ステンドラ 併用禁忌。 ドラスマの通販情報まとめ|日本のこころバイアグラ

ステンドラとは|通販|ジェネリック|個人輸入|お薬110番

ステンドラ 併用禁忌

ステンドラの効果とは? ステンドラは、日本の大手製薬会社「」が有効成分であるアバナフィルを開発、その後2001年にアメリカの製薬会社「」が販売権を買い取り商品開発が行われたED治療薬です。 2012年にによって承認され、VIVUS社はイタリアの「」と手を組み全世界へと販売をはじめました。 販売開始されて間もないステンドラが選ばれている理由はその 利便性。 成分開発がほかの治療薬のあとということもあり、ほかの3つの治療薬の欠点を克服しています。 バイアグラのように 勃起力に優れており、レビトラのように 即効性があり、シアリスのように 副作用が出にくいと、夢のようなED治療薬となっています。 作用の仕方はほかの治療薬同様に、血管拡張を助けて陰茎へと十分な血液をおくり勃起を可能とするのです。 商品名 ステンドラ(100mg/200mg) 製薬メーカー Menarini 1箱の価格(定価) 6,000円/8,000円 1錠あたりの価格 約1,500~2,000円 ステンドラは副作用が出にくい治療薬 ステンドラには次の副作用が報告されています。 頭痛 潮紅 鼻づまり のどの痛み 頭痛や 潮紅といった症状が出やすい症状とされています。 しかしステンドラは 副作用が出にくい薬とされているため、出やすい副作用でも報告は少数。 通常、効果の効き目が早い薬ほど体の変化が急激に行われるため、体に相当な負担がかかり、副作用が出やすい傾向にあります。 ステンドラも即効性が高いという面からみると、体が急激に変化し負担がかかり、副作用が出やすいようにも思えます。 しかし今までの治療薬とは異なりそれを克服しているため、副作用の出にくい薬と言われているのです。 ステンドラの服用はとても簡単! ステンドラの基本的な用法・用量は次の表のようになります。 有効成分 アバナフィル 飲むタイミング セックスの15~30分前 作用時間 約5~6時間 食事の影響 受けない アルコールの影響 受けない ステンドラを服用後、 100mg・200mgであれば15分ほど、 50mgでは30分ほどで効果を実感できます。 通常は性行為の30分前に服用するのがオススメですが、どうしても服用できなかった場合は服用後挿入までに15分以上粘れる場合は、 セックスの直前に服用してもかまいません。 効果は約5~6時間得られるため、1回の服用で2回以上セックスを行えます。 ステンドラの特徴はほかのED治療薬に比べ 食事やアルコールの影響を受けないところにあります。 といっても食事はなんでも食べていいというわけではなく、通常は影響を受けませんが、 高脂肪の食事は吸収の速度を減少させるため、最大の効果を得たい場合は 空腹時に服用するとよいでしょう。 アルコールの摂りすぎも得られる効果の大きさを多少左右します。 飲むなら少量 にしておきましょう。 併用禁忌薬が多いのが唯一の欠点 ステンドラには一緒に併用してはいけない併用禁忌薬があります。 ここがステンドラの 唯一の欠点。 ほかの治療薬と比べて 併用してはいけない薬が多くなっています。 硝酸剤(血圧を低下させる恐れあり)• 抗真菌薬(血圧を低下させる恐れあり)• 降圧剤(血圧を低下させる恐れあり)• その他ED治療薬(血圧を低下させる恐れあり) ステンドラは全身の血管を拡張して血流を増加する働きがあります。 その際、同じように血管を拡張する作用のある薬や血中濃度を下げる作用のある薬を併用してしまうと、 必要以上に血圧を低めて身体に異常をきたしてしまう恐れがあるのです。 上記以外にもなんらかの薬を服用しているひとは、かかりつけ医に併用の可否を確認して服用するようにしましょう。 ステンドラのおすすめジェネリック ステンドラはアメリカをはじめ海外では多くの国で販売が承認されています。 しかし日本ではまだ承認が下りていないのが現状。 そのためステンドラを購入するには代行通販サイトからの購入が必須です。 また代行通販サイトでは、ステンドラと同じ効果がより安く手に入るステンドラジェネリックがあります。 オススメはどんな商品なのでしょうか。 【激売れ商品】アバナ.

次の

第四のED治療薬ステンドラ!管理人がステンドラを使ってみた結果

ステンドラ 併用禁忌

ステンドラとは ステンドラとは ステンドラは、新しく開発された「第4のED治療薬」です。 成分のアバナフィルは、田辺三菱製薬で開発され、アメリカのVIVUS社(ヴィーヴァス)で製造・発売されています。 日本では現在未承認です。 これまでのED治療薬のメリットを生かし、デメリットを抑え、EDを改善する働きがあります。 ステンドラの効果 ステンドラは、バイアグラやレビトラ、シアリスといったED治療薬と同じ種類です。 ステンドラを服用することで、陰茎の血管が拡張され、勃起をしやすく維持できる状態にし、EDの勃起まで時間がかかる、中折れなどの症状を改善する働きがあります。 ステンドラはあくまでも勃起をサポートする働きをするもので、服用してすぐに勃起するような効果はありません。 性欲を向上させたり、媚薬・催淫効果は無いとお考えください。 性的な刺激や興奮があって初めて勃起の反応が現れます。 ステンドラの見た目と種類 ステンドラの錠剤の見た目は、白く大きなひし形です。 錠剤は2種類あり、用量が100mgと200mgあります。 慣れない方だと錠剤の大きさで、飲みにくい場合があります。 その場合はピルカッターでカットすると服用しやすくなり、とても便利です。 ステンドラの特徴 ステンドラは「第4のED治療薬」と呼ばれる新しく開発されたED治療薬です。 これまで開発されてきたED治療薬のメリットを生かした改良が特徴となります。 勃起力と効果時間はバイアグラ、即効性はレビトラ、副作用の軽減と食事の影響はシアリスと、それぞれのED治療薬のいいところを取ったような薬です。 即効性があり食事の影響を受けにくいため、急なタイミングでも使えることができるのもステンドラのメリットです。 ステンドラの用法・用量 ステンドラは性行為の30分~1時間前に、水またはぬるま湯で服用します。 最初に服用する場合は、50mgが推奨されています。 薬の効果には個人差があるため、50mgで効果が現れにくい場合には100mgをお試しください。 ステンドラの1日の最大量は200mgです。 これは体格の大きな欧米人向けの用量です。 薬の効果には個人差があるので、自分に合った用量をご使用ください。 その際には、ピルカッターを使い100mgや200mgの錠剤をカットして使用してください。 1回の服用から次の服用までは必ず24時間空けてからご使用ください。 食事の影響を受けにくい特徴がありますが、空腹時の服用が推奨されています。 ヘルシーで軽量な食事では問題ありませんが、焼き肉やラーメンなど高脂質な食事の場合、成分の吸収が妨げられ、十分な効果が得られない可能性があります。 ステンドラを服用してから20~30分後、十分に成分が体に吸収された後であれば、どんな食事をしても効果に影響はありません。 ステンドラの注意事項 ステンドラを服用する際には注意事項があります。 服用前に必ず確認しておく必要があります。 服用してはいけない人 以下の条件に当てはなる方は、ステンドラの服用は禁止されています。 アバナフィルにアレルギー反応がある方• 重度の肝機能障害、腎機能障害、人工透析を行っている方• 低血圧、または高血圧の方• 半年以内に、脳梗塞、脳出血、心筋梗塞、心臓の手術を受けた方• 性行為が適当ではない方(心血管障害など)• 血液細胞に障害のある方(多発性骨髄腫、白血病、鎌状赤血球貧血など) これらの持病のある方は、それぞれの症状の治療薬を普段から服用していますが、ステンドラは多くの併用注意がある薬です。 ステンドラを服用する前に必ず確認してください。 ステンドラの併用禁忌 併用禁忌とは、薬の効果の相性により、一緒に服用してはいけないとされる医薬品です。 例えば同じような作用がある薬同士では、同じ作用が強く出すぎてしまい、体に悪影響が出るものや、一方の医薬品の働きを無効にする、体から代謝されなくなり、副作用が強く出てしまうことがあります。 ステンドラの併用禁忌薬は以下のものです。 硝酸剤・NO供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硫酸イソソルビド) 併用により、降圧作用が強くなる場合があります。 アミオダロン塩酸塩(アンカロン錠) 併用により、QTc延長作用が強く現れる場合があります。 効果の強いCYP3A4阻害剤(ケトコナゾール、リトナビル、アタザナビル、クラリスロマイシン、インジナビル、イトラコナゾール、ネファゾドン、ネルフィナビル、サキナビル、テリスロマイシン) 併用することで、ステンドラの成分の代謝を遅らせ、副作用が強く出る恐れがあります。 ステンドラの併用注意 ステンドラの併用注意薬には、以下のようなものがあります。 併用は可能ですが、注意が必要です。 グレープフルーツ グレープフルーツに含まれるフラノクマリン酸は薬の成分の代謝を阻害する働きがあり、副作用が強く現れる場合があります。 中程度のCYP3A4阻害剤(エリスロマイシン、アンプレナビル、アプレピタント、ジルチアゼム、フルコナゾール、フォサンプレナビル、ベラパミル、シメチジン) 併用することで、ステンドラの成分の代謝を遅らせ、副作用が強く現れる場合があります。 CYP3A4誘導剤(リファンピシン、フェニトイン、フェノバルビタール) 併用することで、ステンドラの成分の代謝が促進され、期待した効果が得られない場合があります。 ステンドラの副作用 ステンドラで主に見られる副作用には以下のものがあります。 目の充血• 顔のほてり• 鼻づまり• 血圧の低下• 視覚障害 これらの症状の多くは成分アバナフィルの血管拡張作用によるものです。 時間の経過や陰茎への血液流入とともに緩和されます。 ステンドラは副作用が抑えられたED治療薬です。 効果は体質によって個人差があるものなので、副作用の症状が長引く場合は、医療機関で診察を行ってください。 まれに起こる特異な副作用には以下のものがあります。 勃起持続症 陰茎の動脈が破綻し、長時間勃起が治まらない症状です。 4時間以上勃起が続く場合は、医療機関へ相談してください。 非動脈炎性前部虚血性視神経症 視神経細胞へ血液が提供されないことで、視神経細胞が機能不全や壊死を起こし、急激な視力低下を起こす場合があります。 症状が現れた場合は眼科で診察を受けてください。 ステンドラの作用機序 ステンドラの成分のアバナフィルは、PDE-5阻害剤と呼ばれるものの1種です。 バイアグラのシルデナフィルやレビトラのバルデナフィルもこのPDE-5阻害剤に含まれます。 このPDE-5という酵素の働きを阻害することで、勃起をしやすくさせ、維持することができ、中折れなどのEDの症状を改善します。 勃起のメカニズムとして、脳から陰茎に性的な刺激や興奮が送られると、陰茎の動脈や海綿体にNO(一酸化窒素)が放出されます。 NOには血管拡張作用のある「サイリックGMP」と呼ばれる物質を活性化させる働きがあります。 サイリックGMPが活性化されることで、陰茎の動脈や海綿体がゆるみ、多くの血液を流入することができます。 勃起は多くの血液が陰茎の海綿体に入ることで維持されます。 PDE-5はこのサイリックGMPを分解し不活性化させる働きがあります。 PDE-5には血管の収縮作用があり、陰茎に溜まった血液が放出され循環されるようになります。 射精後や性的な刺激が無くなると、陰茎内のPDE-5の血中濃度が高まり、勃起は維持されなくなります。 PDE-5阻害剤はこの働きを利用し、勃起をしやすい状態にさせ、EDの症状を改善しています。 ステンドラの作用時間 ステンドラは服用してから3~6時間効果が持続します。 レビトラやシアリスと比べると短く、バイアグラと同じぐらいの効果時間となります。 ステンドラは水に溶けやすい性質があり、体への吸収される時間も早く、体から代謝される時間も早くなります。 そのため、ステンドラの効果時間は短くなっています。 効果時間は短いですが、即効性に優れ、食事の影響を受けにくいこともあり、急な性行為のタイミングでも十分効果を発揮してくれるので、時間を無駄にしません。 さらに体に成分が長く残らないので、副作用が長引くことも少なくなります。 このようにステンドラの効果時間の短さはデメリットでは無いと言えます。 ステンドラのジェネリック ステンドラは海外では新しいED治療薬として注目されていますが、現在ステンドラは日本国内では未承認の医薬品となっています。 そのため、国内ではステンドラのジェネリック医薬品は開発されていません。 ジェネリック薬は、先発薬に特許が認められた期間を過ぎることで、他の製薬メーカーが特許の切れた成分を使用し開発される医薬品です。 国内で承認されていない医薬品なので、ジェネリックは開発されていません。 よくある質問.

次の

ドラスマの通販情報まとめ|日本のこころバイアグラ

ステンドラ 併用禁忌

アメリカで新しいED治療薬が認可されましたので、最新情報としてご紹介したいと思います。 Avanafilという薬で商品名はStendra ステンドラ です。 ED治療薬としての作用機序はバイアグラなどと一緒のPDE5阻害薬になります。 陰茎の血管拡張作用を持ち、血流を良くすることでEDを改善するというものです。 ちなみにアメリカのという製薬会社が販売するようです。 Stendra ステンドラ の特徴は即効性があって、かつ食事の影響を受けにくいということみたいですね。 薬の説明書には、空腹時内服とは書いておらず、食事と一緒に内服してもいいですよ、と書いてあります。 レビトラと同等以上の即効性があり、シアリス以上に食事の影響を受けにくい薬というイメージでしょうか。 (実際に処方した経験は当然ありませんのでイメージですが…) ちなみにニトロ製剤と一緒に飲んではダメだとか、禁忌や併用注意の薬はバイアグラ、レビトラ、シアリスとほとんど変わりませんね。 副作用ですが100㎎錠では頭痛6. 9%、顔の発赤が4. 3%、鼻づまり2. 9%、鼻咽頭炎が2. 6%、背中の痛みが2. 0%となっております。 Stendra ステンドラは50㎎錠、100mg錠、200mg錠の3種類の規格で発売されるということです。 治療開始の際は100㎎錠から開始することを勧めているようです。 非常によさそうED治療薬なのですが、いかんせん日本で認可されるのはいつになるのか…。 日本は薬の認可が非常に遅いのが特徴なので、当分は期待できないでしょう。 その間にジェネリックのバイアグラが出てしまいそうですので、売れるかどうかは微妙ですね。 なんにせよ治療の選択肢が増えるのはいいことでしょう。 アメリカでの市販後の評判やデータなどもわかり次第アップしていこうと思います。

次の