あやとり 4層。 エデン零式 共鳴編 1~4層マクロのメモ(エレメンタル野良)※随時更新※

【共鳴編零式4層】あやとり式って何ぞやという方のための解説

あやとり 4層

初めて零式に挑む方はいきなり本番に参加するのではなく、先に下記の記事を読み、準備がきちんと出来ているかを確認しましょう。 エデン零式4層でよく使われるマクロ エデン零式4層では、戦闘開始前にマクロを使って散開の位置決めやギミックの処理方法を相談します。 使用するマクロはPTによって異なるので、実際の動きは流れたマクロに従うようにしてください。 主流マクロの一例 現在野良PTでは通称「マス固定式」と「イディル式」の2種類が主流となっています。 オーロジェニー後の「大地の重み ぐるぐるフェーズ 」の処理方法が違っている点に注意しましょう。 フィールドマーカーの例 岩盤崩落などの目安としてABCDマーカー、フィールド北の目印に1マーカーを置いています。 0 ボス足元安置のドーナツ範囲攻撃 大地の響き 黄 全員に黄色の三角マーカーが付与 マグニチュード5. 1回ごとに被ダメージアップのデバフが付くので、無敵受けまたはで処理しましょう。 黄色マーカーは1マスに1名だけ乗っておけば処理できるため、 重みを回避したらすぐ散開位置へ移動しましょう。 散開が間に合わない場合でも、最悪重ならなければOKです。 手近な誰もいないマスに逃げ込んで回避してください。 橙マーカーはイビルアースの着弾途中に爆発するので、全員で同じマスへ逃げ込めば「イビルアース」と橙マーカーを同時に処理できます。 ジオクラッシュ ランダム1マスに向けてボスがジャンプし、着地地点を中心にノックバックが発生します。 マスの近くへ移動してノックバックを受けても良いですが、1回目は「アームズレングス」や「堅実魔」などで吹き飛ばしを無効すると良いでしょう。 ただし、 2回目の「ジオクラッシュ」はノックバックを無効せずにそのまま受けてください。 マキシタイタン後の「大地の両拳」でノックバック無効スキルが必要になるので、ここで使用するとが戻りません。 岩盤崩落 「 岩盤崩落」では、距離減衰の隕石マーカーが2個ずつ2回に分けて降ってきます。 隕石は2マス以上離しておかないと爆発してしまうので、必ずマクロで決めた位置に隕石を落としてください。 落ちてきた隕石は直後の「サイズミックウェーブ」の回避に使用します。 また、必ず 四隅のマス内に落とすようにしてください。 サイズミックウェーブ 「 サイズミックウェーブ」では、ボスを中心とした全体範囲攻撃が発生します。 素受けすると即死級のダメージなので、必ず「岩盤崩落」で落下した隕石の影に隠れて回避してください。 詠唱中に降ってきた「ボムボルダー(川の字)」は「サイズミックウェーブ」の攻撃直後に爆発するので、まずは焦らず岩陰で攻撃を回避しましょう。 ボムボルダー(川の字) 「サイズミックウェーブ」の攻撃が終わると、すぐに「 ボムボルダー」が降ってきた順番で爆発します。 1発目は必ず中央からなので、爆発の隙間へ逃げ込んで回避してください。 1回目を回避できれば、あとはステージの中央で戦っていればOKです。 ボス前の1列にいると即死なので、 必ず横幅が2マス以上ある方へ逃げ込んでください。 安置マスのボス側ギリギリに寄っておかないと吹き飛ばしで落ちます。 同時に全員へ黄色と橙色マーカーが付与されるので、それぞれ マクロで決めた自分の散開位置へ移動しておきましょう。 マーカーは「フォールトゾーン」の攻撃で吹き飛ばされた先で受けます。 マーカーの処理が終わったら、ボス列から発生する予兆なしのAoEを避けてください。 また、 マーカーが確定した時点で橙タンクがボスのヘイトを取っておきましょう。 橙タンクがヘイトを取っておかないと、直後の「フォールトライン」で黄色タンクが殴られてしまいます。 先程ヘイトを取った橙タンクへ向かって進むので、他のメンバーが轢かれないように 橙タンクだけ少し前へ出ておきましょう。 0 ボス足元安置の「マグニチュード5. 0」と同時に、全員へ黄色マーカーが付与されます。 ボスがいる方を基準として、開幕と同じ黄色散開の位置について処理してください。 人型フェーズで注意すべき攻撃 メガ・ランドスライド 人型フェーズに入ると、ボス正面列が安置の「メガ・ランドスライド」が詠唱開始されます。 車型フェーズの「フォールトゾーン」と同様に、ボス列でマーカーの散開位置へ移動しておきましょう。 「メガ・ランドスライド」発生後はボス列に予兆なしのが発生するので、マーカーを処理したらすぐ横のマスへ逃げ込んでおけばOKです。 ボスの着地地点は4箇所からランダムで選ばれるため、詠唱中のボスの方向を見て安置を判断する必要があります。 ボスが左右どちらかの範囲を薙ぎ払った後、反対側のマスにもが発生し外側へ伝わっていきます。 また、この後「ランドスライド」と同時に降ってきた十字の「ボムボルダー」が爆発するので、2回目に降ってきた岩の近くへ逃げ込んでおいてください。 1個目のボムが爆発したら安置へ駆け込めばOKです。 フェーズ2で注意すべき攻撃 大地の拳 「 大地の拳」では、ステージの半分を薙ぎ払うノックバック攻撃が2回発生します。 詠唱中にボスの腕が光った方向に攻撃が来るので、光った方向と順番を確認して回避してください。 2発目発動直後にランダムなマスへ「大地の重み」が発生するので、安置を確認して移動しておきましょう。 大地の両拳 ボスの正面に青い円が表示され、円を中心にノックバックが発生します。 同時にヒーラーまたはDPS1名に青マーカーが付与されるため、マーカー対象者はノックバック後に散開位置へ移動しなければなりません。 マーカー処理後にタンク2名へ範囲攻撃が着弾するので、タンクも他のメンバーを巻き込まない位置へ移動します。 全員ノックバック無効技を使用しておきましょう。 でハイライトされた部分が隆起しますが、乗っていてもダメージを受けることはありません。 1回目はDPSが北側、タンクとヒラが南側のブロックを担当するので、予め南北に分かれておくのが良いでしょう。 青マーカー対象者は 隆起しない AoEが無い 方の隅へ移動してマーカーを受けてください。 その他のメンバーは隆起するマスへ乗っておきます。 付与されたマーカーを確認し、それぞれ担当する位置へ移動しましょう。 低地で出現する重みは3枚で固定なので、事前に何枚出現しているか確認しておくとスムーズに移動できます。 同時にボスが「 ロックフラクチャー」の予備動作で左右どちらかの腕を振り上げるので、腕が上がっていない方のマスでギミックを処理します。 また、ジェイルは2マス以上離しておかないと破壊不可のバフが付くため、 ヒーラー2名は予め南北に2マス以上離れておいてください。 ジェイルが固まった後、「 ロックフラクチャー」でランダムな4マスが破壊されます。 続く2発目で必ず隣接するマスを破壊してくるので、 壊れたマスの隣のジェイルから壊しましょう。 クラフタルアップリフト 2回目 2回目の「 クラフタルアップリフト」では、再びランダムでステージの2箇所が隆起します。 同時にタンクヒラから1名ずつ、DPSから2名に橙マーカーが付与されるので、マクロで決めたグループに分かれて処理しましょう。 ジェイルを攻撃しつつ散開してマーカーを処理することになりますが、ここは レンジLBかキャスLBでまとめてジェイルを攻撃するのが主流です。 戦闘開始前に予め相談しておいてください。 また、ジェイルの処理直後に黄色マーカーが爆発するため、それぞれ 担当のマス内から動かないように注意しましょう。 南北に分かれてからの散開位置は担当者とヒーラー2名の位置が決まってれば良いので、他のメンバーは場所が被らなければOKです。 ジェイルをターゲットしてを撃てれば必ず当たるので、 レンジLB担当者は必ず反対側のジェイルをターゲットしてLBを撃つようにしてください。 だけではジェイルを削りきれないので、予め他のメンバーは最初からジェイルを殴っておくと良いです。 キャスLBの方がレンジLBよりもダメージ効率が良いため、PTにキャスがいる場合はこちらのほうがスムーズです。 ただしエノキアン維持の関係上、黒魔道士がを使うのはあまりおすすめしません。 ジェイル後のマーカー処理方法 ジェイルを破壊した後は、それぞれに付与されたマーカーを処理する必要があります。 重みで散開位置が変わるので、しっかりと安置を確認してから移動しましょう。 残ったステージの形に応じて、マクロで決めた位置に移動すればOKです。 フェーズ3で注意すべき攻撃 大地の怒り&大地の叫び&激震 フェーズ3以降は全体攻撃の「 大地の怒り」にが付与され、素受けするとPTが壊滅しかねない威力になります。 全体攻撃の「大地の叫び」や「激震」も連発してくるので、 を入れないとヒールが足らずに壊滅します。 戦闘開始前に話し合って担当を決めておきましょう。 4回目のAoE爆発と同時にマーカーが発動するので、それまでに散開位置へついておく必要があります。 床に出現する5箇所のは、時計回りで5回ずつ移動していきます。 外周は4マスのAoEが順番に回るだけで、 中央の4マスも1枚のAoEが回るだけです。 落ち着いて処理しましょう。 また、ぐるぐる中 MTへのAAが非常に痛いので、ヒーラーはギミック処理をしつつMTのHPを常にチェックしましょう。 散開前に事前にhotやを付与しておくと良いです。 D1は1枚目のAoEが爆発した場所、D2は2枚目のAoEが爆発した場所に留まりましょう。 橙マーカーのタンクとヒーラーは3枚目のマスに留まって頭割りをします。 黄マーカーが付く遠隔DPSは ステージ外周 青いエリア でAoEを避けるだけでOKです。 中央の4マスに入ると他のメンバーの邪魔になるので、必ず東西の4マス内で移動します。 タンクは1枚目と2枚目のAoE、DPSは3枚目のAoEマスに固まって頭割りを受けてください。 ヒーラーは東西に分かれてを避ければOKです。 イディル式の処理方法 イディル式は全てのマーカーの位置を予め決めておいて、担当するマス内でを避けつつ処理する方法です。 黄マーカーが付いた場合は担当の青いエリア、橙マーカーは中央の2マスでを避けつつ集合します。 タンクとヒーラーは中央下側の2マス内で固まって橙マーカーを受けましょう。 DPSは中央下側2マスへ集合して橙マーカーを頭割りしましょう。 MTを中央側に配置しておくことで、橙マーカーで集合したDPSがボスを殴りやすくなります。 大地の叫び〜時間切れ ぐるぐる重み3回目と「大地の拳」を処理すれば、あとは全体攻撃だけになります。 「大地の叫び」「激震」が繰り返され非常に被ダメージが大きいので、ヒーラーは全力で回復し、が残っている場合はここで全て使用しましょう。

次の

FF14の共鳴零式4層のあやとりなのですが、私のノートパソコンだと線が薄く細く...

あやとり 4層

記事の内容• 鎖持ちの処理 まず、鎖持ちの処理法のみに焦点を当てて解説していきます。 まず、左図のように1個目の塔に入ります。 これはミルン式と大きくは変わりません。 (ただしミルン式ではここで扇状範囲を受けていますが、 あやとり式ではここで玉持ちが内側に入って扇状範囲を誘導します。 ですので、あまり内側には入りすぎないようにしましょう) 1個目の塔処理が終わったら、画像上右図のように北2人は北の塔、南2人は南の塔に入ります。 最後に、北南でそれぞれ2つに小さく別れて扇状範囲を受けます(実際には図よりもっと内側に入って玉持ちに扇状範囲が行かないようにしましょう)。 これだけの解説を見れば単純明快に見えますが、 鎖持ちは「他のプレイヤー2名」とランダムで結ばれるという関係上、下左図のように北同士、南同士で線が結ばれてしまうことがあります。 このような結び方になってしまうと、北塔南塔に入る際、上右図のように横の線が接近してしまい、爆発してしまいます。 これがあやとりと言われる所以です。 方法はいくらでもあるのですが、現在野良で使われるマクロ等をもとに調整の方法を紹介します。 図では北西のタンクと、南西の忍者が入れ替わることで対処しています。 図では北東のヒラと、南西の忍者が入れ替わることで対処しています。 野良のマクロによっては、砂時計型の場合「全員で時計回り」をするという方法もあるようです。 マクロに従いましょう。 玉持ちの処理 玉持ちは、自分のついた線を見て対角に玉を引っ張ります。 この時、ミルン式と異なる点は、 鎖組よりも内側に入って1回目の扇を誘導しなければならないという点(下左図)です。 当然、この扇状範囲を塔組に当ててしまった場合、デバフのスタック数が足りなくなり最終的にワイプとなってしまいます。 扇状範囲を受けた後は、すぐ近くに反対側のプレイヤーについている玉が接近しているはずですので、当たらないよう回避しましょう。 玉持ちは、自分と線で繋がれた玉側に立ち、扇状範囲を誘導します(ボスサークル上に立つと良いかと思います)。 扇状範囲を受けたら、ボス向かって右奥側(紺色の矢印方向)に向かって移動し、そちら側で玉にぶつかって処理します。 移動時に他の玉にぶつかってしまったり、北側・南側の扇状範囲に巻き込まれないように注意しながら移動しましょう。 申し訳ないですが、どの記事がどのように拡散されるかというユーザの動向については想定できないことの方が多いので、影響力等考えていたら私に限らず、誰も記事や動画を作れないと思います。 それから現時点でクリアしてるような人達で、手伝いに来てくれるような方々はミルン式でもあやとり式でもどっちでもクリアできるような人たちだと思っています。 これは自身のフレンド周囲の話ですが、クリアした人達は実際に固定で採用しなかった方を試しにコンテンツ突入したりしていますからね。 やり方を1つで統一させたいなら、自分が募集主でやって野良でやるか、 固定組んでやれば良いと思いますが? 運営が解法をだせばそれが正義になるので、 どこかのタイミングで野良がやり方で混乱するので解法を提示下さい。 と運営に言うべきです。 常識的に考えればおこめさんに言うべき案件でもないし、こういうやり方もあるのかー と参考程度にすれば良いと思います。 アルファの宗教戦争も全てのやり方出来れば問題ないし、私も当時野良で攻略して いましたが、野良募集するのが面倒だったので、全て覚えてやってました。 自分がもしおこめさんの立場だったら・・。 親切心で攻略情報を頑張って調べて 動画を何度も見直して、分かりやすい記事を書くにはどうすればいいか考え やっとの思いでアップした物に、心無いコメントがあればどう思うでしょうか? 自分だったら、H. 非公開にして自分しか見れないようにします。 そういう方々が増えたら、攻略を自分で解法しなくてはいけなくなり、 自力で解法しいなくてはいけなくなると思います。 長くなりましたが、おこめさんこれからもアンチコメントは無視して 頑張ってください!!コメント気にしていたら切りが無いと思うので!.

次の

FF14 エデン零式共鳴編4層の各ジョブのDPSが気になったのでFFlogsを少しだけ調べる

あやとり 4層

こんにちはせるです。 クリア報告を書いてからもう2週間が経過していました。 ちょこちょこ書く癖をつけないとですねw さて、今回は野良で流行っているやり方についてです。 出来る範囲で解説?紛いのことをしていきます。 最近の募集でよくあるのが、• 基本ミルン• DD内or外• 暴走あやとり• 赤鏡固定• アファ1、2無敵 ですかね エレメンタルDCで見てた感じです ではまず上からと言いたいですが、 基本ミルンは特に書くことがありませんwそれだけしっかりしてる攻略法ということですね。 なので2つ目から。 DD内or外について 募集を見てると DD内が結構多いかなという印象です。 ここに関しては正直処理出来ればどっちでも良いって考えです。 個人的には外捨ての方がやりやすいです。 まあ自分はタンクとヒラでしかやってないのでDPS視点だとどうなのか分かりかねます。 どちらにしても殴れる時間が大幅に変わるわけでは無いので、ここで劇的にスキル回しが変わるというなら、そもそもの回しが悪いとしか思えません。 ここは処理出来る方でいいかと。 暴走あやとり式について この処理法はとても良い処理法だと思います。 特に今回の4層はDPSチェックがかなりキツめなので、殴り時間を増やせる あやとり式は素晴らしいと感じます。 ナイトだと暴走にしっかりレクホが合う為、どのやり方でも殆どロスは無いですが、メレーでここで回しが殆ど変わらないのはかなりのアドバンテージを得られる筈です。 オススメの処理法です! 赤鏡固定 赤鏡前に整列し、1回目のノックバックを無効にする処理法です。 mtとstどちらが赤鏡前でも良いですが、mt組が赤鏡前に整列するほうが変に向きも変わらず良いのではないでしょうか。 こちらも1回目を無効にする分、少し殴れる時間が増えることと、基本固まっているのでヒールがしやすいかと思います。 こちらもオススメです。 アファー1、2無敵 最後のアファー以外軽減を切らなくて良いので楽だと思います。 固定ではアクモン2回目に無敵を使ってましたが、アファーに軽減1個抜けて乱数で数名落ちたので、その事故は確かに無くせるかなと。 ここが最後のギミックですからね。 少しでも楽に処理出来る方が良いですよねw 結論 自分がこれらを使うとしたら、【 ミルン式 暴走あやとり】で立てるかなあ。 ただ、装備更新も出来てるし、もしかしたら ミルン式だけかもですねw 以上 そんな感じで。 CELLXG573.

次の