ピアノレットイットビー。 レットイットビーの意味を調査!ビートルズの曲も少し和訳して紹介

ポール・マッカートニー、映画『レット・イット・ビー』の新バージョンを制作する可能性を示唆

ピアノレットイットビー

上手いという概念が質問のキモですが 書かれていないので 勝手に答えますが・・ ポールはそもそも 左手はベース音 右手はコード そして歌を奏でるという 弾き語りスタイルのピアノ奏者です。 したがって チック・コリア キース・エマーソン エディ・ジョブソンのように 華麗にピアノを弾けるか? と言われれば無理です。 ピアノプレイのスタイルが違いますからね。 では、チック・コリアに ポールのように 淡々と4分で 左手ベース音 右手コードで ヘイジュードや レットイットビーを 淡々と弾けるのか? と言えば、 たぶん、退屈してしまうので、 いろいろ余計なことをやってしまいます。 そういう意味では 唯一無二のポール曲の ピアノ伴奏なら ポールが 世界一上手いと思いますよ。 シンガーらしい伴奏で 余計なプレイはゼロですからね。 上手いピアノプレイヤーほど いろいろやりたがり、 テクニックをなんとか使おうとして せっかくの歌の邪魔をしてしまうということなんです。 私もピアノを弾き 作曲もし 自分で歌も歌いますが ポールのピアノ曲は 作曲(歌のメロディと簡単なアレンジ)と ピアノと コード付け ベース音設定を 同時進行でやっていると思います。 私もそうです。 右手コード 左手ベース音 そして歌を重ねる あの弾き語り手法は その後、 エルトンジョン ビリージョエル ギルバートオサリバン エリック・スチュアート あたりに引き継がれました。 ポールは リトルリチャードが ロックンロール一点張りだった ピアノスタイルに 弾き語りスタイルを 始めた最初の人でしょうね。 ただ、レディマドンナや マーサマイディアの ピアノ伴奏は ひじょうにユニークで 単なる右手コード 左手ベース音の スタイルを明らかに凌駕する ポールらしい芸術的な ピアノ伴奏ですね。 ただ残念なのは マーサマイディアは ライブではやらない やってくれないんですね。

次の

Let It Be

ピアノレットイットビー

本日は非常に有名なビートルズのレットイットビーです。 意外とシンプルですね。 使用コードは C,Am,F,G,G7 であります。 ——ここからおたより——重人さんお世話さまです。 Skypeレッスン4ヶ月であっというまに主要な4曲かけぬけましたね。 途中、イベント参加に向けて課題曲の12番外ラグとレッスン曲ではないジャカソロの数曲をアドバイスして頂きました。 前回レッスンでも今までの課題4曲を一気に聞いてもらいそれぞれにアドバイス頂きありがとうございました。 アドバイス内容も指の角度や譜面には表現できない装飾音の出し方など具体的かつ実践的で非常にタメになります。 最近ではツイッター上で過去の弾き語りやジャカソロ音源を公開されていて今のスタイル以外にも色々とやられていたことを知り、こういった経験をされたうえで今のピッキングソロスタイルに繋がっている訳ですね。 段々と大人になるにつれ本人が好きでやっている趣味にわざわざケチをつけてくれる人いないですし、録音してきいてみると若干、冷静には聞けますが、下手すると自分に酔ってしまい逆効果なんていう落ちも私はよくあります。 こういった実践アドバイス形式のレッスンは先生側からすると準備のしようがなく大変ですが、独学では得られない貴重な経験だと思います。 いつかのように課題曲でない曲でも色々とアドバイス頂けるのも助かります。 今後も新曲+課題曲のアドバイス宜しくお願いします。 しかし、Skypeレッスンでここまでできるとは。。 いい時代ですね。 それでは。 ——ここまでお便り—— 伊藤さん嬉しいお便りありがとございます。 ちなみに文中出て来た高橋の 過去音源を こちらにリンクしますね。 カテゴリー: タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , 投稿日: 投稿者: 投稿ナビゲーション.

次の

ポール・マッカートニー、映画『レット・イット・ビー』の新バージョンを制作する可能性を示唆

ピアノレットイットビー

ピアノ• すべて• 弾き語り• 2台4手• 教則・音楽理論• 合奏・伴奏• その他• エレクトーン• すべて• アンサンブル• 弾き語り• メロディ• すべて• メロディ• バンド• すべて• バンドスコア• ドラム• ギタースコア• ベース• ギター• すべて• 弾き語り• コード• デュオ• 教則・音楽理論• ギタータブ• ギターリード• ギターアンサンブル• その他• ウクレレ• すべて• 弾き語り• コード譜• アンサンブル• その他• 合唱/ボーカル• すべて• 合唱(児童合唱)• 合唱(女声3部)• 合唱(女声4部)• 合唱(男声合唱)• 合唱(男声4部)• 合唱(同声3部)• 合唱(同声2部)• 合唱(混声3部)• 合唱(混声4部)• 合唱(混声6部)• 合唱(その他)• アカペラ• ゴスペル• 管楽器• すべて• フルート• オーボエ• オーボエ(二重奏)• ファゴット• クラリネット• アルトサックス• テナーサックス• ソプラノサックス• バリトンサックス• ホルンソロ• トランペット• トロンボーン• チューバ• ユーフォニアム• ヴェノーヴァ• アルトヴェノーヴァ• 弦楽器• すべて• バイオリン• チェロ• 弦楽アンサンブル四重奏• コントラバス• その他弦楽器• 吹奏楽• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• ビッグバンド(スコア+パート譜)• ビッグバンド(スコア)• ビッグバンド(パート)• アンサンブル• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• 器楽合奏• オーケストラ• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• その他• その他• すべて• オカリナ• リコーダー• ピアニカ• ハーモニカ• ブルースハープ• 大正琴• ミュージックベル.

次の