キングオブパスタ。 高崎”キングオブパスタ2017”優勝!「ボンジョルノ」の『ポルチーニ茸香る木の子クリーム・ハーブ豚のカッチャジョーネ』をいただきました(*^^*)|人生は遊園地

キングオブパスタ

キングオブパスタ

2020年1月18日(土)8時00分~9時30分放送の「朝だ! 生です旅サラダ・陸斗が行く! 日本縦断コレうまの旅」に「群馬県・高崎市で地元の美味しいもの」が登場!パスタが有名群馬県高崎市。 映像では、市内のパスタ店が集結する「キングオブパスタ」というイベントが紹介されます。 今回登場したのは、• 小麦の一大産地である群馬の生パスタ専門の製麺所「吉田製麺(よしだせいめん)」(高崎市鞘町20-1鞘町ビル1D)• 地元の方に人気のフレンチ「BISTRO KNOCKS 高崎店(びすとろ のっくす たかさきてん)」(高崎市柳川町83-2 ・電話:027-320-7030)• 平成16年創業高崎市の伝統的なお菓子の焼まんじゅうの店「焼まんじゅうの茶々(やきまんじゅうのちゃちゃ)」(高崎市鶴見町5-1・電話:027-322-2070) 目次• 出演者 ゲスト:マギー レギュラー:神田正輝、向井亜紀、勝俣州和、三船美佳、ラッシャー板前、青木愛 旅サラダガールズ 、小西陸斗 ABCテレビアナウンサー 群馬県高崎市のパスタ店が集結する「キングオブパスタ」 キングオブパスタは、高崎を中心とした周辺地域における小麦文化と豊かな農作物に育まれた食文化を、パスタを通じて再認識するとともに、高崎の食文化の更なる発展を図ることを目的として開催されているグルメイベントです。 2019年開催概要• 会場:もてなし広場 (住所:〒370-0829 群馬県高崎市高松町1)• 内容:高崎市内にてパスタを扱う店舗が出店し、来場者による投票で高崎パスタキングを決めるコンテスト形式のイベント• 店舗募集:高崎市内にてパスタを扱う店舗• 投票方法:チケット一枚につき1店舗に投票• 主催:キングオブパスタ実行委員会(実行委員長 青島真一)• 問合せ先:キングオブパスタ実行委員会 事務局 〒370-0849群馬県高崎市八島町265番地 Mail:info kingofpasta. jp TEL:027-323-2868 FAX:027-325-5201• 群馬県高崎市のパスタ店が集結する「キングオブパスタ」公式サイト: 朝日放送テレビ「朝だ! 生です旅サラダ」番組データ.

次の

群馬県高崎市『trattoria banbina(トラットリア・バンビーナ)』キングオブパスタ2018優勝

キングオブパスタ

スポンサーリンク バンビーナは筑縄町にあります! バンビーナは2018年10月、下小塙町から 筑縄町に移転しました。 現在の所在地や 営業時間など、 基本情報はこちらです。 お間違えのないようにお気をつけください! 店名 トラットリア バンビーナ (Trattoria bambina) 住所 群馬県高崎市筑縄町13-8 TEL 027-377-0929 営業時間 ランチ 11:00~15:00 ディナー 17:30~22:30 定休日 月曜日 駐車場 あり どうやら今回の移転は2度目のようです。 バンビーナの駐車場はどこ? バンビーナは大変人気のお店です。 お店の前には駐車場がありますが、日曜の13時を過ぎても満車の状態が続いていたなんていう口コミもあります。 以前はお店のインスタグラムに第2駐車場の情報があったのですが、今は削除されているので詳細が不明です。 嵐にしやがれデスマッチ パスタ に登場したパスタ屋さん 2019年1月19日 土 に放送された日本テレビの人気バラエティ番組 「嵐にしやがれ」に登場した「バンビーナ」。 ゲストと嵐がグルメを争奪するクイズコーナーの 「パスタデスマッチ」で、一番最初に登場しました。 ここで出てきたパスタは何だったかというと 「えびジェノパスタ」です!! えびジェノパスタとは、どんなパスタなのでしょうか? バンビーナの営業時間は? バンビーナの営業時間は、 ランチ 11:00~15:00/ディナー 17:30~22:30 となっています。 バンビーナはキングオブパスタで2度も優勝したことのある実力パスタ店。 お店はとってもとっても大人気で賑わっています。 バンビーナの バンビーナの 【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】.

次の

【旅サラダ】週末行ってみっか高崎生パスタのお店

キングオブパスタ

私が行った高崎スズランデパートの「ボンカフェ ボンジョルノ」は予約ができないので、混んでいたら地下へ降りてデパチカ弁当を買ってくればいいや、という算段。 この中の単語、「クリーム」しか分からない(笑) 「カッチャジョーネ」は、調べてみると、どうも「ジビエ料理」のことのようですね。 野生の鳥獣の肉や料理を意味するイタリア語。 ボンジョルノのこのメニューでは、地元ブランドの豚肉を使っています。 群馬県は、実は、豚の飼育数は全国4位。 「上州麦豚」「はつらつ豚」「黒豚とんくろ」などの銘柄があり、養豚業は群馬で大事な産業なのです。 「ポルチーニ」は、ヨーロッパで好まれるきのこで、トリュフ、マツタケと並び、「世界三大キノコ」の一つとか!「きのこの王様」とも呼ばれるんですって。 すごいな。 ポッテリまるまるした見かけから「子豚」の意味の「ポルチーニ」と名付けられたそうです。 ちなみに、上記写真で二つ並んでいるので気付きましたが、ボンジョルノは、初代キングオブパスタ優勝店なのですね。 初代優勝メニューは、「ハーブで育てた地ポークのパスタ」。 ほ~う。 先日食べたばかり。 農林水産省によると、平成28年の群馬県の小麦生産量は全国で4位。 「うどん」や「やきまんじゅう」、「おっきりこみ」など、小麦を使った伝統料理も沢山あります。 キングオブパスタは、そんな群馬県の交通と経済の要所、高崎を中心とした周辺地域における小麦文化と豊かな農作物に育まれた食文化をパスタを通じて再認識するとともに、高崎の食文化の更なる発展を図ることを目的に、2009年から毎年1回開催されているイベントです。 高崎中心地のイベント広場「もてなし広場」に出展店のテントが立ち並び、来場した方がその中から5店のパスタを食べ比べ、一番美味しいお店に投票して、優勝店が決まるというもの。 2017年は、10,500人が来場し、全5,917票が投票されたそうです。 余談ですが、「小麦なら前橋も!」とキングオブパスタにあやかって、県都前橋でも今年から「キングオブピザ」という食の祭典が始まりました。 それでもやっぱり、キングオブパスタの威光には目がくらみ、1、030円もなんのその(笑)待ち遠しかった~。 これが、今年のキングオブパスタ優勝メニューなのね~。 と暫く眺めてみる。 タプタプのクリームソースに、よく煮こんだ豚肉のカチャトラ、大きなポルチーニきのこが沢山乗っています。 これが、ポルチーニです。 薄切りにしているところがエリンギに食感は似ているかな~。 フニャっとしていて、嚙むとジワっとキノコ。 これが、キノコの王様なのね~。 いつもの倍のお値段ですが、満足な一品。 ソースはこちらもやはり絶品で、思わず、全部飲み干すところでした(笑)こんな美味しいソース、どうやったら作れるんだろう。。 ボンジョルノは、美味しくて、安くて、いいお店です。 群馬にいらっしゃる機会があれば、ぜひぜひいらしてください。

次の