パスポート 氏名 変更 必要 書類。 氏名・本籍等に変更があった場合|東京都生活文化局

婚姻等で名前が変わったら、パスポートだけでなくマイレージカードも名義変更しよう

パスポート 氏名 変更 必要 書類

結婚や離婚をしたとき、本籍変更するケースは少なくありません。 そんなとき、パスポートの記載事項変更に伴って切替の申請が必要です。 ここでは、本籍変更をはじめとしたパスポートの切替時の対応を見てみましょう。 パスポートで記載事項の変更が必要になる条件 パスポートは氏名や本籍などの情報が記載されています。 まずはどのようなケースでパスポートの記載事項を変更する必要があるか紹介します。 本籍の都道府県名を変更した時 本籍は結婚や離婚などのタイミングで変更することが多いものです。 本籍の都道府県ごと変わる場合はパスポートの変更が必要になります。 同一都道府県内で本籍変更した場合、パスポートの変更手続きは不要です。 結婚して戸籍上の苗字が変わる時 パスポートには本人の氏名が記載されます。 そのため、結婚して苗字が変わった場合は記載変更の手続きが必要です。 離婚して戸籍上の苗字が変わる時 結婚と同様、離婚して戸籍上の苗字を変更するケースもパスポートの変更手続きが必要です。 ただし、離婚後も同一姓を名乗る場合、変更手続きは必要ありません。 養子縁組をして戸籍上の苗字が変わる時 養子縁組時は苗字変更と本籍変更が発生することがあります。 そのため、パスポートの変更手続きが必要です。 国際結婚し配偶者の姓を別名として追記する場合 国際結婚をした場合、日本名と配偶者の姓の両方を持つことがあります。 その場合、別姓の名前を追記するためにパスポートの変更手続きが必要です。 戸籍上の姓又は名を変更した時 家庭裁判所の許可が必要 社会生活を送る上で支障をきたすような事情があれば、家庭裁判所での手続きを経て姓名を変更できます。 姓名を変更するときは、必ずパスポートの変更手続きをしましょう。 性別の取扱いの変更をした場合 家庭裁判所の審判が必要 何らかの事情から、家庭裁判所の手続きを経て性別を変更する場合があります。 パスポートには性別の記載もあるため、性別が変わったら変更手続きをしましょう。 戸籍上の生年月日の変更があった場合 生まれたときに提出した生年月日から変更するケースもあります。 パスポートには生年月日も記載されているため、変更手続きが必要です。 本籍変更その他記載事項の変更時に必要な書類 本籍変更その他でパスポートの変更手続きをするとき、さまざまな書類が必要です。 そこで、変更手続きの際に必要な書類を見てみましょう。 記載事項変更用の一般旅券発給申請書 パスポートの記載内容に変更があるとき、変更する理由を記入するための一般旅券発給申請書が必要です。 パスポートセンターで無料配布されるため、事前に入手する必要はありません。 発行の日から6か月以内の戸籍謄本または抄本 発行日から6か月以内の戸籍謄本または抄本が必要です。 お住まいの自治体の役所またはコンビニなどで事前に用意しておきましょう。 現在所有しているパスポート 現在所有しているパスポートも持参しましょう。 パスポートセンターに返納することもできますが、記念に取っておきたい場合は持ち帰ることも可能です。 ただし、失効手続きを行うため、現在のパスポートは今後使用できません。 顔が隠れていないことや一人で写っていることなどがパスポート用写真の条件です。 写真屋さんやインスタントの証明写真の機械で写真を撮影しましょう。 配偶者のパスポート 国際結婚で配偶者の姓を別名として追記する場合、配偶者のパスポートも持参しましょう。 綴りのスペルミスがないか確認するためです。 配偶者のパスポートが持ち出しできない場合、外国政府の発行する婚姻証明書でも代用できます。 代理人自身の本人確認書類 代理人が申請する場合、申請者の署名を書いた申請書が必要です。 また、代理人となる方の本人確認書類も持参してください。 たとえば、運転免許証や住民基本台帳カードを用意しましょう。 パスポートで記載事項の変更が必要ではない条件 本籍変更や転居は、必ずパスポートを記載変更手続きするものと感じるかもしれません。 しかし、パスポートの記載変更手続きにならないケースもあります。 ここからは、記載事項の変更が不要なケースを見てみましょう。 同じ都道府県内で本籍を移動した場合 同じ都道府県内で本籍変更をした場合、パスポートの記載変更手続きは必要ありません。 パスポートの本籍地は都道府県までしか記載しないからです。 単なる引越しの場合 上記と同様の理由ですが、引越しだけをする場合もパスポートの記載変更手続きは必要ありません。 戸籍謄本の取得手続きは少し不便ですが、都道府県をまたいだ引越しでも本籍を変えない人もいます。 パスポートで記載事項の変更にかかる費用と時間 パスポートを申請するのには手数料と受領までの期間がかかります。 手数料の金額と必要な日数について見てみましょう。 記載事項の変更の手数料 パスポートの記載事項変更には6,000円の手数料が発生します。 その内訳は、都道府県収入証紙2,000円と収入印紙4,000円です。 収入印紙と証紙を購入し、パスポート受領証に貼ったら窓口に提出してください。 そのため、パスポートの変更には2週間近くの期間がかかると考えておくとよいでしょう。 まとめ パスポートの本籍変更その他の手続きはさまざまなケースで発生します。 一定の手数料や受領までの時間に時間がかかってしまいますが、海外へ渡航するためにはパスポートの変更が必要です。 少し手間ではありますが、必ずパスポートを変更しましょう。

次の

結婚後に名義変更するもの一覧。必要書類や手続きを詳しく解説!

パスポート 氏名 変更 必要 書類

最終更新日 2020年6月15日 | ページID 014726 パスポートは、日本国政府が渡航者の国籍・身分を公に証明し、あわせて安全な旅行のために必要があれば保護・扶助してもらうことを外国政府に要請する公文書です。 厳重な管理をお願いします。 4~) ・令和2年2月4日以降受理する旅券の発給申請について、新型の2020年旅券が交付されることになりました。 ・詳しくは、外務省ホームページをご覧ください。 1~) *「ダウンロード申請書」とは、パソコンやスマートフォンで 必要事項を入力し、 作成された申請書を ご自宅等のプリンターで印刷し、 所持人自署欄等のみ手書きする申請書です。 <ダウンロード申請書使用時の注意> ・ 印刷したものをお持ちください。 窓口では印刷できません。 ・誤入力があった場合には、 通常の手書きの申請書に書き直しをお願いする場合があります。 ・ 写真は貼らずにお持ちください。 ・用紙や印刷の状態によっては受付できない場合があります。 申請書の作成にあたっては、外務省ホームページに掲載している「マニュアル」、 「ご利用環境」、 「よくある質問」をよくお読みのうえ、入力を行ってくださ い。 片面ずつ2枚(裏面は白紙)にしてください。 ホチキス等で留めて穴を開けないでください。 申請書は折らないでください。 () ・駐車場には限りがあるため、公共交通機関をご利用ください。 ・会館で催し物がある場合は、駐車場が満車になる時間帯があります。 詳しくはへお問い合わせください。 詳しくは、へお問い合わせください。 海外へ行く可能性がある方は、事前にパスポートを取得しておいて下さい。 パスポートの申請から発給までは、5~10日程度かかります。 (申請窓口、休日等によって異なります) 2 規格に合った写真を提出して下さい 写真は本人確認のために極めて重要なものであり、顔の大きさや写り等、国際基準で厳しく決められています。 渡航の際に円滑に出入国審査を通過するため、規格に合った写真を提出して下さい。 特に、 ・顔の特徴がわからなくなるような画像処理をされたものや輪郭補正されたもの ・髪の毛や眼鏡のフレーム、そして、それらの影が目にかかっているもの ・画像の粗いもの ・霞がかかったようなもの ・ピントがあまいもの ・背景と人物の境目がわからないもの ・背景に影やグラデーションのあるもの ・お顔が正面を向いていないもの ・実際の容姿と著しく異なるもの ・お顔にテカリや影があるもの ・お顔の大きさが基準を外れるもの など、 不適当な写真は撮り直しをお願いする場合があります。 自宅撮影やスピード写真は不適当となることが多いので、できるだけ専門の写真店で「パスポート用」と指定してお撮り下さい。 また、 カラーコンタクトを装着して撮影した写真はお受けできません。 (婚姻などで戸籍上の氏名が変わる場合等は除きます。 ) 4 ご旅行を予約される前に、パスポートをご確認下さい 海外へ行くことが決まったら、まずパスポートの残存有効期間、ローマ字氏名表記等をご確認下さい。 パスポートに記載された表記で航空チケット等を予約して下さい。 なお、ご家族の中でそれぞれ姓の表記が異なっているパスポートを持って同時に海外へ渡航する際、出入国審査や滞在許可取得の時などに支障が生じるおそれがあります。 そのような事態を避けるためにも、これからパスポートを申請される方は、 ご家族で同一の表記にしておくことをお勧めします。 (例:夫…SATO、妻…SATOH、等は家族とみなされない可能性があります) 5 パスポートの残存有効期間は足りていますか 査証(ビザ)の要否に関わらずパスポートの残存有効期間が3~6か月以上でないと入国できない国が多数あります。 残存期間が1年未満になった方は、パスポートを切り替えることができますので、必要な方はお持ちのパスポートを返納のうえ、新しいパスポートへ切り替えをお願いします。 なお残存期間は切り捨てとなり旅券番号も変わりますのでご注意ください。 パスポートの残存有効期間や査証については、国ごとに政策が異なり、国際政治情勢や内政事情により突然変更されることがあります。 渡航先の国について、各国駐日大使館、または領事館へお問い合わせいただくか、各国のホームページなどで最新情報をご確認ください。 6 パスポートの番号は1冊に1つ パスポートの番号は 1冊に1つです。 有効期間内切替、記載事項変更のお手続きでも、以前のパスポートが失効し新規で申請する場合も、パスポートの 番号は変わります。 近々渡航のご予定がある方は、パスポートの番号変更について渡航の相談をしている旅行社などに確認してください。 子の旅券申請の際には、他方の親権者の不同意の意思表示がない場合であっても、旅券申請に関する両親権者の同意の有無を確認させて頂く場合がありますので、あらかじめご承知下さい。 申請は有料で 一人当たり14米ドル 、支払い方法はクレジットカード及びデビットカードとなっています。 申請はインターネットの専用ページで行います。 パスポートを見ながら簡単に入力できます。 詳しくは外務省ホームページをご覧下さい。 詳しくは外務省ホームページをご覧下さい。 ・5年用、10年用、記載事項変更用があります。 (記載事項変更用は窓口でのみお渡しします) ・20歳以上の方は、10年間または5年間有効な旅券をいずれか選択して 申請することになります。 この法律によれば、年齢は誕生日の前日に1歳加算され、12回目の誕生日の前日に12歳となります。 このため、手数料の減額措置は、12回目の誕生日の前々日までに申請を行った方に対し適用されます。 (例1. )生年月日 平成19年4月4日 申請日 平成31年4月3日 申請時の年齢は 12歳となります。 手数料は11,000円となります。 ) (例2. )生年月日 平成11年4月4日 申請日 平成31年4月3日 申請時の年齢は 20歳となります。 (10年旅券の選択が可能となります。 ・ 有効期間内の切替で、氏名・本籍に変更のない20歳以上の方は 省略できます。 ただし本籍地は戸籍に記載されているとおり地番まで ご記入いただきます。 そのため、写真は貼らずにお持ちください。 (貼ってしまった場合は、はがさずそのままお持ちください。 コピーは不可。 B欄 健康保険証、国民健康保険証、船員保険証、共済組合員証、 介護保険被保険者証、後期高齢者医療被保険者証 、国民年金手帳(証書)、厚生年金手帳(証書)、船員保険年金証書、共済組合年金証書、恩給証書、印鑑登録証明書(申請の際、登録印鑑持参のこと)等 C欄 写真の貼付のあるもの(生徒手帳、学生証、公の機関の発行した資格証明書、身体障害者手帳等)、失効旅券(失効後6か月を経過したもの)、母子手帳(乳幼児、小学生に限る)等 5 前回取得した旅券 前回旅券を取得した方は、その旅券を申請時に持参してください。 ) * FAX・郵送による申請は受付できません。 (居所申請者は不可) その場合、 のほかに、次の(1)、(2)の書類が必要です。 申請者本人が有効旅券をお持ちの場合は、有効旅券がないと申請できません。 また、 申請書には申請者本人が記入しなければならない箇所があります ので、 あらかじめ 申請書を ご準備ください。 申請書裏面の「法定代理人署名」欄に親権者(父母又はそのいずれか一方)又は後見人の署名が必要です。 必ず 親権者自身 又は 後見人自身 が書いてください。 残りの有効期間が1年未満となった方 2. 査証欄に余白がなくなった方(査証欄は1回に限りもできます。 ) 3. 旅券の記載事項(氏名・本籍地の都道府県名)が変わった方 (返納する旅券と有効期間満了日が同一の「記載事項変更旅券」を申請することもできます。 ) 4. なお、 有効中のパスポートの残存期間は切り捨てになります。 また、本来の有効期間満了まで使用できる旅券を、ご本人の意思で切替申請されることになりますので、新規申請と同じように、通常の手数料をお納めいただくことになります。 1. 新規パスポートへの切替 2. 記載事項変更旅券 有効パスポート 返納後に失効し新しい旅券冊子になります( 旅券番号は変わります)。 福井窓口 若狭・奥越・丹南・二州窓口 手数料 2,500円(収入印紙2,000円 県収入証紙500円) 必要な書類 1. 一般旅券査証欄増補申請書 1通 2. 同じ窓口での申請・お受取りの場合 申請日を含めて8日目(土・日・祝日・年末年始を除く。 1.一般旅券査証欄増補申請書(委任状欄も記入したもの) 2.有効旅券 3.受取(交付)の委任状 本人が記入した受取(交付)の委任状(様式を前もって取りに来ていただく必要があります。 )を申請時に持参されれば、即日受取(交付)可能です。 翌日の振替休日も休みとなります。 ご注意ください。 所 在 地 受 付 時 間 国際交流会館内 旅券室 〒910-0004 福井市宝永3丁目1-1 福井県国際交流会館1階 TEL 0776-28-8820 FAX 0776-28-8828 テレホン案内 TEL 0776-28-8822 (旅券申請について終日ご案内しています) 【申請書設置のご案内】 事前に申請書(5年・10年用)が 必要な方は受付時間外でも旅券室 前に配架してある用紙をご自由に お持ち帰りいただけます。 未成年は5年用の申請書となります。 折り曲げないようご注意ください。 申請者ご自身が記入しないようお願いします。 2(PDF形式 90キロバイト) 3. ( 代理受領はできません。 ご注意ください。 (交付開始予定日当日もお受取りいただけます。 ただし、 一 旦指定すると変更はできませんのでご注意ください。 この法律によれば、年齢は誕生日の前日に1歳加算され、12回目の誕生日の前日に12歳となります。 このため、手数料の減額措置は、12回目の誕生日の前々日までに申請を行った方に対し適用されます。 (例1. )生年月日 平成19年4月4日 申請日 平成31年4月3日 ・・・ 申請時の年齢は 12歳となります。 (手数料は11,000円となります。 ) (例2. )生年月日 平成11年4月4日 申請日 平成31年4月3日 ・・・ 申請時の年齢は 20歳となります。 (10年旅券の申請が可能となります。 ) 申請日は申請に係る書類がすべて整い受理された日となります。 (取扱いについて事前にご確認ください。

次の

有効なパスポートをお持ちで戸籍の変更(氏名、本籍の都道府県名、性別、生年月日)を生じた方の申請

パスポート 氏名 変更 必要 書類

申請窓口の受付時間 月曜日から金曜日 申請は平日のみです 申請受付:午前8時45分から午後4時30分まで 申請からお受け取りまでおよそ10日から2週間必要です。 海外旅行を計画されている方は、ご旅行予定の2か月前など 余裕を持って申請されることをお勧めします。 必要書類をご確認の上、余裕を持って手続きにお越しください。 旅券の申請(平日の午前8時45分から午後4時30分まで)については、特に午後からは1時間以上お待ちいただく場合があります。 比較的空いている午前中にお越しいただくことをおすすめします。 受付業務の迅速化に努めておりますが、混雑状況によっては、お待ちいただく時間があることをご了承願います。 学校の長期のお休みや、お正月・お盆期間中の申請窓口は大変混み合います。 福岡県内のパスポートセンター で申請できるのは、日本国籍を有し、福岡県内に住民登録がある方です。 ただし、住民登録が福岡県外であっても、外国からの一時帰国者、学生(生徒)、単身赴任者等で福岡県内に概ね1か月以上居住されている方は一定の条件を満たせば福岡県でも「 」ができますので、お電話でお問い合わせください。 パスポートの氏名・本籍の都道府県名が変更になった 有効旅券の記載事項に変更がある場合は次の2つの申請方法があります。 1.切替申請により、パスポートを返納し、新たに有効期間10年又は5年のパスポートに切り替えます。 手数料は10年旅券(成人の方で希望する方)が16,000円、5年旅券(12歳以上の未成年の方・成人の方で希望する方)が11,000円、5年旅券(乳幼児を含む12歳未満の方)が6,000円 2.変更申請により、返納パスポートと残存有効期間が同一の新しいパスポートを申請します。 手数料は6,000円 詳しくはの「変更申請」をご覧ください。 どちらの場合も、 パスポートは新し く作り替えるため、国際規格により旅券番号が変わります。 更新の制度はありません。 有効なパスポートをお持ちで、戸籍の身分事項に変更が生じた方の申請に必要な書類は をご覧ください。 対象となる記載事項の変更• 結婚、養子縁組等による戸籍上の姓の変更• 裁判所の許可による戸籍上の姓又は名の変更• 本籍地の都道府県名の変更• 国際結婚、国際養子縁組等による氏名の表音・表記の変更(別名併記を含む。 家庭裁判所の許可等による性別、生年月日の変更 次の場合は変更申請の対象になりません。 同じ都道府県内で本籍が変わった場合 (パスポートの都道府県名の記載に変更がないため)• 住所が変わった場合(住所はパスポートの記載事項ではないため。 戸籍の身分事項に変更はないが、ヨミカタだけ変えた場合(戸籍の変更がないためヨミカタは変更できません)• 戸籍の身分事項の変更があっても、変更のない箇所はヨミカタを変えることはできません。 有効なパスポートを紛失した場合(こちらの「」をご覧ください) 相違一覧 新規申請 変更申請 現在お持ちの有効なパスポートは?• 現在お持ちのパスポートは返納していただき、失効処理をいたします。 パスポートは新しく作り替えるため、旅券番号が変わります。 新しいパスポートの有効期間• 発行日から10年または5年• 現在お持ちのパスポートの残存有効期間は、新しいパスポートに繰り越さずに失効します。 現在お持ちのパスポートの残存有効期間が新しいパスポートの有効期間となります。 手数料• 10年用 成人で希望する方 16,000円• 5年用(12歳以上の未成年の方・成人で希望する方)11,000円• 5年用(乳幼児を含む12歳未満の方)6,000円• 記載事項変更 6,000円 申請に必要な書類 新規申請 変更申請 1. 一般旅券発給申請書:1枚 1. 一般旅券発給申請書 (記載事項変更用 :1枚 改元前 平成18年3月以降印刷 の紙の申請書は、改元後も有効です。 申請書は黒のボールペン、黒インクでご記入ください。 小学生以上の方は、パスポートの名義人が書いた申請書が必要です。 機械の高温で消えるため、消えるボールペンで記入した申請書は受付できません。 また、申請書はにあります(市区町村役場には記載事項変更用は設置していません)。 戸籍謄(抄)本(発行日から6か月以内のもの):1通• 戸籍謄本または抄本• 未成年の方は親権の確認ができる戸籍をお持ちください。 氏名や本籍等の、変更後の内容が記載されている最新のものが必要です。 ( 切り離しやコピーは 不可)• 戸籍事務がコンピューター化された区市町村では、戸籍謄(抄)本に代わって「戸籍個人事項証明書」や「戸籍全部事項証明書」が発行されます。 同一戸籍内のご家族の方が同時に申請する場合は、戸籍謄本を1通提出いただくだけで全員の申請を受け付けることができます。 戸籍謄(抄)本は、本籍地の区市町村(戸籍担当係)で入手できます。 本籍が遠く離れている場合は速達郵送等で請求することもできますので、本籍地の区市町村に問い合わせてください。 本籍地がわからない方は、実家で確認されるか、本籍地入りの住民票で確認することができます。 婚姻等で戸籍の届出をしてから、新しい戸籍ができるまで1~2週間等の日数がかかりますのでご注意ください。 姓や本籍を変更したときにパスポートの訂正手続を行わず、その後さらに転籍等を行なった場合、最新の戸籍にパスポートに記載された姓や本籍が載っていないことがあります。 その場合、運転免許証などで変更の事実が分かれば申請を受け付けできますが、パスポートと戸籍が同一人物のものであるかどうか確認できないときには、除籍謄本を提出していただくことがあります。 詳しくは「 」をご覧ください。 パスポート用写真(6か月以内に撮影されたもの): 1枚• 推奨:「背景淡いブルー」の「カラー写真」をお勧めします。 眉を含め目元や顔の輪郭がはっきりわかるもの 福岡県では、写真のカットは窓口で行います。 申請書に貼らずにお持ちください。 貼ったらはがさないでください。 (重要) 写真の規格は、国際規格で決まっており、入出国管理官の入国審査上非常に重要なもので、顔認証ゲートも導入されていることから厳格な審査を行っています。 ご理解とご協力をお願いします。 本人のみが撮影されたもの• 眉を含め目元や顔の輪郭がはっきりわかるもの• 写真専用の厚地の台紙に印刷されたもの• カラー(推奨)でも白黒でも可• 提出の日前6か月以内に撮影されたもの• 縁なしで左記画面の各寸法を満たしたもの• (顔の寸法は頭頂からあごまで)• 無帽で正面を向いたもの• 顔や背景に影がないもの• 白髪の方は淡いブルーの背景をお勧めします• 美肌モード等で加工をしていないもの• 規格を満たしていても、ご本人であることがわかりにくい写真はパスポート用写真として不適格です。 詳しくは下記「パスポート申請用の写真」をご覧下さい。 カラーコンタクトは受付不可です 詳しくは「推奨:背景淡いブルー、カラー写真」をご覧 4.有効なパスポート 旧姓を含め、有効中のパスポートの提出がないと受付できません。 紛失した方は、ご本人のみの申請となります。 必ずお申し出ください。 交付(お受け取り)• パスポートを受領できるのは、 乳幼児も含めて旅券名義人ご本人だけです。 小さなお子さまにつきましては、ご家族の方などがお連れください。 申請時にお渡しする「 一般旅券(パスポート)引換書」と受付カード、手数料( クレジットカードは 不可)をお持ちください。 「」 「」 パスポートの申請からお受け取りまでの期間• 申請受付の時にお渡しする「一般旅券(パスポート)引換証」に「受取予定日」を記載しております。 (はがきによる通知は行っておりません)• 書類に不備などがあった場合は、交付予定日が変わることがあります。 年末年始、大型連休等の期間は申請からお受け取りまでの期間が長くなります。 有効旅券を紛失した場合、申請からお受け取りまでの期間が長くなる場合があります。 祝祭日を挟んだり、年末年始、大型連休等の期間は申請からお受け取りまでの期間が長くなります。 申請された場所での交付(お受け取り)となり、申請場所により交付予定日が異なります。 書類などに不備がなく、申請が受理された場合 、パスポートの受け取りまでの期間は次のとおりとなります。 福岡県パスポートセンターと北九州パスポートセンター 申請の日を含めて、平日のみを数えて 6営業日目( 土曜日、日曜日、国民の祝日、休日、年末年始の12月29日から1月3日を除く) からのお受け取り予定となります。 久留米パスポートセンターと飯塚パスポートセンター 申請の日を含めて、平日のみを数えて 8営業日目( 土曜日、日曜日、国民の祝日、休日、年末年始の12月29日から1月3日を除く) からのお受け取り予定となります。 このページに関するお問い合わせ先 電話による問合せ 電話の 案内 福岡県パスポートセンター電話案内:092-725-9001 電話の案内は平日(月曜日から金曜日)・日曜日、午前8時30分から午後5時15分までにお問い合わせください。 上記受付時間外及び土曜日、祝日、休日、年末年始期間 12月29日~1月3日 は自動音声による応答になります。 お電話がつながりにくいときは、30分から1時間してからおかけ直しください。 お電話は、午前中が比較的空いています。 お問い合わせの前に みなさまから「 」を掲載しています。 お問い合わせの前にぜひご覧ください。 申請・受取の受付時間 申請・受取の各窓口は「」をご覧ください。 申請は平日のみです。 福岡県パスポートセンターでは、戸籍謄本等の旅券申請に必要な書類がそろっており不備なく受理された場合は、旅券の申請から交付予定日までおよそ10日から2週間程度必要です。 余裕をもって申請してください。 観光旅行等で、渡航先国の電子渡航認証システム等の手続きをする場合や滞在ビザの取得が必要な場合は、およそ、2か月前からパスポート申請の準備をすることをお勧めします。 余裕を持って、申請手続きにお越しください。 旅券の発給に関するお尋ねは、個別事情を伺わないと判断できないため、お電話でご相談ください。

次の