キジ猫 性格。 キジトラ白(キジ白)はどんな猫?性格や特徴・飼い方のコツについて

キジトラ猫の性格は暴れん坊!?飼い主にだけ甘えるその心理とは?

キジ猫 性格

com サバトラ猫の特徴ある毛色 サバトラ猫(灰トラ、銀トラ)とは、日本猫(和猫)を毛色で分類したなかの一種です。 血統種のように認定機関があるわけではないので、その特徴には諸説あります。 虎のような黒い縞がある猫のなかで、地色が魚のサバのようなグレー(銀色)を特徴とする猫が、通称サバ猫(サバトラ猫)です。 さらにお腹が白いのがサバ白と呼ばれます。 アメリカンショートヘアにも似た毛色があります 血統種のにもサバ猫に似た毛色があり、英語で「シルバー・マッカレル(タビー)」と呼ばれます。 マッカレルはサバのことですが、この場合はトラ柄を意味します。 日本のお魚屋さんのサバは銀色のお腹が人目を引く特徴ですが、西洋サバは背中にあるトラ柄のほうが目立つためです。 アメショーに特徴的な渦巻き模様(マーブル)は、原種に多いのでクラシックと呼ばれ、シルバー・クラッシックタビーというのがポピュラーな渦巻き柄です。 猫の性格と毛色の特徴 実は猫の性格と毛色の関係は、まだよくわかっていません。 猫の毛を決定するのは遺伝子ですが、まったく同じ遺伝子をもったクローン猫でも、ちがった毛色になることが知られています。 同じ設計図で家を建てても、調達できる材料や大工さんの腕で外観はちがってくる、ということでしょうか。 com サバトラ猫(サバ猫)の起源 日本猫は、もともとキジ猫だったと言われています。 鳥の雉というと、桃太郎の家来の顔が赤く喉から胸が緑の派手な色が特徴ですが、あれはオスです。 メスの雉は地味な茶系統の色です。 この茶系統のキジ猫が変化したか、外国から持ちこまれた洋猫との交配の結果によって、グレーの毛色が特徴のサバトラ猫が生まれました。 キジトラ猫は日本猫の祖先に近いことから、性格的にも野性味が濃くワイルドで見知らぬ人にはシャーッ、と威嚇したりします。 ところが、このキジ猫から派生したサバ猫は、フレンドリーに懐くか警戒して逃げるか、二つに分かれたのです。 いったい、何があってそのような性格になったのでしょう? サバトラ猫(サバ猫)の性格形成 日本で元々キジ猫が繁栄していたのは、茶系統の色が保護色となって外敵から身を守るのに有利だったからです。 サバ猫は、茶色の猫より目立つために敵に狙われやすかったので、警戒心を研ぎ澄ませて身を守る性格と、人間の懐に入り守ってもらうチャッカリな性格に分かれたと考えられます。 毛色に白が加わったサバ白が賢いと言われるのは、さらに目立つ白色という弱点を持ちながら生き延びるには、賢くなければならなかったから。 でもさすがに、ここまで行くとこじつけの感がいなめませんね。 サバトラ猫(サバ猫)の魅力.

次の

猫は毛色で性格がわかる? 色や柄による性格の違いと見分け方 [猫] All About

キジ猫 性格

猫は毛柄ごとに性格が違うと言われます。 でも、本当でしょうか? それを真面目に調べた研究があります。 その調査を指導した元東京農業大学教授で、『トラねこのトリセツ』(東京書籍)などの監修がある動物学者の大石孝雄さんに説明してもらいました。 飼い主との相性についても傾向があるそうです。 調査は、東京農業大学で首都圏の飼い猫244匹を対象にして飼い主にアンケートして、2010年にまとめたそうです。 「おとなしい」「おっとり」「甘えん坊」「気が強い」など17項目について、それぞれ5段階で評価してもらったものです。 茶トラ、茶トラ白、キジトラ、キジトラ白、ミケ、サビ、黒、黒白、白の9種類に分けて、平均値を出しました。 数字が大きいほど、その性格の傾向が強いと考えられるそうです。 茶トラなど、猫の毛柄と性格。 数字が大きいほど、その性格の傾向が強いという(「トラねこのトリセツ」から) ミケなど、猫の毛柄と性格。 数字が大きいほど、その性格の傾向が強いという(「トラねこのトリセツ」から) 「穏やかな茶トラ」は初心者向き トラ柄は毛色によって性格が少し異なるといいます。 中でも「茶トラ」はフレンドリーで飼いやすいようです。 「トラの毛柄に共通するのは『甘えん坊』な面です。 茶トラはわかりやすい結果で、『おとなしい(3. 6)』『おっとり(3. 6)』『温厚(3. 3)』が、他の毛柄に比べて高く、『攻撃的』な面が一番低い。 穏やかな『茶トラ』は初めて飼う方に向きそうですね」 トラの中でも「キジトラ」は原種とされるリビアヤマネコに似ていて、野生の本能がもっとも色濃く残っているといわれます。 好奇心旺盛といわれるキジトラ白 「キジトラとキジトラ白は、『人なつこい』『好奇心旺盛』『賢い』面が目立ちます。 キジトラの毛柄は、身を隠すのに好都合で自然界で生き延びやすく、ハンターとしても優れています。 その利点がイエネコにも引き継がれたのでしょう。 ただし、茶トラ同様『食いしん坊』なので肥満しやすい面も。 サバトラのデータはありませんが、経験から、キジより消極的な場合が多いようです」 ちなみに野良猫と放し飼い猫の調査では、510匹のうち約55%がトラ猫で、キジ(白含む)は164匹、茶トラ(白含む)は107匹。 キジとトラの比較ではキジが倍(74:36)で、キジトラは全体でも32%を占めたといいます。 お嬢様気質だとされるミケ 「ミケはお姫様、白猫は賢い」 ミケは遺伝子の仕組みからほぼメスに限られ、オスは3万匹に1匹しか生まれないとされています。 「ミケは人の好き嫌いがはっきりしていてマイペースなタイプが多い気がします。 『甘えん坊』や『賢さ』が目立つ一方で、『気が強い』面も。 わが家でもミケはパンチが得意で、猫からも人からも一目置かれる存在(笑)。 毛柄の遺伝子から見るとミケに近いのがサビ(茶と黒のニケ)で、この毛柄もほぼメスのみ。 サビはミケよりわがままで、『臆病』な傾向があります。 「全体的にキジの結果と似ていて、ある意味、猫らしい猫、と言えるでしょう。 口元にハートがあったり頭にかつらのような模様があったり、模様の大きさの違いが性格に影響を及ぼします。 白い部分が多いブチ猫は、単色の白猫の性質に似ているかもしれません」 同じ単色でも、白猫と黒猫では性格に違いがあるそうです。 「白猫で目立つのは『賢い』こと。 自然界で、目立つ白い色で生き残るためには、慎重さ=賢さが必要なのかもしれません。 同じ単色でも黒猫は『甘えん坊』な子が多いようです。 黒猫はもらい手探しが大変という話も聞きますが、一度飼うと魅力にハマるようです。 幸運のお守りという説もありますよ」 自然界で生き延びるために賢くなった?白猫 人との相性もそれぞれ 飼い主のライフスタイルによって、合う猫と合わない猫がいるそうです。 「たとえば1人暮らしや共働きなどで一緒にいる時間が少ない場合は、活発すぎる猫より、おっとりした傾向の猫と暮らすほうが良いのかもしれませんね。 臆病で神経質な傾向の猫は、騒がしい環境よりは静かな家の方が向くでしょう」 猫の性格によって、飼い主に求められる資質もあるそうです。 「甘えん坊な性格の猫とは、しっかりコミュニケーションをとってあげてください。 気分屋の猫の相手をするには、飼い主さんにもある程度の余裕が必要かもしれませんよ」 個々の猫が持つ性格を見きわめて飼い始めることも可能です。 また、猫の毛柄と性格の関連性については、色素を形成する遺伝子と感覚機能や行動、神経機能に関わる遺伝子との関係などが推測されていますが、詳しく解明されているわけではないそうです。 【関連記事】 ・ ・.

次の

猫は毛色で性格がわかる? 色や柄による性格の違いと見分け方 [猫] All About

キジ猫 性格

・茶トラ ・黒 ・白 ・三毛 ・サビ ・キジ ・はちわれ 茶トラ まずは言わせてください。 我が家のアイドル、 茶トラちゃん。 茶トラはオス猫が多いそうです。 遺伝的なもので、メスは少ないとか。 性格はひょうきんで明るく、 人間も猫も大好きなようです。 愛らしい容姿と気質で大人気! 始めは人見知りでも、きっといいパートナーになりますよ。 黒 一見するとクールなイメージの黒猫ですが、実は飼い主想いのなつっこい性格。 撫でてもらうのが大好きで、人のおひざにきたり、抱っこをせがんでくる猫ちゃんもいるとか。 …いいですね!抱っこしたい!!(>< 人間や環境をよく観察してくれる、 空気の読める猫とも言えるでしょう。 (茶トラはKY気味です…) 私も近所の動物病院で、「猫飼い初心者なら黒猫がおすすめ」と、紹介されてことがありますよ。 気品に満ち溢れ、なれ合いを好む子は少ないそうです。 高貴な生まれの雰囲気出てますよね。 学習能力は抜群で順応性はありますから、もしも飼い始めに懐かなくても、時間をかければ慣れてくれるかな(^^ 白猫でもなつっこい子もいますね。 そんな 美しくて可愛い子に出会えたら、誰もが家に連れて帰りたくなるでしょう。 三毛 私の実家で買っていた三毛猫はメスで、 なんと20年生きました。 そのせいか、長生きのイメージがある三毛。 日本にいる雑種の他にも、スコティッシュホールドなど、外国種でも三毛柄の猫がいます。 プライドが高く、飼い主よりも自分が偉いと思ってるみたい 笑 綺麗好きで女子力の高い、 お姫様のような気質を持っています。 数がいないので、とても希少価値があるそうです。 こちらの記事にまとめてみました。 むっつり顔もぶさ可愛いですが、本当は怒ってないかも? マイペースで周りに合わせず、抱っこを嫌がったり、自分の思い通りにいかないと、イライラしやすい短気な性格。 なんだか耳が痛いです -"- 私も短気~ でも、考えようによっては猫らしい猫ともいえるかな?個性的な模様でよその猫にはない魅力もあり、 アイデンティティを感じるデザイン。 社会に飼いならされることに慣れた私達現代人にとって、目標とすべき存在! …かもしれません 笑 キジ ジキトラ・サバトラなど、呼び方もたくさんあります。 細かいラインが無数に入った、 サイケデリックな柄の猫達。 アメリカンショートヘアーとはちょっと違いますね。 アメショは 泥棒みたいな柄(いい意味で) キジトラは神経質な子が多く、決まった相手にしか心を許さないとか。 友人宅の猫も キジトラですが、私が遊びに行くとサッと逃げて、まるで私が見えていないような素振りをしてくれます。 辛いッス(-- 頭がいいのでしょうね。 何をするかわからない相手には、 近づかずに身を守る。 その分、飼い主にはベッタリですって。 タマランですね。 キジ猫も捨てがたい! はちわれ 目の周りをグルンと黒で覆うような、記憶に残りやすい柄のはちわれ。 私の子供たちは、 マスク猫ちゃんと呼んでいます。 覆面ぽいでしょう? 笑 はちわれは好 奇心旺盛で、いつまでも子猫のように遊びまわり、家の中でも暴れまわると聞きますね。 結局、飼い始めたらその子が一番かわいくて、どんな柄でも 愛らしく見えてきますよ。 私の一押しは 茶トラ!なんだかんだ言っても可愛いですね。 我が家の茶トラちゃんが巻き起こす、ドジで面白い騒動に、家族全員で大爆笑。 素敵な愛猫を見つけてくださいね。

次の