永野 芽 郁 新 田 真剣 佑。 山崎賢人、新田真剣佑といちゃいちゃ?永野芽郁に叱られ「すみません」 映画「二ノ国」公開直前イベント

山﨑賢人と新田真剣佑が“いちゃいちゃ” 永野芽郁が苦情

永野 芽 郁 新 田 真剣 佑

新田「今までの自分の演技では、かなり体を使って表現していたことに気づきました。 声だけで感情を伝えるのが、最初はむずかしくて……」 芽郁「体、動かしましたか?」 新田「動かさなかった。 そのほうが声だけに意識を持っていきやすかったから。 芽郁ちゃんは?」 芽郁「私も動かなかったです。 腕をずっと組んでやってました」 新田「へぇ〜! 落ち着くから?」 芽郁「そうかも。 手持ちぶさたになるじゃないですか。 かと言って、手をぶらぶらさせてるのも落ち着かなくて。 腕を組んで自分の体をぎゅっとしながらアフレコしてました」 新田「僕と一緒にアフレコをした(山﨑)賢人は、わりと動きながらやってたかも。 僕とは真逆」 芽郁「みんなちがうんですね。 ていうか、一緒にアフレコできたの、うらやましい。 私はひとりぼっちだったから……」 新田「芽郁ちゃんとは1回も一緒にならなかったもんね」 芽郁「はい。 正直、さみしかったですけど、2人が先に収録された部分もあって、その声を聞きながらやれたので、テンションを合わせやすかったです。

次の

永野芽郁、山﨑賢人と新田真剣佑「どっちが好き?」究極の選択に「どっちもいける」 映画『二ノ国』公開記念舞台あいさつ

永野 芽 郁 新 田 真剣 佑

新田真剣佑&永野芽郁、山崎賢人主演「二ノ国」でアニメ声優初挑戦 恋人同士の男女に 2019年6月11日 05:00 永野芽郁は1人2役にも挑戦 C 2019 映画「二ノ国」製作委員会 [映画. com ニュース] スタジオジブリ出身のが監督、が主演を務める長編アニメ「」の追加キャストが発表され、とがアニメーション映画の声優に初挑戦することが明らかになった。 レベルファイブの氏が原案・脚本・製作総指揮を務め、人気ロールプレイングゲームをアニメ化する本作は、現実世界「一ノ国」と、一ノ国と並行する魔法世界「」の2つの世界が舞台。 には、一ノ国と同じ顔の人間たちが存在し、同じ顔の者同士は命もつながっている。 車椅子で生活する高校生のユウと親友のハルは、ある事件に巻き込まれた幼なじみのコトナを助けようとして、に引き込まれてしまう。 ユウ、ハル、コトナの3人は幼なじみで、ユウとハルは親友同士、ハルとコトナは恋人同士でもある。 バスケ部の人気者ハルを演じる新田は、「声優というお仕事は新しいチャレンジで、アニメのアフレコは、いつもの芝居と違い声だけで伝えなければならない難しさもありましたがとても楽しかったです」と振り返り、「ハルという役は、見習いたいぐらい真っすぐな人で、親友のユウと共に現実の世界『一ノ国』と魔法の世界『』をある出来事をきっかけに行き来し、コトナを巡る究極の選択に迫られていきます。 是非、完成を楽しみにしていてください」とアピールしている。 一方の永野は、コトナとアーシャ姫の1人2役に挑んだため「2役を演じるのはとても難しくて、頭をフル回転させました。 自分ひとりで画面と向き合って演じるというのも不思議な感覚で、体力を使ったという気がします」とアフレコ時の苦労を吐露。 「普段は学生を演じることが多いので、私自身はアーシャ姫の方が難しいと思っていたのですが、日野さんから『お姫様の方が、声が合っている』とおっしゃっていただけたことは新しい発見でした」と明かしている。 山崎、新田、永野のほか、、、、、らが出演する「」は8月23日から公開。 (映画. com速報)•

次の

【エンタメ】永野芽郁、山崎賢人&新田真剣佑の仲の良さにジェラシー「そろそろ…」

永野 芽 郁 新 田 真剣 佑

アニメーション映画『二ノ国』の公開直前夏休みイベントが14日、都内で行われ、声の出演をした山﨑賢人、新田真剣佑、永野芽郁が登壇した。 3人の高校生の青春や葛藤などを描いている映画にちなみ、夏休み真っ最中の中高生を招いて行われたイベント。 それぞれの高校時代について聞かれ、山﨑は「何をやっても楽しかったなという印象」だといい、「18で車の免許を取ったので、すぐ海に行って、花火をして、それこそ夏なんでやったなーという思い出があります。 青春してました」。 アメリカで育った新田は「15歳半で仮免を取って、16で運転しながら学校に行ってたんですよ。 友達を迎えに行って、乗れよ!って(笑)。 17歳から日本に来て、いろんな作品に出させていただいて、いろんな作品のなかで青春させていただいたなというのが大きいです。 (山﨑と)一緒に出演したり、芽郁ちゃんとはドラマをやったり、一つひとつが青春です! 以上です!」と、笑った。 「すごいねー、学校まで車ですって! 私なんか電車ですよ!」と、永野。 自身の青春は学校帰りのファミレスだといい、「ひたすらドリンクバーでつなぐみたいな。 今ではなかなかできないので、学生ならではだったなあって思います」。 最長5時間ぐらい滞在したことがあるといい「迷惑なお客さんですよね」と苦笑いだった。

次の