弘道 会 野内 組。 弘道会の役職変更

群馬県太田市で半グレ「ブラット」が弘道会野内組栗山組を挑発の動画

弘道 会 野内 組

指定暴力団・山口組ナンバー2の高山清司若頭(72)の出所から18日で1カ月。 「弘道会」の執行部体制が大きく動いた。 昇格や舎弟直り、引退など、計12人の新たな人事が発表され、執行部の刷新が行われた。 昇格に関しては、敵対勢力からの組員引き抜きや、一連の対立抗争における戦果など、山口組分裂後の動向が反映された人事と思われ、特に注目されたのが、抗争のキーマンといわれる「野内組」の野内正博組長の若頭就任。 野内組長は2年前、若頭補佐から統括委員長に就いて舎弟に直った。 今回の電撃人事ではナンバー2の地位である若頭に就き、竹内会長を「親」とする弘道会ファミリーの「子」で、なおかつ長男に当たる存在となった。 中野寿城若頭からバトンを受けた野内若頭が弘道会の指揮を執っていくのは明らか。 長野県飯田市では、当時、山口組の直系だった「二代目近藤組」 現・野内組傘下 と、神戸山口組系山健組傘下だった「三代目竹内組」 現・任侠山口組 が対立を繰り広げた。 平成27年10月には近藤組幹部が竹内組に移籍したとされる兄弟分の元幹部を射殺。 分裂後、初めて銃声が鳴り死者が出た。 その後も長野県では衝突が相次ぎ、平成28年1月には山口組系組員と神戸山口組系組員が中央道カーチェイスを繰り広げた。 さらに、山健組系組員の乗った車両が銃撃され、2月には乱闘も起きていた。 これらの事件には、常に野内組の名前が挙がり、射殺事件後、野内組は三代目となった近藤組を吸収し、勢力を拡大した。 平成28年5月には神戸山口組系池田組若頭が、弘道会系組員に射殺される事件があり、8月にはその返しをうかがわせる動きがあり、当時の山健組最高幹部たちが、野内組長や野内組幹部の暗殺を計画していたとする殺人予備の疑いで逮捕された。 野内組長自身が矢面に立ったのは、平成29年1月に京都で起きた六代目会津小鉄会を巡る騒乱で、野内組長が火付け役といわれ、同じ七代目会津小鉄会を名乗って、六代目山口組寄りと神戸山口組寄りに分裂。 神戸山口組の井上組長ら複数名が傷害などの容疑で逮捕され、野内組長も有印私文書偽造・同行使の疑いで逮捕された。 さらに「切り崩し」でも野内組は際立ち、昨年に山口組が離脱者の受け入れ期限を8月と定めて以降も、各組織で引き抜きが続行され、野内組には任侠山口組の最高幹部ら複数名が移籍した。 それが鮮明となったのが、今年4月に起きた山健組の與則和若頭が刺された事件。 野内組傘下組員らが殺人未遂容疑で逮捕された。 組員らは任侠山口組から移籍した西川純史舎弟率いる「二代目北村組」所属で、弘道会による山健組への宣戦布告とみられた。 新人事では他にも最高幹部が大きく変わり、中村英昭舎弟頭が最高顧問、福島康正舎弟頭補佐が舎弟頭、中野若頭が舎弟頭補佐に就任。 小松数男若頭補佐、大栗彰若頭補佐が舎弟に直り、室橋宏司幹部、遠藤輝幹部、小澤達夫幹部が若頭補佐に上がった。 さらに、中西新吾若頭補佐が本家室長に専念することとなり、「三代目髙山組」若頭でもある「三代目矢嶋総業」石原道明組長が若中から「幹部」に昇格。 また、顧問だった「浜健組」浜田健嗣組長が引退した。

次の

神戸山口組の山健組若頭の與組長が弘道会系野内組北村組組員に刺されて重傷。(産経新聞)

弘道 会 野内 組

(産経新聞) 18日午前0時5分ごろ、 神戸市中央区筒井町の商店街で、「一緒にいた男性が刺された」と女性から110番があった。 兵庫県警葺合署によると、男性は指定暴力団 神戸山口組傘下組織の与(あたえ)則和組長(65)=同市灘区=で、左肩や右尻などを刺され重傷。 命に別条はないという。 県警は与組長を包丁で刺したとして、殺人未遂容疑で、ともに対立組織の山口組傘下組織組員、呉光弘(56)と、堀田幸弘(52)の両容疑者を逮捕した。 県警は組織的犯行の可能性もあるとみて捜査している。 県警によると、両容疑者は飲食店を出て女性と2人で歩いていた与組長を背後から刺した後、レンタカーでいったん逃走したが、約1時間後に近隣の灘署に出頭した。 レンタカーからは凶器とみられる刃渡り21センチの包丁が見つかったという。 現場は 阪神電鉄春日野道駅の北約100メートル。 (以上産経新聞より引用) 北村組は弘道会野内組に移籍するまでは山健組の傘下組織だったので、今回も弘道会野内組に移籍したことによる山健組との揉め事だと思います。 ますます山健組の崩壊が加速していく出来事だと思います。 山健組は高齢者ばかりでイケイケの武闘派の弘道会に返しをできるような組員はいません。 神戸や大阪も弘道会に抑えられる日も近いかもしれません。 1990年代~2000年代のコギャル、ギャルブームを作り出した黒幕はアメリカCIAとディープステイト AKBと関東連合、山口組の関係など言われていますが、AKBの活躍は関東連合など不良があってのものなの 池袋ウエストゲートパークのモデルとなった構成員500人以上の池袋のカラーギャング「フローレンス13」 小林誠容疑者の保釈中の逃亡劇は横浜地検と神奈川県警と稲川会とメディア、政府が仕組んだ狂言だったのでは 姫路の山健組系組長の邦楽會会長福原辰広さんの自宅に泥棒が入られて数百万円盗まれる被害があったようです 大阪の飛田新地「銀河」が料亭を装い女性を客に売春させたとして摘発されました。 関東の少女・女児殺害事件がすべて住吉会・稲川会のシマ(縄張り)で行われています。 これは真面目に提言したいんだけど、元ホストとか元キャバクラの黒服、元ヤクザとか元暴走族とかは教師にな 神奈川県で教師をしていました。 モデルや女優、レースクイーン、アイドルなど芸能界で働く女性、キャバクラや会員制ラウンジ、風俗、AVなど夜の仕事で働く女性、中高生、大学生、家出少女、児童養護施設の子どもたち、シングルマザー、ヤンキー、外国人、帰国子女を中心に女性を幸せにするための国際NGOだいわピュアラブセーフティーネットをやっています。 東京、大阪、東北、九州など全国の繁華街でアウトリーチを行い女性を支援しています。 7000人以上の女性を幸せにしています。 国際NGOだいわピュアラブセーフティネットは全国の仕事紹介、関東や関西の不動産紹介、心理カウンセリング、生活保護申請支援、アウトリーチによる女性支援、夜の女性で高卒資格希望者への出張授業、全体構造法、動作法、トリガーポイントマッサージによる言語障害・発達障害の治療など女性のための総合ソーシャルワーク団体です。 心理カウンセラー、ジャーナリスト、ファイナンシャルプランナー、ソーシャルワーカーです。 人気記事ランキング• カテゴリー•

次の

ハード・ノンフィクションの巨匠、溝口敦著 『溶けていく暴力団』第三章「飛んでる半グレ集団」全文公開!()

弘道 会 野内 組

被害に遭った任侠山口組系雅新会事務所。 対立する組織の犯行説も浮上 六代目山口組分裂後、神戸山口組幹部として一躍時の人となったのは、分裂時に山健組最高幹部で、その後、任侠山口組のトップとなる織田絆誠代表だが、一方、六代目山口組の中枢組織である三代目弘道会においても、その武闘派ぶりに定評を集める最高幹部が存在する。 弘道会執行部の一端を担う野内組・野内正博組長だ。 六代目山口組と神戸山口組との代理戦争ともいわれた、今年1月に発生した会津小鉄会分裂騒動。 この時、六代目側の中心人物のひとりとして会津小鉄会本部に乗り込んだ野内組長は、詰めかける報道陣にも強烈なインパクトを残し、その姿は各テレビ局が一斉に報じたほどだ。 その野内組長が、11月18日に開催された三代目弘道会の定例会で、若頭に次ぐ「統括委員長」に就任したことがわかった。 関係者らの話によれば、本来、三代目弘道会の定例会は、毎月10日に開かれるというのだが、今月は同会の竹内照明会長の釈放に合わせて、当初は17日に開催を延期したらしい。 それが、前回、当サイト『』でも報じたように、二代目岸本組・清水武組長の他界に接し、再び延期され18日に開催されたようだ。 野内組長の統括委員長就任に合わせて、弘道会の保守本流、三代目高山組・南正毅組長も執行部入りを果たし、若頭補佐兼渉外委員長という重要ポストに就任したことが関係者への取材で明らかになった。 「野内組長のこの就任に合わせて、竹内会長の若い衆という立場から、弟分となる舎弟になったという話だ。 これは野内組長の六代目山口組直参昇格の布石ではないか」(六代目山口組系幹部) 勢力、資金力ともにプラチナ級といわれ続けた野内組が二次団体へとなれば、六代目山口組の組織力が強化されることは間違いないだろう。 神戸山口組が「世話役」の再説 弘道会が定例会を開催させた同じ日、兵庫県尼崎市では組事務所に消火剤が撒かれる事件が発生している。 この事件は地元紙などでも報じられているが、被害に遭ったのは任侠山口組系雅新会事務所。 報道によれば、ケガ人などは出ていないようだ。 近隣住民の話では、犯人らしき人物を目撃したという情報はなく、人通りのない時間帯を狙っての犯行ではないかと捜査関係者らはみているようだ。 ただ、筆者も尼崎在住だが、この事件をきっかけに尼崎がきな臭くなり始めたというような感覚は表面上、今のところはない。 そうしたなかで、神戸山口組も動きを見せている。 神戸山口組二次団体の有力幹部らが、再び新設された「世話役」というポストに就任したことがわかった。 ある法律家は、この人事についてこのような見方をする。 「神戸山口組では、井上邦雄組長の微罪逮捕など、警察当局からの弾圧を受けており、最近も本部の役割を果たしていた淡路島の俠友会事務所を閉鎖させるなどしている。 そこで今回新たに新設された世話役に就いた幹部らが、なんらかの役割を果たすのではないか」 就任したそうそうたる幹部らの顔ぶれからは、当局の弾圧やさまざまな事態を想定し、各二次団体から幹部らを人選したことがうかがえる。 筆者が考えるに、世話役という名の通り、この幹部らが昨今の難局に素早く柔軟に対応するためのサポートを各傘下組織に対して行うことで、ガバナンス強化を図りたいのではないか。 今後の通達事項などは、世話役を通して各組織に伝えられると思われる。 所属していた組織の組長の引退に合わせて、ヤクザ社会から足を洗う。 以来、物書きとして活動を始め、『山口組分裂「六神抗」』365日の全内幕』(宝島社)などに寄稿。 著書に(共にサイゾー)。 最新刊は(同)。

次の