける ・自社の上司に敬称を用いて表現する ・文章が簡潔でなく長い ・タイトルは一目みて何が書いてあるか分かるようにしておく ・顔文字や「!」や「?」などの表現は使わない 基本的なビジネスメールのマナーですが、 きちんと守られているでしょうか。 貴重な相手の時間をメールに割いてもらうのですから、 基本的なマナーや簡潔に内容がまとめられていることは 相手への最低限のマナーです。 最近はスマホなどでやりとりすることも増えているので、 誤っていつも使っている顔文字や「!」「?」などの表現を 使わないようにしましょう。 プライベートではよいですが、ビジネスなどで使ってしまうと 信頼性が落ちてしまいます。 まとめ 早い対応のお礼ありがとうございます。 を表す表現について 書いてきましたがいかがだったでしょうか? お礼のメールも相手への失礼があれば台無しになってしまいます。 基本的なルールを守って送れば、 あなたの信頼性や印象もグンとアップさせることができます。 それではありがとうございました。 Sponsored Link•

次の

ビジネスにおける「早速」の意味と類語 迅速,早々,取り急ぎとの違い

早急 敬語

「早速のご対応」という言葉をビジネスシーンや顧客側として見聞きしたことがありますか。 実際にビジネスシーンで使われることは珍しくなく、言われたりしたことがある方もいらっしゃるでしょう。 では、どのような意味を持っている言葉なのかご存知ですか。 「早速のご対応」とは、早と速が付いていることから「早く(速く)」対応してくれた、という意味のイメージを持っています。 しかし、使い方については正しい知識を持っているでしょうか。 「早速のご対応」は、ビジネスシーンで使用する側や顧客として使われる側になる言葉であるため、正しい使い方を知っておくことで役立つ時が来るかもしれません。 それでは、「早速のご対応」の意味について説明していきます。 また、似たような場面や意味合いで使用されることが多い言葉も説明しますので、比較しながら正しい使い方を学びましょう。 早速の意味 「早速」は「応じてすぐに」という意味を表します。 例えば、何か要望があってその内容がすぐに応じるべき時や、しようと思ってからすぐにやり始める時など、「行うことが定まってからすぐに対応すること」を「早速」で表します。 文に入る時や話題を変える時の起こし言葉であり、目上や目下に関わらず使用可能な言葉です。 「では、早速」といった使われ方で、テレビ・映画・舞台・アニメ・書籍などで見かけたことがある方が多いと思います。 自分が日常の中で使用しているという方もいることでしょう。 「早速」の言葉自体は身近なものですが、「早速のご対応」となるとあまり親しみがないかもしれません。 しかし、ビジネスシーンや丁寧な言葉としては適切なため「早速のご対応」が使用される場面も多くあります。 類語その1「早々」 「迅速なご対応」は「早速のご対応」よりもビジネスシーンや顧客側に対して用いられる言葉です。 また、「迅速」には行動が非常に早い・物事の進行が早いといった意味があります。 「早々」にも似たような意味がありますが、「迅速」は立場に関係なく使用できる言葉であり、「早々」と違って目上の人にも顧客に対して用いることができます。 また、相手のことを表す時も自分のことを表す時も使用できます。 ビジネスシーンや丁寧な言葉としては「早速のご対応」よりも「迅速なご対応」の方が適切と言われていますが、「早速のご対応」でも構いません。 「迅速」は物事の進行や行動が早いことを示していますが、「早速」は応じてすぐにという意味があるため、応じて今すぐに行動する場合は「早速のご対応」、応じて今すぐにではないけれど早く対応する場合は「迅速なご対応」の方が言葉の意味としては適しています。 類語その3「早急」 「早急」は非常に早いことですが、敬語表現としても使用できるのに命令系にもなってしまう言葉のため使用場面には注意が必要です。 「早急に頼む!」と上司が部下に使用することはよくあるかと思いますが、間違いではありません。 ただ、部下が上司に「早急にお願いします」と言うと少し命令系になってしまうため、部下が上司に対し「早急」を使用する時は「早急にお願い申し上げます」丁寧に聞こえるようにしましょう。 「早速」「早々」「迅速」「早急」と似たような言葉はたくさんありますが、それぞれ意味合いとしては異なる印象があり、使うことができる場面も違います。 目上の人に対しても使用できるものもあれば、目上に対しては失礼に値するものもあるため、使い分けが大事です。 無難な言い方としては「早速」と「迅速」が立場に関係なく使用できるオールマイティな言葉なので、ビジネスシーンには最適な言葉です。 「早速のご対応」は、目上の方に使用する敬語表現としては正しいです。 正しいというよりは、間違ってはいないと言った方が適切でしょう。 理由としては、敬語表現としては「迅速なご対応」が最も適しているとされているからであり、「迅速」の意味と比べると「早速のご対応」は使用できる場面が限られます。 応じて今すぐに動く場合のみ「早速のご対応」であり、数日以内に行うような早いけど間がある場合は「迅速」です。 例えば物販の取引で、入金後すぐに発送してくれたことに対しては「早速のご対応」ですが、早いけれども入金後すぐではない場合には「迅速なご対応」が適しています。 ただ、細かな話になるため一般的に早いことを示す時には「早速なご対応」でも「迅速なご対応」でも構いません。 「早速のご対応いただき、ありがとうございます」尊敬語で「もらう」の意味がある「いただく」が変化した「いただき」が加わりましたが、この使い方は間違いです。 「もらう」というのは「してもらう」「何かをもらう」の意味合いがありシーンによってどちらの意味合いになるかは違ってきますが、「ご対応」のように「ご」や「お」が付いた言葉に次いで「いただく」を付けることは敬語表現として不適切とされてきます。 「いただき」を使用する時は「ご対応」ではなく「対応」で良く、「対応」と「いただき」の間に「をして」を入れると文がまとまります。 「早速の対応をしていただき、ありがとうございます」とすれば、使用可能です。 少々難しい敬語表現のルールになりますが、相手の許可を得る言葉の「いただく」を次いで使用する時は「ご」や「お」が付く言葉は使用不可ですので覚えておきましょう。

次の