ライオン キング アニメ 声優。 ライオンキングの日本語吹き替え声優は?実写化のキャストをチェック!

ジャングルブック(実写)声優一覧!意外な俳優が日本語・英語吹き替えに

ライオン キング アニメ 声優

『ジャングルブック 実写 』吹き替え声優&キャスト一覧 日本語声優 英語声優 モーグリ(主人公) 北原十希明 テアトルアカデミー所属の子役。 ミュージカル「忍たま乱太郎第7弾」しんべヱ役などで活動。 現在14歳。 特技はタップダンス。 ニール・セティ 本作がデビュー作(当時12歳)。 フルCGのため全編ブルーバックだが、伸び伸びと演じきった。 バギーラ 黒ヒョウ 松本幸四郎 歌舞伎役者。 ブロードウェイで『ラ・マンチャの男』、ロンドンでは『王様と私』の共に主役を演じるなど国内外で活躍。 ナレーションも担当している。 ベン・キングズレー インド系のイギリス人。 映画『ガンジー』では、 非暴力主義者の ガンジー を演じアカデミー主演男優賞を受賞。 一躍有名に。 他に『バグジー』『砂と霧の家』などに出演。 バルー クマ 西田敏行 実写吹き替えは初挑戦で、陽気なクマを、人柄そのままに演じた。 代表作は、映画『釣りバカ日誌』『おんな太閤記』豊臣秀吉役など多数。 ビル・マーレイ 『ゴーストバスターズ』ピーター・ベンクマン博士役、『スター・ウォーズ』のハン・ソロ役などで知られる俳優。 シア・カーン(トラ) 伊勢谷友介 代表作『あしたのジョー』ドラマ『白洲次郎』など。 近年は俳優だけでなく実業家としても活動。 イドリス・エルバ 米ピープル誌が選ぶ「最もセクシーな男性」にも選ばれたこともあるイギリス人俳優。 『ズートピア』ではボゴ署長役で声優を務めている。 ラクシャ メスのオオカミ 宮沢りえ 『三井のリハウス』のCMで注目される。 代表作『紙の月』『湯を沸かすほどの熱い愛』。 本作が吹替え初挑戦。 ルピタ・ニョンゴ 映画『それでも夜は明ける』の演技が絶賛され注目される。 しなるようなうつくしい声でラクシャを演じている。 『ドクタードリトル2020』ではダブダブ(アヒル)を担当。 スカーレット・ヨハンソン ゆったりした口調とハスキーな声で、狡猾なニシキヘビを妖しく演じた。 代表作は『マッチポイント』『アベンジャーズ』シリーズ。 アキーラ オオカミのリーダー 大川透 『超ロボット生命体トランスフォーマー マイクロン伝説』コンボイ役や『鋼の錬金術師』のロイ・マスタング役で知られる声優。 ジャンカルロ・エスポジート 『ユージュアルサスペクツ』刑事役、『ゲットダウン』などで知られる俳優。 キング・ルーイ ギガントピテクス 石原慎一 アニメ版・実写版共にキング・ルーイを演じている。 アニソン歌手として歌唱力にも定評があり、劇中歌では、「君のようになりたい」を披露。 クリストファー・ウォーケン 『バットマン リターンズ』『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』などで知られる個性派俳優。 ギャリー・シャンドリング 『アイアンマン2』『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』などに出演。 2016年に亡くなった。 グレイ(オオカミ兄弟の1人) 古賀瑠 テアトルアカデミーに所属する子役。 舞台などで活躍。 最近では『天国からの奇跡』などに出演。 オオリス(リス) 後藤光祐 『レディ&トランプ』エリオット役『ONE PIECE』ビール6世を担当する声優。 サム・ライミ 『死霊のはらわた』『スパイダーマン』の監督して知られる。 映画『シャイニング』ハウイ役など俳優として出演することも。 アニメ版では、モーグリこそ訛りのある英語ですが、動物たちはイギリス英語の正しいアクセントで会話します。 そのうえ、モーグリを人間の世界に戻そうとする行為は、有色人種を隔離することを暗喩していると言われ、人種差別的だと言われました。 『ジャングルブック』は、 興行的には成功したものの、ディズニー社にマイナスイメージを植え付けられてしまうという苦い経験となりました。 これらを踏まえ、実写版の声優は、インド系や黒人を多く起用し、人種の多様性を意識したキャスティングとなっています。 また、性差別にも配慮しており、ニシキヘビのカーはアニメ版ではオスですが、実写版ではメスに変更され、男女の比率を調整しています。 一方『ジャングルブック』は、コミカルなアニメ版と違って、実写版はややシリアスに描かれます。 特に、ラストの主人公・モーグリが最後に選ぶ道はまったく違います。 あまり詳しく書くと、ネタバレになるので明かしませんが、アニメ版は見終わったあと「ちょっ待てよ!モーグリ~~!」となることだけ言っておきますね(笑)。 アニメ版は陽気な本編と、ラストの切なさとの落差を、ぜひお楽しみ下さい。 こわい…。 — ますんさん osy33suke 『ジャングルブック』では魅力的な動物キャラクターが多く登場しますが、アニメ版とはだいぶ様子が違います。 まず、 キング・ルーイですが、とにかくデカすぎます。 アニメ版ではオラウータンの設定ですが、実写版では類人猿の「ギガントピテクス」となっています。 オラウータンの生息地域は、スマトラ島やボルネオ島で、インドの森林には住んでいないので変更したのでしょうか…。 ギガントピテクスは、東南アジアやインドに生息していましたが、体長3mもある巨体であるために、気候変動についていけず絶滅したとも言われています。 知性を備え、狂気をまとった実写版のキング・ルーイは、まさに高知能モンスターですが、アニメのカワイイ要素は皆無です。 そして、 ニシキヘビ・カーの妖艶な姿と声も見逃せません。 ニシキヘビのメスは交尾後に絞め殺し、子育ての栄養源として食べてしまうという、人間で想像すると相当エグイ本能をお持ちの生き物。 リアルなヘビだけに、まぁまぁ気持ち悪いです(笑) そんなニシキヘビ・カーの英語版の声優は、スカヨハ様! 妖しさ、セクシーにおいては、まさに適任でしょう。 最後に 実写版『ジャングルブック』の声優は、英語版・日本語版ともに豪華なメンバーが集結していました。 また実写版では、設定の軸は踏襲しているものの、結末やキャラクターには変化が見られました。 ぜひ、みなさんもアニメ版と実写版を比べて、違いを確かめてみてくださいね。 今なら では、新規登録でプレゼントされるポイントで『ジャングルブック』を無料で見れちゃいます。 コメント:•

次の

ライオン・キング

ライオン キング アニメ 声優

公開を待たずに事故死()した社長(当時)で冒険家でもあるに捧げるとするメッセージで(スペシャル・エディションは『』『』と同じオレンジ色のシンデレラ城のロゴで)物語が始まる。 にはも公開された。 ストーリー 動物たちの王国、プライド・ランド。 その王として尊敬を集めるのムファサとサラビの間に次期王となる息子シンバが誕生した。 シンバ誕生の儀式に大勢の動物たちが集まりシンバを称える。 一方、シンバの叔父かつムファサの弟 敵 で次期王に選ばれなかったスカーは儀式を欠席し、王になる事ができない自分の立場を呪っていた。 その後、ムファサはシンバに自然界を支配するバランス、サークル・オブ・ライフ the Circle of Life, 生命の環 について、また王としての心構えについて教えた。 シンバは叔父のスカーに自分が王になれることを話すとスカーは思わず口を滑らせてシンバに「ゾウの墓場」のことを話してしまい、「あそこへは行くな」と忠告するが、シンバはその忠告を無視しガールフレンドで幼馴染のナラを誘い、の執事・ザズーの目を盗んでゾウの墓場へ遊びに行ってしまう。 しかしそこはなんと、ハイエナ達の住処だったのだ。 シンバとナラはハイエナ達に襲われるが、助けに来た父のムファサに命を救われる。 帰りにムファサはシンバを厳しく叱り、約束を破ってしまったことを反省したシンバは「父さんみたいな勇敢で怖いもの知らずなライオンになりたかった」と打ち明ける。 ムファサはそれに対して「勇気と無謀は別だ。 王にだって怖いものはある」とシンバを失う不安があったことと王としての誇りを教え、更に星空を見上げて「歴代の王が見守っている」と諭した。 その頃、火山の噴火口のハイエナ達の住処で傷だらけになったハイエナ達の前にスカーが現れた。 実はスカーは自分が王の座に就くためにムファサとシンバを亡き者にしようと、ハイエナ達と手を組んで暗躍していたのだった。 今回の作戦が失敗したスカーはハイエナ達に自分の餌を与え、再び作戦を練り直す。 ある日、スカーはシンバに「お前を驚かすものがあるから待っていろ、それから吠え方も練習した方が良い」と嘘をつき、荒野に取り残す。 シンバは言われた通りに吠える練習をすると、突然地面が揺れ出した。 シンバがふと見上げると崖の上のの群れが暴走しだしたのだ。 必死にヌーから逃げるシンバだが、とうとう追い詰められてしまった。 ムファサは何とかシンバを救いあげるが、今にも崖から滑り落ちそうだった。 崖をあがくムファサはスカーに助けを求めるがスカーに裏切られ、そのまま突き落とされてしまった。 シンバが崖から降りるとムファサは既に死んでいた。 父の死に途方に暮れるシンバの前にスカーが現れ、シンバはスカーに濡れ衣を着せられ追放されてしまった。 ムファサの死とシンバの追放によってプライド・ランドは完全にスカーに支配されてしまった。 父親を失い、故郷を追われ、絶望に打ちのめされていたシンバは砂漠で行き倒れになり、ハゲワシに食べられかけた。 そこにのティモンとのプンバァが現れ、偶然にも助けられた。 当初は肉食のシンバを敵視していたティモンだったが、シンバを味方にすれば敵に襲われなくても済むと考えたプンバァの提案を受け入れ、彼を仲間にすることにした。 しかし、過去のことで元気のないシンバは2匹と一緒に「ハクナ・マタタ(Hakuna Matata, スワヒリ語で『くよくよするな』の意味)」をモットーとした暮らしを続け、立派なオスライオンへと成長する。 しかし、シンバは未だに過去を引きずっていたため、星空について話あった時に2匹にからかわれたため落ち込んでしまう。 すると、偶然にもフケが飛び散り、遠くプライド・ランドまで届いたその臭いを嗅いだのラフィキはシンバがまだ生きていることを確信した。 一方プライド・ランドは、スカーによって荒廃していた。 もう食料も残っておらずみんな飢え死に寸前だったが、スカーは王位に就いたことに満足し現状を変えようとしなかった。 シンバは、助けを求めて故郷を出てきたナラと偶然にも再会し、王国の現状を知らされる。 過去と向き合うことに躊躇し、葛藤するシンバはナラの説得に応じずにその場を出て行ってしまう。 落ち込む彼にラフィキと父の幻に導かれ、スカーと対決して王国の平和を取り戻すことを決意する。 自由な暮らしが奪われる不安を抱いていたティモンとプンバァもナラからシンバが王国へ戻りに向かってることを聞き、彼の後を追った。 帰還したシンバはスカーと対決しようとした。 しかし、スカーは「お前のせいで父親が死んだ。 その父親をお前が殺した!」とシンバをなじって崖に突き飛ばし、燃え上がる炎に落とそうとした。 その光景を見たスカーは冥途の土産に「俺がムファサを殺した」と耳元で暴露する。 それを聞いて激怒したシンバは崖から脱出してスカーに襲いかかる。 みんなの前で真実を言わざるを得なくなったスカーはハイエナ達に後詰をさせて逃げ惑うものの、とうとうシンバに追い詰められてしまった。 弱気になったスカーは「真実の敵はハイエナだ」と命乞いをして見逃してもらうとするが、シンバにはそんな見え透いた嘘は通じなかった。 「無力な叔父を殺す気か?」と弱音を吐くスカーにシンバは「お前とは違う」と言い放つ。 それを聞いて命拾いしたスカーは何でもすると言うが、シンバが言い渡したのは永久追放だった。 スカーは出ていくフリをしてシンバを油断させ襲いかかるが、一瞬の隙を突かれそのまま崖から突き落とされた。 スカーが起き上がるとそこにはハイエナ達が待ち伏せしていた。 ホッとしたスカーは「真実の友よ」とつぶやくが、前述の命乞いを全てハイエナ達に聞かれており、ハイエナ達からも愛想を尽かされ、食い殺されてしまった。 スカーが倒されたことでプライド・ランドに平和が戻り、シンバは勝利の雄たけびを上げた。 そして、シンバはプライド・ランドの新たな王となり、ナラと結婚して、その間に子供が産まれた。 主要キャラクター シンバ Simba 本作のである、子供のオスライオン。 プライド・ランドの王であるムファサと女王サラビの息子。 アハディとウルの孫。 茶色と黄色の中間的な体色と赤い鬣(たてがみ)と目を持つ。 一人称は幼少期の頃は「僕」と統一していたが、成長してから「俺」・「僕」と使い分けていた。 ムファサとサラビの愛情を一心に受けて育つ。 幼少期はやんちゃで、スカーにそそのかされた事にも気づかず、勇気を示そうとムファサの命に背いて危険なゾウの墓場へ行ってしまい、「勇気と無謀は違う」と叱られたこともあった。 ある時に叔父のスカーに乗せられ何も知らないまま遠吠えの練習をしていた際にの大暴走に巻き込まれ、その事でシンバを助けたムファサが死亡してしまい、スカーの発言もあり故郷であるプライド・ランドから追放されてしまう。 その後はティモンとプンバァに出会い、二匹に助けられながら共に育っていき、立派なオスライオンへと成長していく。 その後、再会したナラにプライド・ランドがスカーとハイエナに乗っ取られたことを聞き戻るよう誘われるも、自暴自棄で自分の過去を忘れたいと思ったがために彼女の説得に応じなくなってしまう。 しかし、ラフィキや父の幻に励まされ、ナラや自分を案じて合流したティモン達と共に帰還。 一度は追い詰められるがスカーが父の仇であると知ると激怒し態勢を立て直す。 スカーを撃破後、プライド・ランドの新たな王となった。 『』及び『』では召喚獣として登場する。 『』ではプライド・ランドでの仲間キャラクターとして登場する。 名前はスワヒリ語で「ライオン」を意味する。 ナラ Nala サラフィナの娘で、シンバとは幼馴染で一番の親友。 本作のヒロイン。 真っ白の体毛で青い目をしている。 一人称は「あたし」または「わたし」。 プライド・ランドの危機の際には、群れを離れ、単身で助けを求めにきた。 子供の頃はお転婆で活発な女の子であった。 勝ち気なメスライオンであり、シンバとの取っ組み合いで圧倒することがあるなど、体力もある。 ひょんなことから成長したシンバと再会し故郷に戻るよう誘うも、シンバが自暴自棄になってたため彼の消極的な態度に腹を立ててしまうが、シンバがプライド・ランドへ戻る決意をしたと知り、和解した。 スカーとの決戦時にはハイエナの群れに立ち向かった。 平和が戻ってからシンバと結ばれ、プライド・ランドの王妃となる。 『キングダム ハーツII』にも登場する。 名前はスワヒリ語で「贈り物」を意味する。 ムファサ Mufasa プライド・ランドの王で、シンバの父親であり、アハディとウルの長男でスカーの兄であるオスライオン。 息子同様の体色と鬣をしている。 一人称は「私」(シンバの前では「父さん」)。 シンバの良心的な父親であり、誰からも信頼されている誠実で誇り高い王であった。 王である責任から厳格にふるまっており、ゾウの墓場へ立ち入ったシンバに事の重大さや、勇気と無謀の違いを厳しく説いたり、弟のスカーが取った不敬行為も贔屓せずに冷徹に対応した。 しかし、最期はスカーの策略により、ヌーの大暴走に巻き込まれたシンバを助け、崖をあがくが、スカーに崖から落とされて殺害された。 その後、シンバを天から見守り自分を見失いかけた彼を励ます。 『キングダム ハーツII』にも登場する。 仲間 ラフィキ Rafiki 年老いた(見た目は)。 であり、王の最初の子供の誕生の儀式では欠かせない存在となっている。 ムファサの死とシンバの追放によってプライド・ランドがスカーによって支配された時は落ち込んでいたが、偶然にも風に飛ばされたシンバのフケの臭いを嗅いでシンバが生きていることを確信する。 自分を見失って悩んでいたシンバを導いた。 また、プンバァとティモンにハクナ・マタタを教えた人物でもある。 年は取っているものの格闘技術は相当なもので集団で襲ってきたハイエナを仕留めたほどである。 一人称は「ワシ」。 なお、3でティモンは最初に彼に会っているが、当時その設定がなかったため、ラフィキがナラやティモン達に「王(シンバ)は戻られた」と言う場面で初対面という設定になった。 『キングダムハーツII』にも登場する。 名前はスワヒリ語で「友」を意味する。 ザズー Zazu プライド・ランドの王に仕えるの。 幼少期のシンバ、ナラの面倒をみることもあり、そのやんちゃぶりには手を焼いていた。 王に忠実である故かムファサの命令には逆らえず、彼にシンバの狩りの練習相手になるよう押し付けられている。 シンバ誕生の儀式を欠席したスカーに対して「出来損ない」「家族の恥さらし」「敷物にしてひっぱたいてやります」などと陰口を叩いていた。 ムファサの死によってスカーが王となってからもプライド・ランドへ残ったが、スカーによって骨で作った檻に幽閉され、彼の傍若無人な振る舞いに辟易していた。 しかし、ティモンとプンバァによって解放された。 礼儀正しく、ツッコミ役を担うことも多い。 一人称は「わたくし」。 ティモン Timon 砂漠のに住む。 陽気な性格でお調子者。 一人称は「オレ」。 プンバァと共にシンバを助けたことが縁で親友になった。 当初は肉食のシンバを怖がっていたが、シンバを味方にすれば外敵に襲われずに済むと考え仲間として歓迎した。 シンバの子育ての時にはザズー同様、やんちゃぶりに手を焼き、その苦労を「子育て地獄」と称した。 口は悪い上気が小さく、危機に陥ると保身に走ることもある一方、プライド・ランドへ戻ることを決めたシンバを放っておけずに協力するなど面倒見が良い。 頭の回転が非常に速く、様々な作戦を思いつく。 以前は穴掘りの仕事が嫌になったのが災いして、ハイエナに故郷を襲われた折に仲間から除け者にされてしまい、自ら故郷を出た。 放浪中にラフィキにハクナ・マタタの精神を学び、プンバァと出逢う。 『キングダム ハーツII』にも登場する。 プンバァ Pumbaa ティモンの相棒の。 大変な大食いで虫が大好物。 一人称は「オレ」。 砂漠で倒れていたシンバを見つけ、助けたことが縁で親友になった。 ティモンと違い、シンバを恐れずにペットとして飼おうとした。 気が優しく力持ちで、成長したシンバがナラと再会したことでオアシスでの生活が終わることを危惧するティモンの妨害に協力するが、彼らに感動して共にプライド・ランドへ渡る。 のんきでおっとりしてはいるもののと呼ばれるのが嫌いで、ハイエナたちに「ブタ」と呼び捨てにされ激怒した勢いでハイエナの群れを蹴散らした。 ティモンと出会う前は、体臭やおならの臭いが酷く群れから追い出され、そのせいで友達がいなかった。 『キングダム ハーツII』にも登場する。 名前はスワヒリ語で「にぶい」を意味する。 敵 スカー Scar アハディの次男で、ムファサの弟 敵 であるオスライオン。 シンバの叔父。 黒く長い鬣と痩躯、左目の傷が特徴。 本作の。 一人称は「俺」。 モデルは。 王位継承順位はムファサに次いで第二位であったが、王子であるシンバの誕生によって第三位になってしまった。 その事を不快に感じムファサとシンバを殺害しようと画策する。 影で、ライオンの敵であると組んでおり、言葉巧みに自分の計画に加担させるなど陰険かつ狡猾な性格であり、目的のためなら血の繋がった兄であるムファサを殺害するなど冷酷な心の持ち主である。 「力比べではひとかけらの自信もない」と発言しているが、シンバと互角の戦いを繰り広げるなど戦闘力は高い。 しかしながら、追い詰められた際には「真実の敵はハイエナだ」と命乞いをし、王位についてからは自分の保身しか考えずムファサの名前を耳にするだけで癇癪を起こし、更に反乱を起こしたシンバ達からの戦いのさなかに逃げ出そうとするなど小心者な面もある。 ゾウの墓場に立ち入ったシンバを襲うようハイエナ達に指示するもムファサの妨害で失敗。 その後シンバをヌーの大暴走に巻き込ませ、助けに来たムファサを崖から突き落として殺害した。 そしてシンバに責任を負わせ、プライド・ランドから逃げ出すように仕向けた(この際にハイエナたちにシンバの殺害を命じているが、ハイエナ達はシンバが茨の森に落ちたことで深追いが厳しいと悟り、またシンバが生きているわけがないと高をくくったことで彼を逃がしてしまった)。 その後はプライド・ランドの王になり、ハイエナとメスライオン達を支配下に置いて傍若無人な生活をしていた。 だがハイエナ達が食い物を食べ荒らすそのやり方は早々にプライド・ランドの生態系を壊し 、次第にそのしわ寄せはメスライオン達を含めた他の動物はおろかハイエナ達にも影響し、ジェンシらからも「ムファサの頃の暮らしが良かった」と愚痴を言われる程だった。 その後、プライド・ランドに帰還したシンバをムファサと見間違えていたが、正体がわかると一進一退の闘いを繰り広げるも一瞬の隙を突かれ崖から突き落とされてしまう。 最後はシェンジらハイエナたちに助けを乞うが、前述の命乞いを聞かれていたせいで彼らの怒りを買い食い殺されるという、自業自得の最期を遂げた。 シンバらの人生に大きな影響を及ぼし、物語において最大の敵として描かれた。 暗い歌よりも明るい歌の方が好きだが、『』だけは聞きたくないらしい。 なお、本名は「タカ」であり、父のアハディが次期王をムファサに選んだため彼を見下すようになり、その時に自ら「スカー」と命名したらしい。 「スカー Scar 」とは英語で「傷」を意味する。 「タカ」とはスワヒリ語で「汚れ」「欲望」という意味がある。 続編となるテレビアニメの『』では、ライオン・ガードのリーダーとして仕切っていたが、力を持ったことで、プライド・ランドの覇権を得るためにムファサを倒そうと当時のライオン・ガードの仲間たちに計画を持ち掛けたが悉く断られたため、雄たけびの力で当時のライオン・ガード達全員を倒してしまったことが明らかになった。 『キングダム ハーツII』にも登場している。 ハイエナトリオ スカーの協力者であるのトリオ。 サイドストーリー『』では、ティモンの故郷を襲ったのも彼らであり、ティモンにとって彼らはトラウマにあたることが明らかになった。 スカーの命令には忠実で王に就いた彼に意見できる数少ない存在だった。 しかし終盤でシンバに追い詰められた彼が自分たちに罪をなすりつけたことを許せずにスカーを食い殺した後、プライド・ランドから逃走した。 『キングダム ハーツII』ではボスキャラクターとして登場する。 シェンジ(Shenzi) メスのハイエナでリーダー。 鬣が前に少し垂れていて、顔つきは彼女の声を担当する女優本人。 一人称は「アタシ」。 姉御肌でしっかり者、頭の回転が速い。 実質的にバンザイとエドを従えていて、色気が少し目立つ為、ティモンに告白されたこともある。 冷静さを欠くこともなく、スカーの治世でプライドランドが食料不足に陥った際は、感情的になるバンザイを抑え、落ち着いてスカーに現状報告をしていた。 「シェンジ」とはスワヒリ語で「獰猛」。 バンザイ(Banzai) オスのハイエナ。 一人称は「俺」。 気が荒っぽくぶっきらぼうだが、冷静なため仲介役。 感情は抑えられなくて口が悪くなっていくが、よくシェンジに口止めにされる。 ドジが多く喧嘩早いトラブルメーカー。 「バンザイ」とはスワヒリ語で「こそこそする」。 エド(Ed) オスのハイエナ。 いつも笑っていて何を考えているのかわからない無口で、犬みたいに鳴いている(一人称は、もしも喋っていたら「僕」)。 かなり子供っぽい行動もあるが、意外と頭の回転が早い。 その他 サラビ Sarabi ムファサの妻で、シンバの母親である心優しいメスライオン。 ムファサの死(シンバが死んだと思い込み、ショックを受けた)により未亡人になった後、王位に就き独裁政治を振るった義弟スカーに諫言するなど気丈な性格だったが、悉く撥ねつけられた。 大人になった息子のシンバと再会した時は、一瞬ムファサと見間違えたが、最愛の息子だとわかると喜んだ。 ムファサが死んだのは「自分のせいだ」と聞いた時に青ざめたが、スカーから「俺がムファサを殺した」との一言でシンバと共にハイエナ達と戦った。 名前はスワヒリ語で「蜃気楼」を意味する。 サラフィナ Sarafina ナラの母親であるメスライオン。 彼女の夫(ナラの父親)と思われるオスライオンも登場しているが、出番は少なかった。 なお、彼は自身がサラフィナの枕になって眠っていた。 コパ Kopa シンバとナラの息子(ムファサとサラビとサラフィナの孫息子)で、新しい次期王。 スカーを倒した後やエンディング前で登場するが、『』は登場せずに妹のキアラが登場する。 家系図通り、最初に生まれた子はコパという名前だが、映画版では名前が出て来ない。 名前はスワヒリ語で「心」を意味する。 モグラ ザズーにハイエナがプライド・ランドに現れたことを伝えた。 ヌーの群れ スカーの計画でシンバを襲ったヌーの大群。 一頭だけ転倒した。 絵本オリジナルキャラクター テレビではなく、絵本のみで登場している。 アハディ Ahadi ムファサとスカーの実父で、シンバとは父方の祖父にあたる。 体の色はムファサと同色、鬣はスカーと同色である。 ウル Uru ムファサとスカーの実母で、シンバとは父方の祖母にあたる。 体の色はスカーと同色である。 モハツ Mohatu ムファサとスカーの母方の祖父で、シンバとは父方の曽祖父にあたる。 Mheetu ナラの実弟で、シンバとは義弟にあたる。 挿入歌• "Circle of Life" サークル・オブ・ライフ 冒頭の歌詞は。 1994年度にノミネートされた。 "I Just Can't Wait to Be King" (王様になるのが待ちきれない)• "Be Prepared" 準備をしておけ• "Hakuna Matata" ハクナ・マタタ 1994年度アカデミー歌曲賞にノミネートされた。 "The Lion Sleeps Tonight" この歌は映画オリジナルの歌ではない。 "Can You Feel the Love Tonight" 愛を感じて 1994年度アカデミー歌曲賞を受賞した。 以下は日本語版クレジットのない挿入歌である。 I've Got a Bunch of Coconuts• It's a Small World• Hawaiian War Chant ハワイの戦争の歌 この節に。 事項を箇条書きで列挙しただけの節は、本文として組み入れるか、または。 ( 2013年2月)• ムファサの声を担当しているは、『』のの声を担当しているが、本作の中でシンバに語りかけるセリフのひとつに「お前は私の息子だ」というのがある。 これは『』の中でベイダーが息子であるに語りかけたセリフと同じである。 挿入歌"I Just Can't Wait to Be King"(早く王様になりたい)は当初、ムファサも参加する予定だったが、ジェームズ・アール・ジョーンズの声質に合わなかったため実現には至らなかった。 挿入歌"Be Prepared"(準備をしておけ)は、スカーの歌であるが、の声帯に異常が見られたため、後半部分のみが代役を担当している。 挿入歌"Hakuna Matata"(ハクナ・マタタ)では、プンバァがハクナ・マタタ精神に目覚めるまでの経緯が語られているが、制作段階ではティモンのミーアキャットの群れでの生活や、群れを離れるまでの経緯を描いた"ティモン・バージョン"が用意されていた。 ピクサー映画『トイ・ストーリー』の中で1フレーズだけ引越しの時に車の中で"Hakuna Matata"(ハクナ・マタタ)の曲が流れるシーンがある。 音楽を担当したは、作曲をする際にを使用している。 Mac内で録音されたパーツを融合させて作っていた。 終盤のシンバとスカーの対決シーンは、始めは「スカーがシンバをプライド・ロックの下へと投げ飛ばし、シンバは運よく下に在った木に捕まり、スカーはシンバが死んだと思い込んで高笑いし、その間に火がプライド・ロックの上へと燃え移りスカーが焼け死ぬ」というシナリオだった。 しかし、スタッフは「キャラクターが生きたまま焼かれるのはディズニー映画にしては怖すぎる」と反対意見が一致し、シーンの内容が変更された。 吹替版では、ムファサが死んだ事に関しスカーがシンバを「悪党め! 」と糾弾し、それがスカーの策略だったことがわかった際にシンバは「卑怯者! 」と糾弾し、逃げるスカーを追い詰めた際もシンバは「卑怯者め! 」と言っているが、いずれのシーンも原語版では「Murderer! 」と言っており本来は「人殺し、殺人者」という意味で、ディズニー映画としては過激な言葉である。 版ミュージカルでは原語版同様「人殺し」と言っている。 字幕スーパーではキャラクターに人間がいないこともあり、「父殺し」「卑怯者」「汚い奴」と訳されている。 盗作騒動 本作発表の前後、による1960年代のテレビアニメ『』とプロットやキャラクター、またいくつかのシーンが酷似しているという指摘がアメリカのファンやマスコミから提示された。 日本からはディズニー側の態度に疑念を抱いた漫画家のが、配給を行うブエナ・ビスタ・インターナショナルへ国際宅配便で質問状を送り、漫画家82人を含む計488人が質問の趣旨に賛同して署名を添えた。 これに対しディズニーは当初、製作者は『ジャングル大帝』を知らず、『ジャングル大帝』に似ているのは偶然の一致に過ぎないと反論した。 しかし、が主要スタッフにインタビューを行ったところ、8名中3名が『ジャングル大帝』を知っていると答えた。 また、で銀獅子賞を受賞している『ジャングル大帝』を、アニメ映画に携わる者が知らない方が不自然とも指摘された。 ディズニーは反論として、ライオン・キングは『』やの『』から着想を得たと説明した。 また、アフリカを舞台にすれば登場する動物の種類は限られることや、逆に相違点なども多く提示された。 この騒動は、が「もし手塚本人が生きていたら、『自分の作品がディズニーに影響を与えたというのなら光栄だ』と語っただろう」という声明を出したことにより沈静化した。 1994年7月13日の『』は、企画時の『ライオン・キング』のタイトルが「King of the Jungle」だったと報道した。 ライオンの生息地はサバンナであり、ジャングルに生きるライオンという設定は特殊なもので、『ジャングル大帝』では冒頭部で「たったひとつの例外」 と書かれている。 しかし、これによって騒動が再燃することはなく、当事者同士が主張を戦わせなかったために騒動は収束した。 なお、手塚治虫のディズニー作品『バンビ』への影響については、この映画が日本で公開されたのは1950年、漫画『ジャングル大帝』の連載はこの1年前であり、弁護士のは両作品間の影響については懐疑的である。 しかし、『ジャングル大帝』は連載期間が3年であり、当初構想していたものと内容が変化したのは、連載中に見た『バンビ』に非常に感銘したからだと、手塚自身が影響を認める回想を書き残している。 なお、による手塚治虫パロディ漫画集『』単行本の帯において、は(表紙絵の吹き出し「お願いです訴えないでください!! 」に応える形で)「訴えます!! (怒」「ライオンキングは許せても田中圭一は許せません!! 」という文を寄稿している。 田中と手塚るみ子は旧知の仲であり、これは『ライオン・キング』が『ジャングル大帝』に似ていることを前提としたジョークである。 『神罰』の増補版である『神罰1. 1』には、手塚プロ公認のパロディ作品として「ジャングル小帝」が新たに収録されている。 ディズニーによる盗作問題は『』 、『』でも発生している。 詳細は「」を参照 ディズニーが舞台として制作、11月13日、ニューヨークので初演された。 演出を担当した芸術家のは、アフリカン・アートとやといったアジアの伝統芸能を融合し、やマスクを駆使した舞台美術を生み出した。 のでは、最優秀演出賞、最優秀衣裳デザイン賞を受賞。 ニューアムステルダム劇場での公演は2006年6月4日まで続き、同月13日からはに舞台を変えて引き続き中。 2012年4月8日にライオンキングの興行収入は8億5,384万6,062ドルとなり、それまでトップであった『』の8億5,312万2,847ドルを抜き、史上最高記録となった。 また2014年9月22日には興行収入6700億円を超え、史上最も成功を収めた娯楽作品となった。 なおこれは、ミュージカルのチケットのみの売上で、映画やグッズ販売の売上を含まない。 10ヶ国、8カ国語の公演での観客動員数は計7千万人を突破した。 日本でもがからの劇団四季専用劇場「」などで上演を続けており、連続19年目という前人未到のを樹立している。 に、第10回のミュージカル大賞を受賞した。 また2013年3月24日に『ライオンキング』の公演回数は8450回となり、それまで日本国内公演最高記録であった『』の記録を塗り替え 、2015年7月15日には公演回数10000回を突破した。 他にも上演地は、ドイツやオランダ、韓国など8カ国12都市(閉幕した公演地も含む)に広がっている。 ミュージカルにおける逸話 ミュージカル版『ライオンキング』は大掛かりな舞台装置を使うことでも有名で、その最たるものに高さ4メートルを誇る「プライドロック」がある。 王国を象徴する巨大な岩であり、王位や王の権力を示す目的でも使われ、映画でもミュージカルでも観る者の目に非常に強い印象を残す。 奈落から迫り出して使うため、当然、奈落収納時は深さ4メートルの奈落が必要になるが、ニューヨーク初演で使用されたニューアムステルダム劇場の奈落には、プライドロックを収納するに足るだけの十分な深さがなかった。 そのため、プライドロックを3段に畳んで収納することにした。 しかし、たたみ目が段になっているのが外見で分かってしまうため、美術面の点で制作スタッフには不満が残った。 世界で2番目の公演地となった東京、での公演では、奈落にプライドロックを収納できる十分な高さを確保できたため、本来考えられていた姿形そのままのプライドロックが製作された。 それを見たディズニーの制作スタッフは「これが我々の求めたプライドロックだ」と喜んだという。 こういった舞台装置を使うために、『ライオンキング』を公演する際には劇場の舞台の床の構造や骨組みを一度取り払わねばならない。 しかし、このような贅沢な工事が行える劇場は限られており、また費用の面でもツアー公演を行うには大きな課題があった。 ツアー公演の需要が高いアメリカでこれを実現させるため、劇場がビルの中にある福岡公演()では、盆やせりを使わず、プライドロックを小さくして舞台袖から出し入れするなど、大掛かりな工事を伴わない「リニューアル版(ツアー版)」での上演が試みられた。 このツアー版公演の成功によって、アメリカでは2002年に「ガゼルツアー」、翌2003年には「チーターツアー」という二つのツアーカンパニーが結成され、全米ツアー公演が実現した。 基本的に、劇場が本来の演出で上演を行えない構造の場合にのみツアー版で上演されるようで、福岡公演閉幕後の名古屋公演(、本来の舞台装置を設置できるだけの舞台機構を有していた)では、オリジナル版での上演が行われた。 アメリカでのオリジナルでニューヨークの訛りで話される台詞の部分(主にティモンとプンバァ)は、日本版では各上演地の方言(、、、、)にそれぞれ「翻訳」された。 とある番組内で、ミュージカル版『ライオン・キング』でスカーを演じていた劇団四季(当時)の俳優が「スカーの左目の傷は幼い頃ムファサにつけられたもの」と語ったことがある。 この設定がディズニーによる公式なものなのかは定かではないが、俳優という立場の人間による公の場での発言という点を考慮すれば、信憑性は高いといえる。 しかし、アニメ映画でも同様の設定なのかどうかは不明である。 歴史の長いミュージカルであるため、ヤングシンバ役を務めていた子役が成長を経て、ムファサや成長した後のシンバの役を演じることが少なくない。 グラミー賞 最優秀キャストアルバム賞• 1998年 グラミー賞 最優秀ミュージカル賞• 1998年 NY演劇批評家賞 最優秀ミュージカル賞 歴史 劇団四季• 5月15日 「ライオンキング」日本版製作発表• 12月20日 東京公演開幕( こけら落し公演、無期限ロングラン上演、東京初演)• 4月18日 大阪公演開幕( こけら落し公演、大阪初演)• 4月14日 総入場者数100万人突破• 9月20日 ()が『』の企画で東京公演に出演• 1月14日 大阪公演千秋楽(公演期間21カ月、公演回数673回、入場者数約67万人)• 4月1日 東京公演入場者数100万人突破(日本最短記録)• 4月17日 福岡公演開幕(、福岡初演)• 8月18日 東京公演通算公演回数1000回達成(日本最短記録)• 3月23日 福岡公演千秋楽(公演期間24カ月、公演回数700回、入場者数約70万人)• 5月10日 通算公演回数3000回達成(日本最短記録)• 6月8日 名古屋公演開幕(、名古屋初演)• 8月21日 東京公演入場者数200万人突破(日本最短記録)• 10月23日 通算公演回数4000回達成(日本最短記録)• 1月9日 名古屋公演千秋楽(公演期間31カ月、公演回数930回、入場者数約85万人)• 6月7日 ・公演製作発表• 7月30日 通算公演回数5000回達成(日本最短記録)• 10月28日 ソウル公演開幕(シャルロッテ劇場、韓国・ソウル初演)• 7月20日 東京公演通算公演回数3000回達成• 1月6日 福岡公演(第2期)開幕(、福岡凱旋)• 10月30日 国内通算公演回数6000回達成(日本最短記録)• 12月20日 東京公演10周年達成• 8月30日 福岡公演(第2期)千秋楽(公演期間約20カ月)• 9月26日 国内通算公演回数7000回達成(日本最短記録)• 3月27日 札幌公演開幕(、札幌初演)• 6月26日 国内通算公演回数8000回達成(日本最短記録)• 9月8日 札幌公演千秋楽(公演期間約18カ月)• 10月28日 大阪公演(第2期)開幕(、大阪凱旋)• 3月24日 国内通算公演回数8450回達成(『』を抜き日本最多)• 1月10日 国内通算公演回数9000回達成• 4月24日 日本公演総入場者数1000万人突破(大阪公演昼の部にて、日本最多記録)• 7月15日 国内通算公演回数10000回達成• 5月15日 大阪公演(第2期)千秋楽(公演期間約43カ月)• 6月5日 東京公演通算6000回を達成• 3月5日 札幌公演(第2期)開幕(北海道四季劇場、札幌凱旋)• 5月28日 四季劇場[春]の所在する竹芝エリア再開発に伴う同劇場の一時閉館により、東京公演が一旦千秋楽• 7月16日 場所を移し東京公演(第2期)開幕()• 5月27日 札幌公演(第2期)千秋楽(公演期間約15か月)• 3月24日 福岡公演(第3期)開幕()• 1月13日 福岡公演(第3期)千秋楽予定• 3月26日 名古屋公演(第2期)開幕予定(、名古屋凱旋)• 1月3日 四季劇場[夏]の所在する大井町エリア再開発に伴う同劇場の閉館(夏頃予定)により、東京公演(第2期)が千秋楽予定• 4月 再度場所を移し東京公演(第3期)開幕予定(、こけら落し公演) 日本公演でのオリジナルキャスト• ラフィキ -• ムファサ -• ザズ -• スカー -• ヤング・シンバ -• シェンジ -• バンザイ -• エド -• ティモン -• プンバァ -• シンバ -• ナラ - その他• ストーリーについて製作者達は、の『』、のとの物語、のディズニーアニメ『』から影響を受けた(もしくは、題材とした)と語っているが、の『』にキャラクター設定が酷似していると批判を受けた。 を参照のこと。 どちらもディズニーらしく、悲劇に終わらないようストーリーを変更している。 アニメでプンバァの吹き替えを担当した小林アトムは、劇団四季のミュージカルでもプンバァの日本オリジナルキャストとして出演した。 脚注 [] 注釈 出典• 2010年5月1日閲覧。 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)534頁• 2012年5月15日閲覧。 Impress Watch Corporation. 2009年5月5日閲覧。 SoundtrackNet:• ライオン・キング3において、二匹でハイエナ達をシンバから引き離して、母親と叔父がトンネルを何本も掘った落とし穴へ誘い込んだのが一例。 小説版ではプライド・ランドが折からの旱魃に見舞われたことも重なっている。 「『ライオン・キング』の独自性 漫画家ら疑問呈す 映画配給会社にメッセージ送付」『朝日新聞』1994年8月20日付夕刊• 「里中満智子さんら488人、ディズニー側へ抗議文」『読売新聞』1994年8月21日付• 『ジャングル大帝』、1977年• 手塚治虫「手塚漫画の主人公たち 第4話 ジャングル大帝」『赤旗』1974年1月12日付• 手塚治虫『手塚治虫 ぼくのマンガ道』新日本出版社、2008年、pp. 18-19。 『赤旗』連載の「手塚漫画の主人公たち」を収録• 渡辺泰「アニメーションに魅せられたマンガの神様」『誕生! 手塚治虫 マンガの神様を育てたバックグラウンド』霜月たかなか編朝日ソノラマ、1998年、pp. 119-122• 『観たり撮ったり映したり 増補・改訂愛蔵版』( )• シネマトゥディ2012年4月10日• AFP BB NEWS ミュージカル「ライオンキング」、史上最高の興行収入]2014年9月23日• com2014年6月16日• 朝日新聞デジタル 2013年3月24日• - 劇団四季最新ニュース・2015年4月27日• 2015年7月15日アクセス• スポニチアネックス 2015年10月28日. 2015年10月29日閲覧。 スポニチアネックス. 2016年5月16日. 2016年5月16日閲覧。 ステージナタリー. 2016年6月6日. 2016年6月6日閲覧。 - 劇団四季最新ニュース、2016年7月29日• - 劇団四季最新ニュース、2016年7月5日• 映画ナタリー 2016年3月7日. 2016年3月7日閲覧。 映画ナタリー. 2016年9月30日. 2016年9月30日閲覧。

次の

シャーマンキング新作アニメの声優や主題歌は?2021年4月から放送

ライオン キング アニメ 声優

全米では、の制作作品。 のセルビデオ版はに発売。 概要 父親と娘の関係という部分では前作と同様にと被ってしまう部分があるものの、シンバの父娘関係はゴライアスとアンジェラの関係をモデルにしたものであるため前作で和解が成立したこともあり前作のように盗作騒動で騒がれることはなかった。 作中でキアラは父親のシンバに止められているにもかかわらずコブと友達として何度か密会を重ねていた。 本作では若いライオンの雌雄が密会を重ねるというものになっている。 これは本作がもモチーフにしているからである [ ](敵対している家族の娘と息子が互いに惹かれていくという内容のため)。 日本でのセルビデオ出荷本数は110万本。 ストーリー プライド・ランドの王となったシンバと妻・ナラとの間に誕生したキアラは、活発でお転婆なメスライオン。 いつも父であるシンバの言いつけを無視して遊びに行っては父に甘やかされていた。 そんなある日、キアラはアウト・ランドへ追放された、スカーの息子(養子)・コブと出会い、彼と仲良くなる。 そんな二人を見ていたのは、スカーとかつてプライド・ランドを支配していたスカーの妻・ジラだった。 スカーが死んで以来、アウト・ランドに追放されていたのだった。 シンバは今日のところは大目に見ることにした。 一方、ジラもコブがキアラと仲良くしていたことに怒っていたが、逆にそれを利用してプライド・ランドへ返り咲く策略を考えつく。 そこで、ジラはコブにシンバを義父・スカーの仇として憎しみを植え付けるように育て、シンバを暗殺して、プライド・ランドを再び支配する事が使命であると信じ込ませた。 それから月日がたち、キアラとコブも大人になった頃。 キアラが初めて狩りにサバンナへと出たのを見計らい、ジラは予てからの計画を実行に移す。 手始めにコブの兄・ヌカと姉・ビタニにサバンナで火事を起こさせ、窮地に立たされたキアラをコブが救う事でふたりを接近させる。 シンバはコブをプライド・ランドへ戻す事に難色を示すが、キアラを救ってもらった恩義もあって渋々それを了承する。 こうしてプライド・ランドへと潜入する事に成功したコブは、初めは母の命令どおりにシンバの暗殺を狙うが、キアラと接していく内に植え付けられていた復讐心が氷解していき、キアラもまた、初めはコブに対して警戒心を抱いていたものの、ティモンとプンバァに自分の背中を押してもらわれ、更にザズーからも「助けてもらった借りは返すべき」だと励まされた事でコブと仲良くなり、やがてラフィキの仲立ちもあって、互いに愛し合う仲となった。 同時にコブは自分の宿命とライオン同士の対立に疑問を抱くまでになるが、そんな彼の思いとは裏腹に、いつまでもシンバ暗殺を実行に移さないコブに痺れを切らしたジラ達は、コブと共にサバンナへと繰り出していたシンバを奇襲する。 どうにか窮地を乗り切ったシンバだったが、その拍子にヌカが事故死してしまい、コブはジラからシンバ暗殺を実行しなかった事を責められ、「お前が何もしなかったせいでヌカは死んだ!お前がヌカを殺した!」と罵倒され、その場から飛び出してしまう。 一方、這々の体でプライド・ランドへと戻ったシンバは、この奇襲がコブのだまし討ちによるものと見做す。 行き場を失ったコブはシンバに弁解・謝罪するも既に遅く、シンバのみならずプライド・ランドの全住民から信用を失ったコブは追放されてしまう。 キアラはコブが裏切った事が信じられず、シンバと衝突した末にプライド・ロックを飛び出し、コブを探してサバンナを彷徨う。 なんとか再会したふたりは、このままではいけないと考え「新しい世界を作ろう」とプライド・ランド、アウト・ランドのライオン達の諍いを止める事を決心する。 だが、それと時を同じくして、ジラ率いるアウト・ランドのライオン達は遂にプライド・ランドへの総攻撃を開始。 迎え討つシンバ達と壮絶な争いが始まっていた。 荒天の中、シンバとジラは互いに譲らない勝負を繰り広げるも、キアラとコブが止める。 キアラが「みんな私たちと同じよ」と言った事で、ジラを除くアウト・ランドのライオン達は戦いを止める。 その様子を見たシンバは、ひとり残ったジラに「過去は手放して、未来に進もう」と和解を提案するが、スカーの仇討ちに固執するジラはそれを蹴って、再びシンバに襲い掛かるも、止めに入ったキアラと共に崖下へ落ちてしまう。 キアラはジラを助けようとするが、ジラは振り払ってしまう。 それでも諦めずに手を差し伸べようするキアラに、胸を打たれ、ようやく改心しそうになるジラだったが、間に合わずに崖から濁流へと転落し、水に飲みこまれて死んでしまう。 コブだけでなくキアラもジラを救えなかった事を悲しんだ。 キアラだけでも助けたシンバは安堵し、そしてコブに自分の過ちを謝り、アウト・ランドのライオンたちの事も許し、共に暮らすことになった。 そしてコブとキアラは結婚し、プライド・ランドの新たな王子と王女になったのだった。 そして、それをムファサは天から見守っていた。 主要キャラクター キアラ シンバとナラの間に生まれた娘(祖父はいない(家系図では、ムファサとサラビとサラフィナので、スカーの、アハディとウルのにもあたる))。 当初、ティモンたちは坊やだと勘違いしており、女の子だと知った途端、失神した。 おてんばで活発、好奇心旺盛であり、父親のシンバをハラハラさせる。 母親のナラは比較的冷静にかつ寛大に見守っている。 その上しっかり者であり、父親から言われた言いつけを無視していることが多いがちゃんと守っている所ある。 敵味方問わずお人好しで、落ちそうになるジラを助けようとしたが間に合わず、彼女の死を悲しんだ。 ある日、アウトランドでコブというオスライオンに会い、友達になる。 しかし、プライド・ランドのライオンと、アウトランドのライオンは犬猿の仲だったため引き離された。 大人になってから再会し、ラフィキの活躍によってコブと恋に落ちる。 しかし、父親に追い出されたコブの事でショックを受けて家出する。 そんな時、ティモンとプンバァ、ザズーに励まされ、コブを探し出す。 なんとか彼と再会でき、新しい世界を作る約束をした。 共にライオン同士の争いを止めさせるべく尽力する。 終戦後はコブと結婚した。 なお、この作品ではキアラの兄弟は登場しなかった。 前作ではフラッフィー Fluffy という第一子が誕生していたが、今作では登場しない。 コパという兄は、絵本やオーディオブック等で登場しているが、作者もディズニーも公式の世界線との繋がりを否定している。 子供向けチャンネルのアニメ「」で、カイオン Kion という第二子の弟が登場する。 コブ ジラの息子(第三子の次男)。 シンバがプライド・ランドに帰ってくる直前に誕生した。 父親はスカーではないが、スカーに実子がいなかったため 、跡取りに指名された。 スカーが死んだ後、一族と共にアウト・ランドへ追放される。 幼少時は心の優しく純粋な子供らしい側面も見せていたが、母親のジラによって、シンバを憎むように教育されて育つ。 スカーの跡継ぎをする気は端から無かったが、ジラに育てられた事で、自分に興味を持ったキアラを利用して、その父親にして自身の義理の従兄であるシンバに近づき殺害しようとしていたが、子供の頃の純粋さを失っていない為、キアラと交流を重ねる内に真剣に愛し合うようになり、そして、サバンナに繰り出したシンバとの対話を通して、復讐に疑問を感じるようになる。 だが、そんなコブに痺れを切らしたジラ達が、コブの知らぬうちに待ち伏せを計画し、奇襲をかける。 コブはどうにかシンバを逃がそうとするが、混乱の末に、ヌカが事故死してしまい、それの責任をジラから詰られ、左目にスカーと同じ傷をつけられ、飛び出してしまった。 その後、プライド・ランドに戻ったシンバに弁解・謝罪するも、彼からはジラ達に加担していたと誤解され、全国民の前で追放を宣言されてしまう。 その後、プライド・ランドを脱走したキアラと再会し、共にライオン同士の抗争を止める事を決意し、プライド・ランド、アウト・ランド両国のライオン達の抗争にキアラと共に介入。 母・ジラを失いながらも、ビタニ達他のアウト・ランドのライオン達の説得に成功。 終戦へ導いた事で、シンバとも和解し、プライド・ランドに帰ってキアラと結婚。 キアラの夫になった。 敵(コブの親族) ジラ アウト・ランドのメスライオンのリーダー。 コブ、ヌカ、ビタニの母親。 スカーの妻でありシンバの義理の叔母で、キアラの義理の大叔母にあたる。 本作の。 スカーが生きていた頃はプライド・ランドのメスライオンの頂点に君臨していたが、スカー死亡後、一族でアウト・ランドへ追いやられたため、義理の甥であるシンバを深く憎む。 コブをスカーの跡取りとして育て、プライド・ランドへ舞い戻るのを夢見ている。 復讐と憎しみにかられ、邪魔をするならば実子といえども容赦しないが、ヌカが死んだ際には、母親らしい一面も垣間見えた。 キアラを利用してコブをプライド・ランドへ送り込み、シンバの隙をついて暗殺させる筋書きだったが、コブがキアラと本当に愛し合う仲になった事で、いつまでもシンバ暗殺を実行に移さない事にしびれを切らした結果、ヌカ、ビタニらと共にシンバを奇襲する作戦に出るが、止めようとしたコブの横槍やシンバの抵抗を受けた結果、ヌカが事故死してしまう。 コブの左目にスカーと同じ傷をつけ、ヌカが死んだのを指示通りに暗殺を実行しなかったコブのせいにして、彼をアウト・ランドから追放した。 その後、シンバが傷ついた今が攻め時と、群れ総出でプライド・ランドへと攻め込み、シンバと対戦するが、キアラに制止される。 キアラとコブの説得によって娘と仲間が戦いを放棄した事に怒り、シンバからの和解の提案も一蹴し、尚も彼に襲いかかるが、キアラに阻止され、2頭で崖に転落し、濁流に落ちそうになる。 キアラの助けを払いのけたが、尚も懸命に自身を助けようとする彼女の姿に驚き、戸惑いながらも、最後は叫びながら濁流へと落ちて溺死。 キアラの言葉に心を打たれかけながらも、既のところで間に合わなかったというディズニー・ヴィランズの中でも悲しい最後を迎えた。 ヌカ ジラの息子(第一子の長男)。 たてがみが縮れており、やや貧相なライオン。 年下の上、実の息子でもないのに、スカーの跡取りとして育てられているコブを快く思っておらず、影で「シロアリ小僧」と呼んで疎んでいる。 間抜けなところはあるが、母親を愛し、良いところを見せようと頑張る。 ジラからも期待こそされていないが、決して愛情を抱かれていないわけではない。 ジラ達が起こした奇襲作戦でシンバを捕らえようとするも抵抗された事でしくじってしまい失敗した上、落ちてきた倒木の下敷きになってしまう。 最後は悲しむ母親の手を取りながら、失敗を侘びつつ、息を引き取った。 ビタニ ジラの娘(第二子の長女)。 コブやキアラとは同年齢。 兄や弟と同様に、シンバへの復讐心をジラによって植え付けられており、母の右腕となって、シンバを狙うが、コブと同様、根は純粋な心を持っていて家族思い。 実兄であるヌカと違いコブを大切に思っていてしっかり者であり、罠や偵察を積極的に行い、ナラとも互角に渡り合う。 ヌカの死によって母親と共に悲しむ。 コブ追放に対しては感情は出せなかったが、母親に追放されたコブを心配して、大好きな母親に対して疑問と大切な弟に対して罪悪感を抱くようになる。 最後には、キアラの言葉に心を揺さぶられ他のメスライオンと共にシンバに降伏し、初めて母親に反抗的な態度で立ち向かった。 それでも母親のことを大切に思っていたらしくジラの死にコブと一緒に悲しんだ。 終戦後、アウトランドのライオンと共にプライド・ランドに住むことになり、キアラとコブの結婚を祝った。 前作の主要キャラクター・仲間・その他 シンバ ムファサとサラビの息子。 キアラの父親であり、前作の主人公。 幼少期にプライド・ランドを逃げ出すが、成長してから帰還。 スカーと対決し、勝利した後、王となった。 幼なじみのナラと結婚し、キアラを授かる。 前作で数々の苦難に遭った経験から、キアラに対しては特に心配性で過保護になっている。 また、アウト・ランドに追放したスカー派のライオン達を「卑怯者」と称して、偏見と呼べる程の強い警戒心を抱いている。 また、独身の頃の一人称は「僕」と「俺」だが、キアラの誕生後の一人称は「私」になった。 声も成長している。 サバンナで起きた火災からキアラを救ったコブからプライド・ランドへ戻りたいと要望され、初めは彼がスカーの跡取りという事から反対するが、ナラから説得された事で「しばらくお前の動向を見た後で、結論を出す」という形で一先ず許す事にした。 その後もコブへの懐疑心や警戒心がなかなか拭えず葛藤するが、仲を深めていくキアラとコブの姿を見た事や、ナラから諭された事もあって、自身もコブとふたりきりで話をしようとするなど、少しずつ歩み寄ろうとする。 だが、その為に繰り出したサバンナでジラ率いるアウト・ランドのライオン達に襲撃されて重症を負い、この襲撃がコブの手引によるものと誤解した事から、コブへの懐疑心が頂点に達し、追放処分を言い渡してしまう。 その後、戦争を仕掛けてきたジラ達と群れを率いて戦うが、その最中に介入してきたキアラとコブの説得でアウト・ランドのライオン達が戦いを放棄したのを見て、自身も考えを改め、コブに謝罪し、最終的に生き残ったすべてのアウト・ランドのライオン達の追放を解いた。 ナラ サラフィナの娘。 キアラの母親で、シンバの幼なじみにして妻。 冷静かつ慎み深い王妃として、シンバを支え、キアラとコブの恋を優しく見守る。 シンバと違って、コブが悪いライオンではないと信じており、コブを群れに戻すか否か苦悩するシンバに「(コブに)チャンスをあげましょう」と諭したり、ジラ達の襲撃後、コブに裏切られたと思い込んで彼を追放する事を決心したシンバに反対したが、彼の耳に入らなかったため暗い表情をした。 戦争でビタニと対戦したが、キアラとコブの説得で納得し、よくここまで成長したと考え、喜んだ。 ラフィキ プライド・ランドのご意見番であるまじない師のヒヒ。 折りにつけ、亡き王ムファサの霊と対話して助言を仰いでいる。 キアラとコブの仲を取り持つよう努力するも、追放されたコブを見て肩を落とす。 戦争には参戦せず、終戦後はキアラとコブの結婚を祝って鈴を鳴らした。 ティモン プンバァ シンバの友人であるミーアキャットとイボイノシシ。 キアラのお目付役をシンバから頼まれているが、見つからないように尾行しているはずがすぐに発見されてしまったり、しょっちゅう見失ったり、任務をサボってケンカしたりと、ドジも多い。 最初はシンバ達と同様にコブを警戒し、除け者扱いしていたが、一緒に行動する事で打ち解け合い、仲良くなった。 キアラとコブの恋をこっそり見守り、キアラの背中を押したり、戦争ではティモンがプンバァの尻尾を銃に見立ててアウト・ランドのメスライオンたちに向けて、「少しでも動いたら(プンバァのを)撃ち飛ばすぞ! 」と言って撃退するなど、前作同様に要所要所で活躍している。 終戦後はキアラとコブの結婚を祝って嬉し涙を流した。 ザズー かつて、シンバの教育係をしていたサイチョウ。 今作はかつてムファサにしていたように、シンバの執事を務めている。 おしゃべりな性格は健在。 当初はアウト・ランドのコブを除け者扱いしていたが、成長したキアラとコブを見守り、コブが追放されたことを落ち込むキアラを励まし、幸いにも二人が再会するきっかけとなった。 戦争ではジラ達の襲来を知らせる伝令を務めた。 終戦後はキアラとコブの結婚を祝ってプンバァの涙を浴びた。 故人キャラクター(シンバの夢の中で登場) ムファサ アハディとウルの長男である。 シンバの父親でキアラの祖父。 シンバが子どもの頃、スカーによって命を奪われた。 空の星となり、シンバを見守っている。 シンバの夢の中では、ヌーの暴走で崖をあがき、シンバが助けようとするもスカーに足を握り締められて、ヌーの行列に落ちる。 ラフィキにキアラとコブの仲を取り持つように仕向けた。 スカー アハディとウルの次男である。 ムファサの実弟で、シンバの叔父でありキアラの大叔父。 コブの義父で、ヌカとビタニの実父。 過去、自らが王となるべくムファサを殺し、シンバをプライド・ランドから追いやった。 一度は王国を乗っ取ることに成功し、コブを跡取りとして育てるも、戻ってきたシンバとの戦いに敗れ、ハイエナたちに殺される。 シンバの夢の中ではシルエットの姿で大笑いし、甥であるシンバの足を握り締める。 ムファサ落下後、シルエットの姿であるスカーはコブの姿に変化し、シンバを突き落としたところで、シンバの目が覚める。 挿入歌• "He Lives in You" ヒー・リブズ・イン・ユー• "We Are One" 私たちはひとつ• "My Lullaby" ララバイ• "Upendi" ユペンディ• "Not One of Us" よそ者• "Love Will Find a Way" 愛の導き スペシャル・エディション• と同じく、また初公開から約5周年の節目としてもか、スペシャル・エディションが2004年7月に発売された。 短編映画『』やゲーム『ティモンとプンバァのプライドランド・ゲーム』等を収録。 音声設定が英語の場合は、スタッフロールのBGMが完全に違う。 キャスト キャラクター 原語版 吹き替え版 キアラ 台詞: 歌: 台詞: 歌: シンバ 台詞: 歌: 台詞: うた: 子供時代のキアラ 台詞: 歌: 子供時代のコブ コブ ジラ ヌカ ナラ ティモン プンバァ ラフィキ 台詞: うた: 子供時代のビタニ ビタニ ムファサ ザズー スカー トリビア• コブが『』のアラジンとジャファーの対決時のの真似をしている。 カバーアートはによって作成された。 2010年5月1日閲覧。 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)534頁• 3きょうだいの末っ子であり、ヌカとビタニの弟。 家系図ではこのようになっているが、スカーと結婚した日やコブの父親と結婚した日は不明である。 3きょうだいの長っ子であり、ビタニとコブの兄。 3きょうだいの真ん中で、ヌカの妹。 コブの姉。 従兄弟の娘であるキアラより年上だが、弟のコブは同い年である。 この項目は、に関連した です。 この項目は、に関連した です。

次の