この世界の(さらにいくつもの)片隅に dvd。 片渕監督の創作の日々を追う映像も「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」BD&DVD、9月25日発売

「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」ソフト化 特装限定版に片渕監督を追ったドキュメンタリー映画収録 : ニュース

この世界の(さらにいくつもの)片隅に dvd

公開劇場一覧 この世界の さらにいくつもの 片隅に 2019年12月20日(金)公開• マークの詳細についてはをご覧ください。 劇場サイトをご確認下さい。 順次公開 北海道 0144-52-1201 掲載できる上映スケジュールが存在しません。 劇場サイトをご確認下さい。 順次公開 東北地区 都道府県 劇場名 電話番号 上映形態 スケジュール 備考 秋田 イオンファミリーシアター能代 0185-52-6381 掲載できる上映スケジュールが存在しません。 劇場サイトをご確認下さい。 劇場サイトをご確認下さい。 劇場サイトをご確認下さい。 劇場サイトをご確認下さい。 劇場サイトをご確認下さい。 劇場サイトをご確認下さい。 劇場サイトをご確認下さい。 劇場サイトをご確認下さい。 劇場サイトをご確認下さい。 劇場サイトをご確認下さい。 上映終了 広島 082-546-1158 掲載できる上映スケジュールが存在しません。 劇場サイトをご確認下さい。 劇場サイトをご確認下さい。 劇場サイトをご確認下さい。 劇場サイトをご確認下さい。

次の

この世界の(さらにいくつもの)片隅に 劇場情報

この世界の(さらにいくつもの)片隅に dvd

内容紹介 新たなエピソードが物語を塗り変える。 『この世界の片隅に』に秘められた、もうひとつの物語。 DVDは特報・予告編、ブックレット等特典付き! こころ の ひみつ。 昭和19年、日本が戦争のただ中にあった頃だ。 戦況が悪化し、生活は困難を極めるが、すずは工夫を重ね日々の暮らしを紡いでいく。 ある日、迷い込んだ遊郭でリンと出会う。 境遇は異なるが呉で初めて出会った同世代の女性に心通わせていくすず。 しかしその中で、 夫・周作とリンとのつながりに気づいてしまう。 だがすずは、それをそっと胸にしまい込む……。 昭和20年3月、軍港のあった呉は大規模な空襲に見舞われる。 その日から空襲はたび重なり、すずも大切なものを失ってしまう。 戦況が悪化し生活は困難を極めるが、すずは工夫を重ね日々の暮らしを紡いでいく。 ある日、迷い込んだ遊郭で出会ったリンと心通わせていくが、夫・周作とリンとのつながりに気づいてしまう。 すずはそれをそっと胸にしまい込む…。 現時点ではこのメニューの読み込みに問題があります。 window. when "data". html? html? html? html? html?

次の

「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」DVDレンタル開始日や発売日が決定

この世界の(さらにいくつもの)片隅に dvd

解説 片渕須直監督がこうの史代の同名漫画をアニメーション映画化して異例のロングランヒットを記録し、国内外で高い評価を得た「この世界の片隅に」に、新たなシーンを追加した長尺版。 日本が戦争のただ中にあった昭和19年、広島県・呉に嫁いだすずは、夫・周作とその家族に囲まれ、新たな生活を始める。 戦況の悪化に伴い生活も困窮していくが、すずは工夫を重ねて日々の暮らしを紡いでいく。 そんなある日、迷い込んだ遊郭でリンという女性と出会ったすずは、境遇は異なるものの、呉ではじめて出会った同世代の女性であるリンと心を通わせていくが……。 片渕監督のもと、主人公すず役ののん、今作でシーンの追加されたリン役の岩井七世らキャスト陣は変わらず続投。 2019年製作/168分/G/日本 配給:東京テアトル スタッフ・キャスト 原作にあって劇場アニメでは割愛されていたリンさんのエピソードを復活させ、ほかにもシーンを足したり再構成したりすることによって、確かに印象の違う別の作品ができあがったと言える。 前の劇場版は何度も観ているし、原作も複数回読んでいるので、内容的には既知のものばかりなはずなのだが、ここまで受け取る側の気持ちが変わるのかと驚いた。 なにが違うって、同じシーンはたくさんあるのに、どれもが同じようには感じられなくなったのだ。 今回の映画の方が、より複雑な心理や裏事情が渦巻いていて、深みを増したということはできる。 ただ、そのせいもあって(自分の受け取り方としては)、悲喜こもごもの喜の部分を素直に笑えなくなってしまったのである。 こっちのバージョンは、笑いと悲しみが裏表にあるのではなく、裏も表も渾然と混ざり合っているのである。 こっちが「完全版」というわけではない、と監督が発言しているので、こちらの作品も評価しているし意義深いと感じていますと断った上で言うのだが、一本の映画としては前作の方が好きだった。 なぜなら、すべてがグレーに見える本作の辛さや世知辛さより、コントラストがくっきりしていた前作の方がより新鮮に感じられたからだったのだと思う。 あと今回のバージョンでは、周作も哲もずいぶん株を落とした印象がある。 それはより「女たちの物語」であることを志向したのが理由である気がしている。 そして男たちの意地や面子はなんともくだらない。 これもどっちがいいとか上とか下とかの話ではなく。 原作に登場する白木リンのエピソードが通常版で割愛されたのは、まだヒットどころか製作が実現するかどうかもわからない脚本作りの段階で、遊郭の女性という子供向きではない要素が客層をせばめるリスクと考えられたからだろう。 しかしロングランヒットで世間に支持されたおかげで、長尺版をより大人向けの内容に描き直すことが可能になった。 リンのエピソードが加わることで、すずの内面、周作との夫婦生活も複雑さを増した。 ただその一方で、通常版ではファンタジックにぼかしていた要素に、長尺版ではリアリズムに寄った説明が加わった部分もあり、このあたりは評価が分かれそうな気もする。 ともあれ、今回の「片隅」が、単に引き延ばしただけでない、新たな魅力を獲得した愛すべき「世界」であることは間違いない。 のんの声、コトリンゴの歌は今作でも活きている。 3年前、私は主人公すずさんのことをすっかり理解し尽くしたつもりになっていた。 あの頃の自分に言ってあげたい。 人の内面はもっと広くて深く、そう易々と把握できるものではないのだと。 これは「もう一歩」だけ心の内側に踏み込んだ物語だ。 オリジナル版では、すずさんというキャラクターがあえて柔らかいタッチで描かれていたように思う。 それゆえ観客は、当時を生きた名もなき人々の人生や青春や愛すら彼女の輪郭に重ね、過ぎ去りし日々に想いを馳せることができた。 一方、本作では、もっと描写やエピソードを尽くしてじっくり心の言葉に寄り添うことで、「個としてのすず」がよりダイナミックに立ち上がってくるようになった。 すずさんだけではない。 リンとケイコも同じ。 ある意味これは「3人の女性たちの物語」なのだ。 作り手と観客が深い絆で結ばれたからこそ成し得たこの異例の試み。 私はいつしか心底圧倒され、すずさんのことが益々好きになった。

次の