つみれ と つくね の 違い。 「つくね」と「つみれ」、「肉団子」の違いとは?

「つくね」と「つみれ」の違いは何?

つみれ と つくね の 違い

つくねとは? つくねは丸めたり棒状にしたもの 「つくね」は鶏肉・豚肉または魚のすり身に調味料を加えてから混ぜ、団子、あるいは棒状に整えた食べ物です。 鶏肉のイメージが強いですが、豚肉や魚肉を使った「つくね」もあります。 また団子状にしたもの以外にも、棒状に伸ばしたものも「つくね」なんですね。 つくねは「こねる」 具材を混ぜて整形することを、「 捏ねる(つくねる)」といいます。 そこから 材料の種類に関係なく、こねて混ぜた材料を整えた料理を「つくね」と呼びました。 そのため魚のすり身を混ぜて団子や棒状にしたものも、「つくね」となります。 またつくねは整形した後の調理方法も問いません。 そのため、鍋料理の具材も、焼き鳥の具材も、同じ「つくね」なんですね。 つみれとは? つみれはスプーンなどで一口大にしたもの 「つみれ」は、魚のすり身またはひき肉を混ぜて練ったものを、一口大の大きさにしてから加熱したものです。 主な材料は魚のすり身ですが、鶏や豚などの肉をつかった「つみれ」もあります。 「つみれ」という名前は、「 摘み入れる」という動作が由来となっています。 混ぜた具材を整形するのではなく、 手やスプーンですくい取って一口大にしています。 すくい取ることを「摘み入れる」ということから、「つみれ」という名前になったんですね。 つみれは主に鍋でつかう つみれは形をしっかり整えないため、油で焼くと崩れてしまうことがあります。 そのため、鍋やお吸い物などの、汁物料理の具として使うのが一般的ですね。 肉団子とは? お肉を丸く整えたもの 「肉団子」はひき肉に調味料やつなぎを加え、ある程度の大きさに丸く整えたものです。 ミートボール・ミンチボール・メンチボールとも呼ばれ、日本ではお弁当の定番メニューでもありますね。 肉団子の材料は、 豚・牛・鳥などの動物の肉に限られています。 ですので魚のすり身を使った場合は「つみれ」となります。 また鶏肉を使った場合も、肉団子ではなく「つみれ」と呼ぶ場合もあります。 世界中にある肉団子料理 肉団子は世界中で食べられていて、地域ごとに様々な肉団子料理があるんですよ。 アメリカではトマトソースで煮込んだ肉団子をパスタにかけた、 「スパゲッティミートボール」がよく食べられています。 「おふくろの味」の一つでもあり、たっぷり入った肉団子はアメリカらしさが感じられます。 晩ごはんは、アメリカの定番、スパゲッティミートボール。 スウェーデン風ミートボールは、日本では「ikea イケア 」のレストランメニューでおなじみ。 イケアはスウェーデン発祥のお店で、地元でもよく食べられている料理なんです。 ホワイトソースの酸味は、りんごジャムやベリージャムから生まれたもので、マッシュポテトを添えていただきます。 スウェーデン風ミートボールです — 乾操 Inui330 また、日本では中華風の甘辛いあんをかけた肉団子がおなじみですが、実は 中国では甘辛いあんは一般的ではありません。 揚げた肉団子に塩味を付けて食べたり、甘みの少ない醤油味のあんをかけて食べています。 つくね・つみれ・肉団子の違い、まとめ 最後に、「つくね」「つみれ」「肉団子」の 違いを、簡単にまとめて紹介します! 食べ物 特徴や違い つくね• 肉や魚のすり身を混ぜ、団子や棒状に整形したもの。 整形するという意味がある「捏ねる」から、つくねとなった。 串に刺してやいたり、鍋の具材に使われる。 つみれ• 魚のすり身やひき肉を混ぜ、手やスプーンで一口大にすくいとったもの。 すくいとるという意味の「摘み取る」が、つみれになった。 主に鍋料理や汁物料理の具として使う。 肉団子• ひき肉を団子状に丸めたもので、ミートボールとも呼ぶ。 魚のすり身を使うと「つくね」になり、鶏肉を使った場合も「つくね」と呼ぶことがある。 世界中で食べられていて、煮込み料理やあんかけ料理・スープの具などに使われる。 材料よりも作り方に違いがある 【関連記事】 「つくね」と「つみれ」は形が似ているため、材料が違うだけだと思いがちです。 しかし 「つくね」と「つみれ」の違いは作り方にあり、材料はひき肉・魚のすり身と同じものなんですよ。 つみれは主に鍋料理で使い、しっかり形を整えたつくねは鍋以外にも焼いて食べられています。 肉団子はお肉だけが対象で、魚を使った場合は「つくね」になるんですよ。 寒い冬にはお鍋につくねやつみれをぜひ入れたいもの。 また忙しい朝には冷めても美味しい肉団子をお弁当の一品に加えたいですね。

次の

つみれ/つくね/肉団子の違いと由来(語源)は?作り方や具材で呼び方が違う?

つみれ と つくね の 違い

つくねとは つくねとつみれの違いについて説明する前に、まずは「つくねとは何ぞや?」という部分から説明しますね。 語源は何か、そしてどのような具が入っているかなどについて見ていきます。 つくねの語源 つくねという言葉は、 「捏ねる(つくねる)」が由来です。 捏ねるとは、こねて丸めるという意味。 同じ漢字を用いる「捏ねる(こねる)」と意味はほぼ同一です。 つまり、つくねという料理は手でこねて形を作るところから名付けられたわけですね。 捏ねていれば具はなんでもOK つくねと聞くと、鶏肉や豚肉を原料にしているものと思っている人も多いでしょう。 しかし、つくねの語源でもわかるように、 捏ねて生地を丸めたものであればなんでもOKです。 よって魚が原料でも、手で捏ねたものであれば「つくね」と呼ぶわけです。 他にも生地をこねて丸めているのであれば、その後の調理法は何でもつくねになります。 揚げても焼いても蒸しても、もしくは汁物の中に入れてもつくね。 この定義からすると、ハンバーグもつくねの仲間といえます。 ハンバーグは、ひき肉につなぎを入れて捏ねますよね。 捏ねる工程の入った料理なので、つくねの一種ということになります。 つみれとは 一方、つみれとはどのような料理を指すのでしょうか? これもまた、つみれという言葉の語源を見ていくことでどんな料理かわかってきますよ。 つみれの語源 つみれの語源は、 「摘み入れる(つみいれる)」。 辞書によっては、つみれの漢字バージョンとして「摘入」が紹介されていることもあります。 摘み入れるという言葉は、「摘まみ入れる」から来ているといわれています。 そしてその 「摘み入れる」が短くなって、「つみれ」になりました。 ちなみにこの調理法は、江戸時代にはすでにあったといわれています。 魚などの原料につなぎや調味料を入れて、生地を練り上げます。 そして鍋や汁物の中に、この練り物を「摘まみ入れる」から『つみれ』といいます。 つくねといっているけど、実は「つみれ」 居酒屋などで鍋物を注文したことはありませんか?この時、つくねが竹筒の中に入って出されることもありますよね。 でもこれは厳密にいうと、 「つくね」ではなくて「つみれ」になります。 それはなぜかをお答えする前に思い出してください、この竹筒の中身を鍋に入れるときにみなさんどうしていますか? 匙やスプーンを使って、鍋の中に入れますよね。 そう、まさに摘まみ入れているわけです。 なのであれは、つくねではなく「つみれ」というのが正しいのです。 【まとめ】「つくね」と「つみれ」の違いは調理法! 最後につくねとつみれの違いについてまとめると、どちらも調味料を入れ、生地をこねて作ります。 この際、材料は肉でも魚でも何でもOK。 鶏肉だからつくね、魚を材料にしているのでつみれというわけではありません。 ただし、一緒なのはここまで! できあがった生地を手でこねて丸めて成形すると「つくね」に。 生地を手やスプーンなどで摘み取って、鍋や汁物に入れると「つみれ」になります。 このようにつくねとつみれの違いは、作る工程にあります。 ただ料理も進化していて、つくねやつみれでも様々アレンジされていますよね。 その結果、バリエーションが広がったことで、中にはつくねやつみれとも言える料理も出てきています。 つくねとつみれが混同されて使われるようになったのは、どちらにも言えるものが増えたからかもしれませんね。 関連記事リンク(外部サイト).

次の

つみれ/つくね/肉団子の違いと由来(語源)は?作り方や具材で呼び方が違う?

つみれ と つくね の 違い

つくねとは つくねとつみれの違いについて説明する前に、まずは「つくねとは何ぞや?」という部分から説明しますね。 語源は何か、そしてどのような具が入っているかなどについて見ていきます。 つくねの語源 つくねという言葉は、 「捏ねる(つくねる)」が由来です。 捏ねるとは、こねて丸めるという意味。 同じ漢字を用いる「捏ねる(こねる)」と意味はほぼ同一です。 つまり、つくねという料理は手でこねて形を作るところから名付けられたわけですね。 捏ねていれば具はなんでもOK つくねと聞くと、鶏肉や豚肉を原料にしているものと思っている人も多いでしょう。 しかし、つくねの語源でもわかるように、 捏ねて生地を丸めたものであればなんでもOKです。 よって魚が原料でも、手で捏ねたものであれば「つくね」と呼ぶわけです。 他にも生地をこねて丸めているのであれば、その後の調理法は何でもつくねになります。 揚げても焼いても蒸しても、もしくは汁物の中に入れてもつくね。 この定義からすると、ハンバーグもつくねの仲間といえます。 ハンバーグは、ひき肉につなぎを入れて捏ねますよね。 捏ねる工程の入った料理なので、つくねの一種ということになります。 つみれとは 一方、つみれとはどのような料理を指すのでしょうか? これもまた、つみれという言葉の語源を見ていくことでどんな料理かわかってきますよ。 つみれの語源 つみれの語源は、 「摘み入れる(つみいれる)」。 辞書によっては、つみれの漢字バージョンとして「摘入」が紹介されていることもあります。 摘み入れるという言葉は、「摘まみ入れる」から来ているといわれています。 そしてその 「摘み入れる」が短くなって、「つみれ」になりました。 ちなみにこの調理法は、江戸時代にはすでにあったといわれています。 魚などの原料につなぎや調味料を入れて、生地を練り上げます。 そして鍋や汁物の中に、この練り物を「摘まみ入れる」から『つみれ』といいます。 つくねといっているけど、実は「つみれ」 居酒屋などで鍋物を注文したことはありませんか?この時、つくねが竹筒の中に入って出されることもありますよね。 でもこれは厳密にいうと、 「つくね」ではなくて「つみれ」になります。 それはなぜかをお答えする前に思い出してください、この竹筒の中身を鍋に入れるときにみなさんどうしていますか? 匙やスプーンを使って、鍋の中に入れますよね。 そう、まさに摘まみ入れているわけです。 なのであれは、つくねではなく「つみれ」というのが正しいのです。 【まとめ】「つくね」と「つみれ」の違いは調理法! 最後につくねとつみれの違いについてまとめると、どちらも調味料を入れ、生地をこねて作ります。 この際、材料は肉でも魚でも何でもOK。 鶏肉だからつくね、魚を材料にしているのでつみれというわけではありません。 ただし、一緒なのはここまで! できあがった生地を手でこねて丸めて成形すると「つくね」に。 生地を手やスプーンなどで摘み取って、鍋や汁物に入れると「つみれ」になります。 このようにつくねとつみれの違いは、作る工程にあります。 ただ料理も進化していて、つくねやつみれでも様々アレンジされていますよね。 その結果、バリエーションが広がったことで、中にはつくねやつみれとも言える料理も出てきています。 つくねとつみれが混同されて使われるようになったのは、どちらにも言えるものが増えたからかもしれませんね。 関連記事リンク(外部サイト).

次の