初心者 コード。 コードとは?コード進行とは?/初心者集まれ!指板図くんのギター・コード講座 第1回

初心者必見!最初に覚えるピアノコード一覧

初心者 コード

の作者のNと申します。 この連載セミナーでは、ギターを始めたばかりの人や、ギターは弾くけどコードにはまったく弱いという人を対象に、ギター・コードに関するごく初歩的なことや、その効率的な覚え方を説明していきます。 この講座を読み終える頃には、コードに関して悩むことが、ほとんどなくなるでしょう。 また、ギターの教則本や音楽理論書に書かれていることも、ずっと理解しやすくなっているはずです。 【本講座の目標】 1. コード名の意味がわかる 2. 簡単なコードならすぐに押さえ方がわかる 3. 複雑なコードでも自分で作れるようになる 要所要所に、次のような音の鳴る指板図を入れます。 音符ボタンをクリックしてみてください。 コードのサウンドはこれで確認できますので、手元にギターがなくても読み進められます。 ご了承ください。 用語解説:コード、コード進行、コード名 ではまず、コード、コード進行、コード名という用語について説明しましょう。 コード(chord)とは、日本語でいえば「和音」です。 高さの異なる音を3つ以上同時に鳴らすと、それはコードになります(この言い方はあまり厳密ではありませんが、より詳しい事はこの連載の中で説明します)。 ギターの場合は、左手の指で何本かの弦を押さえ、右手で複数の弦を弾くことによって、コードを鳴らします。 またコードをいくつか並べると、それは コード進行(chord progression)と呼ばれるものになります。 コード進行の例を、さっそくひとつ見てみましょう。 次の5つの指板図を、左から順に一定の間隔で鳴らしてみてください。 曲の伴奏をしているような気分になれればOKです。 コード名についてはいずれまとめて説明しますので、今覚える必要はないのですが、とりあえず読めないと気持ちが悪い人もいるかと思いますので、読み方を紹介しておきます。 指板図の見方 ここで指板図の見方を詳しく説明しておきます。 まず左方向がギターのヘッド側、右方向がボディ側になります。 格子状の線のうち、横線はギターの弦で、上から1弦、2弦、3弦、4弦、5弦、6弦になります。 縦線はフレットで、その下に付けられた0、1、2、3といった数字は、フレット番号です。 なお、「2フレットを押さえる」という表現を使っていますが、実際のギターでは、2フレットの真上ではなく、2フレットと1フレットの間の、なるべく2フレットに近い位置で弦を押さえるようにしてください。 鳴らさない方法には、その弦を弾かない方法と、消音する方法とがありますが、具体的なやり方はいずれ説明します。 写真は、ギターを弾いている人の手元を対面から撮影しているので、右方向がヘッド、左方向がボディで、弦は一番上が6弦、一番下が1弦となります。 しかし指板図は、写真とは上下左右が逆転しています。 なぜ指板図は上下左右が逆なのかというと、それはギターを弾く人が、自分の左手を上から覗き込んだ状態と同じにするためです。 初心者はここで混乱してしまうこともあるようですが、心配は無用! すぐに慣れます。 またフレット番号を表す数字は、フレット(を表す縦線)の真下に描かれていることもあれば、中間に書かれていることもあります。 指板図の表記法は、出版社や筆者によって微妙に違うことが多いので、初心者の方は一応ご注意ください。 コードが簡単にわかるアプリケーション「ギターコード指板図くん」 今回は、4つのコードの組み合わせでできたコード進行をひとつだけ紹介しましたが、もっといろいろな種類のコードを今すぐ知りたいと思った人は、ギターコード指板図くんの「かんたんコードブック」を見てみてください。 コード名を指定するためのボタンをクリックするだけで、さまざまなコードが表示され 、サウンドの確認もできます。 また、さらなる好奇心が湧いた方は、「作ろう! マイコードブック」を使ってみてください。 こちらには、自分独自の指板図を作ったり、指板図を並べてコード進行を作る機能があります。 本連載と「かんたん コードブック」、「作ろう! マイコードブック」を併用することにより、かなり短い日数で、ギター・コードの基礎を知ることができると思います。 今日はここまでです。 次回のテーマは「Cの構成音と、いろいろな押さえ方」です。

次の

3つのコードで童謡や唱歌を練習

初心者 コード

今日は、こんな初心者の私でも苦労しないで、 簡単にウクレレが弾けるようになった『 弾き方入門講座』をご紹介したいと思います。 私がウクレレに興味を持ったのは、GONTITIさん。 ヴァイオリン奏者の葉加瀬太郎さんが主宰する「ライブイマージュ」というコンサートに出演なさってたんです。 そのライブで2人が奏でていたギターの音が、とっても私の感性にぴったんこカンカン。 そこからGONTITIさんのCDをいろいろ聴き始めたんですね。 曲のタイトルもちょっと変わっていて、凄くいい! GONTITIってギターのイメージがありますけど、実はウクレレで演奏したCDも出しているんですよ。 このCDを聴いて、ウクレレのなんだか可愛い音色に惹かれて、私も弾いてみたいと思ったんです。 今って、通販でなんでも簡単に買えるじゃないですか。 それで、すぐに『ウクレレ入門セット』を買ったんです。 それがコチラ。 「ALA MOANA(アラ モアナ)社製ウクレレ」と「教則DVD」、「楽譜集」がセットになっていて、しかも、「ソフトケース」「ピッチパイプ」「教則本」「譜面台」まで入っていて16,300円。 そこそこ音色もよく、届いたその日から楽しめるというものです。 これであとは弾く練習のみ。 しっかり準備は整いましたよ。 ところでウクレレって、弦が4本しかないじゃないですか。 だから最初、簡単な曲だったらすぐに弾けるようになると思ったんです。 でもそれは、大間違いでしたね(汗) 入門初心者におすすめのチューニング ウクレレには4本の弦が張られていますが、これらの弦はすぐに狂ってしまうんですね。 ですから、ウクレレを弾こうとするならば、まず弦のチューニング方法を覚えなくてはいけません。 これを習得するのは、初心者にとって最初の関門になりますが、しかし手順を踏んでやればできますので恐れることはありません。 ウクレレには、実は複数の調律のやり方があるんですね。 入門したばかりの初心者がまず最初に覚えるべきは、ハイGチューニングと呼ばれるやり方です。 ウクレレを構えた状態で手前側になる弦を第4弦とし、顔から一番遠い弦を第1弦とすると、ハイGでは、第4弦がソ(G)、第3弦がド(C)、第2弦がミ(E)、第1弦がラ(A)になります。 この時、第3弦から第1弦にかけては順に音が高くなっていきます。 具体的には、第3弦のドから2つ上の音が第2弦のミ、そしてそこから3つ上の音が第1弦のラです。 気をつけなくてはいけないのは第4弦で、ハイGにおいては、このソは第1弦のラの1つ下の音になります。 ですから、音の高い順に並べると、第1弦、第4弦、第2弦、第3弦となります。 初心者は、まずこの基本の調律を徹底的に覚えるしかありません。 他の方法は、場合によっては弦の張り替えが必要になるので、入門段階では気にしなくていいみたいです。 では、実際に音を合わせてみました。 音は、楽器のネックについているペグを回して上げ下げします。 この時、弦を強く張る方向にペグを回すと音は上がり、緩めると音は下がります。 ペグを少し動かすだけで音の高さが変わりますから、最初のうちは難しかったです。 私が買ったウクレレは、このペグがギヤ式になっていたので微調整が簡単にでき、入門段階の私には向いていました。 チューニング方法は、音叉やピッチパイプなどから基準となる音を拾い、耳でそれに合わせて行う方法と、チューナーによって楽器から出る音を拾って高さを確認し、目標とする音の高さに合わせていく方法があります。 入門初心者はまだ耳が慣れていないので、チューナーを使って音の高さを機械的に読み取って合わせていく方が簡単でした。 チューナーは、実際に鳴っている音を拾う一般的なタイプのものと、楽器を挟み込んで振動によって音の高さを読み取るクリップ・タイプがあります。 クリップ・タイプの方が扱いやすいのですが、道具を揃えるのが大変です。 今の時代、スマホのチューナー・アプリを使えば音を拾うタイプのチューナーの代わりになります。 最近はスマートフォンのアプリも高性能になっています。 実際の調律は、第4弦から順に第1弦に向かって行います。 音を出してチューナーで高さを確認し、目標とする音に向けてペグを回して上げ下げして調節していくことになります。 ただし、ペグを回す時は、音が低い場合でもいったん緩める方向に回してから少しずつ上げていくようにした方が無難です。 いきなり音を高くしようとして弦の張力を上げると弦が切れてしまう可能性があるためです。 同様に気をつけなくてはいけないのが、オクターブの間違いです。 同じ音でも、オクターブが違えば弦にかかる力が大きく変わります。 1オクターブ低くしてしまった場合は、弦の張力が本来の半分になっているだけですから問題ありませんが、間違って1オクターブ高くしてしまうと、弦の張力が本来の倍になってしまい切れてしまう可能性があるのです。 あとはチューナーを頼りにそれぞれの弦の音を上げ下げするだけですから、慎重に進めれば問題なくできるのです。 楽器の練習をする時には必ずチューニングをし、練習中も狂ったなと思ったらすぐに調律し直す必要があります。 そうして繰り返すうちに、入門者の私が調律のやり方を自ずと覚えたのです。 ウクレレ入門者におすすめの弾き方入門講座 さて、こんな感じでチューニング方法はマスターして準備ができたのですが、素人同然の私が、そう簡単に曲を弾けるわけありません! 楽器店で購入した教則本を見ても、なんだかチンプンカンプン…… 弾き方のコツなんかも載っていたのですが、全然ダメ!……だったんです。 そんな時に、偶然クライアントの方から教えてもらったのが、日本を代表するウクレレ演奏者の津村泰彦さんが出している、『 自宅で一からマスターできるウクレレ講座』の入門者向けDVD。 その特徴は ラダー譜……というものだったんです。 値段は16,800円でしたよ。 最初はちょっと高いかなって思ったんですが、スクールに通うことを思えば全然安いし、まあ値段なんて考え方次第ですからね。 この津村泰彦さんは演奏したり曲を作ったりする傍ら、湘南で個人レッスンを行ったり、アカデミーを主催したりして、ウクレレ教室をいくつも運営していらっしゃるんです。 そんな津村さんのかつての悩みが、初心者の生徒さんの中でも個人差があって、うまく弾けない人をどう指導をするかということだったそうです。 何事もそうですが、同じ教え方をしてても、上達の早い人もいれば、そうでない人もいますよね。 ちなみに、私は完璧に後者ですが…… 笑 そんな生徒さんのことを頭に浮かべながら、譜面をじっと眺めているうちに、ふと、あることに気づいたそうなんです。 どこをどう押さえればいいかをパッと見ただけで弾き方が、入門者でも一瞬にわかるように、もっとシンプルにできるはず……と。 そして、とっても良いアイディアを思いついたそうなんです!! そこで生み出されたのが、入門者にとっても弾きやすい「 ラダー譜」と呼ばれるメソッドというわけです。 このラダー譜は、左指の運びをイメージしやすいように指の順番が図にしてあるんです。 図案化されてるので、楽譜が読めない私でも簡単にのみ込めたというわけなんです。 この「 ラダー譜」……確かにすごく判りやすいですよ! しかもこのDVDには入門者でも上手になるためのキーポイントや構え方など、さまざまなノウハウがたくさんたくさん、とても判りやすく紹介されているんです。

次の

エレキギター初心者向けのメジャーコード弾き方講座と練習方法

初心者 コード

まずはコードを正しく押さえるためのコツをチェック 全ての弦がきれいになるようにコードを抑えるには指の位置感覚を身につけるのと練習が重要ですが、それだけではなくがいくつかあります。 弦はフレットの近くで押さえる 一つ目のコツとしては 弦はフレットの近くで押さえるという点です。 例えば4弦の2フレットを押さえる時に1フレットと2フレットのちょうど中間を押さえるのと2フレットに近くで押さえるのとでは上手く鳴らすのに必要なチカラが違うと思います。 おそらくフレットの近くで押さえるほうが僅かなチカラでも十分なはずです。 押さえる弦が多いコードほどこの部分を意識することが重要になってきますので意識してみましょう。 指の第一関節を曲げて押さえる 二つ目のコツは 指を立てて弦を押さえることです。 イメージが付きづらいかもしれませんが上の写真のようなコードの押さえ方です。 指の第一関節をしっかり曲げて指を立てています。 よくギターを初めて間もない時はコードを押さえる指がすぐ疲れてしまい、第一関節がしっかり曲がっていない指が寝ている状態でコードを押さえてしまうものです。 指を寝かせてしまうとその分別の弦も触れてしまう可能性が高まります。 せっかく頑張って押さえていても他の指で中途半端に触れられてしまえば上手く鳴ってくれません。 難しいコードを弾いているほどこの2つのポイントが意識して弾けるかが重要になってきます。 躓いた時には必ず確認するようにしましょう。 初心者向けの定番コードとコードの押さえ方のポイントについては、別の記事で詳しくまとめていますので、気になった方はぜひご覧ください。 コード移行がしやすい曲 コードには沢山の種類がありますが、その中でもコードを構える指の位置関係の似ているコードがあります。 そういったコードを繋げることでコード移行がし易いなっている曲がありますのでコードを押さえるのに慣れてきたら練習しましょう。 Fコードは確かに難関ですが非常に明るくきれいな和音を鳴らすコードであり、たくさんの曲に取り入れられています。 早い段階で上手く鳴らせるようになっておくと確実に重宝しますので、何度も鳴らして自分の中でのコツを掴んでいきましょう! 弾きごたえのある曲 ややコード構成は難しいですが弾き語りを気持ちよく出来る曲を集めています。 自分の好きなリズムで弾いて楽しみましょう。 4本の弦を押さえるB7に初めは苦戦すると思いますが、同じく序盤に出てくるD7コードの指の形に小指が加わったものなので、慣れてくれば問題は無いでしょう。 しかし中盤から出てくるF m7-5やBm7-5はやや難易度が高いのでここは練習あるのみです。 これからギターを始めようと考えていた方はさらに挑戦してみたくなったのではないでしょうか。 ギターをまだお持ちでない方にはReReレンタルが提供する『エレキギター入門セットレンタル』というサービスをおすすめします。 このサービスは Gibson直系ブランドのEpihoneの入門モデルセットを1ヶ月13,780円(税込)でレンタルできるサービスです。 教則DVDもついているのでご紹介した簡単な曲以外にも練習することができます。 教則DVD以外にもギターアンプやチューナー、ヘッドホン、ピックなどもついたとってもお得なセットです。 届いたその日から練習を始めることができるとことも嬉しいですよね。 ギターを購入すると数万~数十万はかかるので、まず最初の手始めとしても費用を抑えたスタートができるので安心です。 もちろん延長も可能です。 しかも日あたり100円からできるのであと2週間、あと1ヶ月練習したいと思ったときも気軽に延長ができる金額なのも嬉しいですよね。 周りにギターの経験がある方はその方からでももちろんいいと思いますが、おすすめなのはレッスンに行ってみることです。 プロの講師からマンツーマンで直接アドバイスを受けることができ、自分では気づかなかったクセを発見できたり、練習方法を身につけたりすることができます。 では60分のプロ講師とのマンツーマン体験レッスンを無料で受けることができます。 関東200か所以上のスタジオで受講できるので、家の近くや仕事帰りなどとても行きやすいですね。 無料でアドバイスを受けることができると思って、気軽に足を運んでみてはいかがでしょうか。 ギターをあっという間に上達できるかもしれませんよ。

次の