マンタイン。 マンタイン|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

【ポケモン剣盾】マンタインの進化と覚える技【ソードシールド】|ゲームエイト

マンタイン

概要 ポケモンライドの一種ではあるが、移動手段ではなくミニゲームとしての要素が強い。 ウルトラワープライドと同様、特定の場所でないと行うことができない。 「既に行った場所への移動」としてはリザードン フライトがあるが、それとは異なり移動可能な場所が限られていることに加え、サーフアクションを行わなければならないため、移動手段としての効率はリザードン フライトに大きく劣る。 一方、サーフ終了後に手に入る ビーチポイント(以下、「 BP」とする)はでのバトルをこなして手に入るに自動的に等価交換され、景品やおしえわざに使うことができる。 ジャンプ時のスピンや着水などでスコアが入り、そのスコア次第で手に入るBPが決まる。 サーフのコツさえ掴めればBPはどんどん手に入るため、BPの入手効率はバトルツリーよりもよい。 バトルが苦手なプレイヤーでも簡単にBPが手に入り、熟練者では約5分間で50BPを稼ぐことができる。 なお、との大試練達成後、からに行くのに必ず1回やることになる。 アクション 以下の4項目に大きく分けられる。 なお、主人公とマンタインは自動的にまっすぐ進む。 スピードアップ• スライドパッドを右に倒し、波の坂を登っていく。 波の坂を登っている、あるいは登り切った状態でスライドパッドを左に倒し、スピードアップする。 上記1. ジャンプ• 波の最も高い所でスライドパッドを右に倒す。 ジャンプの際のスピードが速いとき程、より高くジャンプできる。 スピン• ジャンプ中にスライドパッドを倒すことで、マンタインがスピンする。 スピンごとに所要時間と得点が異なる。 時間のかかるものほど得点が大きい。 1度のジャンプ中にスピンを数回行うと組み合わせ次第でワザが発動する。 ワザについては参照。 ワザが終わった後に出る光の輪が見えなくなって次のスピンを行うとスコアが更に伸びる。 ジャンプ時のスピードが速ければ速いほど、スコアが更に伸びる。 便宜上、ボーナスの加点を、最大得点を基準として減点方式であらわすと、タイミングが最も悪い場合で得点0. 6倍、スピードが最も遅い場合で得点1割減となる。 スピンの一覧 スピン 長さ 最大得点 みぎスピン 短 150 ひだりスピン 短 150 したスピン 中 200 うえスピン 長 250 着水• ジャンプして飛んでいる間、着水体制に入っていれば着水できる。 スピンなどでマンタインが着水体制に入る前に水面に来ると着水に失敗する。 このとき、ボーナスは入らず、波にのまれて時間をロスし、スピードも元に戻る。 ワザ 以下の通り。 この内、オーバーザとスペシャルは下画面の「わざリスト」には記載されていない。 ワザが発動するときは、コンボの最後のスピンがワザに置き換わる。 と同様、タイミングとスピードのボーナスが適用される。 また、異なるワザを組み合わせることによってもバリエーションのボーナスが加算される。 波が高いときほどスコアが伸びる。 波が低いときほどスコアが伸びる。 スピンの左右は入れ替えてもよい。 一回転するならばどの順番でもコマンドを入力できる。 上記のワザに当てはまらないスピンを4回入力すると発動する。 最初の一度だけスコアが高くなる。 トラップ サーフを妨害するポケモンもいる。 具体的には以下の通り。 を除き、ぶつかるとスピードが落ちる。 頭だけ出ている。 ・ 厳密には2匹が上にいる岩場。 カンタイビーチより。 主人公を目掛けて突進してくる。 カンタイビーチより。 水中に隠れている。 ウラウラビーチより。 水中に隠れており、陰がホエルコより大きい。 ぶつかると波に飲まれて時間をロスし、スピードも元に戻る。 手に入るビーチポイント 景品・おしえわざ BPは、バトルポイントと自動的に等価交換となる。 景品やおしえわざにはそのポイントが必要。 詳細は、、、参照。 バトルツリーを除いた3か所は、クリア前でも利用できる。 目標 ここでは、なみのりピカチュウ入手前後で対策を分ける。 なみのりピカチュウ入手前 にいるナミノリのポイント記録を4ビーチすべてで上回ることが目標になる。 ナミノリが達成した最高スコアは以下の通り。 ワザを決めることに重点を置けば、ポニのビーチのコースを除けばスコア記録更新は可能。 とはいえ、トラップには気を付け、なるべくならぶつからないようにしたい。 特にホエルオーの陰が見えたら絶対にそこを避ける態勢に入ること。 ホエルオーにぶつかると時間のロスが大きく、スコア更新が絶望的になる。 更にポニのビーチは特にトラップとなるポケモンが多いが、かといって避けることに専念しすぎるとスコアは伸びない。 スピードアップとトラップよけをバランスよく行いたいところ。 なみのりピカチュウ入手後 総計140000スコアで最大50BPが手に入る。 このときはそのスコアを記録することが目標になる。 ビーチも距離が長くトラップもポニのビーチよりも少ないウラウラビーチでなら可能性が上がる。 トラップに気を付けるのはなみのりピカチュウ入手前と同様。 ただしこちらはトラップをすべてよけつつ、ジャンプ時のスピードアップや着水することも重要になる。 コイキングスペシャルやオーバーザギャラドスで1度だけ高スコアを稼げるため、上手く利用したいところ。 ジャンプ時のオーラがオレンジの場合、マンタインはスピンを最大9回行えるだけのジャンプをする。 ただしワザや着水を考慮するとスピンは最大7回に抑えられる。 関連項目.

次の

【ポケダンDX】マンタインの出現場所と覚える技【ポケモン不思議のダンジョンSwitch】|ゲームエイト

マンタイン

図鑑説明 ・、、ソード ゆうぜんと うみを お。 を ねらった が くっついていても きにしていない。 ・、 ひろい うみを じゆうに お。 が のってくると そのまま なみのうえに とびだしてしまう。 じままに およぎながら くちに はいってきた モノをる。 ぜんしん ざらざら している。 、 はれた ひには うみの うえを ゆうがに マンタインの むれを みることが できるよ。 が くっついていても きにしない。 なみが おだやかな ときは おおうなばらを とぶように お マンタインの むれに そうする。 おおきな ヒレに を くっつけたまま ゆうがに お。 い せいかくの。 、、Y ゆうぜんと うみを おうちに を ねらった が ヒレに くっつくが きにしていない。 、X、 およいで が のってくると なみのうえに とびだし そのまま も かっくう する。 ゆうがに なみの うえを とび マンタインを えがいた えや ポは にんきのみやげ。 かれいに お マンタインに あこがれ を はじめたと いう ひとも おおいのだ。 が付いているが「」は覚えない(代わりに第3世代から「とび」が使える)。 の方でのみ出現し、特防が非常に高いのが特徴で、ちょうどにしか出ず防御の高いと対になるである。 実際、図鑑での並び順も隣同士で、は両者のと特殊を丁度入れ替えた値となっている。 しかし、の方が鋼の弱点・地が飛行で効化し格闘も等倍化、飛行の弱点・岩や氷も鋼抵抗とし等倍という具合で、上手いこと互いの弱点が相され、弱みは特殊の炎・のみ、と固有かつ便利な複合とを持つのに対し、こちらのマンタインはの複合自体で、しかしのように高い攻撃を持つわけでもなく、特防を活かしてで闘おうにも、にが4倍弱点となった上にせっかくの高い特防が大して高くもないと相まり台し、に単に特殊を受けるだけならにという巨大なが・・・という具合で、登場当時から第代まで、との間には格差が開き続けていた。 第4世代にてという前が登場するが、時にしか覚えられない技があるわけでもなく、ールに出場できるようになったこと位しか利点はない。 だがその方法が「手持ちにがいる状態で」と、なかなかで図鑑設定を活かした条件となっている点は印深い。 依然としては多いものの、ようやく特殊受けとして活路を見出だせたと言えるだろう。 ではマンタインのに乗ってする「」が遊べる。 得点によってBPがもらえる。 ではの手持ちとしてのから登場。 このマンタイン、が人のから貰った大量のを従えてを飛んでいるが、実際にそんな場面には遭遇しない(というかそこまでの数のを持てない)。 初登場時よりであった付属のであるが、4世代以降のではいなくなってしまっている。 3世代までは一緒だったというのに、2匹の間に一体何があったのだろうか。 関連動画 関連静画 関連商品 関連項目•

次の

マンタイン育成論

マンタイン

進化の流れ ポケモン 進化条件 - マンタイン 「」を使う マンタインが出現するダンジョン• マンタインが覚える技 レベルで覚える技 Lv. 技名 タイプ 範囲 基本 エスパー 直線4マス 基本 草 直線4マス 基本 虫 直線4マス 基本 ノーマル 正面 基本 水 直線4マス 基本 飛行 自分 基本 ノーマル 正面(角抜け) 基本 水 直線4マス 11 ゴースト 正面 14 飛行 正面 16 ノーマル 正面 19 水 直線4マス 23 岩 部屋の仲間 27 ノーマル 正面 32 エスパー 部屋の仲間 36 飛行 正面 39 水 自分 46 飛行 正面 49 水 直線10マス(貫通) 掲示板• お役立ち情報 序盤のお役立ち情報• 中盤 騒ぎの森 以降のお役立ち情報• 稼ぎ・効率プレイ• ゲームを始める前に• ストーリー・ダンジョン攻略 クリアまでのダンジョン• サブダンジョン• クリア後のダンジョン• データ ポケモン関連• わざ関連• 道具関連• その他一覧• English Walkthrough Wiki 英語版)•

次の