強い 農業 担い手 づくり 交付 金。 強い農業・担い手づくり総合支援交付金[産地基幹施設等支援タイプ]

平成31年度強い農業・担い手づくり総合支援交付金について|観光・産業・ビジネス|幕別町

強い 農業 担い手 づくり 交付 金

農業経営者が基盤を確立し、更に発展するために必要な農業用機械・施設の導入を支援します。 募集は、事業実施を希望する年の前年度1月頃に、市町村を通じて行います。 事業内容について計画作成に時間がかかる場合や、予算の確保が必要な場合もあるので、補助事業の活用を希望される場合は、前年度の6月頃までに在住の市町村にご相談ください。 事業内容 1 融資主体補助型 農産物の生産その他農業経営の開始若しくは改善に必要な機械、施設の取得、改良、補強又は修繕を支援します。 また、労働力不足等の課題に対応する農業経営のイノベーションに向けて、新たな技術を活用した農業用機械・施設(事業費50万円以上)の導入について、優先枠を設けて重点的に支援します。 支援対象者:人・農地プランの中心経営体(新規就農者に限り認定農業者又は認定新規就農者であること)。 人・農地プランで必要と認められた農業者又は団体。 農地中間管理機構から賃借権の設定を受けた者。 補助率:10分の3以内(融資残、補助金額上限300万円)• 併せて、融資の円滑化等を図るため、農業信用基金協会への補助金の積増しによる金融機関への債務保証を支援します(補助率:定額)。 2 条件不利地域型 経営規模が小規模・零細な地域において意欲ある経営体を育成するため、共同利用機械・施設(事業費50万円以上)の導入や簡易な基盤整備を支援します。 支援対象者:農家3戸以上が構成員に含まれる団体。 3戸以上の農家から農地を借る受け又は作業委託を受ける参入企業(中小)等。 補助率:2分の1(農業機械は3分の1)以内(補助金額上限4,000万円) 3 被災農業者支援型 過去に例をみないような甚大な気象災害等により、担い手の農業経営の安定化に支障を来す事態が発生しており、特に緊急に対応する必要があると農林水産省経営局長が認める場合に、農産物の生産に必要な施設等について、気象災害等による農業被害前の当該施設と同等の施設の取得や修繕等を支援します。 補助率:10分の3以内 関係資料•

次の

2020年度強い農業づくりの支援に係る関係通知について:農林水産省

強い 農業 担い手 づくり 交付 金

事業の概要 適切な人・農地プランを策定した地域の中心経営体等に対し農業用機械等の導入を支援します。 補助上限額 事業内容 申請ポイント下限値 先進的農業経営確立支援タイプ 個人1,000万円 法人1,500万円 広域に展開する農業法人等に対し、上限額を引き上げて支援します。 10ポイント 地域担い手育成支援タイプ 300万円 地域農業の担い手として経営発展を行う農業経営体を支援します。 このため、地区内の経営体のポイントに極端な差があると、地域平均が下がり、採択の可能性が下がる場合があります。 このため、各タイプごとに町でのポイント下限値を設定していますので、ご了承ください。 助成対象者• 適切な人・農地プランに位置付けられた中心経営体(人・農地プランに記載されている取組内容・活用が見込まれる施策と本事業で取り組む内容が一致していることが条件)。 適切な人・農地プランの「今後の地 域農業のあり方」に明記された内容を実現する上で必要であると事業実施主体が認める農業者又は当該農業者の組織する団体(農産加工・販売等に取り組む女性グループ等)。 農地中間管理機構から賃借権の設定等を受けた者。 事業内容• トラクター、田植機、コンバインなどの農業用機械の取得• ビニールハウス、乾燥調製施設、集出荷施設、農畜産物加工施設などの施設の取得等 支援要件等• 個々の事業内容について、 単年度で完了すること。 事業費が整備内容ごとに 50万円以上であること。 原則として、 事業の対象となる機械又は施設は、耐用年数が概ね5年以上20年以下のもの(中古農業用機械の場合には残存耐用年数が2年以上)であること。 ただし、 中古資材等を活用して施設を整備する場合には残存耐用年数が概ね5年以上となること。 必要最低限のコストで最大限の効果を上げるために、 最低3社以上からの見積り合わせを行うこと。 運搬用トラック、パソコン、倉庫等 汎用性が高いものでないこと。 成果目標に直結するものであること。 報告様式• 申請用紙上記を作成するのに必要な資料( 青色申告決算書、 GLOBALG. 参考資料•

次の

2019年度 強い農業づくりの支援に係る関係通知について:農林水産省

強い 農業 担い手 づくり 交付 金

1 強い農業づくり交付金の趣旨 強い農業づくり交付金は、農畜産物の高品質・高付加価値化、低コスト化、新規就農者の育成・確保及び食品流通の合理化等、地域における生産・経営から流通・消費までの対策を総合的に推進する事業です。 2 強い農業づくり交付金交付対象事業の概要について 強い農業づくり交付金実施要綱(平成17年4月1日付け16生産第8260号農林水産事務次官依命通知)第11の11に基づき、交付対象事業について公表します。 3 強い農業づくり交付金評価結果について 強い農業づくり交付金実施要綱(平成17年4月1日付け16生産第8260号農林水産事務次官依命通知)第8の7に基づき、評価結果について公表します。 17年度評価([、、]・)• 18年度評価()• 19年度評価()• 20年度評価(・)• 21年度評価(・)• 22年度評価(・)• 23年度評価(・)• 24年度評価(・)• 25年度評価()• 26年度評価()• 27年度評価()• 28年度評価()• 29年度評価().

次の