ゆっ て ぃ mr。 新卒MRと中途MRどっちが優秀?

#ゆっふるーむ

ゆっ て ぃ mr

たとえばバーチャルの3Dボールを壁に向かって投げた場合、ARだとすり抜けてしまいます。 つまり、リアルとバーチャルが相互に影響し合う世界、それがMRなのです」(安井さん) 「そのため、融合する仕組みも異なります。 ARはスマートフォンのアプリなどを介し、位置情報やマーカーに反応してコンテンツを表示します。 では、VRとの違いはどんなところにあるのでしょうか? 「VRは、CGやビデオで構成された、完全なバーチャル世界です。 現実世界との連動がないという点がMRと異なります。 似ているところは、MRもヘッドマウントディスプレイ(以下、HMD)に似たデバイスを装着するという点です。 また、デバイスを装着したユーザーの映像を、スクリーン上で共有することができる点も同様です」(王さん) MR用のデバイスは透過レンズ仕様。 レンズを通して、MR(複合現実)の世界を体験できる。 「はい、その表現がいちばんわかりやすいかもしれません。 ただし、VRは完全な仮想世界により没入感を演出できますから、ゲーム分野はVRの方が向いていると思います。 MRの強みはやはり、リアルな空間とバーチャルを融合できる点にあります。 VR用のHMDは、あくまで映像を見るためのディスプレイですが、MR用のデバイス(現在は「Microsoft HoloLens(マイクロソフト ホロレンズ)」が主流)はパソコンに近く、『次世代型のスマートフォン』とも呼ばれています。 スマートフォン同様、OSとカメラを内蔵しているので、メールやスカイプはもちろん、動画や写真の撮影なども可能です。 そのためスマートフォン同様、さまざまなビジネスシーンで利用できる可能性が高いのです。 たとえば、まだ製品が完成していない新商品を発表する場合でも、MRを使えば、商品の細部に至るまで、全角度から見せることができます。 また弊社が提供しているMRの第三者視点可視化ソリューション『DataMesh Live! 』を使えば、一人ひとりがデバイスを着用している必要はありません。 デバイスを装着している人が体験しているMRの映像を、スクリーンやモニターに映し出すことで、その場にいる全員でMRを体感することができます」(王さん) 「その他に、ショールームでも利用されています。 そうしたサービスが広がれば、そこに立体型の新しいデジタル広告が生まれる可能性もあると思います」(安井).

次の

MRのディテールは4人に1人処方に結びつかないって結果が出たけど実際はもっと多いと思う話

ゆっ て ぃ mr

みなさんこんにちは。 現役オンコロジー(抗がん剤)専門MRのゆってぃーよ。 皆さんは新卒MRと中途MRのどっちが優秀だと思う? 私の経験と周りのMRを見ていて思うことをお伝えするわね。 学歴でいれば圧倒的に新卒MRが優秀 学歴で見れば圧倒的に新卒MRの方が輝かしい学歴をお持ちだと思うわ。 新卒で製薬会社に入社するのは本当に大変みたいね。 青春時代を全て勉強に費やしてきた可哀想な人もよく見るわ。 対して中途MRは学歴は様々ね。 特に異業種からMRになった人なんかはFランク大学出身者を私を含めてよく見るわ。 また日体大や国際武道大学みたいな 脳みそ筋肉の人も知り合いでいるわよ。 中途入社は社会人として何をしてきたかが重要なので学歴よりも、職務経験が重要だから大学名はあまり関係がないのよね。 新卒MRの特徴 大学入試、新卒採用に勝ち抜いてきた人達だから、 とにかくエリート意識が強いわよね。 自分が努力してきた結果なのでプライドを持つことは大切だと思うわ。 でもね融通が効かない人が多い気がする。。。 MR活動って所詮、薬屋の営業だから泥臭い事をしなきゃいけない時もあるのよ。 特に医者や薬剤師に無下にされたりゴミ扱いされる時もあるのよ。 その時にプライドが邪魔をして心が折れたり、そのような困難先を避ける傾向が強いわね。 あとは 新卒のお坊っちゃま時代からの人脈の中で生きているから、コミュニケーション能力が低い人が多い気がするわ。 特に国内企業は年齢や社歴にこだわって中途MRを少し下げて見る傾向も強いわよね。 ま〜あ、中途でいきなりきた年下が自分よりも職位も年収も上って事があるから理解できないのよね。 それが嫌なら、その人も転職してキャリアアップすれば良いのに、そこまでの勇気や行動力もない人が多いのよね。 中途MRの特徴 低学歴でも、営業センスや気合と根性を兼ねそろえている人が入社してくるから、 結果を出すために何でもするような人が多いわね。 一見、良い事なんだけで製薬業界には様々な業界ルールや法律があるから何をしても良いってわけじゃないのよね。 コンプライアンス違反などで処分される人は中途MRの方が多いわね。 あとは中途MRは会社を辞めて来ているから、覚悟も勇気もある人が多いわね。 新たに社内人脈も1から築きあげる必要があるから対応能力が高い人が多いわね。 新卒MRに比べると会社への依存性が少なくて「会社に雇ってもらう」というよりは「会社を利用する」という価値観のMRが多い気がするわ。 まとめ 新卒MRと中途MRだとMRとしての 戦闘能力は中途MRの方が優れているわね。 新卒MRが学生時代に決めた企業にずっといるから会社への依存度が高い気がする。 一番、 戦闘能力が高いMRは新卒MRのような学生時代に自制心を持ってしっかり勉強して、有名大学や企業に内定を出せるような結果を持っている、営業センスのあるMRが理想よね。 中途が必ずとも優秀だとは思わないけど、強い覚悟と行動力がある人は生き抜く力も強いと思うわ。 今のMR活動に不満があるなら、転職してキャリアアップしてみてはいかがかしら。

次の

www.instavin.comen Official Channel

ゆっ て ぃ mr

みなさん、こんにちは。 現役オンコロジーMRのゆってぃーよ。 いつまで続きますかね。 GW明けから今まで通りの世界に戻る事はほぼないでしょうね。 夏まで?少なくとも年内は続くと言っている人もいる。 いずれにしろ、もうしばらくMRの在宅勤務は続くでしょう。 今日は、いつになるかは分からないけど長期間、活動自粛していた製薬会社やMRが収束後にどのようになるのかを考えていきたいと思います。 コロナ感染時にMRが来なくても問題なかったからMR不要論が加速する? MRが病院に来なくても医療従事者側からしたら問題もなかったから、やっぱりMRは不要でしょう。 なのでコロナが収束したらMR削減が加速される!? MR削減という結末には違いはないんだけど、もう少し過程があると思う。 医療機関にMRが来なくても困らないなんてコロナ関係なく言われていた事でしょう。 それでも人海戦術して大量のMRを病院に送り込むことによって利益を得ていたのが製薬会社のビジネスモデル。 この前提で考えたら医療機関にニーズがあろうがなかろうが製薬会社はMRを大量に送り込み続けると思う ここで考えなければならない事はコロナが収束しても医療機関が訪問規制を掛けたままでMRの訪問を受け付けないケースが出てくるという事。 製薬会社は大量のMRを病院に送り込みたいけど病院の訪問規制が厳しいままで訪問出来ない。 例えば今までは1日10軒訪問していたMRが1日2軒しか訪問出来なくなる。 1日2軒しか訪問出来ないのであれば今の人数は不要になる。 結果、MRを削減する。 結果としては「MRが削減」される事に間違ないんだけど、このように理由と時期が異なる。 MR不要論から削減されるのではなくMR不要論なんてとっくに自覚してるけどMRを大量に医療機関に送り込めば金儲けが出来る。 このロジックが崩壊する事によって、MRが削減される。 医療機関の訪問規制が厳しくてMRを大量に医療機関に送り込む事が出来ずにあぶれるMRが出てくるから削減する。 なのでコロナ収束後、即に削減を加速されるよりは少しタイムラグがあり、どうにか医療機関に訪問しようと企むも結果、訪問出来ずに削減されるので収束後1年くらいしてから削減が加速されるんじゃないかと予測する。 生命関連品の医薬品を取り扱う製薬会社はコロナは追い風?逆風? 目先の事を考えたら大きな影響はないでしょう。 コロナ感染が怖いから薬をもらわないという事はないと思う。 逆に新型コロナの治療薬開発するなどのプレスリリースが発表されれば企業価値が高まり株価は一気に上がる。 しかしながら良い事ばかりではないでしょう。 治験の進行が遅れ出したのは、かなりのピンチだと思うよ。 臨床試験のエントリーが思うように進んでいないというニュースも数社既に発表している。 治験が遅れれば発売される時期が遅れる事になる。 薬には特許期間があるので1年発売が遅れれば後発品がない時期が1年短くなる事を意味する。 延長申請などもあるけど一般的には特許を申請してから20年という期限がある。 特許期間は発売からの期間ではなく化合物に対して申請してからカウントダウンが始まる。 なので発売が1年遅れるって事は最終的に得られる利益が大きく減ってしまう事を意味する。 また直近の話で言えば、慢性疾患の薬剤を定期的に処方されている患者は1回あたりの処方数を増やして来院回数を減らしている。 結果、今までとは発注のサイクルが異なっている。 この目先のサイクルのギャップに、うろたえる管理職が増えてくる。 「発注がないから他剤に切り替わってしまったのかしれない!今すぐ電話して確認しろ!」みたいな。 そして2月くらいから健康診断の実施率が格段と下がっていると言われている。 健康診断を受診しないという事は病気が見つからないので直近では新患が減って薬剤の売り上げが伸び悩む事はあると思う。 そして健康診断で早期診断がされずに進行した病気が後から発見される事になる。 癌の話で言えば早期で発見できれば手術適応だった患者が発見が遅れて手術不能になり延命の為の抗がん剤治療からスタートされる事もあるでしょう。 そうなればキチガイMRが「候補症例発見!」と歓喜するんでしょうね。 新型コロナが収束したら製薬会社は?MRは?どうなるのか考える話のまとめ MRが絶対的に必要な存在ではない事は以前からずっと言われていた事。 それでも人海戦術で医療機関にMRを送り込んで利益を確保していた。 その中でコロナが収束しても医療機関がMRの訪問規制を今まで通りにはしないと思う。 結果今までのようにMRが訪問出来ない。 なので、やる事なないMRが削減されていく。 人海戦術で日々病院に訪問しているMRってどんな領域でしょうね。 既に明確よね。 そして所長達はコロナの影響で薬剤の発注サイクルが狂った事に右往左往するんだと思う。 製薬会社として考えてもコロナの影響で臨床試験が遅れる事は特許期間の短縮を意味するので結果的に大型製品であれば何百億円という損失に繋がりかねない。 また感染流行で健康診断の受診が下がり病気が進行した状態で発見される事も増えてくると思う。 そしたらキチガイMRが「候補症例確認しました!」と歓喜するんでしょうね。

次の