そば 立川。 蕎麦懐石 無庵 −MUAN−(東京都立川市) 無庵お品書き

【駅そば立ちそば240杯め】リベンジ!「おでんそば」!JR立川駅の「奥多摩そば」×2店舗と「清流そば」で立川名物「おでんそば」の今を検証、「奥多摩そば」青梅ホーム店(1・2番線)で具が選べる「おでんそば」

そば 立川

もう1年以上前になりますが、JR立川駅に「おでんそば」を求めて行ったことがあります。 当時勤めが忙しく、頻繁に乗り鉄できなかった私は見落としていました。 そう、 立川駅には南武線も青梅線も乗り入れているのです。 そして中央線以外の南武・青梅両路線のホームにも駅そば店があったのでした。 いやー今まで来なかったことを後悔しました。 階段下レトロ店舗 なうえに広い! こんなに「長い」階段下店舗は珍しい気がします。 しかも店頭に貼ってあったポスターを見た段階で「しまった」と思いました。 一昨年私が行った「清流そば」さんのおでんそばのポスターはさつま揚げのワンショットのみ。 こちらに貼ってあるのはあらかじめ ・大きなさつま揚げ1枚入り(食べたことあるやつ) ・がんもどき2個入り ・玉子2個入り の3種類の写真に加え 「がんもどき一枚、玉子一個の組み合わせもできます」と明記されています。 しまったー最初からこっちに来ればよかった!! というわけでさっそく食券を買い、長いカウンターの向こうのおばちゃんに渡しながら「がんもどきと玉子一個ずつでお願いします」と指定。 「辛子はおつけしてよろしいですか?」と聞かれ「お願いします」と答えて数十秒。 とても嬉しい。 入れ替わりの激しいNRE系で思い描いていたブツに出会えるととても嬉しくなる、それぐらい現在NREのリブランドや店舗の入れ替えは盛んになっています。 けどこのレトロ店舗、 どう見ても長い歴史の末残っている看板もフォントといい、年季の入ったカウンターといい、いい!とてもいい!たいへんよいです。 わたくし気に入りましたこの店舗。 好みです。 全席立席だけど性別を問わない客入り、むしろ女性(お勤めの女性とか大学生っぽい若い子とか)もがんがん入ってきているのもいい。 青梅線ってこんな感じなのかなあ。 まずはいつものように麺とつゆをひとくちずつ。 麺はポワっとしたおなじみの軽いNRE麺。 わりとしょっぱめでカツオ系のだしの味も感じますが、でもなぜか麺にあまりなじまない。 このため食べている途中でカウンター上のごまや七味をかけたくなります。 両方かけるといい感じ。 そしておでんの具ですが、がんもにも玉子にも薄く味がしみていて、食べながらつゆに浸し、玉子には辛子を多めに、がんもには意外に七味が合うことが判明。 前回同駅中央線ホームの「清流そば」さんでさつま揚げのを食べた時にはちっとも味がしみていなくて「買ってきたさつまあげをかけそばに載せただけ」感が強かったため、今回ようやく「おでんそば」を食べられた感じがしました。 満足です。 食べている間に無人になったので長いカウンターを撮影。 これいいですよねえ、なんともレトロで。 私が行った時にはおばちゃん2人体制で、キッチンの方とカウンターを拭いている方に手分けされて、きびきび働いておられました。 いい感じです。 やっぱりとても気に入りました、立川遠いので滅多に来ないけど。 0(広いです。 0(標準的。 0(私が行った時は女性客の方が多かったです。 まずは 中央線ホーム「清流そば」さん。 3・4番線、5・6番線とも外観・メニュー・貼ってあるポスターやポップともほぼ一緒でした。 こちらです。 これです。 一見「選べなそう」でしょう?お店に入って食券渡すときに聞かれるのかなあ実は(私が去年「清流そば」に入った時は聞かれもしなかったぞ・・・)。 けど同じ「奥多摩そば」ブランドしかも同じ駅内で一方は選べて一方は選べないというのはちょっと考えづらいですよね。 ともかく、 「具が選べるおでんそば」が現存することがわかってよかったです。

次の

そば好き必見!【立川】の絶品そばを7店厳選してみた。

そば 立川

もう1年以上前になりますが、JR立川駅に「おでんそば」を求めて行ったことがあります。 当時勤めが忙しく、頻繁に乗り鉄できなかった私は見落としていました。 そう、 立川駅には南武線も青梅線も乗り入れているのです。 そして中央線以外の南武・青梅両路線のホームにも駅そば店があったのでした。 いやー今まで来なかったことを後悔しました。 階段下レトロ店舗 なうえに広い! こんなに「長い」階段下店舗は珍しい気がします。 しかも店頭に貼ってあったポスターを見た段階で「しまった」と思いました。 一昨年私が行った「清流そば」さんのおでんそばのポスターはさつま揚げのワンショットのみ。 こちらに貼ってあるのはあらかじめ ・大きなさつま揚げ1枚入り(食べたことあるやつ) ・がんもどき2個入り ・玉子2個入り の3種類の写真に加え 「がんもどき一枚、玉子一個の組み合わせもできます」と明記されています。 しまったー最初からこっちに来ればよかった!! というわけでさっそく食券を買い、長いカウンターの向こうのおばちゃんに渡しながら「がんもどきと玉子一個ずつでお願いします」と指定。 「辛子はおつけしてよろしいですか?」と聞かれ「お願いします」と答えて数十秒。 とても嬉しい。 入れ替わりの激しいNRE系で思い描いていたブツに出会えるととても嬉しくなる、それぐらい現在NREのリブランドや店舗の入れ替えは盛んになっています。 けどこのレトロ店舗、 どう見ても長い歴史の末残っている看板もフォントといい、年季の入ったカウンターといい、いい!とてもいい!たいへんよいです。 わたくし気に入りましたこの店舗。 好みです。 全席立席だけど性別を問わない客入り、むしろ女性(お勤めの女性とか大学生っぽい若い子とか)もがんがん入ってきているのもいい。 青梅線ってこんな感じなのかなあ。 まずはいつものように麺とつゆをひとくちずつ。 麺はポワっとしたおなじみの軽いNRE麺。 わりとしょっぱめでカツオ系のだしの味も感じますが、でもなぜか麺にあまりなじまない。 このため食べている途中でカウンター上のごまや七味をかけたくなります。 両方かけるといい感じ。 そしておでんの具ですが、がんもにも玉子にも薄く味がしみていて、食べながらつゆに浸し、玉子には辛子を多めに、がんもには意外に七味が合うことが判明。 前回同駅中央線ホームの「清流そば」さんでさつま揚げのを食べた時にはちっとも味がしみていなくて「買ってきたさつまあげをかけそばに載せただけ」感が強かったため、今回ようやく「おでんそば」を食べられた感じがしました。 満足です。 食べている間に無人になったので長いカウンターを撮影。 これいいですよねえ、なんともレトロで。 私が行った時にはおばちゃん2人体制で、キッチンの方とカウンターを拭いている方に手分けされて、きびきび働いておられました。 いい感じです。 やっぱりとても気に入りました、立川遠いので滅多に来ないけど。 0(広いです。 0(標準的。 0(私が行った時は女性客の方が多かったです。 まずは 中央線ホーム「清流そば」さん。 3・4番線、5・6番線とも外観・メニュー・貼ってあるポスターやポップともほぼ一緒でした。 こちらです。 これです。 一見「選べなそう」でしょう?お店に入って食券渡すときに聞かれるのかなあ実は(私が去年「清流そば」に入った時は聞かれもしなかったぞ・・・)。 けど同じ「奥多摩そば」ブランドしかも同じ駅内で一方は選べて一方は選べないというのはちょっと考えづらいですよね。 ともかく、 「具が選べるおでんそば」が現存することがわかってよかったです。

次の

蕎麦懐石 無庵 −MUAN−(東京都立川市) 無庵お品書き

そば 立川

立川は意外ににおそば屋さんが多いのをご存知ですか? 例えばグランデュオ立川7階の蕎旬は、立川駅直結でアクセスが良く1,200円で天ぷらつき十割手打ち蕎麦が食べられるとあって平日でも行列ができる人気店。 線路を挟んで南北に店舗があるつけ蕎BONSAIはつけめんスタイルでがっつり食べたい男性に支持されています。 今回は、たくさんあるおそば屋さんの中から地元民に愛されている9つのおそば屋さんを紹介します。 立川のおすすめそば屋 あまり知られていないけれど地元民のリピーターが多いおそば屋さんや地元民がふらっと食べにいくおそば屋さんばかりなので、立川でおそば屋さんをお探しの方はぜひチェックしてみてくださいね。 隠れ家的な蕎麦懐石 無庵• 所在地:東京都立川市曙町1-28-5• アクセス:JR立川駅北口より徒歩5分• 営業時間:11:30~14:00、17:00~20:00 日・第三月曜定休• 公式サイト: 蕎麦懐石無庵は立川のそば好きが必ず名前を挙げる名店。 気楽にふらっとおそばを食べに行く雰囲気ではなく、隠れ家的なジャズが流れるおしゃれな高級店です。 ワンランク上のデート、特別な時の会食やちょっとしたお祝いの時におすすめします。 おそばも天ぷらも小料理もみんな美味しいですよ。 未就学の小さいお子さんは入店不可なのでご注意くださいね。 独立開業を目指す方に向けた少人数制のそば打ち教室()を行っています。 手打ちそば田堀は地元民に愛されているお店• 営業時間:11:00~20:00(月のみ15:00まで) 火曜定休• 駐車場あり• 公式サイトなし 地元民に愛されている田堀は遠方からのお客さんも多くランチタイムは混雑することも。 田堀にはオリジナルのそばがきあげというメニューがあります。 通常はふんわりした食感のそばがきですが、そばがきあげは衣がカリッとしていて中はやわらかふんわり。 そば通の方にもそばがきを食べたことがない方にも試していただきたい一品です。 田堀はおそばも天ぷらもひとくち食べると幸せな気分になれる美味しさなのですが、一人前の量が少ないので男性は物足りないことでしょう。 次に紹介する「おざき」までは車で6分ほどの距離なのでハシゴするのもいいかもしれませんね! 手打ちの十割そばがおすすめのおざき• アクセス:立川バス「若葉町団地」バス停より徒歩3分• 営業時間:11:30~19:00• 駐車場あり• 公式サイトなし 周囲は団地と住宅地が広がっているという土地柄もあって地元民に愛されているおそば屋さんです。 立川新緑クリニックの通り沿い、ダルメシアンの陶器の置物が目印になります。 つるっとした手打ちそばが人気!昔からあるお店ですが掃除が行き届いていていつも気持ちよくおそばをいただいています。 ランチタイムは1,000円で美味しい十割天もりが食べられますよ。 おそばの量もしっかり盛り付けてありますし、この値段で十割そばを提供しているお店は少ないですからぜひ訪問してみてください。 美味しいです! 更科堀井立川伊勢丹店• 所在地:東京都立川市曙町2-5-1 伊勢丹立川店8階• アクセス:JR立川駅北口より徒歩2分、多摩モノレール立川北駅伊勢丹3階連絡口直結• 営業時間:11:00~22:00• 駐車場:あり(伊勢丹立川利用額による駐車料金サービスあり)• 公式サイト: 更科堀井は江戸時代(寛政元年)に創業された老舗のおそば屋さん。 名物は真っ白なさらしなです。 そばの実の中心部分のみを使うので白さが際立ったおそばになるんですよ。 私のイチオシは季節の変わりそば。 春は抹茶、夏はシソというように四季を感じる風味がさらしなに練りこまれています。 変わりそばの風味は毎月変わるのでいつ行っても更科堀井ならではのおそばをいただくことができますよ。 ランチ予算は1,000~1,800円ほどです。 平日でも行列ができることが多いので時間をずらすか早めの訪問をおすすめします。 アクセス:JR立川駅 1・2番線青梅線ホーム内• 営業時間:7:00~22:00• 公式サイト: ときどき「立川っておでんが名物なの?」と聞かれることがあります。 駅のホームで「おでんそば」のポスターが目に入りおでんが名物だと思ってしまったのだとか。 私は今まで立川の名物がおでんだと耳にしたことはありませんが、もう何十年も駅のホームに「おでんそば」のポスターが貼られているので「おでんそば」が名物といっても問題ないように思います。 疲れて電車に揺られて帰ってきたときに出迎えてくれる「おでんそば」のポスターにほっとする立川市民も多いことでしょう。 何年か前に奥多摩そばは日本レストランエンタプライズの運営になりましたが「おでんそば」は名物メニューとして残されたのだそうです。 これからも駅ホームの看板メニューとして、そして立川の名物として長く残ってほしいですね。 そば処はつね• 営業時間:11:00~19:00 金曜定休• 駐車場あり• 公式サイトなし そば処はつねは、ラーメン、チャーハン、焼きそば、オムライス等々1,000円以下のメニューがとっても充実しているおそば屋さんです。 おそば屋さんなのに夏は当たり前のように冷やし中華がメニューに加わりますよ。 定食メニューも豊富なので、家族や友達と好みが分かれていても食べたいものが見つかります。 おそば屋さんというよりも食堂のような感覚で立ち寄れる手軽さから地元民のリピーターが多いお店です。 ファミレスの味は飽きたという方におすすめ! 十割粗挽き八十八庵• 所在地:東京都立川市幸町2-17-8• アクセス:多摩モノレール泉体育館駅より徒歩10分• 営業時間:11:00~15:00、17:00~20:00 火曜定休• 駐車場あり• 公式サイトなし 八十八庵はランチ予算はおおむね1,400円。 もっちもちの粗挽きそばが印象的なおそば屋さんで立川のそば好きに愛されている有名店です。 立川市内では十割粗挽きそばが食べられるのは八十八庵だけ!タイミングによっては十割粗挽きそばが品切れになっていることも珍しくありません。 八十八庵ではそば打ち教室()も行っているんですよ。 いつかは自分でそばを打ってみたいという方もぜひ足を運んでみてくださいね。 酒処石臼挽き やぶそば• 所在地:東京都立川市柏町1-7-8• アクセス:多摩モノレール 泉体育館駅より徒歩3分• 営業時間:月~金11:00~14:30、17:00~21:00、土11:30~14:30、17:00~21:00、日曜定休• 駐車場:あり(提携コインパーキング)• 公式サイト: 無農薬栽培された貴重な蕎麦の実を、その日の分だけ石臼で製粉しているというこだわりのおそば屋さん。 おそばの香りがとっても良いんですよ。 平日のランチが1,200円とお得!とろろご飯と選べる天ぷらがついています。 私はここの天ぷらが大好物ですが、カツ丼が人気メニューのようで注文している人が多いです。 おそばも天ぷらもカツ丼も美味しい地元民に愛されている名店。 最近は遠方からのお客さんも増えているようです。 立川のおすすめ蕎麦屋さんまとめ 我が家は家族みんなおそばが好物で「そばノート」というものを記録しています。 食べたメニューや大体の料金を記録しているため、地元立川のおそば屋さんはほぼ把握していると自負しています!! 今回は、立川市内にあるおそば屋さんの中でも、地元で愛されているおそば屋さんや地元民がリピーターとして訪れているおそば屋さんに注目して9店舗を厳選ピックアップしました。 本格的なおそばをリーズナブルに食べるなら… おざきの十割天もりや酒処石臼挽きやぶそばのランチメニューは老若男女幅広い世代におすすめです!本格的な美味しいおそばが1,000~1,200円で食べられるので地元民に支持されていますよ。 いつもと違うおそばで気分転換をしてみるなら… つけ蕎BONSAIはダシの香りが抜群でこういうおそばの食べ方もありだなと思わせてくれます。 八十八庵は季節によってそば粉の産地を変えているこだわりのお店。 もちもち弾力のあるおそばは他ではなかなか食べられませんよ! 美味しいおそば屋さんがたくさんある立川。 市内でそばの食べ歩きをする楽しみ方もできますよ。 ぜひお気に入りのおそば屋さんを見つけてくださいね。

次の