大山 晃弘。 大山健太郎(アイリス)の経歴や年収は?息子晃弘が社長後任社長に!

マスク国内生産「投資は回収できる」 アイリスオーヤマ社長 ネット通販態勢も強化

大山 晃弘

私たちは「快適生活」をキーワードに、生活者の潜在的な不満を解消するソリューション型商品で、暮らしをより豊かで快適にするための ものづくりをおこなってきました。 不満解消型商品として代表的なのが、クリア収納ケースです。 中身が見えない潜在的不満に注目し、世界初の透明の収納ケースを開発 しました。 日本で大ヒットした後、海外にもニーズがあると考え、アメリカとヨーロッパで販売。 日本と同じく欧米で大ヒットし、世界中の収納 ケースが透明に変わりました。 こうして「しまう収納」から「探す収納」へとその概念を変えたことで、世界の収納文化を変えました。 世の中は常に変化しており、想定外の出来事も起こります。 移り行く時代の変化にスピーディに対応し、グループ力を最大限に活用すること。 それが新しい需要と市場を創造することであり、私たちの使命だと考えます。 アイリスグループはこれからも、企業理念にあるように「健全な成長を続けることにより社会貢献する」企業であり続けます。 アイリスグループ 会長 アイリスオーヤマ株式会社 代表取締役会長 大山 健太郎 私たちアイリスオーヤマは、1958年の創業より生活者の皆様の不満を解消し、シンプルかつ「なるほど」と思っていただけるような機能性のある商品をお届けする努力を行っています。 そして、エンドユーザー様の満足を第一に考えた「ユーザーイン経営」を目指し、日々新商品開発による潜在ニーズの顕在化や品質の向上、グローバル供給網を活かした流通の最適化に挑戦し続けています。 また生活者の皆様だけでなく法人ユーザー様にも今まで培った「ユーザーイン発想」によるビジネスソリューションをご提案しております。 今後も、皆様に新しい価値を提案し続け、変化対応できる社会の良きパートナー企業となるべく日々邁進してまいります。 アイリスオーヤマ株式会社 代表取締役社長 大山 晃弘.

次の

大山健太郎の妻や娘・息子などの家族は?国籍は韓国人で本名や自宅についても!|Happy Days

大山 晃弘

今回は、大山健太郎さんの事を見ていきたいと思います。 日本の実業家で、アイリスグループ会長でありアイリスオーヤマ株式会社の元代表取締役社長の大山健太郎さんの年収や資産、自宅や妻、息子と家族についてなど見ていきたいと思います。 アイリスオーヤマという会社を知っていますか? おそらく日本に住んでいる9割以上の人は知っている会社、メーカーだと思います。 通販サイトで家電や調理器具、調理家電などを購入しようと思ったら間違いなく出てくるメーカーだと思います。 また通販サイトだけでなく、家電屋さんにも多数の製品が置かれています。 最近ではLED照明にも力を入れていて、アイリスオーヤマのLED照明が数多く売られています。 他にも収納製品や家具、インテリア、パックごはんなども売られています。 かなり幅広く事業を展開しています。 そのアイリスオーヤマの元代表取締役社長が大山健太郎さんです。 では、その元代表取締役社長の大山健太郎さんとは一体どういった人なのかお話していこうと思います。 では早速。 大山健太郎の今現在や武勇伝 大山健太郎さんは、1945年7月3日生まれです。  出典 出身は大阪府南河内郡道明寺村 現藤井寺市 の出身で、8人兄弟の長男として生まれます。 祖父の趙性は漢方医として韓国慶尚南道から昭和2年に来日しました。 高校は大阪府立布施高等学校に入学し卒業します。 高校3年生のときにプラスチック成型品を作る町工場である大山ブロー工業所を営む父親の大山森佑にがんが発見され進学を断念してしまいます。 1964年、若干19歳の若さで大山ブロー工業代表者に就任します。 1971年4月14日、大阪府東大阪市長栄寺一丁目28番地に大山ブロー工業株式会社を資本金300万円で設立します。 1981年にガーデニング用品を発売し始めます。 1986年には株式会社オーヤマ設立し、ペット用品や収納用品を発売します。 さらに1989年には日用品や事務用品を発売し始めます。 1991年にアイリスオーヤマに社名変更をします。 2001年9月に経営破綻した老舗家具メーカーであるチトセ株式会社が営業譲渡され、後に「アイリスチトセ株式会社」となります。 2009年8月にはLED電球「ECOLUX(エコルクス)」を発売し、LED照明事業を開始します。 また、仙台経済同友会代表幹事、日本ニュービジネス協議会連合会副会長、東北経済連合会副会長、東北大学総長顧問、復興庁復興推進委員会委員など務めます。 受賞歴としては、1990年第1回ニュービジネス大賞、2004年中国大連市栄誉公民、2009年藍綬褒章受勲、同年仙台市特別市政功労者賞、2017年秋、旭日重光章受勲などがあります。 スポンサードリンク 大山健太郎の年収や資産はヤバいのか!? これだけ大きな会社ですから年収や資産はとても気になりますよね。 出典 現代ビジネスの2012年の全国長者番付によりますと、総資産が 約200億円、年収が約6,300万円と公表されています。 桁が桁なのであまりピンとこないかもしれませんが、まぁとんでもない額なのは間違いありません。 データとしては6年前のデータなので今はもっと年収も資産も上がっていることは間違いないと思います。 アイリスオーヤマは20代でも 年収450万円超えの人がたくさんいるようです。 儲かっているから給料もたくさん出せる、つまりそのトップの年収なども上がっていると考えていいと思います。 大山健太郎の自宅はどうか!? 大山健太郎さんの自宅は一体どんな家なのでしょうか。 出典 家の詳細まではわかりませんでしたが、大山健太郎さんは休日のストレス解消に音楽を1日5時間から6時間も聞いているそうです。 聞く場所は自宅の書斎兼オーディオルームで聞くらしく、その音響機器はコンサートホール並の音質を確保しているそうです。 そうなると間違いなく完全防音でしょう。 これだけの企業の会長ですからきっとすごい自宅だと思います。 スポンサードリンク 大山健太郎の妻や家族は? 大山健太郎さんには、妻と子供が2人います。 出典 妻は仙台空港の職員だったそうです。 また、成功の陰の立役者は、実は結婚したばかりの妻だったという話をしています。 宮城県で育った妻は庭いじりが好きで、新居のささやかな庭でも園芸や家庭菜園を楽しんでいたそうです。 大阪で町工場に囲まれて育った大山健太郎さんは花などに疎く、自宅で子供たちと一緒に妻から園芸の基本を一つ一つ学びつつ、新商品のアイデアを練ったそうです。 園芸の次のペット関連も妻が犬好きだったことが関係しています。 さらに、収納関係も妻との喧嘩がアイデアの発端らしいです。 なにかとアイリスオーヤマの成功の影には妻が関わっているのですね。 大山健太郎の息子はどうなの? 大山健太郎さんには、長男の 大山晃弘さんがいます。 出典 その大山晃弘さんが2018年7月1日付けで社長に就任することになりました。 大山健太郎さんは、退任後代表権のある会長に就きました。 なんと、社長交代は半世紀ぶりというものでした。 長男の大山晃弘さんは、アメリカのベロイト大学を中退しています。 その後2003年にIRIS USAn入社します。 そして、執行役員などを経て、2015年3月から取締役に就寝に、社長となります。 また同族経営を大山健太郎さんがこだわっているのは、サラリーマンの中から選ばれてきた人は、周りに配慮しすぎて判断に時間を要してしまう、オーナーは株主でもあるので、判断を下すスピードも速い、 さらに同族経営がネガティブに見られるのは情報をクローズドにするからであり、アイリスオーヤマは社員に対して情報をオープンにしており、密室はいっさいない、もっとも大事なのは創業の理念が引き継がれること。 そのためには同族経営のほうがいい。 と話しています。 スポンサードリンク 最後に どうだったでしょうか? アイリスオーヤマのこと大山健太郎さんのこと少しはわかってくれたでしょうか? アイリスオーヤマは本社を東京に置いていませんし、株式上場も行っていません。 東京に本社を行い理由を、人が住みやすい町に本社が移されている。 企業が主語なのではなく、働く人が主語になっている。 日本とは真逆です。 アメリカでは働き方ですでに「主語の逆転」が起きているし、それが成熟した社会の豊かさや価値観の変化そのものなのです。 と話し、日本でも、従業員が豊かに暮らせ、それが企業の発展にもつながるのであれば本社の地方移転は必然的なものになる、とも話しています。 地方の拠点都市の活性化を考えているということですね。 さらに、上場をしない理由を、上場して大企業になると、変化についていけずにつまづいてしまうとリストラや倒産が起こってしまう、それよりも、規模は小さくても社員が信頼して働ける会社をつくるべきだと思っており、そのためにはやはり、常に顧客を創造し、自社の強みを活かしてお客様目線でサービスをするということが大事だと思います。 と話しており、成長は手段であって、目的はやっぱり健全な会社をつくるということ、とも話しています。 半世紀ぶりにトップが交代し、これからアイリスオーヤマがどういったビジネスを展開していくのか、また新社長である大山晃弘さんがどういった舵取りをしていくのか、またどんなビジネスを展開していくのか、さらに、会長である大山健太郎さんがどのように経営に携わっていくのかとても気になりますし、注目していきたいと思います。 以上、日本の実業家で、アイリスグループ会長でありアイリスオーヤマ株式会社の元代表取締役社長の大山健太郎さんの情報をお届けしました。 最後までご覧いただきありがとうございました。 関連記事は下をスクロール! スポンサードリンク.

次の

アイリスオーヤマ会長は韓国人?息子や娘など家族を調査!

大山 晃弘

日本企業はほとんど撤退する方向ですが、今なぜ家電に力を入れていくのでしょうか。 大山 われわれは「変化はチャンス」と言っています。 家電メーカーが減っているなら、それは変化であり、そこにビジネスチャンスがあります。 もともとサーキュレーター(空気循環機)などの軽家電を手掛けていますが、まだまだ家電にはのびしろがあると思っています。 他社は売り方が悪かったりして、お客様に適切に商品を提案できていないと感じますし、まずは現在の製品に満足していない層をターゲットに商品を展開していきます。 大山 4K用液晶パネルはほぼ同じですが、他社製品は独自メニューやインターネットに接続して買い物などを楽しむアプリケーションを組み込んでいます。 当社製品は余計な機能をそぎ落とし、チューナーが付いて放送が映るというシンプルな構造です。 その分、価格を抑えて提供できています。 大山 他社の半分まではいかないですが、今は65インチの4Kテレビが約15万円です。 大山 ドラム式洗濯機に関しても、4Kテレビと同じ話で、既存製品は非常に価格が高い。 しかし、乾燥機能などを排除して機能を絞れば、安い価格で提供できます。 昨年発売した4Kテレビやドラム式洗濯機はテスト販売という位置づけで、機能をそぎ落としたシンプルな製品を提供する。 そして、今年から来年にかけては、価格一辺倒ではなく独自性を生かした製品を提供します。 大山 高い技術は導入していないが、使って簡単で便利な家電製品を「なるほど家電」と呼んでいて、当社の製品開発のベースにあるコンセプトです。 最近の代表的な製品としては布団乾燥機があります。 従来の布団乾燥機は袋に温風を吹き込み、布団を乾燥させていましたが、袋があることで設置や片付けが面倒でした。 当社は袋をやめて、ホースを伸ばすだけで簡単に設置できて、すぐに乾燥できるようにしました。 従来の袋を使うメリットはありますが、袋がなくても十分に乾燥できますし、そこに当社製品の工夫があります。 競争力のポイントは。 大山 まず大型白物家電については中国のパートナー企業で安く製造できます。 一方、軽家電は中国の自社工場で製造していますが、工場の自動化を進めています。 また、物流拠点が国内9カ所にあり、直接コンテナを仕立てて一気に運べる物流力があります。 販売では、量販店やネット通販に直接卸すダイレクトマーケティングを展開しています。 さらに、当社は非常に判断が早く、製品開発も即断即決です。 開発期間が短いのでR&D(研究開発)の生産性が非常に高い。 こうした複合的な努力で価格競争力を高めています。 大山 事業に継続性があり、なおかつ事業承継がスムーズにいくことは、働いている社員もメリットと感じていると思います。 また、中長期的な経営方針の下で会社経営ができることも強みです。 大山 当社はこれまで中期目標を出さない会社でしたが、昨年の社長交代の際に打ち出しました。 経営陣が代わって不安になる人もいるので、従来どおり成長路線で頑張っていくという意思表示を込めて、1兆円の目標を掲げました。 実現は簡単ではないですが、不可能ではないと思っています。 大山 まずは家電で、特にテレビ、洗濯機、冷蔵庫、エアコンなどの大型家電です。 ここは市場が大きいので伸ばしていきたい。 次に法人向けLED照明と付随する内装や家具です。 今、日本ではオフィスの移転が盛んですから、この旺盛な法人需要を取り込みたいと思います。 そしてネット通販です。 日本ではまだネット通販は小売業全体の1割に満たない規模ですが、将来伸びると思っています。 国内ではこの3点に注力します。 海外事業については、家電とネット通販の両軸で、中国、韓国、台湾から東南アジア、欧米へと広げようと思っています。 (構成=村田晋一郎・編集部) 横顔 Q 30代の頃はどんなビジネスマンでしたか A 問題を抱えていた米国法人の立て直しを終えて、日本に戻ってきたのが32歳の時でした。 以降は家電以外の製品の開発と海外事業の統括を担当しました。 Q 「好きな本」は A 歴史や科学に関する本を中心に読んでいます。 Q 休日の過ごし方 A 子どもが小さいので、家で子どもと一緒に過ごすことが多いです。 家庭菜園や料理をしています。 私立東北学院高校卒業、米ベロイトカレッジ中退。 2003年アイリスオーヤマ米国法人入社、10年アイリスオーヤマ入社、グローバル開発部部長、執行役員ホーム開発部部長を経て、15年取締役。 18年7月、代表取締役社長に就任。 現在に至る。 宮城県出身、41歳。 事業内容:生活用品、家電などの企画、製造、販売 本社所在地:宮城県仙台市 設立:1971年4月 資本金:1億円 従業員数:1万2661人(2019年1月現在、グループ) 業績(18年12月期・グループ) 売上高:4750億円 経常利益:270億円.

次の