タカタ 製 エア バッグ。 LEXUS ‐ タカタ製エアバッグリコールに関する大切なお知らせ|リコール・改善対策情報|リコール等情報

エアバッグに関する大切なお知らせ

タカタ 製 エア バッグ

2020年1月30日 更新情報 国土交通省 発表 「タカタ製エアバッグのリコール未改修車両を車検で通さない措置の拡大について」 国土交通省は、タカタ製エアバッグリコールの改修促進を図るために、平成30年5月より、リコールを受けていない車両に対し『車検で通さない措置』を導入しましたが、この度、あらたに 「未改修車両を車検で通さない措置の対象車両を令和2年5月1日より順次拡大する」と発表しました。 このことより、現在、「車検で通さない措置」の対象となっていないHonda車につきましても、エアバッグのリコール作業をお受けいただかないと令和2年5月1日以降は車検が通らなくなります。 リコールが未実施のお客様は、一刻も早く、お近くのHonda販売会社にてリコール作業(無償)をお受けくださいますようお願い申し上げます。 【国土交通省 報道発表資料(令和2年1月28日)より抜粋】 1.背景 タカタ製エアバッグについては、異常破裂し、金属片が飛散する不具合が発生しているため、平成21年以降、 総台数2,106万台(令和元年11月末時点)の リコールを実施しております。 加えて、これらのリコール対象車のうち、 特に異常破裂する危険性の高い車両であって未改修のものを対象に 平成30年5月1日より、車検で通さない措置を講じております。 今般、当該措置の開始から 時間の経過とともに、国内で異常破裂したエアバッグと同じタイプを搭載した車両について、 新たに生産から9年以上経過したものがあること等から、これらを、順次、車検で通さない措置の対象と致します。 2.措置の概要 施行日までにユーザーに対して改修の必要性について周知している、 平成30年4月以前にリコール届出されているものであって、次の未改修車を対象範囲として、 令和2年5月1日より車検を通さないこととします(令和元年11月末時点で対象台数約24万台)。 以降、上記と同様の考え方で未改修車両を 自動的に車検停止の対象とします(令和元年11月末時点で対象台数約26万台)。 なお、現時点で対象としない未改修車両についても、不具合事例を収集し、危険性が高いと判断した場合には対象に追加します。 事故等を未然に防止し、自動車ユーザー等を保護することを目的とするもので、これらの制度の適切な運用と情報提供を通じて、自動車交通の安全確保及び公害防止に努めます。 <リコール> 自動車が道路運送車両の保安基準に適合しなくなるおそれがある状態で、その原因が設計または製作の過程にある場合、国土交通省に届け出て自動車等を無料で修理します。 <改善対策> 保安基準不適合状態ではないが、安全上または公害防止上放置できなくなるおそれがあり、その原因が設計または製作の過程にある場合、国土交通省に届け出て自動車等を無料で修理します。 <サービスキャンペーン> リコールまたは改善対策に該当しない場合であり、商品性や品質の改善のためにメーカーが行う修理・改修で、国土交通省の通達に基づく制度です。 2019年6月27日 2019年6月27日 2019年6月27日 2019年6月27日 2019年6月27日 2019年6月27日 2019年3月28日 2019年3月28日 2018年9月27日 2018年1月18日 2017年1月19日 2016年9月8日 2016年6月9日 2016年6月9日 2016年6月9日 2016年6月9日 2016年2月5日 2015年11月4日 2015年10月1日 2015年10月1日 2015年10月1日 2015年10月1日 2015年9月4日 2015年7月9日 2015年7月9日 2015年5月28日 2015年5月28日 2015年5月28日 2015年5月28日 2015年5月28日 2015年5月28日 2015年5月28日 2015年5月28日 2015年5月14日 2015年5月14日 2015年5月14日 2015年5月14日 2015年5月14日 2015年5月14日 2014年12月11日 2014年12月11日 2014年12月9日 2014年12月4日 2014年11月21日.

次の

2千万台リコール届け完了 タカタ製エアバッグ :日本経済新聞

タカタ 製 エア バッグ

タカタ製エアバッグのリコール届出(国産車:メーカー名・通称名別)について タカタ製のエアバッグに関するリコールが届出られている車種の一覧は下記の通りです。 リンク先に詳細な内容が記載されています。 対象となる車両を使用されているユーザーの皆様は、早急に自動車ディーラー等で修理等の処置を受けていただきますようお願いいたします。 なお、リコール対象車の車台番号の範囲には、生産工場やグレードの違い等によって対象とならない車両も含まれている場合がありますので、個別の車両の確認は各メーカーまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。 (主要メーカーにおいては、車検証に記載されている車台番号を入力することで、対象となるリコール情報が検索できるシステムがあります。 ) また、リコール対象車であり、「リコールの改修作業が済んでいない」又は「自動車検査証の住所に、自動車メーカーからのリコール通知が届かない」方には、自動車検査証の交付時にお知らせをお渡ししています。 お知らせの仕組みについては、をご覧下さい。 令和2年3月末時点の改修率:約97. 自動車不具合情報ホットライン 国土交通省では、リコールの迅速な実施、リコール隠し等の不正行為の防止のため、皆様のお車に発生した不具合情報を収集しております。 お車に不具合が発生した際には、まで情報をお寄せいただきますよう、よろしくお願いいたします。 メーカー名・通称名別 国産車一覧 メーカー名・通称名別一覧の リコール届出番号順の・ <記載の順序> メーカー名 車検証の車名欄に記載されている名称)• 通称名 リコール届出番号 届出番号が赤字になっているリコールは、平成30年5月より、実施される車検で通さない特例措置の対象となります。 特例措置の詳細についてはからご覧下さい。 いすゞ• コモ スバル• インプレッサ• エクシーガ• フォレスター• レガシィ ダイハツ• エッセ• ハイゼット• ハイゼットデッキバン トヨタ• アルファード• アルファード G• アルファード V• アルファードハイブリッド• アレックス• イプサム• ヴィッツ• ヴェルファイア• ヴェロッサ• ヴォクシー• オーパ• オーリス• ガイア• カローラ• カローラアクシオ• カローラフィールダー• カローラランクス• カローラルミオン• サクシード• ソアラ• トヨタ ダイナ200• トヨタ ダイナ300• トヨタ ダイナ400• トヨタ トヨエースG25• トヨタ トヨエースG35• トヨタ トヨエースG45• ブレビス• ブレイド• プロボックス• ベルタ• RAV4J• RAV4L• WiLL サイファ• WiLL VS ニッサン• オッティ• エクストレイル• キックス• キャラバン• キューブ• サファリ• セフィーロ• ダットサン• ティアナ• バネット• フーガ• プレサージュ• ブルーバードシルフィ• リバティ ニッサンMT• マーチ ホンダ• アコード• アコードツアラー• アコードワゴン• インサイト• インサイトエクスクルーシブ• インスパイア• エアウェイブ• エディックス• エリシオン• エリシオンプレステージ• オデッセイ• クロスロード• ザッツ• ゼスト• ゼストスパーク• シビック• シビックハイブリッド• シビックフェリオ• ステップワゴン• ステップワゴンスパーダ• ストリーム• パートナー• フィット• フィットシャトル• FIT EV• フリード• フリードスパイク• モビリオ• モビリオスパイク• レジェンド• CR-V• FCX クラリティ マツダ• アテンザ• タイタン• デミオ• ボンゴ• ボンゴブローニイ• CX-7• RX-8 日野• 日野デュトロ 三菱• デリカ• トッポ• トライトン• パジェロ• パジェロミニ• ランサー• eK-WAGON• eK-SPORT• i-MiEV レクサス• SC430• IS250• IS250C• IS350• IS350C• IS F• LFA TMUK• アベンシス• アベンシスワゴン UDトラックス• クオン• コンドル 審査・リコール課の、公式アカウントです。

次の

タカタ (企業)

タカタ 製 エア バッグ

時系列でタカタをめぐって起きた出来事を紹介する。 ホンダ、トヨタ自動車など国内外の10社の車に載っていたという。 朝日新聞2014年11月7日の朝刊が伝えた。 タカタは、米アラバマ州でエアバッグが破裂した事例報告があった後、ミシガン州の米国本社で、通常の業務時間外に秘密裏にエアバッグの試験を行なった。 試験では事故時にエアバッグを膨らませる「インフレーター」と呼ばれる部分にひびが入り、破裂につながる兆候が見つかった。 だが、タカタの幹部はこのデータを消去させ、部品をゴミとして処分させていた。 米ニューヨーク・タイムズが2014年11月7日に。 などによると、タカタはこの後の公聴会で、隠蔽の事実を否定した。 米国で大きな騒動に発展。 米ニューヨーク・タイムズが9月12日に速報として(その後11月に詳報した)。 米国内の消費者らは2015年2月、重要な情報を消費者に隠していたなどとして、タカタ、トヨタ、ホンダなど12社を相手取り、フロリダ州の連邦地裁に対し、損害賠償を求める集団訴訟を。 また、事故にあった被害者は公聴会で証言をした。 公聴会には、タカタの品質管理を担当する東京本社品質本部の清水博シニア・バイス・プレジデントに加え、ホンダ、クライスラー幹部2人らが出席した。 米国ではこの時までに、タカタのエアバッグに関連したとみられる事故で5人の死亡が判明していた。 公聴会では、米議員が5人全員の死亡についてタカタに「全面的な責任」を取るよう迫る場面があった。 これに対し清水氏は5人のうち2人の死亡事故についてはまだ調査中だと述べ、この時点で全責任を負う姿勢までは示さなかった。 ただ死亡事故に関連し、エアバッグに異常があったことは認めた。 また、清水氏は被害者らに対する謝罪を述べたが、米メディアが報道した不具合の「隠蔽」については否定したとなどが伝えた。 米上院公聴会に出席したタカタの清水博シニアバイスプレジデント(左)とホンダの北米幹部=2014年11月20日、アメリカ・ワシントン タカタは「原因が特定されていない」ということを盾に対応を後手にしてきたことによって、米国メディアを中心に大きな批判を浴びた。 また、公聴会にタカタの代表として出席した清水氏は取締役ですらなく、問題発覚以降、経営トップである高田重久・会長兼最高経営責任者(CEO)とステファン・ストッカー社長兼最高執行責任者(COO)が表舞台に一切姿を見せないことにも、不信感と批判が相次いだ。 12月にストッカー氏は自ら社長を辞任した。 米運輸省に対して全米で約3,400万台のリコール(回収・無償修理)を行うと。 タカタが前面に出て、トヨタ自動車やホンダなど11社の自動車メーカーなどとリコールを進めるとした。 米国で史上最大規模のリコールであった。 前年の11月に当局がリコール対象を全米に拡大するよう要求したが、タカタは「原因が特定されていない」などとして支払いを拒否していたため、ホンダなどが自主的にリコールを進めていた。 2月にNHTSAが、当局の調査へのタカタの協力が「不十分」だとして罰金を科すと発表し、対立は深まっていた。 タカタの"全面降伏"に対して、米運輸長官は会見で「タカタは今まで欠陥を認めてこなかった。 だが、今日それが変わった」と語ったという。 米国での集団訴訟の動きなどを受けて、「タカタと距離を置いていることをアピールする狙いがあったのでは」という見方もあり、「蜜月関係」ともされていたホンダとタカタが決。

次の