永久 に 持っ て おき たい 6 つの 高 配当 米国 株。 米国株(アメリカ株)の高配当利回りランキングTOP10!ダウの平均利回り、「ダウの犬」投資法も紹介

【高配当株投資】コロナショックをクリアした長期投資+高配当株投資向けの銘柄はこれ

永久 に 持っ て おき たい 6 つの 高 配当 米国 株

2019年は後半に関税、金利の上昇、米中の貿易摩擦といったテーマでボラティリティが非常に高まりました。 2020年は、コロナウイルスの感染拡大に端を発する世界的な経済活動の停滞により株式相場は不安定化しています。 しかし乍ら、エントリーのタイミングは留意する必要があるものの、 相場全体が下落して株価が割安になった局面は仕込みのチャンスです。 底入れの時期を見計らって利益獲得のチャンスを狙いところ。 市況を踏まえると、2020年に買う株式は、現在の苦境を糧として将来に成長する態勢を整え、強固な基礎となるファンダメンタルズを持つ強力な企業である必要があります。 特に米国は、国全体として日本よりも底堅く経済成長を続けており、危機を乗り越えた後は各米国企業の業容も再成長する可能性が存分にあります。 そこでこの記事では、米国株に焦点を絞って、中小企業から大企業までさまざまな切り口 テンバガー候補・成長銘柄・バリュー株・高配当株 で おすすめの2 9銘柄をご紹介します。 米国で個人投資家に良く読まれている投信関連の記事 ご参考リンク やインフルエンサーの意見から銘柄を厳選しています。 馴染みのある企業から、そうではない掘り出し銘柄までご紹介していますので、是非ご参照ください。 お取引されている証券会社によっては、取り扱いが無い銘柄もあります。 家電、建設、自動車、工業用に加工処理をした素鋼を提供しています。 米国各地 インディアナ州、ケンタッキー 州 、オハイオ 州 、ペンシルベニア州 に工場を保有しています。 米国の鉄鋼業は「株価サイクルの末端にある」と言われており、2008年の最高値にもし戻れば株価が30倍になる可能性を秘めています。 AK Steelは2018年12月期に黒字転換しており株価が回復する素地ができつつあります。 コロナウイルスによる影響緩和し相場が底入れすれば、好材料視されて株価が急上昇する可能性があります。 広告業界で独自のポジションを開拓しており、広告データを活用して顧客がデジタル広告キャンペーンを展開・管理するためのプラットフォームを提供しています。 売上高は増収増益基調で推移しており、売上高増加率は50%を超えるほどの成長を見せています。 売上に占める純利益率は40%弱で高収益体制である点も魅力の一つです。 自己資本比率も35%と財務健全性も高いのが特徴です。 株価も上場以来、長期にわたって上昇が継続しています。 Paypalはクレジットカード会社の雄であるVisaのような巨大企業と比較すると三分の一ほどの規模しかなく、まだまだ成長する余地があります。 コロナウイルス相場が落ち着き、下落したタイミングでエントリーを狙いたい銘柄です。 個人向けプリンターの製品として「Cube」「ProJet」があります。 業績は赤字続きで株価が低迷しています。 自己資本が厚く倒産する可能性は今のところ低く、株価も下値の余地が無い状態です。 業績回復や提携などの好材料が発表されれば、2014年の高値である1株=100ドル近くまで高騰する可能性を秘めています。 主要製品は、人事管理システム「Workday Human Capital Management」「Workday Payroll」、財務管理システム「Workday Financial Management」、分析システム「Workday Bigdata Analytics」です。 業績はまだ赤字が続いていますが、売上高は順調に伸びており数年後には黒字化すると言われています。 将来の成長期待から2017年頃から株価は右肩上がりで上昇を続けています。 企業が雇用ライフサイクルを管理するために必要なデータ管理、データ分析機能が売りです。 業績も株価も右肩上がりで成長を継続しています。 2018年12月期は売上高566百万ドル、純利益137百万ドルを計上しています。 米国各地でショッピングセンターやショッピングモールを中心に366店を展開しています。 業績・株価共に右肩上がりで成長を続けています。 企業規模は3500億円に上り、米国の19州で2018年末まで315店舗を展開、2013年から2018年までの間24. 4億ドルから46. 7億ドルへと収益を倍増しており、かなり成長性が高いです。 自社ブランドの売上高は、売上高の7%から13%まで占有率が増加しました。 以下では、米国株でいわゆる バリュー投資家に注目されているおすすめの銘柄を紹介します。 米国Forbes誌に掲載されている銘柄から私の視点でピックアップ、分析をしています。 参照外部リンク: 2020年コロナウイルス影響の株価下落で魅力が増すおすすめされているバリュー株 元々バリュー株として認識されていた銘柄のうち、コロナウイルス影響で株式相場が下押しされ更に割安となって魅力が増す銘柄をご紹介します。 継続的なマクロ経済の不安定さにもかかわらずGMがその中核事業を非常にうまくマネージしていく可能性は高い。 その堅実なバランスシート(現金および市場性のある有価証券で240億ドル)、卓越したコスト管理能力、フリーキャッシュフローを創出する力は目を見張るものがあります。 当初は障害保険に焦点を当てていました。 後にTime Insurance Companyとして知られるようになり、1978年にオランダのAMEVに買収されました。 その後、一連の買収を通じて規模が拡大しました。 ただビットコインは価値が不安定な資産です。 現在9ヵ月前の値の3分の1で取引されていますが、さらに遡ると1年前の水準近くで取引されています。 BTCには6,000ドル前後にテクニカル指標上のサポートがあります。 またビットコインベースのETFが米国で承認に近づいています。 2020年中に前向きな発表がある可能性が高いと思います。 機関投資家コミュニティ全体からは、bitcoinが正当なオルタナティブ投資になっていくという考え方が出てきています。 仮に金に代替するものになったとすると、 現在の金の価格で、ビットコインが金市場のわずか10%に取って代わったとすれば、35,000ドル以上で取引されるでしょう 2020年コロナウイルス影響の株価下落で魅力が増す高利回りな米国株のおすすめ10選! 本記事では、継続的に、安定して高い配当利回りを得ることが出来る米国株に絞って、ランキング形式で銘柄を紹介しています。 ランキング1位の企業はなんと 利回りが7%を超える結果となっています。 その他のランキング入りしている企業も、米国では名だたる大企業ばかりです。 日本もここ数年でようやく株主還元の機運が高まり、配当性向が上昇する傾向が有りますが、米国は以前から株主重視の経営でたくさん配当を出している企業が多数存在します。 実事例として、配当を中心とした株式投資で有名な「www9945」さんは、 ポートフォリオの半数以上が米国株になっています。 ご参照: こちらの分析では、 数千を超える米国株式銘柄の中から、事業が安定している大企業に絞り、増配の可能性も考慮した上で利回りの高さでランキングトップ10の企業を紹介しています。 こちらの記事の参照元: 選定に当たっての基準 米国で上場している株式銘柄のうちで、以下の条件でランキングを作成しています。 5%以上の配当利回りを実現• 少なくとも5年連続で配当を増加させている 特に2点目は、米国で非常に重視されている基準です。 連続で配当を増加させているという事実は、その企業が株主還元に積極的であるということ、また 毎年配当を増加させられるほどに業績が安定していることを示しており、将来の増配も期待することが出来ます。 それでは早速、ランキングを発表したいと思います 米国の高配当株 10位:Altria Group MO• 業種:消費者向けたばこ• 配当利回り:5. 増配継続年数:49年 Altriaは1919年に設立された、アメリカで最大のタバコ会社です。 喫煙関連の商品は、昨年のAltriaの営業利益の90%近くを占めています。 MarlboroおよびMiddletonブランドのタバコが同社の最大の製品です。 Altriaの利回りは、米国FDAの衝撃的な発表を受けて株価が20%近く下落した2017年7月に急上昇しました。 FDAは、たばこのニコチンレベルを規制して、中毒性がなくなるようにすることを計画しています。 これは、喫煙の減少を加速させ、Altriaの収益性を低下させる可能性があります。 その後、2018年11月に、FDAはアメリカで販売されている全タバコの約3分の1を占めるメンソールタバコを禁止することを提案しました。 Altriaの株価はこのニュースにさらに重圧を受けました。 米国においては喫煙家は長年にわたって減少してきましたが、その強力なブランド、優れた価格設定力、継続的なコスト削減、および規模のおかげで、Altriaは依然としてウォール街で最高の配当成長株の1つです。 実際、 Altriaの米国のたばこと無煙タバコの市場シェアは50%を超えています。 同社のサプライチェーン、流通システム、マーケティングネットワークは比類のないものであり、その高い市場シェアと強力なブランド認知はAltriaに優れた価格設定力をもたらしています。 Altriaの配当は、過去49年間で53倍の増配となり、過去5年間で年間配当は8%から9%増加しています 米国の高配当株 9位:Tanger Factory Outlet Centers SKT• 業種:不動産業• 配当利回り:5. 増配継続年数:25年 1981年に設立されたTanger Factory Outlet Centersは、不動産開発、所有、および40を超える高級アウトレットショッピングセンターを運営するREITです。 Tangerの3,100店舗の店舗は、米国とカナダの22の沿岸州にまたがり、500を超える高級小売店にリースされています。 総賃貸収入の8%以上を占めるテナントはなく、Tangerは歴史的に1981年以来95%を超える稼働率を誇っています。 アウトレット業界で30年以上の経験を持つTangerは、強力なブランド力を維持し、多くのテナントと長年にわたる関係を築いてきました。 そのテナント基盤も多様であり様々な有名ブランドで構成されています。 同社のアウトレットセンターは人気のあるブランドを1か所にまとめて収容しているため、顧客にとっては非常に便利で、より多くの人の通行を可能にします(昨年は1億8,800万人以上の買い物客が訪れています)。 Tangerの業界での経験、幅広い開発専門知識、および強力な小売関係は、その競争上の重要な点です。 Tangerは25年連続で増配を続けており、2018年4月に最後に配当を2. 2%引き上げました。 その配当は過去5年間で年率9. 8%の成長を見せており、1桁台半ばのペースで成長するでしょう 米国の高配当株 8位:W. P Carey WPC• 業種:不動産業• 配当利回り:6. 増配継続年数:19年 W. Careyは、1973年に設立され、2012年にREITへ変換されました。 米国(資産の65%)およびヨーロッパ(35%)の200以上の顧客にリースしている約900の不動産を所有しています。 同社は、オフィス(25%)、工業用(30%)、倉庫(14%)、小売店(16%)、セルフストレージ(5%)を含むさまざまな資産を所有しています。 これらの不動産は、小売業(18%)、消費者向けサービス(11%)、自動車産業(8%)、そしてソブリンおよび公的金融(6%)などの幅広い分野にリースされています。 非常に良くポートフォリオが分散され、リスクをマネージメントできていると言えるでしょう。 1998年の株式公開以来、Careyの配当は年々増加しています。 会社の配当は過去10年間で年率8%で増加していますが、最近では1桁のペースで成長が低下しています 米国の高配当株 7位:Main Street Capital Corporation MAIN• 業種:金融• 配当利回り:6. 増配継続年数:7年 1990年代半ばにテキサス州に設立されたMain Street Capitalは、中堅企業(年間EBITDAが300万ドルから2000万ドルの企業)に長期融資とエクイティを提供する投資会社です。 同社は、経営陣の買収、資本増強、成長資金調達、および買収を支援するための金融サービスを提供しています。 同社は過去5年間で年率9. 9%で増配し、ごく最近では2018年8月に月額配当を2. 6%増やしました。 同社の通常の配当はおそらく一桁台前半のペースで成長を続けると見込まれるが、経営陣はさらに収入を伸ばすために半年ごとに追加の配当を発行する可能性が高いでしょう 米国の高配当株 6位:Enbridge ENB• 業種:エネルギー• 配当利回り:6. 増配継続年数:23年 Enbridgeは1949年に設立され、今日北米で最大級のエネルギー企業です。 石油とガスの収集、貯蔵、加工、輸送に携わっています。 同社は、多数の子会社で構成されるコングロマリットとして構成されています。 2016年にSpectra Energy(Union Gasを含む)を220億ドルで買収した後、Enbridgeはカナダで最大の天然ガス会社の1つになりました。 Enbridgeは23年連続して(今年も含めて)配当を増やし、2018年に10%の増配を発表しており、配当の伸びは引き続き堅調です。 業種:通信業• 配当利回り:6. テキサスに本社を置き、1875年に設立されました。 同社は携帯電話、固定電話サービス、データおよびインターネットサービス、有料TVサービスも提供しています。 同社は、ビジネスソリューション(売上高の43%)、エンタテインメント(31%)、コンシューマモビリティ(20%)、およびインターナショナル(4%)の4つの部門で事業を展開しています。 ビジネスソリューションは、同社の全セグメント利益の半分以上を占めており、企業や政府に提供されるワイヤレスおよび音声サービスを含みます。 AT&Tは近年、ワイヤレスサービス以外の分野でも積極的に事業を拡大してきました(以前はワイヤレス事業が同社の収入の約75%を占めていました)。 また、コストの相乗効果と収益を高めるためのサービスの統合に重点を置いています。 7%で成長してきたが、今後、同社が買収取引による影響を解消してバランスシートの健全性が回復するにつれて、年率2〜3%の成長が見込まれています 米国の高配当株 4位:Magellan Midstream Partners、L. (MMP)• 業種:エネルギー• 配当利回り:6. 増配継続年数:16年 Magellan Midstream Partnersは、原油および精製石油製品の輸送、保管、流通事業を展開しています。 同社の精製製品事業は総営業利益の60%を占め、残りは原油(31%)と海上貯蔵(9%)です。 同社は、魅力的なエネルギーインフラ資産のポートフォリオから生じる、手数料ベースの収益を受け取るビジネスモデルです。 Magellan Midstream Partnersは、米国で最も長い石油精製製品パイプラインを所有しており、国内の精製能力の約半分を保有しています。 また同社は、IPO後15年以上にわたり、継続的に配当を拡大してきました。 マゼランの配当は過去10年間で年率11%増加し、経営陣は今後数年間で年率8%の成長率を目標としています 米国の高配当株 3位:Enterprise Products Partners L. EPD• 業種:エネルギー• 配当利回り:6. 増配継続年数:19年 Enterprise Products Partnersは、北米で最大の総合エネルギー企業の1つです。 50,000マイルのパイプライン、27の天然ガス処理プラント、22のNGLおよびプロピレン精留塔、140億立方フィートの天然ガス貯蔵容量、および2億6000万バレルのその他の貯蔵容量を所有しています。 天然ガス液体(NGL)の輸送と加工が同社の総利益の大部分を占めています。 シェールガスブームにより、プラスチックの製造に使用される大量のNGLが発生したため、アジアとヨーロッパで精製NGL製品の輸出市場が大きく拡大しています。 原油パイプラインおよびサービス(17%)、石油化学製品および精製製品およびサービス(13%)は、他の重要な事業部門です。 1998年の株式公開以来、同社は毎年配当を増やし、この10年間で年間5. 9%の増配を果たしています。 今後、同社のアナリストは年間配当の成長率が約5%になると予想しています 米国の高配当株 2位:Brookfield Renewable Partners LP BEP• 業種:再生可能エネルギー• 配当利回り:6. 増配継続年数:6年 Brookfield Renewable Partners LPは、南北アメリカおよびヨーロッパで事業を展開する世界的な大手インフラ企業であるBrookfield Asset Management(60%所有)の再生可能エネルギー部門です。 Brookfield Renewable Partnersのビジネスモデルは、再生可能エネルギー発電所の所有と運営が基礎となっています。 Brookfield Renewable Partnersは、100年以上、発電事業を営んでいます。 世界全体では、北米(発電容量の60%)、ブラジル(20%)、コロンビア(15%)、そしてヨーロッパ(5%)にまで事業を展開する地域が及んでいます。 また同社は、水力発電(82%)、風力発電(16%)、太陽光発電(2%)、バイオマスエネルギーを中心として、10,000MWを超える再生可能エネルギー容量を持っています。 同社の株主還元成功は非常に高く、年間5〜9%の配当金増加を達成することを目標としています 米国の高配当株 1位:Iron Mountain Incorporated IRM• 業種:不動産業• 配当利回り:7. 増配継続年数:8年 1951年に設立されたIron Mountainは、23万人以上の顧客のためにあらゆる種類の情報を保存および保護する不動産投資信託 REIT です。 ビジネス文書や電子ファイルから医療データや美術品まで、Iron Mountainのサービスは非常に幅広い範囲をカバーしています。 同社は40カ国以上に1,400以上の施設(リースおよび所有)にまたがる8500万平方フィート以上の不動産ネットワークを持っています。 先進国市場はその総収入の85%を占め、残りは新興市場からのものです。 事業成長のために、同社はヨーロッパ、アジア、そしてアフリカの新興市場で業容を拡大しています。 これらの国々のほとんどは、文書等の管理をアウトソーシングし始めたばかりであり、成長サイクルの初期段階にあるため、同社の技術やノウハウは非常に優位性が高くなっています。 Iron Mountainはまた、データセンター(デジタル情報の保護)や付随サービス(例:エンターテインメント)などの新しい事業にも投資しています。 ポートフォリオの形成にあたっては、国内株式の保有状況も考慮する必要が有りますので、留意しましょう 米国は高配当株のみならず、長い間増配を続ける「連続増配株」も多数存在しています。 以下の記事で詳細にご紹介していますので宜しければご参照ください。 高配当株の本場である米国には、 キャピタル・インカムゲインの両面で「永久に保有したい」と言っても過言では無いほどおすすめできる超優良銘柄が存在します。 以下のリンクからは、 年4回も配当が貰える米国の超優良な高配当株6銘柄のレポートを無料のメルマガ登録で入手できます。 無料期間がいつ終了するか分かりませんのでお早めに。 登録はすぐに完了しますのでぜひお気軽にお試し下さい。 投資に役立つ情報も入手することができますのでおすすめです 米国株取引でおすすめしたい証券会社トップ3 米国株を取引するにあたって重要なのが証券会社選びです。 いかに有望な美国株銘柄を発見できたとしても、購入できなかったら意味がありません。 国内の証券会社において、米国株の取り扱い銘柄数にはかなりのばらつきがあります。 また取引手数料の安さも重要です。 以下で、米国株の取扱数が豊富で手数料も安い証券会社をご紹介しますので、宜しければご参照の上、口座開設してみてはいかがでしょうか。 1を誇るSBI証券ですが、米国株の取扱数も随一でその数およそ2,200銘柄! また米国株の手数料は2019年7月から0円で取引可能になっている点も素晴らしいですね。 口座開設したら利用できる米国株の企業情報ページも、投資に有用なレポートが1ページにまとまっていて、非常に使いやすく便利です。 米国株のみならず、中国・韓国・ロシア・アセアン株のラインナップも豊富で、外国株に興味がある人は必ず口座を開設した方が良いです。 com証券は、米国株の取り扱いが900銘柄以上で、FAANGやバンガードといった人気銘柄をカバーしています。 最も優れている点は、国内株式と同じ取引ツールで米国株売買が可能なところです。 また米国株投資情報も豊富で、専用コラムが用意されています。 今なら、口座開設から1か月間、米国株と国内株の売買手数料が無料になるお得なキャンペーンをやっていますので、この機会に口座開設してみてはいかがでしょうか。 米国株以外にも、日本では数少ないアセアン株を取り扱っている証券会社でもあります。 新たな発見もあるかも知れません。 以下のリンクでは、米国株投資を学ぶ上でおすすめの書籍を紹介しています。 宜しければご参照ください。 米国株と言えど、日本国内株式を購入する時と同様、企業の収益性・成長性・健全性を分析することは欠かせません。 投資全体のポートフォリオを改善する上でも、より成長性が高い企業を発掘する上でも米国株の銘柄を吟味することは大変有用です。 私が資産の一部を振り分けて独自に実践しているおすすめの積立投資手法は、以下のようなメリットがあり、素晴らしく有用な手法だと思っています。 損失が出ずに値上がり益・配当益による利益積み上げが可能(評価損は出る)• 暴落局面に強く利益獲得の「仕込み」ができる• 概ねほったらかしでOK• ルール遵守で精神的に消耗しない 実際に、安定的・継続的に利益を生み出し続けています。 以下の記事では、証券会社の画面コピー等の証拠付きで実績や手法の詳細をご紹介しています。 個人投資家として千載一遇のチャンスを逃さずモノにしたいと考えている方も多いのではないでしょうか。 そのような方におすすめしたいのが、無料で値上がりが期待できる推奨銘柄の情報を得られる投資顧問「勝ち株ナビ」です。 「勝ち株ナビ」では実績がある株式投資のプロが緻密なファンダメンタルズ・テクニカル分析を実施した上で、株価上昇が見込める銘柄を選定し、週次で紹介してくれます。 私も無料登録して検証したところ、勝ち株ナビの推奨銘柄の勝率は6割超えで100万円で1年間運用すると60万円の利益を得られる計算になります。 新型コロナウイルスによる影響も踏まえて期待度の高い推奨銘柄を無料で厳選して紹介しています! 1分で済む無料のメールアドレス登録で推奨銘柄をゲットできます。 無料のため登録しておいて損は無ありません。 テレビなどもメディアにも取り上げられており、全国月70回開催、年間10,000名以上が来場する超人気セミナーのWEB版です。 メディアで活躍中のファイナンシャルプランナーが会社員におススメな投資方法として「攻めの株式投資」を伝授してくれます。 また「守り」として不動産投資と比較解説してくれるので、非常に分かりやすいです。 簡単なプロフィール登録すればOKで、自宅でいつでも好きな時間に視聴できます。 無料なので損をすることはありません。 特に、下記のような無料で受けられてしっかりと基礎や実践技術を学べる株式投資講座を受講することをおすすめします。 「個人投資家の9割が損失を出して市場からの退場を余儀なくされる」と言われる株式投資で利益を得る為には、体系だって実績がある投資方法を学ぶのが一番です。 日本ファイナンシャルアカデミーの株式投資スクールは、無料で受講でき、株式投資の基礎を確実に身につけることが可能で、実際に利益を上げている人も多く口コミでの評判も良いです。 株式投資をもっと勉強したい人は受講を検討してみてはいかがでしょうか。 無料なので損は無いです。 私は、将来的な資産形成のために、積立投資は絶対にやるべきだと考えています。 ほんの一握りの富裕層を除き、会社勤めなどの本業からの収入のみでは将来的に生活が困窮するのは目に見えています。 私自身も、独自の積立投資手法を確立・実践して着々と利益を積み上げています。 実績と共にその概要を以下の記事で解説していますので、宜しければご覧下さい。 最近では、優れた運用パフォーマンスを誇る商品や100円単位で手軽に始められる商品サービスが存在しており、積立投資で利益を上げられる可能性やアクセスが向上しており、積立投資を開始する絶好のタイミングです。 以下の記事では、必ずやあなたの資産形成の一助となる、パフォーマンスに優れつつも手軽に開始できる積立投資の商品・サービスを紹介しています。 資金面で将来に不安を抱いている方は、ぜひご一読頂けると幸いです。

次の

米国株の配当利回りやPERから割高かどうかを見てみる

永久 に 持っ て おき たい 6 つの 高 配当 米国 株

このあたりが高配当株の難しいところ。 高配当銘柄投資だからと言って、きちんと投資銘柄を見分けないと大失敗につながります。 じゃあ、 どんな高配当銘柄を買えばいいのか?これが今日のテーマです。 ワタシも色んな銘柄に騙されつつ、高配当株運用を続けて9年目。 そんなワタシの保有銘柄の中から、 厳選した長期投資+高配当銘柄をご紹介します。 特に安定した配当金を長期に渡り受け取りたい方、配当金生活を送りたい方に向けて発信したいです。 それでは行ってみましょう! 2大ショックを乗り越えた銘柄たち これから挙げる銘柄は、2大ショックを乗り越えた高配当銘柄たちです。 ここでいう2大ショックとは、 リーマンショックと現在進行中のコロナショックです。 高配当株投資においては、長期に渡り、減配などせずに安定して配当金を受け取れる銘柄に投資する必要があります。 つまり、 リーマンショックにもコロナショックにも負けず、早々と減配しないと決算発表をした優秀な銘柄たちなんです。 最近の決算発表の傾向 2020年3月期決算は5月15日でピークを迎えました。 高配当株投資において気になるのは2021年3月期の配当金の推移。 経済見通しがつかない中で、業績予測もままならない中、私が保有する銘柄の中で、真の長期投資+高配当株投資に資する銘柄が洗い出されるわけです。 そんな思いで各社の決算発表を見てみると、配当金予想については以下のパターンに分類されることが分かりました。 1 通常通り配当金予想を発表する 2 通常通り配当金予想を発表するが減配 3 決算発表を延期する 4 配当金予想を未定とする だいたい多いのが 3 と 4 のパターンです。 まあ、こんなご時世ですから仕方がないですよね。 でも 1 の銘柄は…• こんな経済情勢でも影響を受けにくい事業内容• 業績見通しがつかない中でも株主還元を優先する姿勢• リーマンショックを克服した銘柄たち 上図は2020年4月30日現在のわが高配当銘柄です(クリックすると大きくなります)。 これらの銘柄は、私が投資する際に以下の3つの条件を満たした銘柄です。 配当利回り4. 過去10年間営業利益• 2008年以降減配がないこと(記念配、特別配は除く) そう、リーマンショックにも負けない銘柄たちです。 詳細は、我が家の投資ルールをご覧ください。 この中から、 今回のコロナショックでもリーマンショックでも減配しなかった銘柄は以下の6銘柄です。 1961 三機工業• 3143 オーウィル• 8133 伊藤忠エネシス• 8306 三菱UFJフィナンシャルグループ• 8729 ソニーフィナンシャルグループ• 8793 NECキャピタルソリューション• 9437 NTTドコモ この銘柄たちは ちょっとの減収や赤字計上しても配当金を継続してくれる銘柄たちであり、 口先だけではなく、安定配当を行動で示してくれる銘柄たちでもあります。 この銘柄の中には配当利回りが低い銘柄も含まれています。 その銘柄は下がるまでひたすら待ちましょう。 一方で高配当のまま放置されている銘柄もありますね。 こんな銘柄に投資することで、盤石の配当金生活につなげていけると確信しています。 保有株以外で気になる銘柄 今回はワタシが保有している銘柄ですが、保有していない銘柄の中にも、高配当で長期投資に適した銘柄があります。 8593 三菱リース• 9432 NTT東日本 などなど、探せばもっといっぱいあると思います。 また、今回の検証は3月決算銘柄のみの評価です。 6月、9月など別月に決算を迎える銘柄についても引き続き評価していきたいです。 今後の決算発表を通じて、監視銘柄もブラッシュアップしていきたいです。 最後に ということで、今日はコロナショックに負けない、長期投資・高配当株投資に適した銘柄をご紹介しました。 ひょっとしたら、このほかにもあなただけのお宝銘柄が見つかるかもしれません。 新型コロナウイルス感染者も少しずつ減少してはいるものの、第二波の懸念など、経済情勢の不透明感は長引くことが予想されます。 こんなときだからこそ、慎重に投資銘柄を選別していきたいものです。 全ては経済的自由のために。 都内居住、40代、こども2人、奥さん1人。 株をなんとなく始めて15年。 未だに億り人になれず、最近になって経済的自由をゲットするために本気に取り組み始める。 好きなものは、馬券、ポイ活、 LINE Pay、飛び地。 【メインテーマ】 日本株、米国株投資のほかインデックス投資の資産運用や節約情報、ガジェット関係。 運用資金は生活費の節約。 スマホなどの節約情報からクレカ、ポイントサイト、ふるさと納税、株主優待クロスに挑戦中。 【ブログのポリシー】 ブログは雑記ですが、毎日更新が目標。 実体験に基づき本当に良いものは良い、悪いものは悪いと感じたことをそのままに表現することが信条です。 申し訳ありません。 NEW ENTRY.

次の

配当月が2月、5月、7月、8月、11月銘柄への投資を強化する

永久 に 持っ て おき たい 6 つの 高 配当 米国 株

米国では株主還元意識が強く、日本に比べて株式配当利回りが高い傾向にある。 そのため配当を目的に米国株に投資する投資家も少なくない。 ここでは米国株の高配当銘柄の配当支払回数や利回り、該当企業概要など紹介。 今まで投資対象は日本株のみという人も、これを機に米国株投資を検討してみてほしい。 こうした米国株の特徴でも特に際立った3つの特徴を挙げていきたい。 特徴1,配当が年4回配の企業が多い 米国企業には日本企業のような株主優待制度はないものの、四半期配当、つまり配当金の支払いが年4回ある企業が圧倒的に多い。 日本では配当は年2回あるいは年1回の企業が大半だ。 たとえば、世界的に有名な米国のアップル の配当は、例年2月、5月、8月、11月の年4回だ。 マクドナルド は3月、6月、9月、12月の年4回。 ペプシコ は1月、3月、6月、9月の年4回である。 特徴2,日本ではあまりない長期連続増配銘柄が存在 何十年も増配を継続している企業も多く、63年連続増配で第1位のプロクター・アンド・ギャンブル や61年で第2位のスリーエム 、 57年のコカ・コーラ とジョンソン&ジョンソン などが名を連ねる。 連続増配企業は、概して経営基盤が安定しており、成長性も期待できる優良企業であるため、配当を得るだけでなく投資対象としても魅力がある。 米国の取引所に上場している企業で流動性のある大型株から選ばれたS&P500の構成銘柄のうち、25年以上連続増配している銘柄で構成される株価指数は「S&P 500 Dividend Aristocrats Index」(S&P500配当貴族指数)と呼ばれる。 その構成銘柄はインカムゲインを目的とした投資銘柄選定に大いに役立つ。 構成銘柄の上位には、AT&Tやシスコ、プロクター・アンド・ギャンブルなどがある。 米国株を取引可能なおすすめネット証券 証券会社 手数料 銘柄数 米国株以外にも 6ヶ国の取り扱い 約定金額の 0. サンプルは米国を代表する有名企業5社、アップル、マイクロソフト、マクドナルド、ジョンソン&ジョンソン、そしてエクソン・モービル。 上記5社の2020年5月4日時点での配当利回りと株価(現地終値)、各社の直近1年間に支払われた1株あたりの年間配当金総額も併せて紹介する。 05% 3. 08米ドル 293. 16米ドル MSFT マイクロソフト 1. 11% 1. 94米ドル 178. 84米ドル MCD マクドナルド 2. 65% 4. 82米ドル 181. 87米ドル JNJ ジョンソン&ジョンソン 2. 56% 3. 8米ドル 148. 27米ドル XOM エクソン・モービル 7. 75% 3. 48米ドル 44. 88米ドル 米国を代表するアルファベット(グーグル)やアップル、フェイスブック、アマゾン・ドット・コムのような持続的成長企業は、株主還元にあまり積極的ではない。 事実、アルファベット、フェイスブック、アマゾン・ドット・コムは配当を実施しておらず、利益を自社の成長のために使っている。 配当を実施している企業も、配当金が抑えられているため配当性向が低く、配当利回りも低めになっている。 それに対して、米国の典型的な重厚長大産業のエクソン・モービルは、株主還元を重視しているが株価が安いため、配当利回りが相対的に高くなっている。 オクシデンタル・ ペトロリウム 20. 30% 3. 15米ドル 15. 52米ドル 2 F フォード・モーター 12. 35% 0. 6米ドル 4. 86米ドル 3 SLB シュルンベルジェ 12. 32% 2. 00米ドル 16. 23米ドル 4 MO アルトリア・グループ 8. 73% 3. 32米ドル 38. 01米ドル 5 WMB ザ・ウィリアムズ 8. 05% 1. 54米ドル 19. 13米ドル 6 XOM エクソン・モービル 7. 75% 3. 48米ドル 44. 88米ドル 7 T エーティー・アンド・ ティー(AT&T) 6. 96% 2. 06米ドル 29. 60米ドル 8 PPL PPL 6. 61% 1. 651米ドル 24. 96ドル 9 PM フィリップ・モリス・ インターナショナル 6. 34% 4. 65米ドル 73. 31米ドル 10 KHC クラフト・ハインツ 5. 54% 1. 6米ドル 28. 93米ドル 配当利回りは、1株あたりの配当金だけでなく、株価によっても大きく変わる。 「高配当利回り銘柄ランキング」上位企業の中には、赤字決算の発表や業績不振などの理由で株価が一時的に暴落し、実績配当利回りが著しく高くなっているものがある。 このような企業は、将来配当の中止や減額も想定されるため、株式の購入は見送ったほうがいいだろう。 長期的かつ安定的な配当の実施を前提にすると、米国株の高配当利回りの目安は7~8%程度と考えるべきだ。 石油・ガス部門では原油や天然ガスなどを採掘しており、パイプラインも所有・運営する。 化学品部門も有する。 NYSE上場。 2019年12月期は、大幅な減益によって最終赤字となった。 2020年3月には原油価格の急落を受けて、設備投資の縮小と2020年7月から四半期配当を86%引き下げることを発表した。 「フォード」と「リンカーン」という2大ブランドを擁し、世界的に展開している。 乗用車とトラックの製造と販売を行う。 NYSE上場。 2019年12月期は北米市場で販売台数が落ち込み、年金および労働協約改定費用が増加した。 その結果、当期純利益は前年比98. 7%減の4,700万米ドルに留まっている。 石油と天然ガス開発に関わる技術やプロジェクト管理、ITサービスを世界中で展開している。 NYSE上場。 2019年12月期は第4四半期の特損増加が響き、前期の好調な業績から一転して税引前利益、当期純利益ともに大幅な赤字に転落した。 フィリップ・モリスUSAは米国で「マルボロ」などのたばこと無煙たばこを製造している。 セント・ミシェル・ワイン・エステイトはワインの製造・販売を手掛けている。 NYSE上場。 2019年12月期に、傘下の電子たばこメーカー「ジュール・ラブズ」株式の評価額を見直して評価損を計上、12億米ドルの赤字決算となった。 米国では電子たばこの販売規制が強化されており、ジュールを抱えるアルトリア・グループの今後の懸念材料となっている。 カナダで各種天然ガスを採掘し、生産、収集、精製、輸送してニューヨーク都市部をはじめ米国全土に販売するエネルギー会社。 パイプラインも所有する。 NYSE上場。 アップストリーム事業として世界各地で原油や天然ガスの探査、生産、精製を手掛けるとともに、ダウンストリーム事業として石油関連製品や石油化学製品を製造している。 NYSE上場。 携帯電話事業を中心に、米国内企業や個人に、市内・長距離携帯電話、ローミングサービス、インターネットサービスなどを提供している。 売上構成比の20%弱を占めるワーナー・メディア事業は、HBO、ターナー・ケーブルネットワーク、ワーナー・ブラザーズ・スタジオなどのメディア資産を有する。 NYSE上場。 米国北東部、北西部、南東部で発電と電力小売り、また天然ガスも供給している。 英国でも電力供給事業を展開。 NYSE上場。 「マルボロ」「フィリップ・モリス」「メリット」のような国際ブランドたばこの他、180ヵ国で地域ブランドたばこを展開する。 NYSE上場。 米国やカナダで製造したチーズ加工品、ケチャップ、缶詰、飲料などのさまざまな加工食品を世界各地で販売している。 NASDAQ上場。 【関連記事】 >> 4,米国株投資の有名な戦略「ダウの犬」とは? 米国株の特徴やランキングを見てきたが、ではどのようなポートフォリオを組めばよいのだろうか?その参考になるのが「Dogs of the Dow」(ダウの犬)と呼ばれる投資戦略だ。 どのような戦略か、簡単にそのフローを示そう。 NYダウ工業株30種平均株価を構成する30銘柄の中から、高配当の10銘柄に投資する• 1年間購入した10銘柄を保有する• 1年後にその時点で配当利回りが高い10銘柄と入れ替える ダウの犬を構成する銘柄はいずれも、世界でも指折りの優良な超大型株である上に、比較的株価が割安であることが多い。 最も注目すべきは、ダウの犬の平均配当利回りがNYダウの平均配当利回りを上回っていることだ。 「Dogs of the Dow」公式サイトの発表によると、2019年12月31日現在のダウの犬の平均配当利回りは3. 90%、2020年5月5日現在では4. 95%だ。 一方、NYダウの全構成銘柄の平均利回りは前者が2. 60%、後者が3. 17%であり、どちらの基準日においても、ダウの犬の配当利回りのほうが高い。 ダウの犬への投資は、効率的にリターンを得る手段だと考えていいだろう。 2019年12月31日を基準とした「2020年ダウの犬」は、以下の10銘柄である。 12% 54. 73米ドル 8. 39% 33. 37米ドル XOM エクソン・ モービル 4. 99% 69. 78米ドル 7. 65% 44. 83米ドル IBM IBM 4. 83% 134. 04米ドル 5. 25% 122. 58米ドル VZ ベライゾン 4. 01% 61. 40米ドル 4. 29% 56. 51米ドル CVX シェブロン 3. 95% 120. 51米ドル 5. 12% 92. 89米ドル PFE ファイザー 3. 88% 39. 18米ドル 3. 74% 38. 51米ドル MMM 3M 3. 26% 176. 42米ドル 3. 91% 147. 43米ドル WBA ウォルグリーン・ ブーツ・ アライアンス 3. 10% 58. 96米ドル 4. 27% 42. 02米ドル CSCO シスコ 2. 94% 47. 61米ドル 3. 33% 41. 46米ドル KO コカ・コーラ 2. 89% 55. 35米ドル 3. 52% 45. 40米ドル 2020年ダウの犬10社平均 3. 90% 4. 95% ダウ平均 2. 60% 3. 経営基盤が安定し、安定的あるいは継続的な増配も見込める優良銘柄を、さまざまな基準で選りすぐって長期的に投資する。 そうすることで、10年後、20年後には配当金暮らしが実現するかもしれない。 実際に米国株(アメリカ株)投資を始めてみる 為替振替コストを軽減したい人は NISA口座での米国ETF購入で買付手数料全額キャッシュバック! 米国株式3600銘柄以上!コストも最小限に抑えられる 米国株式取引手数料が完全無料化.

次の