ま なじり を 決する と は。 【命運を決する】の例文集・使い方辞典

「代理人について決するものとする」の意味(行政書士試験対策専門ブログ)

ま なじり を 決する と は

これにより反逆者らを誅するを得たが、ほかにもウバイドゥッラーのようにムアーウィヤにつく指揮官もいた。 両軍のあいだに数度の衝突はあったが、雌雄を決するものではなかった。 ムアーウィヤは、戦いが多くの人命を損ない人口を減らすことを憂慮し、二人のクライシュ族の男性を停戦交渉のため、ハサンの許へ送った。 南支にある桂林、建甌等の大飛行場を占領して米空軍の基地を奪うことは、今度の本土空襲や、敵海軍の支那本土への肉迫進撃と合せ考えれば、我方の深い配慮が察せられる。 支那が近い将来に我国の運命を決する大戦場となろうとしているのだ。 その為に、予め我軍はその意味での重要地点を占拠しておく必要が出来ているのだ。 … 伊藤整『太平洋戦争日記(三)』 より引用• その他は単なる小競合にすぎなかった。 そこですべてが決する証拠には、そこではまだ戦いが始まっていなかった。 ある連隊では兵士らの態度が曖昧だった。 … ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』 より引用• 一次リーグの最終戦は、いくつものチームの運命を決する試合となる。 一次リーグの順位は勝点、得失点差、総得点数、さらに当該チーム同士の試合の結果で決まるから、最終戦が近づくと、当落線上にいるチームのサポーターの頭の中は、数字でいっぱいになる。 … 後藤健生『ワールドカップの世紀』 より引用• 消えて失せるか、溶けて流れるか、武庫山卸しにならぬとも限らぬ。 この瞳ほどな点の運命はこれから津田君の説明で決せられるのである。 余は覚えず相馬焼の茶碗を取り上げて冷たき茶を一時にぐっと飲み干した。 … 夏目漱石『琴のそら音』 より引用• 魔と退魔は反発しあいながらも、その実は大元の力を同じとする者たちである。 故に彼らには共通のルールが存在し、その中で公正な勝負を決するのだ。 しかし、そのルールを覆すモノが稀に存在する。 … 奈須きのこ『歌月十夜 05 赤い鬼神』 より引用• 作者はいままで、人間がそんなに単純な「生きもの」ではないことを小説のなかでそれとなく語ってきた。 人間について黒か白かを決するのは、なかなかにできないことである。 秋山小兵衛の大きな包容力はそのような人間観に根ざしているのかもしれない。 … 池波正太郎『剣客商売 18 番外編 黒白 下』 より引用• 信子が、真実に自分を愛し、自分を信じ、その愛と信とのために、自分に送られた者であるか否かということが、唯一の疑問である。 彼の生涯の希望は、ただこの一点で決せられるように思われて来たのである。 若し、信子が、ほんとに自分を扶け、自分と禍福を偕にする決心でいるのなら、生活に、まだ何かの光明がある。 … 宮本百合子『渋谷家の始祖』 より引用• 矢戦さばかりで勝負を決しようとは、坂東武士にあるまじき戦いぶりだ。 いざ、駆け合わせい! … 海音寺潮五郎『平将門 中巻』 より引用• リタ・ヴラタスキは同じ時間を一度だけ繰り返すことにしていた。 一度めの戦闘で味方の被害を確認し、二度めの戦闘で勝負を決する。 … 桜坂洋『All You Need Is Kill』 より引用• 勝敗を決するのは 戦の神 マイリーの剣がいずれの側に振りおろされるかですからな。 水野良『ロードス島戦記 2 炎の魔神』 より引用• 地球は焼け焦げたのである。 しかもこの一九四三年という年は、大戦の帰趨を決する重大な年であった。 … 木村裕主『ムッソリーニを逮捕せよ』 より引用• したがって、1002年1月にローマの北方にあるパテルノ城でオットー3世が亡くなった後、王位を巡る戦いに関与したことは驚くことではない。 皇帝が子供を遺さずになくなり、その後継者が安全に決することはない。 エッケハルトに並ぶ候補者には、バイエルン公ハインリヒやシュヴァーベン公ヘルマン、その他にも重要な候補者がいた。 いま考慮中のことにたいしては、当人の心のなかにも強い賛否両論がある。 だがいずれに決するにせよ、そこに個人的な感情を介入させてはならない。 問題は、それにはあまりに重大すぎるのだ。 … クラーク『渇きの海』 より引用• なにしろ、二一世紀日本の地下権力者の座がかかっているのだ。 暴力によって事態が決するのであれば、それにそなえなくてはならない。 … 田中芳樹『創竜伝 第02巻』 より引用• そこで、彼の結婚ということが、実際においては、ただ単に計画にしかすぎなかったので、トーツキーはナスターシャ・フィリッポヴナと和解し、譲歩したのであった。 彼が意を決するに至ったについては、なおもう一つの事情があった。 今にして見るナスターシャ・フィリッポヴナの容貌はどの程度に昔と違っているのか、想像もできないほどであった。 … ドストエフスキー/中山省三郎訳『白痴(上)』 より引用• ワグネル恐ろしいベルの響が この煤けた壁を震わせる。 熱心に期待している事の成不成が、 もうこれより長く決せられずにはいまい。 もう暗く濁っている所が澄んで来る。 … ゲーテ/森鴎外訳『ファウスト(下)』 より引用• だが、これまでに見たマーモの人間とは明らかに違う何かを、黒衣の将軍は感じさせた。 それが何かを見極めれば、自分が取るべき行動も自ずと決すると思えた。 焦る必要はないのだ。 … 水野良『黒衣の騎士』 より引用• そして度々繰り返して思つて居ると、私はいつかさういふ身になつて了ふやうな気がした。 私の将来の運命が、それによつてもう決せられて居るものの如く思はれた。 … 加能作次郎『世の中へ』 より引用• 天皇は大仏や寺をつくり坊主は橋をかけ池をほり武士は戦争し大工は眠り猫をきざむなぞといろいろの例はあったが、この部落にはもともと人の名も人の歴史もないのである。 しかし彼は自分の名を残さなければならないとひそかに思い決するところがあった。 彼はすでにシイタケその他のことに失敗したあとであった。 … 坂口安吾『保久呂天皇』 より引用•

次の

民主化を決する日 -総選挙

ま なじり を 決する と は

まっすぐ視線を逸らさないタクヤの足もとで、ミコットも真摯な眼差しを向けてくる。 二人にとって、それは世界の命運を決する以前に、艦の死活を左右する身に迫った問題と認識されているのだろう。 … 福井晴敏『機動戦士ガンダムUC 08 宇宙と惑星と』 より引用• もはや、後戻りはできなかった。 フレイムの命運を決するのは、明日と定められたのである。 謁見の間にたどりついたころにはカシューの話は終わっていて、パーンたちの旅の話に話題が移っていた。 … 水野良『ロードス島戦記 2 炎の魔神』 より引用• 東京の大本営では、小沢提督の指揮する機動部隊の動向を注意深く見守っていた。 東條も嶋田も、まもなくはじまる海戦が日本の命運を決するのを知っていた。 日本の艦載機と地上機の同時攻撃で敵空母群を撃沈し、つづいて戦艦と巡洋艦が敵輸送船団とその支援軍艦をたたけば、サイパンの日本軍守備隊は上陸した敵軍を殲滅できるはずだった。 … 保阪正康『東條英機と天皇の時代(下) 日米開戦から東京裁判まで』 より引用• 合戦や内政のルール化や、登場武将たちのキャラクターイメージから同シリーズの影響が垣間見える。 プレイヤーキャラクターはただの一武将ではなく、三国時代の命運を決する豪傑、英雄の一人として作成されている。 そのため国家の命運を左右するような要素の解決さえも国力よりも「プレイヤーキャラクターの能力」が重要な要素になるようにデザインされている。 軍事は国家の命運を決する重大事である。 だから軍の死生を分ける戦場や、国家の存亡を分ける進路の選択は、くれぐれも明察しなければならない。 … 孫武『孫子兵法』 より引用• そんなものなくてよかったではないかと片付けて、こちらの心情は想像もしない征人の鈍感さ。 そういうもの全部が嫌になり、誰の顔も見たくなくなったのだったが、艦の命運を決する作戦を明日に控えて、いつまでも個人の感傷を振りかざしていられる時ではない。 早々に気分を直して作戦の準備を始めるつもりでいたのだが、いちいち神経に障る言葉をぶつけてくる征人のために、〈ナーバル〉に閉じこもり続ける羽目になったのだ。 … 福井晴敏『終戦のローレライ 下 』 より引用• 六時間の軟禁から解放された下村総裁と川本秘書官は、薄茶一杯でのどの乾きをとめると、とるものもとりあえず、首相官邸へむかっていた。 あるいは、まだ閣議がつづいているかもしれない、日本帝国の命運を決する歴史的な閣議は徹夜で行なわれていることであろうと考えた。 車の中からみる官邸は、いつもと変りなく森閑と静まっていたが、すでに一度煮え湯をのまされている二人は油断はしなかった。 … 半藤一利『日本のいちばん長い日』 より引用• 一九四二年十一月八日、アメリカのアイゼンハワー大将指揮下のイギリス、アメリカ連合軍二十数万が北アフリカのフランス領モロッコ、アルジェリアに上陸した。 この戦力を中核にした兵団がイタリア領リビアに侵攻、さらに一九四三年七月にはイタリアのシチリア島に上陸、のちに長靴型半島を北上したことを考えると、軍事的には早くも一九四二年秋のこの段階で、イタリアは命運を決する天王山に立っていたことになる。 ドイツもまた同年十一月、東部戦線スターリングラードで猛反撃に遭い、そのソ連軍の追撃が二年半後のベルリン陥落につながって行く。 … 木村裕主『ムッソリーニを逮捕せよ』 より引用• しかし、その息子バヤズィト1世が戦場で即位したため事なきを得た上にコソヴォの戦いでの勝利は事実上、バルカン半島の命運を決することになった。 なお、バヤズィト1世は即位に際し兄弟を殺害している。 人払いをした事務棟の廊下は、数人分の足音だけが響き渡る静けさだった。 用意した部屋に向かい、財団の命運を決する仕事に取りかかるまでの少しの間、カーディアスは己の人生のしこりと対面し続けた。 … 福井晴敏『機動戦士ガンダムUC 02 ユニコーンの日 下 』 より引用• フニャディ・ヤーノシュ率いるキリスト教徒の勢力はベオグラードの包囲戦を戦い、オスマン帝国のスルタン・メフメト2世率いる軍勢から街を守りぬいた。 この戦いは「キリスト教の命運を決するもの」とされ、カリストゥス3世は毎日正午に全教会の鐘を鳴らすよう命じ、防衛戦の勝利を祈った。 両艦は急きょ回避行動に移り、艦尾発射管に魚雷を装填している〈ラガート〉は、当てずっぽうを承知で雷撃準備に入った。 パッシブ・ソナーの観測結果を頼りに魚雷を撃ち放ち、態勢を立て直す時間を稼ぐつもりだったが、その挙動が〈ラガート〉の命運を決することになった。 回避行動に専念した〈アルバコア〉に対し、雷撃を企図した〈ラガート〉は必然的に動きが鈍り、〈伊507〉はそのわずかな遅れを見逃さなかった。 … 福井晴敏『終戦のローレライ 下 』 より引用.

次の

【命運を決する】の例文集・使い方辞典

ま なじり を 決する と は

「目じりが切れるくらい目を大きく見開いて 事の成就に当ることだ」 「眦を決した戦い」、 昔はプロ野球の世界でも見受けられた。 満天下の後楽園球場、 マウンド上は巨人のエース、別所、 傲然と胸を張り辺りを睥睨している。 のっしのっしと打席に入るは、阪神の主砲、藤村、 別所何するものぞ! 眼光爛々と物干し竿バットを構え相手を威嚇する。 両軍中心選手の 眦を決した戦いの火蓋が切られようとしている。 戦後の日本高度成長と共に 名選手の真剣勝負の数々で プロ野球も黄金時代を迎える。 金田対長嶋はもとより 長嶋対村山、王対江夏、 それらは、名だたる剣豪同士の 真剣勝負の趣があった。 打者対投手だけではない。 西鉄の稲尾と南海、杉浦の息詰まる投手戦。 スコアボードには0が並んでいく。 静かな、しわぶきひとつ起こらない 息を呑むような緊迫感が 球場全体に漂っていた。 今となっては懐かしい勝負の世界を思い出したのは プロ野球に関するひとつの記事が発端だ。 豊田さんの記事のタイトルは 「なれあいにファン幻滅」である。 本文の中で、豊田さんは 試合前、試合中に敵味方の選手が 仲良く話している光景、 すなわち「なれあいの光景」に ファンは幻滅していると戒めている。 まさしくその通りで 戦う前に自分の投げる球を公開するのは 極端に言えば八百長になるだろう。 そんな勝負、本当のファンならば見たくないのは当然だ。 とにかく、テレビで見ていても 敵味方の選手がニコニコ笑って喋ってる場面が多すぎる。 昔は球宴と言えども 選手はニコニコ、ヘラヘラなどしていなかった。 特に、人気に押されていたパリーグの選手は このときこそセリーグを粉砕せんものと 目を吊り上げて勝負の世界にのめりこんでいた。 それにひきかえ、今のオールスター戦、 人気選手をコーチボックスに立たせることで ファンの人気を取ろうとしている。 そんな、手抜きの、オチャラケたサービスで 本当のファンは喜ぶと思ったら大間違いである。 今、大相撲の世界は 八百長問題で揺れに揺れている。

次の