俺 ガイル ヤンデレ ss。 俺ガイルssのおすすめを教えてください・いろはルート・ヤン...

【俺ガイル】一色いろは・八色おすすめSSまとめ【やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。】

俺 ガイル ヤンデレ ss

特におすすめの名作 よくある「嘘から出た真」系のお話。 個人的には大好物でして、本作は雪乃がとても魅力的に描かれている良作です。 これはいいコメディ。 サブレがいい味出しています。 タイトルから推測できるとおり、八幡と雪乃の間の子どもである「比企谷小雪」が登場するのですが、オリジナル子どもキャラが登場する俺ガイルSSでは、本作が個人的に最高傑作だと思っています。 ラストシーンが愛おしいほど素晴らしいです。 素晴らしい作品。 ヒロイン3人との絶妙な関係性・距離感が、軽快なやりとりでスラップスティック的に展開されます。 台詞回しも自然で滅茶苦茶レベル高いです。 個人的には俺ガイルSSの1つの到達点とも言える作品です。 シチュエーションがいいですね、大好物です。 本好きの2人の距離を縮めるためのそのアイデアに脱帽しました。 雪ノ下雪乃・八雪好きにおすすめの作品 奉仕部の3人を描いた作品。 原作と比べても違和感ないキャラ造形が素晴らしくレベルの高いSSです。 細かいところが気になりはしますが、雪乃・結衣がかわいらしく描写されています。 奉仕部含め各キャラが小気味よく動き、起承転結もしっかりとしているレベルの高いSSです。 オチがいいです。 どっちかというとコメディですかね。 この作品で「だめのん」 という概念を知りました。 だめのん可愛いです。 SSなどで描かれるちょっと残念な雪乃を人は「だめのん」と呼びます。 原作からかけ離れすぎると途端に受け入れがたくなるので、塩梅が難しいのですが、本作はほどよいバランスで成り立っています。 デレる雪乃が可愛く描かれています。 雪乃、あるいは平塚先生好きはぜひ。 雪乃のツンデレがいい塩梅で表現されています。 タイトルの通り。 割と雪乃のデレ分が強めです。 遊園地に遊びに行って二人で観覧車に乗ったら・・・雪乃のデレが好きな人におすすめ。 結衣に振られた八幡に雪乃がお弁当を作ってくれます。 結衣好きは注意。 八幡と雪乃のこどもが登場するSSは数多くあるのですが、こちらは娘との対話を通して描かれる雪乃の可愛さが際立つ良作です。 八幡と雪乃はすでに結婚している、という設定。 前半は二人のラブラブな様子が描かれます。 後半の展開はやや好き嫌いが別れるかもしれません。 正統派の雪乃SS。 八幡の捻くれ具合がちょっと不足感はありますが、原作の空気感をかなり上手に出していると思います。 雪乃と結衣がなぜか着ぐるみを着ています。 「にゃんにゃん」という雪乃がかなり可愛いです。 そして「がはま」に笑ってしまいました。 こちらもお笑いコンビ「アンジャッシュ」のようなすれ違い系のコメディです。 ちょっとだけ下ネタがあるので苦手な方はご注意を。 ただひたすら雪乃が可愛い。 卒業から10年後、 結衣の結婚披露宴から始まるストーリー。 28歳だとちょっと言動に、違和感があるかもです。 20代前半だと思うとしっくりきます。 正月を舞台にした短編です。 雪乃が非常に原作に近い感じで描かれており高クオリティの作品です。 強風で電車が止まり、帰れなくなった雪乃に八幡は・・・。 台詞回しなどが原作に近く、読みやすいです。 映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」を知っている方は2倍楽しめます。 オリジナルキャラが出てくるので、その点は注意です。 八幡に猫耳が・・・!? 短いですが、ほんわかしたよいお話です。 同じようなネタのSSはいくつかありますが、こちらはコンパクトによくまとまっているのと、雪乃が可愛く描かれており、雪乃好きに特におすすめです。 雪乃ものとして完成度がかなり高いです。 劇的な展開があるわけではなく、どちらかというと日常ほのぼの短編集をまとめた長編という感じですが、台詞回しも自然でとても読みやすいです。 続編があり、大学生になった二人の仲睦まじい姿が見られます。 続編: 社会人の八雪もの。 俺ガイル要素はキャラ以外はほぼないのですが、雪ノ下が可愛いのでオールオッケーという感じです。 結婚後の二人を描いた物語。 子どももいます。 雪ノ下がデレすぎず、ちょうどいい塩梅で読みやすいです。 やりとりが二人らしい。 雰囲気がかなり原作に近い良作です。 雪乃が小さくなってしまって八幡は・・・ こちらも社会人になった八雪もの。 八幡は物書きになっている作品が多いですが、割と納得ですね。 さらに社会人の八雪もの。 2人の職業パターンがいろいろあって楽しめますね。 タイトルがエスプリが効いてますね。 意味は内容を読んでのお楽しみで。 丁寧な描写で定評のある甘々な八雪です。 元ネタは言わずもがなですが、コンパクトに起承転結が上手にまとまっていて読みやすかったです。 元ネタはハリウッド映画にもなったライトノベルですね。 いわゆるループものです。 SF好きな方はぜひ。 深夜ある理由で眠れなくなった雪乃が八幡に電話をかけてきて・・・というお話。 番号交換してたっけ? という前提は一旦忘れて読みましょう。 独特の空気感の作品です。 これ、私には絶対書けない感じのテンションなので、羨ましい。 俺ガイルである必要あるのか・・・?(褒め言葉)というほどのクオリティ。 作者の地力を否が応でも感じる傑作です。 この発想は出てこない・・・作者のアイデアに脱帽。 ラストの展開も期待を裏切りません。 こういうゆきのんもありだよね、ということで。

次の

いろは「先輩!先輩は私のですよね?」※ヤンデレ

俺 ガイル ヤンデレ ss

小町「ねぇ、ねぇ、お兄ちゃん!壁ドンって知ってる?」 八幡「壁ドン?あぁ、あれか。 雪ノ下にはから言っといてくれ」 結衣「……ねぇ、ヒッキー。 なんかあたしよりいろはちゃんとのメールの方が多くない?」 八幡「……は?」 結衣「あたしとのメールはすぐ切るのにいろはちゃんとはよくメールするんだ?」 八幡「いや、これはあいつが勝手に……」ジリ 八幡 というかなんで俺は彼女に浮気がバレたみたいな感じになってんの? 結衣「いろはちゃんのことあいつ呼ばわり?ていうか最近ヒッキー、いろはちゃんと仲良くなりすぎじゃない?」 八幡「ぃ、いや、仲良くなんて断じてなっていない。 ただ使いっぱしりをさせられてるだけだ」ジリジリ 結衣「へぇ、でもヒッキー断らないんだ?」 八幡「それはあれだ、俺が原因で生徒会長にさせたんだし。 多少はな……」ジリ 八幡 後は壁、もう逃げられない…… 結衣「最近、ヒッキーいろはちゃんだけじゃなく他の娘とかにもデレデレしすぎじゃない?」 八幡「いや、そ、そんなことないぞ?」ズル ドン! の細い腕が俺の行く手を阻まった。 そして、耳元でが囁いた。 結衣「ヒッキーはあたしだけ見ててよ」 八幡「ゆ、……?」 結衣「ぁ……ご、ごめん!ゆきのんにはあたしから言っとくね!じ、じゃあ生徒会のお仕事頑張って!」 パタパタ 八幡「こ、これが壁ドンか……」 ーーー…… 結衣 あたしの馬鹿馬鹿!ヒッキーに絶対変な奴だって思われた。 雪ノ下先輩となにかあったんですか?」 八幡「なんで雪ノ下が出てくんだよ。 ねぇよ、むしろこれから先もずっと何もないまである」 いろは「へぇ、じゃあ結衣先輩と何かあったんですね?」 八幡「!? ゆ、ともなんもねぇよ……」 いろは「ふーん……結衣先輩となんかあったんですか?」 八幡「だ、だからなんもな……」 いろは「あったんですよね」 八幡「い、一色眼が怖いんだが……」 いろは「気のせいですよ、それともわたしが嫉妬してるとも言うんですか?ごめんなさい、自意識過剰で気持ち悪いです」 八幡「いや、そんなこと言っていないんだが……」 いろは「……でも」 八幡「?」 いろは「……わたし以外の人に先輩がデレデレしてるのは気に入りませんね」 八幡 一色がなんか怖い。 仕事もあらかた終わったし帰ろう…… 八幡「よ、よし。 俺の分の仕事は終わったし、俺帰るわ……」ガタッ いろは「まだ、話は終わってません……よ!」グイッ 一色に思い切り引っ張られたために床に後頭部を強く打った。 八幡「痛て……おい、一色。 ……一色?」 気付けば一色は俺に馬乗りになっていた。 ダンッ 一色の腕が俺の顔を掠めた。 そして、熱の篭った声で俺に囁く。 いろは「先輩がわたし以外にドキドキさせられないように『しるし』付けておきますね」 こうして、俺の首に小さくて赤い『しるし』が付けられた。 今日は色々あって疲れた、おとなしく帰ろう… 陽乃「あれー?比企谷君じゃん。 ひゃっはろー」 八幡 今、一番会いたくない人に会ってしまった……。 やめて、もう八幡のHPは0よ! 八幡「…………っス」 陽乃「あれま、比企谷君。 いつもより疲れてるみたいだね」 八幡「お察しの通り今日は色々あって疲れたんで帰ってもいいですか?」 陽乃「そう言われると帰したくなくなるのが私なんだよねー」 八幡 クソッ、ホントにこの人にだけは会いたくなかった 八幡「いや、今日はホントにアレなんで。 勘弁してください」 陽乃「そこまで拒絶されるといくら私でも悲しくなっちゃうなー」ズイッ 八幡「! そ、それ以上近づかないでもらえますか?今日は軽く女性不信な日なんで」 陽乃「女の子と何かあったのかな?具体的にはガハマちゃんとか、いろはちゃんとか」 八幡「なんでそんな具体的なんですかね……」 陽乃「否定しないってことは当たりかな?んー君に何かしそうな人はその二人しか知らないし、雪乃ちゃんと何かあったなら、……されたなら、ここに居る訳ないし」 八幡「雪ノ下だったら何をされるんだよ……」 陽乃「じゃあ、比企谷君。 それに小遣い前なんで財布には20円しか入ってませんよ」 陽乃「お金なんかいらないよー」 八幡「じゃあ何を……」 ダンッ 陽乃「欲しいのは……比企谷君自身かな?」 今日一日で女子に何回壁ドンをされればいいのだろうか。 八幡「ゆ、雪ノ下さん何を……」 陽乃「今日の君は反抗的な眼じゃなくて怯えた眼をしてて……そそられるんだよね」 流石に三回目ともなると冷静になれる。 これでは見動きが取れない。 陽乃「これで比企谷君の視界には私しか入らないよね?」 そう言って陽乃さんは蠱惑的な笑みを浮かべた。 せめてもの反抗として俺はそっぽを向いた。 今、目を合わせたら何をされるかわかったもんじゃない。 陽乃「へぇ、それで抵抗してるつもり?……あれ、その首にあるのは?」 しまった、こっちは一色にキスマークをつけられた方だった。 すぐに手で付けられた所を隠すが、もう遅い。 陽乃「『こんなもの』で満足しちゃうのは……いろはちゃんかな?子供だなぁ、『こんなもの』付けた所でなんの意味もないのに」 そう言って陽乃さんは俺の顎に手をやり強制的に前を向けさせた。 陽乃「そういえば、比企谷君って耳が弱いんだっけ?……えいっ」カプッ 八幡「!?」 陽乃さんは俺の耳を甘噛みしてきた。 全神経が耳に集まる、耳が熱くなる、頭が真っ白になっていく…… 何秒、何分の間されていたのだろう。 陽乃さんの唇が俺の耳から離れる頃には俺は何も考えられなくなっていた。 こういう日は何も考えず小説でも読もう…… 八幡「しまった、今読んでる小説の続き部室に置いたまんまじゃねぇか……」 八幡 この時間なら二人共帰ってるよな? ーー部室 八幡 あれ?鍵が開いてる…… ガラッ 雪乃「あら、今日は来ないと思っていたのだけれど」 八幡「ゆ、雪ノ下か……。 なんでまだ残ってんだよ」 雪乃「今読んでるのがいい所なのよ、続きが気になる所で辞めたら気持ち悪いでしょう?」 八幡「あぁ、わかるなそれ」 雪乃「それであなたは?」 八幡「小説の続きを部室に置き忘れたの思い出して取りにきたんだよ」 雪乃「私ももう少しで読み終わるしあなたも少し読んで行ったら?紅茶入れるわよ?」 八幡「じゃあ……頼む」 雪乃「はい、どうぞ」コトッ 八幡「あぁ、すまねぇな」 雪乃「どういたしまして」 ペラッ ペラッ 八幡 部室には本のめくる音だけ、この空気悪くないな。 今日一日あったことが夢だったかのように落着く 雪乃「そういえば……」 八幡「……ん?」スズッ 雪乃「さんが比企谷君に『壁ドン』をしてしまった。 と顔を真っ赤にしながら言っていたのだけど。 『壁ドン』とは何かしら?」 八幡 ブハッ 雪乃「ひ、比企谷君?」 八幡「ゴホッゴホッ す、すまん。 か、壁ドン?し、知らねぇな」 雪乃「その反応は明らかに知っている人の反応なのだけれど……」 八幡「し、知らん!わ、悪いが急用を思い出した。 帰る!」 雪乃「待ちなさい」 八幡 帰ろうとする俺の腕を雪ノ下が掴んできた 雪乃「私だけ知らないだなんて不公平ではないかしら?」 八幡「世の中知らない方がいいことだって沢山あるだろ」 雪乃「そうだとしても私は知りたいのよ。 それが私を苦しめるものだとしても」 八幡 そうだ、雪ノ下はこういう人間だった…… 八幡「……」 雪乃「……」 八幡「……はぁ」 雪乃「教える気になったかしら?」 八幡「……こういうのだよ」つ 雪乃「これをあなたがさんにしたと言うのなら通報している所だったのだけれど、あなたがさんにされたというのなら何も言えないわね。 ……あなたが憐れで。 」 八幡「……言うな、解ってるから」 雪乃「あなた仮にも男子なのでしょう?これを女子にされるって……」 八幡「だあぁ!辞めろ!いつもみたいにバッサリ言えよ。 チマチマ心に刺さる暴言はやめてください、お願いします!」 雪乃「あなた暴言を浴びたいだなんてやっぱりマゾヒストなの?」 八幡「違…はぁ、もういい。 と一色に雪ノ下さんになけなしの男とプライドを傷つけられ、そこにおまえにまで精神削られたら引き篭もりになりかねん」 雪乃「なぜそこで一色さんと姉さんが……。!? まさかあなた……」 八幡「やべっ……」 雪乃「あなたの首についてる不自然な虫刺されの後と歯型のついた耳はどうしたのかと聞こうと思っていたけれど。 すべて合点が言ったわ」 八幡 「くっ……」 耳の歯型なんてよく気づいたな これが力か… 八幡「察しの通りだ。 一色にこれを付けられ、雪ノ下さんには耳を甘噛みされた。 俺のなけなしの男のプライドもズタボロだ」 雪乃「……」 八幡「じゃあ……またな」 雪乃「……待ちなさい。 比企谷君」 八幡「なんだ?」 雪乃「私に壁ドンをしなさい」 八幡「何言ってんだ、おまえ」 雪乃「あなたは女子三人に迫られてあなたのゴミみたいなプライドがカスのようなプライドになってしまったと言ったわね?」 八幡「いや、そんなことは一言も言ってない」 雪乃「ならそのクズのようなプライドを取り戻すには女子に迫ればいいのでしょう?なら私のような美少女に壁ドンできたとするならばそれは一生の記念になる。 そうでしょう?」 八幡「おまえよくそんな穴だらけの理論でドヤ顔できるな……」 雪乃「ほら、早くしなさい」 八幡「俺の話を聞けよ」 雪乃「つべこべ言わずに早く」ズイッ 八幡「いや、なんで壁ドンしろと言いつつ俺が壁に追い込まれてんだよ」 そうして雪ノ下は一歩、また一歩と歩みより俺はその分後退した。 八幡「おい、そろそろ質の悪い冗談はよせ」 雪乃「あなたこそいい加減観念したらどう?……なんとも思っていない異性に私がこんなこと言うとでも?」 八幡「は?な、何を言って……」ガッ 後ろは壁、逃げようがない。 今日で何回目のシチュエーションだろう。 雪乃「捕まえたわよ」 そう言うと雪ノ下は俺のネクタイを掴みターンをした。 八幡「うぉっ……」 俺と雪ノ下の位置が入れ変わる。 だが、勢いが付きすぎだ。 このままじゃ雪ノ下に頭突きすることになってしまう。 ダンッ 雪乃「ふふっ、やれば出来るじゃない」 雪ノ下に当たらないようにと俺は壁に手を付いた。 この状況を誰かに見られたら俺が雪ノ下に壁ドンをしているように見えるだろう。 八幡「おい、今のは大分危なかっただろ」 雪乃「あら、あなたなら私に傷を付けるなんて真似は絶対にしないと確信していたもの。 計算の上よ」 俺と雪ノ下の距離はあまりにも近すぎる。 これは精神衛生上よろしくない。 八幡「……はぁ、いい加減ネクタイを離せ」 雪乃「まだよ、よく出来た子には『ご褒美』をあげないと」 八幡「そんなの要らん。 だから、離……」グイッ 雪ノ下にネクタイを引っ張られ俺と雪ノ下は…… ーーチュッ ……口付けを交わした。 雪乃「んっ……」 八幡「ンッ!?」 雪乃「どうだったかしら?私の初めてのキス、最高の『ご褒美』でしょう?」 八幡「お、おおお前!な、なにを……」 ガラガラッ 平塚「おーい、雪ノ下いい加減に鍵を返し……し、失礼した!」 雪乃「そういえばもうとっくに鍵を返す時間だったわね、さ、早く出てちょうだい。 鍵を返しにいけないわ」 八幡「お、おぉ…。 いや、そうじゃなくて」 雪乃「じゃ、鍵を返しに行くから。 ……比企谷君、また明日」ガチャ タッタッタッ 八幡「行っちまった……。 ドンッ! ダンッ!ダンッ!ダンッ!ダンッ! 平塚「比企谷君と雪ノ下め、青春という言葉から一番遠い位置にいる二人だと思っていたのに!私に見せつけおって!結婚したい!結婚したーい!!」ダンッ! ダンッ! やはりこんな壁ドンは間違っている。 終 元スレ 八幡「壁ドン?」.

次の

#比企谷八幡 #ヤンデレ ヤンデレいろはからは逃げられない

俺 ガイル ヤンデレ ss

【朗報】俺ガイルのオーディオブックが1冊無料でもらえます みんな知ってる使ってる「Amazon」 Amazonでは、本を声で聴く「」というサービスもやっています。 知っていましたか? いや知らなかったって人、オーディブルのに登録すると、好きな本が1冊無料でもらえます。 安い本も高い本もどんな値段の本でも、無料でもらえます。 無料体験中に退会で料金は一切不要 無料体験期間中に「やっぱ退会したい…」そう思うかもしれません。 「お金ってかかるの…?」 いいえ、無料体験期間中に退会した場合、お金は一切かかりません。 また、無料体験中にもらったオーディオブックは、退会後も引き続き視聴可能です。 vip2ch. カテゴリー• 633• 631• 619• 446• 408• 108• 144• 147• 174• 155• 189• 189• 2 アーカイブ• 128• 118• 242 メタ情報•

次の