ギガ らく wifi。 NTTギガらくWi

【NTTのギガらくwi

ギガ らく wifi

オフィス導入で業務の効率を上げる オフィス導入でのメリットは、 従業員の利用状況の把握ができる事と、 業務用ネットワークの目的以外の利用制限ができることです。 また、Wi-Fiのアクセスポイント装置(ルーター)が周囲の端末のWi-Fi電波を検知する仕組みを利用して、 来訪者数や滞在時間などの情報を収集し専用サイトで確認できます。 オフィスでは、従業員や来客のWi-Fi利用状況の把握に役立ちますね。 さらに、 業務に必要のないアプリや危険なアプリへのアクセスを制限する機能も搭載してます。 間違いなく社内の業務効率は上がりますね! 店舗のフリーWi-Fi導入で集客アップ アクセスポイント1台あたり端末50台接続可能なので、満足のいくWi-Fi環境が構築できます。 さらに例えば店舗様ハイエンドプラン、ハイエンド Exプランで利用できる 「Facebook Wi-Fi」機能が便利です。 Facebook Wi-Fiは、 お客様が店舗のFacebookページにチェックインすることでWi-Fiが利用できるようになる機能です。 ギガらくWi-Fiのオプション ギガらくWi-Fiのオプションは3種類あります。 訪問修理オプション 24時間年中無休で受付、通常郵送による故障機器の交換を訪問して対応します。 LAN給電オプション ACアダプタの代わりに、LANケーブルからWi-Fiアクセスポイント装置に給電できる LAN給電装置をレンタルするオプションです。 IoTサポートオプション 主に 農業や工業向けのオプションになります。 Wi-Fiと組み合わせて利用する対応センサーデバイスや対応クラウドサービスの導入・運用をサポートします。 「ギガらくWi-Fi ハイエンドExプラン」、「ギガらくWi-Fi ハイエンドプラン」のオプションサービスです。 製工場IoTセンサーが製造ラインの稼働状況を収集・可視化• あらかじめ設定した信号灯の色変化時にメールで通知• 工場IoTカメラで異常を通知・自動録画• 対応クラウドサービスから稼働状況を遠隔確認 ギガらくWi-Fiのプランと月額料金 「ギガらくWi-Fi」は4つのプランがあります。 料金と内容を確認してオフィスや店舗の用途にあったプランをお選びください。 ベーシック ライト ハイエンド ハイエンドEx 接続端末限定 〇 〇 〇 SSID別のアクセス制限 〇 〇 〇 通信帯域設定 〇 〇 〇 電波オンオフのスケジュール 〇 〇 〇 来訪者向けWi-Fiインターネット 〇 〇 〇 Facebook Wi-Fi 〇 Japan Wi-Fi連携 〇 無線マルチホップ 〇 電波出力自動調整 〇 ブラウザ認証(メール&SNS) 〇 〇 ダッシュボード(利用状況表示画面) 〇 指定アプリケーションブロック 〇 アプリケーション帯域制御 〇 指定Webサイト表示 〇 〇 接続ユーザー認証 〇 お客さまサーバー連携 〇 価格と使える機能を総合的に比べてみると ライトプランがかなりお得であることが分かります。 特に店舗や事務所などセキュリティに気を遣わなければいけない環境では 、安心・安全は最優先事項ですよね。 アクセス制限機能 Wi-Fi接続用のIDとパスワードは従業員ごとに発行することで、あらかじめ登録した従業員しか社内のWi-Fiにアクセスできません。 特定のアプリをブロック 業務に必要のないアプリや危険なアプリの利用を制限できます。 例えば、会社で認めていないオンラインストレージへのアクセスを禁止することも可能です。 不審な利用をチェック Wi-Fiの利用状況を専用サイトで確認できるので、普段使わないアプリを利用していないか、業務時間外などに心当たりのない通信が発生していないかなどをチェックできます。 ギガらくWi-Fiを導入すれば従業員のWi-Fi利用を徹底管理ができますね。 「ラプター限定フレッツ光キャンペーン」は、 「ご契約いただくプロバイダ」と「お申し込みのオプションの数」によってキャッシュバック額が30,000~75,000円と大きく変わります。 フレッツ光申し込み時に ギガらくWi-Fiライトプランをご契約いただくと、 キャッシュバックが10,000円増額されますよ! ぜひキャンペーン詳細をご確認ください。 法人向けWi-Fiサービス「ギガらくWi-Fi」を徹底解剖【企業様店舗様必見!】のまとめ フレッツ光の「ギガらくWi-Fi」について解説いたしました。 企業様向けに特化したWi-Fiサービスなので、 セキュリティ面で安心・安全の無線LAN環境を構築でき、 来訪者にも気軽にWi-Fiを提供できるようになります。 ギガらくWi-Fiの各プランの内容をまとめた表がこちら。 プラン 月額料金 (税込み) 利用期間 接続台数 備考 ベーシックプラン 3,278円 2年 50台 ライトプラン 2,200円 2年 30台 ハイエンドプラン バリュータイプ 3,630円 5年 50台 利用できる機能が多い ハイエンドプラン 4,928円 2年 50台 利用できる機能が多い ハイエンドExプラン バリュータイプ 6,050円 5年 50台 防水・防じん対応 ハイエンドExプラン 9,350円 2年 50台 防水・防じん対応 ご自分のオフィスや店舗の用途にあったプランをお選びください。 フレッツ光とギガらくWi-Fiライトプランを併せて導入を検討している場合は、フレッツ光 正規代理店のラプターにお気軽にご相談ください。

次の

ギガらくwi

ギガ らく wifi

はじめに断っておきます。 これからする話はすべて、サービスを受けて満足している人には関係のないことです。 商売のやり方が、余りにもお粗末なところがあったので、記事にしました。 店にかかった何本もの営業電話 某電話会社の代理店と名乗る人から電話が掛かって来たことはありませんか? 東京五輪で外国人が増えるからギガらくWi-Fiの導入を勧めてきたり、今の契約内容と同じ金額で、今以上のサービスが受けられるようになると案内されたり。 とてもオイシイ話のように聞こえてしまうのですが、騙されてはいけません。 そもそも論ですが、彼らはボランティアではなくビジネスとしての電話をかけてきています。 当然こちらのコストが、これまでより高くなることも大いに考えられます。 最初に営業電話をかけてきたのは、公衆無線LANとさまざまな業種が対象のポータルサイトさん。 会社が設立されてまだ間もないそうです。 営業の中身は、 サービスの使用に関わる一切の費用を無償で提供するので、店舗のドメインパワーを貸せ(ビッグキーワード2位)というもの。 売名するのには多くの店舗との提携が必要で、今回のような破格の対応をしてくれるのだとか。 リンクするのは勝手にやればいいことなんですが、アクセスポイントとなれば話は違うようです。 「この店はアクセスポイントがあるよ!」 と載せるために、契約を結ぶ必要があるので、向こうの言う通りにサインしました。 営業マン必死の努力による利用料なしの公衆無線LAN。 こちらのサービスに関しては、全く非の打ち所がないものでした。 持ち出し一切なし。 新気鋭の会社ながら、やる事が違います。 とまあこんな感じです。 把握していない業者 それから1年が経ち、某株式会社から電話がありました。 前述とは別口の某電話会社の代理店です。 代理店からはこう言われました。 「春には今のサービスプランが終了するから、今のうちに変えた方がいい!」• 「外国人が沢山来日するから、多くの企業さんも喜んで使ってもらっている!」• 「新しく提案するプランは、今の利用料金と何ら変わりなく、更に良いサービスが利用できるようになる!」 アナウンスの中身はとても魅力的なお話でした。 それでこちらとしては、「無料のものをより良く使えるのか」と勘違いを起こしてしまい、ズブズブの状態に発展していきました。 支払いの内訳を知らない なぜこのような事態になったのか、それは 代理店のいう言葉を信じたこちらに落ち度があったこと。 もう一つは、代理店の 巧妙な言い回しで、支払いの部分がボヤけてしまったことの2点です。 どうやら代理店は、 お客様番号を聞き出せば利用中のサービスプランを覗き見ることは出来るようです。 恐らくはここで、ご本家にアカウント情報を照会しているのでしょう。 ただし、企業努力によって割引が適用されている部分がまったく見えてなかったあたりから察するに、上辺だけで推し量っているようです。 そんな曖昧な情報を頼りにして、彼らは日々営業をしています。 これでは 担当者がいくら誠実で熱意があっても、完全な信用をすることは到底できません!電話による営業の限界があるということですね。 それって大丈夫なの?代理店とは名乗らない営業のやり方 中には電話を切られないようにするため、代理店とは言わずに某電話会社と名乗るところまで出て来ました。 これは、知りうる限り身分詐称なんじゃないかと思いますが、法的には大丈夫なんでしょうか? これは かたり商法といって、本来ならば出る場所に出てもらうような案件です。 また、電話に出た開口一番のセリフも「お世話になっております。 」と、自社と関わりのある企業からの電話かと錯覚させて傾聴してしまいがちに。 こうして話術に長けた彼らの手口で、まんまと騙されてしまうのです。 聞き分けるポイントは、ただ一つ。 某電話会社以外の会社の名前が出て来たら、代理店と疑ってかかりましょう。 電話の相手にもこちらから確認すると尚良し。 本家本元なら別の会社を使うことなんてありません。 こんな事、営業をはじめるにあたって、会社から教育されるはず。 が、それがなかったのは何故なのか? リスクを冒してまで身分を偽る理由の考察 何本もの営業電話を断ってきた中で考えられるのは、「代理店」と口に出した途端契約に漕ぎ着けなくなっているからではないのか。 ここ最近、この手の営業電話は増加する一方で、とにかく多くの会社に片っ端から電話をかけている状態です。 それこそ、営業マンが電話をかけた相手先の会社が、取りたかった契約を別口で交わしていたとしても、一介の代理店は知る由もない。 だから身分詐称をしてまで営業電話という、ある種の綱渡り状態に出ている可能性があります。 業者が原因で契約後に損害が発生した場合の対処法 振り返ればうちはまだ平和に片付いたからいいものの、一歩間違えれば裁判沙汰になったり、理不尽な違約金の支払いが待っていたかもしれません。 支払わなくても済むのなら、誰でもそうするはずですね。 少しでも役に立てればと思い、対処方法をいくつか提示してみました! 業者に直接掛け合うこと まずはストレートにいきましょう。 営業の内容と、こちらの想定していた展開と明らかな違いが出た場合は、直ちに聞いてみてください。 大事なのは筋を通すことです。 向こうも商売でやっている訳ですから、簡単には折れてはくれないでしょう。 正当性がこちらにあると分かっているなら、我慢の時です。 応じなければ元を辿って本家に聞く 営業マンは末端の人間であることが多く、担当者の一存で事を決めることはまずありません。 最悪、向こうのいいようにされて電話が終わってしまうのが関の山。 気分を害しただけで終わるぐらいなら、本家に聞いちゃいましょう。 すると本家は自社の名前に傷がつかないように、また向こうで問題のある対応をしてしまったと判断された時点で、こちらの味方になってくれます。 後日、営業マンから折り返し電話をさせるということで落ち着くので、それまで気長に待ちましょう。 消費者センターか経済産業省に聞く 個人の場合、聞くべき相手は「消費者センター」になります。 物事を順序立てて聞いてくれるので、落ち着いて話してみて下さい。 最善策の提案をしてくれる心強い味方です。 明らかにこちらに正当性があると判断されればいいのですが、そうでなければ話の方向性が曖昧なところに着地してしまう点に注意して頂きたいです。 クーリングオフ制度は契約日から8日以内での適用となります。 怪しげな商材は、どうかそれまでに見極めて下さい。 個人対会社などは有効な消費者センターも、会社対会社は取り扱わないようになっています。 また、クーリングオフも同様で、個人対会社の場合のみの適用となります。 もし被害に遭ったのが法人の場合は、「経済産業省」に問い合わせるようにしましょう。 ただし、 悪質性の高い相手でないと、相手にしてもらえないかもしれません。 弁護士を立てて本気で争う準備を始めた いざ支払いになった際に、引き落とし額が明らかに増えているのに気がつきます。 当然です、ゼロだったのにマイナスが出ているのですから。 そこで経理担当者がどういうことだと突っついてきて、今回の件が露見しました。 逃げの一点張りで交渉に応じようともしない。 もちろんすぐに問い合わせましたが、コール音を10分近く鳴らしても出ようともしない。 散々待たせた挙句の果てに、やっと繋がった電話で担当者不在。 折り返すと言われたのに2週間待っても梨の礫。 上場企業が聞いて呆れます。 舐められっぱなしのまま、向こうが全くのダメージを受けていないのは間違っている。 世の中それじゃ通らないという想いから、裁判のための準備を始めました。 こちらは細かくなるので割愛します。 本家に解約の電話を入れた時のこと 埒が明かないので、本家からサービス解約の電話をすることにしました。 すると本家の担当者が、サービスに不満があれば教えて欲しいという質問をくれたので、ここぞとばかりに言い放ちました。 すると代理店と担当の名前を聞かれたので某株式会社のAさんだと答えると、早急に返事をさせるように手配すると返ってきました。 さすがは本家です。 観念して出てきた代理店 あれだけ必死だった電話営業も、食えない相手と見るや否やアッサリと引き下がりました。 労力に見合わないと分からせるのが一番だなと感じました。 それから担当者と経理担当のやり取りをもって、一連の騒動がおわり無事解約の運びとなりました。 一番腑に落ちなかったのは、 終わると言われたサービスでしたが、 本家がいうにはそんな予定はないとのこと。 某電話会社代理店の営業が把握している情報は不確かなもの• 身分詐称してでも契約をとろうとする業者に注意• 本家に聞いても駄目なら経済産業省に問い合わせる 今回は内勤の人に向けた内容でしたが、いかがでしたか? 未然に防止するには、ウェブサイト上に営業電話を丁重にお断りする旨を記載しておくと、効果は高いとされています。 しかし、それでも名前が売れすぎてしまっている会社などは、営業電話なんてどこから掛かってくるか分かりません。 確実に防ぐ方法なんてありはしませんが、毎朝無言でFAXを送って来るスパム業者など、こちらにメリットがないところからの通話は問答無用で着信拒否してしまえばいいでしょう。 向こうの都合に合わせる義理なんてありません。 NTT代理店の営業方法についてのアンケートを実施しております!詳細は下記ページをご参照ください。

次の

NTTを名乗る営業電話に要注意【ギガらくWi

ギガ らく wifi

出典:ギガらくWi-fi ギガらくWi-fiの公式ページによると… 「ギガらくWi-Fi」とは オフィスや店舗で役立つ機能に加え、プロによる導入から運用までの サポートが付いた、 安心・カンタン・ すぐに使えるWi-Fiサービスです。 こんなwi-fiサービス。 また公式ページによると オフィスや店舗むけwi-fiサービス トラブルでもプロが遠隔でサポートしてくれる カンタンにすぐ使える などがギガらくWi-fiのウリ。 つまり 「店舗やオフィスに皆でつかえるwi-fiが欲しいけ、どネット接続とか難しい初期設定なんかは無理!」 という人におすすめのwi-fiサービスという感じでした。 ギガらくWi-fiは源コードとLANケーブルを挿すだけですぐに使える! 出典:ギガらくWi-fi と、届いたWi-Fiアクセスポイント装置(wi-fiルーター)に電源コードとLANケーブルを挿すだけですぐに使える上、1台のWi-Fiアクセスポイント装置(wi-fiルーター)で、多くの端末がWi-Fi接続できるため、来訪者も手軽にギガらくWi-fiに接続できます。 ギガらくwi-fiの料金プランは2種類 ギガらくwi-fiの公式ページによる料金プランは2種類。 バリュータイプ(5年タイプ) 3,300円(税抜) 2年タイプ 4,480円(税抜) 通信速度や端末に違いはなく、単純に契約縛り期間が2年か5年かの違い。 縛りが長い方が月額費用が安くなるようです。 ギガらくwi-fiの公式サイトで料金詳細を確認してみた 上記の料金プランを看るかぎり、月額3,300円~4,480円とお得なwi-fiサービスといえるギガらくwi-fi。 しかしながら料金プランの記載に曖昧な部分もあったため、当ブログ編集部がギガらくwi-fi公式ページのチャットを利用して相談してみました。 ギガらくwi-fiのチャット・オペレーターさんは親切だったが…!! ではギガらくwi-fiのオペレーターさんと編集部のやり取りの一部始終をご覧ください。 そもそもギガらくwi-fiの料金はwi-fi機器の費用にすぎずメインのネット回線は別にフレッツ等で契約しなければなりません。 たとえば以下のWiMAX回線の置くだけwi-fiなら 月間使い放題で最安3,000円台から利用可能なことを考えると毎月1万円という金額はいくらNTT系列とはいえ高過ぎる。 果たしてギガらくWi-fiはおすすめなのか…!? たった今来た電話ですが「GoogleMapの者ですがギガらくwi-fiというサービスが実質無料で・・」GoogleMapの者ってウケるんですけどw NTTさん代理店がまたヤバイことしてますよ〜www いやーー、こうやって調べてみると、ギガらくWi-Fiの電話営業のやり方って、マジでfuckだなー。 TELだけで、勘違いさせても契約取れるから、これだけ代理店が力を入れて営業してるんだ! 何社も代わる代わる営業くるから、おかしいと思った。。 昔からNTTの商品って、こういう狙ったの多いよね、 ギガらくWi-Fiの営業電話でNTTが設置しているFreeWi-fiの機械が廃止になるのでギガらくに切り替えてくれみたいな事を何度も言われたが、今日NTTからFreeWi-fiの機械を最新のものに無償で交換すると電話が来たので廃止するって代理店が言ってたよと聞いたらそのような予定は全くございませんとの事ww NTTギガらくWiFiの営業電話がかかってきた。 電話後調べたら 恐らく60ヶ月の契約のしばりがあるようなのでご契約時は慎重にご検討のうえ 判断することをお勧め致します。 電話での速契約はご注意を。 簡単にいうと電波の強いWi-Fiの機械をつける内容でした。 NTT東の代理店というところからギガらくWi-Fiの営業。 メールのドメインも怪しいし、大丈夫かと思っていたら自覚のないまま契約が進んでおり、NTTからその会社に支払が移管するとのこと。 2年契約で解約金も高い。 (続 実家に帰ったら、普通の家庭は使う必要がない「ギガラクWi-Fi」というサービスを父が勝手に契約していて、解約しようとすると20万円近く違約金が取られることが分かり最悪のお正月スタート!!! NTT代理店からの営業電話キッカケで契約したらしいが、なぜ先に自分に相談してくれなかったのか…。 以上となります。 營業電話がしつこい、説明が紛らわしい、慌てて解約しようとしたら違約金が20万近かった…などなど營業や勧誘の部分に不満をもっている利用者の書き込みが多数発見できました。 逆にギガらくwi-fiを利用して満足だというクチコミはほぼ皆無…。 何れにせよ月額費用や解約費用についてきちんと理解してから契約されることをおすすめします。 ギガらくwi-fiの違約金と解約費用 ギガらくWi-fiには2年プランと5年プランの2種類があり、それぞれ解約費用は以下のように設定されています。 最低利用期間の途中で解約された場合、残月数に応じた所定の解約金を一括でお支払いいただきます。 ギガらくwi-fiの半額以下!! WiMAXの置くだけwi-fiがおすすめ 編集長 ここまでご覧いただき 「うーーん、ギガらくWi-fiは微妙な気がする…」とお考えの方。 結論からいうとフレッツ光の契約など不要、 月額3,500円程度で月間無制限につかえるwimaxのホームルーターがおすすめ! 以下、ギガらくWi-fiとwimaxをいろんな角度から比較してみました。 ギガらくWi-fiとwimaxのホームルーターを徹底比較 【ギガらくWi-fi】 【wimax】 通信速度 最大1. 3Gbps 最大1Gbps 同時接続機器 50台 42台 初期設定 コンセントに挿すだけ コンセントに挿すだけ その他 来訪者向けWi-Fiインターネット機能 FacebookWi-Fi機能 TXビームフォーミング対応 サポート プロが365日サポート 契約プロバイダへメールやチャットで相談可能 月額料金 ギガらくWi-fi:3,300円~ その他光回線・プロバイダ費用 使い放題3,411円~ Broad WiMAX利用時 ベストエフォート型のネットサービスにおいて、下り最大の通信速度は正直アテになりませんが、スペック的にはギガらくWi-fiだと1. 3Gbps、wimaxのホームルーターなら1Gbpsより若干上。 また同時接続できるwi-fi機器の台数もギガらくWi-fiの方がやや多かったです。 どちらも端末が届いたら100Vコンセントに電源コードをさし、LANケーブルで接続、またはwi-fiパスワードを接続するだけで簡単にネットに接続可能。 もっとも大きな違いはシンプルに月額費用の違いでした。 ハイエンドプランの3,300~にくわえ、光回線とプロバイダ費用が必要なギガらくWi-fiの場合、最低でも1万円程度はかかるところ、 wimaxの最安プロバイダ経由でホームルーターを契約すれば端末無料で月額3,500円弱で利用できます。 普通の店舗やオフィス程度なら42台が同時接続できるwimaxのホームルーターでまったく問題なく、通信速度は逆にwimaxの方が速いケースもあります。 WiMAXのホームルーター最安店舗を調査 編集長 「ギガらくWi-fiのかわりにwimaxの置くだけwi-fiが欲しいけど最安値は?」リアルなクチコミ情報をふまえ、wimaxの最新ホームルーター「L02」が無料かつ月額がお得だった会社を6社に絞り込んでみました。 6万はAmazonギフト券 基本、上記6社の中から選んでもらえば、どこでもお得にL02が使い倒せるでしょう。 最終的にL02がお得につかえる2社はココ! 結論からいうと、今現在L02を最安値で契約できるプロバイダは以下の2社だと当ブログは考えます。 おすすめのタイプ 3年間の総費用 面倒な1年後のCB受取手続きを忘れずに行う自信がない 131,491円 CBなしの最安値 契約直後と1年後のCB申請手続きならできそうな人 118,100円 CBありの最安値 134,100円 (CB貰えない場合) キャッシュバックを受取れた計算で全プロバイダ総費用を料金比較すると、現状で最安値は新興プロバイダのJP WiMAX。 Amazonギフト券ではありますが総額では断トツにお得です。 またキャッシュバックの受取ミスなど想定した場合、最初から月額割の設定しかないBroad WiMAXの総費用が最安でした。 アナタが1年後のキャッシュバック手続きができるのか?という部分で選ぶ会社は決まってきます。 「GMOのような1年後のCB受取手続きなんて無理」という人なら、最初からキャッシュバックを撤廃して100%貰える月額割引を提供するこちら。 Broad WiMAXが総費用が1番お得です。 こんな人だったらGMOとくとくBBよりも今話題のJP WiMAX!! 現金じゃなくAmazonギフト券ではありますが、受取手続きの難易度を考えても、JP WiMAXの方が実質的にお得でした。 どこから契約しても通信速度やエリア、料金プランの変わらないwimaxはシンプルに利用期間の総費用を比較して安いのが まとめ 以上、オフィスや店舗にwi-fiを導入予定の方にむけ、ギガらくWi-fiのサービス内容や月額費用、さらに同じタイプのwi-fiサービス、wimaxの置くだけwi-fiとも比較してみました。 何れにせよ契約すればギガらくWi-fiなら2年~5年、wimaxでも3年間は契約縛りがあります。 ご契約前にしっかり比較して後悔しないようベストなwi-fiを選んでおきましょう。

次の