窓 ガラス 結露 防止 シート。 結露防止対策グッズのおすすめ7選!シートやテープ、ヒーターまで

サッシや窓ガラスの結露対策におすすめの吸水シート6選 水滴を吸い取ってカビを防止

窓 ガラス 結露 防止 シート

結露防止シートを上手に貼るには、まず窓全体の結露や汚れをふき取りましょう。 次に結露防止シートを窓枠の大きさに合わせてハサミで切ります。 100均の結露防止シートはシールタイプになっているものが多いです。 裏紙をはがしたら窓枠に合わせてぴったり貼ります。 曲がったり空気が入ったりしないよう気をつけましょう。 結露防止シートのサイズや長さは商品によって異なります。 100均に行く前に、あらかじめ貼りたい窓枠をメジャーで測っておくのがおすすめです。 また、結露が多い場合は結露防止シートがどんどん給水して、常に湿った状態になってしまうこともあります。 機能を最大限に生かすために、定期的に新しいものに交換しましょう。 結露防止シートの剥がし方 出典: 100均で購入できる結露取り・対策グッズ3つ目は、「断熱シート」です。 断熱シートは、室内の暖かい空気を逃がさないようにする役割があります。 そして、同時に結露を防止してくれる効果もあるんです。 夏用や冬用など、シーズンごとに商品が分かれている場合があるので注意しましょう。 商品によっては「バブルシート」という名前で呼ばれることもあり、緩衝材のプチプチのようなものが内包されています。 注意点は、断熱シートを貼ってはいけない窓ガラスがあることです。 「熱斜反射ガラス」「網入りガラス」「真空二重ガラス」など特殊加工のものはNGですので、よく確認しましょう。 また、窓全面に貼ってしまうと壁の内部で結露が引き起こされることもあります。 これは「内部結露」と呼ばれる現象です。 そのため、ご自宅の環境をよく考えてから断熱シートを使うことをおすすめします。 結露は外と室内との温度差が大きくなることにより起こります。 室内の暖かい空気中の水分が、外気で冷やされたガラスに付着することにより結露になるのです。 この状況を解消するには、外と中の温度差を小さくする必要があります。 空気の入れ替えなら窓を開けるのが一番ですが、冬なのでずっと開けておくことはできませんよね。 そこで換気扇を利用して、なるべく湿った空気を入れ替えるのがおすすめです。 夜間に換気扇を付けておくだけでも効果はありますよ。 100均の結露防止シートを使って冬の生活を快適に 冬場の結露はいくら掃除しても追い付かず、嫌な気分になることもありますよね。 100均のおしゃれな結露防止シートを使って、楽しみながら結露対策を行いましょう。 以下の記事もお部屋の掃除に役立つ情報が満載です。 合わせて読んでみてくださいね。

次の

網入りガラスの結露防止対策!網入りガラスでもできる対策方法は?|生活の中で起こる様々なトラブルの解決方法や、事例のご紹介

窓 ガラス 結露 防止 シート

2018年11月2日 更新• サッシや窓が結露して水滴が溜まってしまうと、窓周辺の木材に水分が付着し、腐食を早めてしまったり、カビの原因になります。 カビや腐食は、その場所の見栄えが悪くなるばかりか、体調不良等、生活の様々な面に悪い影響を及ぼします。 とは言っても、結露の度に窓や窓枠を拭くのは非常に困難です。 そこで、今回は窓が結露する原因から、結露の影響、そして結露対策に効果的な人気の給水シートを紹介します。 空気が含むことのできる水分は温度が高いほど多くなります。 外が寒く暖房を使っている冬や雨が降っている梅雨は、窓を閉めたままにする機会が多くなります。 窓を閉め切ったままで生活すると、人間の体温や家電製品の発熱により室内の温度がどんどん高くなります。 また、呼吸等によって、空気中の水分も増えていきます。 ところが、この空気は窓際では、外の気温の影響で急激に冷やされるので、空気が含むことのできる水分の限界量が一気に下がり、溢れた水分が水滴となります。 窓やサッシに結露が発生しやすいのは空気の境界面になるためです。 出典: 特に冬場は、外が寒く室内では暖房を使っているので温度差が大きくなりやすく、一気に空気が冷やされ水滴が発生しやすくなります。 また、雨の多い梅雨の時期等は、湿度が高くはじめから空気中に含むことのできる水分量が限界に近いため、少しの温度変化でも水滴が発生しやすくなります。 出典: 簡単に発生してしまう結露。 結露くらい気にしなくても大したことはないと思ってしまうのは危険です。 家や人体に及ぼす影響の中には、簡単に見過ごすことは出来ないものもあります。 中でも特に大きな問題についていくつか解説します。 窓ガラスで生じた結露はサッシの隙間から壁の内部へ侵入することがあります。 その水分は柱や土台を時間をかけて腐らせていってしまうので、災害が起きた時に大変なことになってしまう不安につながります。 通常、建物には腐食を防ぐための薬剤が使われていますが、その効果も永遠ではないので、やはり結露を防ぐことが建物を長持ちさせるためには必要になります。 窓際にはカビの栄養素となる埃が溜まりやすく、結露が発生するとカビの繁殖しやすい温度や湿度が成立しやすくなります。 カビが繁殖すると、見た目が悪くなるだけでなく、それを餌にダニも発生しやすくなります。 さらに、柱や土台が腐食することによって、そこがシロアリの発生源になるという可能性も十分あります。 害虫の発生を防ぐためにも、結露の防止につとめることは重要です。 また、結露を放っておくと人体にも悪影響を及ぼす可能性もあります。 例えば、ぜんそくの原因はカビとダニと言われており、結露はその両方の発生源になり得ます。 窓やサッシの結露を予防できれば、より綺麗な部屋で健康な生活ができます。 ここからは、窓やサッシの結露を防止するために役立つアイテム、吸水シートのおすすめを紹介していきます。 大がかりな断熱工事をしたり、高級な除湿器を買ったりせずとも、手軽に結露による被害を防げるアイテムである吸水シート。 もし今まさに結露で困っているのなら、使うことを考えてみてください。 出典: こちらの吸水シートは、吸水するだけでなく、4層構造で厚さ4mmの空気層が確実な断熱効果を発揮してくれます。 断熱は、夏は涼しく、冬は暖かく過ごすことができるだけでなく、窓際の温度変化も抑えてくれるので、結露の防止にも効果的。 失敗しても貼り直しが簡単に出来る全面特殊粘着シートは女性でも貼りやすく、はがしたときに糊残りしません。 1000ml、コップ5杯分も吸水出来るので結露の発生量が多い家におすすめです。 断熱シートタイプなので、網入りガラスや真空二重ガラスに使うとガラスに熱がこもって割れてしまう可能性があるので避けましょう。 外形寸法 縦90cm 横180cm 出典: 一般的な結露対策シートが使い捨てタイプであるのに対し、こちらの商品は吸水と乾燥を繰り返すことでワンシーズンずっと使うことができて、コスパが抜群の吸水シートです。 素材が和紙のような味のある質感なので、和室のインテリアにもマッチします。 しっかりとくっつきますが、剥がす時は簡単で、ガラスやサッシに跡が残らないタイプの吸水シートです。 シートタイプなので広い範囲に貼ることができ、部屋の目隠しとしてもおすすめです。 外形寸法 縦45cm 横90cm 出典: 主な結露の発生時期である冬に合う季節感を感じさせるシロクマ柄がとってもキュートな吸水シート。 厚みのある起毛素材を使っており、たくさんの水分を吸い取ることが可能で、結露対策の頼もしい味方となってくれます。 素材に防カビ材を配合しているため、カビにくいのもポイント。 オーナメントタイプなので好きな所へ貼り付けることが出来、少しユーモアのある配置にすることも可能です。 外形寸法 縦15cm 横15cm• 材質 ポリエステル レーヨン 防カビ材 アクリル系粘着剤紙 出典: ロールタイプで、窓の幅に合わせてぴったりな長さにカットして貼ることができる結露テープです。 表面はかわいい猫の柄ですが、裏面は水玉模様になっていて、内側から見た時と外側から見た時で異なるデザイン。 窓全面に貼らず、下部でさり気なく滴る水滴を吸い取るかわいい吸水シートを探している人におすすめです。 外形寸法 幅4. 3cm 巻き3. 材質 レーヨン 不織布 出典: 部屋に彩りを添えてくれるパターンがかわいい吸水テープです。 キュートな見た目とは裏腹に、機能性が高く、マイクロスリットと呼ばれる微細な溝をもつハイテク繊維が水分を素早く吸収、拡散、放出するのでカビが発生しにくいのが特徴。 接着剤を使っておらず、何回でも貼り替えることができて、剥がした後ののり残りがなくきれいに使うことができます。 外形寸法 縦90cm 横90cm• 材質 ポリエステル 塩化ビニール OPPフィルム 出典: 1mあたりで最大約130mlの水を吸収することができる大容量タイプなので、結露を逃さず吸い取ります。 デザイン性よりもとにかく大量の結露を吸い取りたいという人におすすめの吸水テープです。 基材のポリエステルフィルムに粘着加工が施されていて、簡単にはがすことができるので、テープの貼り替え時がとても楽です。 商品によっては貼りづらい場合もある凹凸ガラスにも対応しています。 外形寸法 幅30mm 巻き10m• 材質 吸水性不織布 ポリエステルフィルム アクリル性粘着剤 なかなか対策をしようと思っても具体的なやりかたが分からない結露。 なんとなくそのままにしてしまっている方も多いかもしれませんが、実はとても危険な存在です。 貼り付けるだけで簡単に防止できる吸水シートを使って、大切な家と人を結露から守りましょう。 キーワード• 閲覧履歴• 関連記事• 人気の記事• 話題のキーワード•

次の

効果的な窓ガラスの結露対策を教えて!

窓 ガラス 結露 防止 シート

ガラス修理 公開日 2019. 10 更新日 2020. 14 窓ガラスの結露対策!結露防止に効果的な方法とおすすめグッズを紹介 冬などの寒い時期になると、窓ガラスに結露が発生することが多くなります。 放置しがちな窓の結露ですが、実は放っておくと 健康被害や 住宅被害にあってしまうことも… できることなら窓の結露発生を防止して、きれいな窓ガラスを保ちたいですよね。 そこでこの記事では、窓ガラスの結露に関するお悩みを解決すべく、 窓の結露対策について詳しく解説していきます。 具体的には、• 窓ガラスが結露する原因• 今すぐできるガラスの結露対策• 結露防止グッズを使ったかんたん結露対策• お金をかけて確実に結露を防止する方法 について、重要なポイントに絞ってわかりやすくご紹介していきます。 ぜひこの記事を参考にして、窓ガラスの結露を防止しましょう! 目次• 窓ガラスが結露する原因 窓ガラスの結露は、 室内と室外の温度差が原因で発生します。 例えば、冬などの外が寒いときには、外気に触れて窓ガラスが冷たくなっています。 室内と室外の温度差が大きい場合、室内で暖められた水蒸気が冷えた窓に触れることで、気体から液体になり、それが結露となって窓に付着するのです。 また、結露は温度差だけでなく、 室内の湿度が高くなることでも起きやすくなります。 なぜなら、湿度が高まると空気中の水蒸気が多くなるため、ガラスに結露ができやすい状態になるからです。 上記の通り、 室内外の温度差が大きく、室内の湿度が高いほど結露が起きやすくなります。 窓の結露を放置することで起きる被害 窓の結露をただの水滴だと思って放置してはいませんか? 実は、結露を放置しておくと、以下のような弊害が起こる可能性があります。 カビやダニが繁殖する• 柱や土台などの木材が腐食する 結露を放置すると、 カビやダニが繁殖して、健康被害を受ける可能性があります。 カビやダニは高温多湿を好み、ホコリに含まれるタンパク質やアミノ酸を取り込み繁殖します。 窓の結露は高温多湿であり、水分がホコリを吸着しやすいため、カビやダニの繁殖に適した環境です。 そのため、結露を放置しているとカビやダニが繁殖して、 鼻炎や喘息、皮膚炎といったアレルギー症状などを引き起こす原因となります。 また、結露の放置は人体だけでなく、 住宅にも被害を及ぼします。 結露を放置することで、柱や土台などの住宅資材を湿らせ、最悪の場合腐らせてしまうことも… 住宅資材が腐ってしまうと、 住宅そのものの寿命を縮める原因になります。 窓ガラスの結露を放置しただけで、上記のような弊害が発生してしまう恐れがあります。 健康や住環境を維持するためには、 結露を放置せずに対策を行う必要があるでしょう。 今すぐできるガラスの結露対策 窓ガラスの結露対策として、今すぐできるものは次の通りです。 こまめに換気をする• 室温を必要以上に高くしない• 植物や水槽、洗濯物を窓の近くに置かない 上記3つの対策は、お金をかけずにできる上、効果的に結露を減らすことができるので、今すぐ実践してみましょう。 こまめに換気をする ガラスの結露対策では、 こまめな換気が重要です。 換気の方法は、窓を開けて空気を入れ替えるか、換気扇を回すのがおすすめです。 窓を開けて換気する場合、2箇所以上の窓を開けてしっかりと空気を入れ替えましょう。 また、結露が発生しやすい冬には、常に換気扇を回すことも効果的です。 常に換気扇を回していても、月の電気代は数百円程度ですので、この値段で結露を防止できるなら絶対にやった方が良いです。 さらに、 物置きやクローゼットもしっかり換気することをおすすめします。 物置きやクローゼットは基本閉め切っているので、そこだけ温度が低くなり、結露が発生することがあります。 ですので、収納部分など普段閉め切っているところもこまめに換気することが大切です。 上記の方法で充分な換気をすれば、室内の空気中の水分を外へと逃がすことができます。 また、外と部屋の温度差を小さくすることができるので、結露が発生しにくくなります。 室温を必要以上に高くしない 結露が発生しやすい冬は、暖房で室内を暖めて過ごすと思います。 しかし、室外の気温と室内の温度の差が大きければ大きいほど、結露ができやすくなってしまいます。 そのため、安易に暖房器具を使うのではなく、 上着を着たり、毛布をかけたりして必要以上に室温を上げないようにしましょう。 また、暖房器具の中でも、石油ストーブやガスストーブなどは、燃料を燃やす際に水蒸気を発生させるため、湿度が上がる原因になります。 ですので、結露を発生させたくない人には、エアコンやハロゲンヒーターなどの 電気式の暖房器具がおすすめです。 植物や水槽、洗濯物を窓の近くに置かない 窓の結露を防ぐためには、 植物や水槽、洗濯物を窓の近くに置かないようにしてください。 植物は光合成をしているため、常に水蒸気を発しています。 また、水槽は水が張られているため、部屋の湿気を高める原因になります。 さらに、洗濯物を室内に干す場合は、大幅に湿度が上がってしまいます。 これらを窓の近くに置くことで、結露が発生しやすくなってしまうのです。 ですので、できる限り窓ガラスから遠い場所に移動させるようにしましょう。 ポイントとしては、 換気扇の近くやドア付近などの空気の入れ替えをしやすい場所に置くことです。 換気しやすい場所であれば、湿度が上がることも抑えられるので、ぜひやってみてください。 結露防止グッズを使ったかんたん結露対策 「すぐにできる結露対策を試してみたけど、あまり効果がなかった…」という人におすすめなのが、結露防止グッズを使った窓ガラスの結露対策です。 結露防止シートを貼る• 結露防止スプレーを吹き付ける• 結露吸収テープを貼る• 結露取りワイパーで結露を拭き取る• 新聞紙でも結露対策できる ガラスに貼るだけのものや、置くだけのものなど、簡単に結露防止できるので、ぜひ試してみてください。 結露防止シートを貼る 窓ガラスに結露防止シートを貼ることで、結露を予防することができます。 結露防止シートには断熱性があり、窓ガラスが冷えるのを防ぎ、結露ができにくくなります。 結露防止シートは1,000円以内で買えるものも多く、 一度貼ったら放置でOKなので簡単にできる結露対策です。 また、断熱効果があるため、暖房代の節約にもなります。 ただし、熱割れしやすい 網入りガラスやペアガラスには使用することができないので、注意してください。 室内の暖かい空気が冷えた窓ガラスにぶつかるのを防ぎ、結露の発生を抑える結露防止シートです。 結露防止スプレーを吹き付ける 「窓ガラスにシートを貼るのは面倒…」という方には、結露防止スプレーがおすすめです。 結露防止スプレーは、撥水効果のある液を窓ガラスに吹き付けるだけで、結露を予防することができます。 結露防止スプレーは2,000円前後のものが多く、手間とお金をかけたくない人におすすめの結露対策です。 ただし、 スプレーをした後ふき取りが必要なものもあるので、使用前にしっかりと確認しておきましょう。 また、ガラスコーティング剤(ガラコ)や食器用洗剤も、結露防止スプレーと同様撥水効果があり、結露防止効果が期待できます。 ガラコや洗剤がご自宅にある方は、こちらで代用することも可能です。 結露吸収テープを貼る 結露吸収テープは、貼るだけで結露を吸い取ってくれるテープです。 窓ガラスの下部に貼っておくことで、流れてきた結露を吸収してくれます。 そのため、 窓の端部分のカビを防ぐのに効果的です。 また、下記で紹介している結露吸収テープは、最大吸水量が1メートルあたり30グラムと大容量なのが特徴です。 水滴が増えやすい北側の部屋のガラスや、日陰になりやすい窓ガラスでも、十分結露を吸収することができます。 ヘッドの付け替えができる「Satto」のお掃除シリーズです。 ロングブレードで曲面にもピッタリフィット。 スッキリ水切りしてカビを防止します。 窓ガラスの結露掃除や浴室の鏡などにも使えます。 新聞紙でも結露対策できる 家にあるもので結露をどうにかしたいときは、新聞紙がおすすめです。 新聞紙を窓ガラスに貼り付けることで、結露を吸収できます。 さらに、結露を吸収した後、新聞紙でガラスを拭くとピカピカになります。 貼り付け方は2通りあり、窓ガラスがすでに結露している場合は 水分を利用してそのまま貼り付けてOKです。 結露していないガラスに貼り付ける場合は、 セロハンテープなどで貼り付けると良いでしょう。 新聞紙は断熱材としての役割を果たしてくれるので、ガラスが冷えるのを防止することができます。 また、新聞紙は湿気を吸収してくれる役割もあるので、結露防止に効果的なグッズといえます。 使い終わった後の処分も簡単ですので、できるだけ手軽に結露対策したいという方におすすめです。 お金をかけて結露対策する方法 ここまで、比較的安く・簡単にできる結露対策をご紹介してきましたが、お金をかけてでもしっかり結露を防止したい!という人もいると思います。 そんな方には、以下の結露対策がおすすめです。 結露しにくい窓ガラスに交換する• 窓専用ヒーターを設置する• 除湿器を設置する 少し費用はかかりますが、しっかりと結露を防ぐことができるので、ぜひ実践してみましょう。 結露しにくい窓ガラスに交換する ガラスにはさまざまな種類がありますが、 断熱性の高いガラスを選ぶことで、窓の冷えを防ぐことができ、結露ができにくくなります。 断熱性の高いガラスは、 複層ガラス、ペアガラス、Low-Eガラスなどです。 一般的なガラスと比べてかなり断熱性が高く、寒い冬でも結露ができにくくなります。 また、断熱性が高いため、暖房など電気代の節約にもつながります。 毎日の結露対策の手間をなくしたい方は、結露しにくいガラスに交換してみることをおすすめします。 窓専用ヒーターを設置する 窓専用のヒーターを設置することで、窓ガラスの結露を防ぎながら室内を暖めることができます。 結露は窓の表面の温度が低い場合に発生するので、窓専用ヒーターによって窓を暖めることで結露を防ぐことができるのです。 また、窓専用ヒーターによって窓が暖まることで、室内が冷えにくくなり、部屋全体が暖まりやすくなるという効果もあります。 値段は1万円ほどですが、結露防止効果は期待できるので、結露を防ぎながら部屋を暖めたい方はぜひ試してみてください。 ガラスの結露と窓際からの冷気侵入を防ぐマルチヒーターです。 補助暖房としても活用できます。 ガラスの結露や窓際の寒さでお悩みの方におすすめです。 除湿器を設置する 冬場は乾燥することが多いため、室内で加湿器を使用している人も多いと思います。 ですが、加湿器は室内の湿気を増やしているため、結露の原因になってしまいます。 窓に結露ができる部屋であれば、湿度は十分保たれているので、結露を防止するためにも除湿器の設置がおすすめです。 除湿器を使用することで 室内の湿度が下がり、結露の原因を直接防ぐことができます。 結露対策として非常に高い効果が期待できます。 まとめ この記事では、窓ガラスに結露ができる原因と、窓の結露対策についてご紹介しました。 窓の結露を放置しておくと、 健康被害や 住宅被害を起こしてしまう危険性もあります。 特に冬は室内と外の温度差が大きく、結露が発生しやすいため、放っておくと生活に悪影響を及ぼします。 結露の被害に合わないためにも、この記事で紹介した内容を参考にして、 ガラスの結露対策を実践してみてください。 今すぐできる方法からお金をかけてしっかり対策する方法までご紹介しているので、自分に合った対策をさっそく試してみましょう。 ファインドプロは、地域に密着した業者を紹介しています。 被害状況のヒアリングをもとにガラス修理や交換などの作業にかかる費用をお電話口にて概算でお知らせ。 無料見積もりも行っているため、安心して業者を選ぶことが可能です。 また、様々なガラスに対応しており、一般的な窓ガラスだけでなく、ペアガラスや網ガラスも受け付けています。 ガラスの修理・交換は、防犯対策や電気料金の削減にも効果があります。 さらに本サイトでは、ガラスを自分で取り付ける方法や、設置・取り外しにかかる値段の相場、保険適用の手段も紹介しているので参考にしてみてください。 iphoneなどのスマホの修理には対応できませんのでご了承願います。 ガラスに関する基礎知識•

次の