カスケード ダウン。 Excel:入力規則で絞り込みリストを作成するには(INDIRECT関数)−教えて!HELPDESK

ドロップダウンリストとINDIRECT関数を組み合わせた活用

カスケード ダウン

戦略のカスケード 全社及び部門の戦略マップが出来たら、戦略目標のカスケードをチェックします。 全社で取り組もうとしている戦略をどの部門もカスケードしていないという矛盾を無くします。 カスケード or カスケーディング とは上流から 下流に水が流れる 如く、戦略が 上位から 下位へと 浸透して行く という 意味があります。 全社及び 上組織が 実行しようとして いる戦略が 下位部門に伝わっており、下位部門でそれを実行しようとしているか。 それをチェックします。 即ち、カスケードのチェックです。 特に、全体の戦略実行を管理・サポートする部門では、戦略マップが 出来た時点で、戦略目標のカスケードをチェックします。 戦略目標と組織でマトリクス表を作成し、全社即ち上位組織で設定 している戦略目標がどの部門でカスケードしているかをチェック します。 カスケードの分類は、共有、応用、未使用、新規とあります。 ・共有 上位組織の戦略目標をそのまま採用する。 ・応用 上位組織の戦略目標を少し変更・応用して使う。 ・未使用 上位組織の戦略目標を採用しない。 ・新規 上位組織のは無い新たな戦略目標を作成する。 以上の四分類をマトリクス上に記入します。 全社・上位組織が設定している戦略目標を何処の部門も未使用の 場合は、問題です。 設定すべき部門に指示をします。 また、チェックの過程で、当然カスケードすべき戦略目標がカスケード 出来ていない組織を洗い出し、設定するよう指示します。 戦略の実行が全社一丸となり、全体最適となるような取り組みを 推進部隊は行わなければなりません。

次の

2017年12月11日 “カスケードダウン” : 税理士法人タカノ・高野伊久男公認会計士事務所 | 横浜・税理士

カスケード ダウン

例えば下図のように、ある「部署」を選択すると 「氏名」にはその部署のメンバーのみがリストに表示される…などです。 例:「部署」を選択すると、その部署のメンバーのみがリストに表示されるようにする STEP1:参照元リストに名前を付ける 人事、経理、総務の メンバーの範囲にそれぞれ「名前」を付けます。 重要:各範囲につける名前は必ず「部署名」(選択する項目名と同じ)にする必要があります。 「入力値の種類」を「リスト」にし、「元の値」を部署名(A1〜C1。 つまり人事,総務,経理)として「OK」で閉じる• 「部署名」を選択するセルに入力規則(リスト)が設定されます• 部署名が付けられた「セル範囲」をリストとして表示するようにします。 つまり E列で選択された部署名(の範囲)をそのままリストとして表示するわけです。 しかしここで「元の値」を「 =E2」としてしまうとE2のセルに表示された部署名(人事・総務・経理)をそのままその文字列として認識してしまいます。 入力された文字列を「名前が付けられた範囲」と認識させるにはINDIRECT関数を使います。 設定後「OK」で閉じます。 (注!閉じる際エラーが表示されますが無視してください。 最初に「部署名」を選択すると、「氏名」リストにはその部署のメンバーのみが選択候補として表示されます。 関連QA:.

次の

ドロップダウンリストとINDIRECT関数を組み合わせた活用

カスケード ダウン

カスケードとは、何段も連なった小さな滝のこと。 転じて、同じものがいくつも数珠つなぎに連結された構造や、連鎖的あるいは段階的に物事が生じる様子を表す。 カスケード接続 通信ネットワークや電気配線などの分野では、集線装置や中継機器など同士を接続することをあるいはカスケーディングという。 やなど同士をケーブルで結びカスケード接続することで、より多くの機器を同じネットワークに接続できるようになる。 CSSのカスケード Webページの見栄えを定義する(Cascading Style Sheet)で、ある要素に適用されるを、大域的に定義されたものから局所的に定義されたものへと順番に引き継ぎながら適用していくことをカスケードあるいはカスケーディングという。 カスケード表示 表示によるコンピュータの操作画面()で、同じサイズの複数のを斜めに少しずつずらしながら重ねて表示していくことをカスケード表示という。 ソフトウェアによっては「重ねて表示」などのメニュー名で表されることもある。 当サイト「IT用語辞典 e-Words」 アイティーようごじてん イーワーズ はIT Information Technology:情報技術 用語のオンライン辞典です。 コンピュータ・情報・通信などを中心とする各分野の用語について、キーワード検索や五十音索引から調べることができます。 用語の意味や定義、概要や要約、略語や別表記、英語表記や綴り、フルスペル、読み方や発音、仕組みや役割、歴史や由来、語源、構造や構成、要素、特徴、機能や性能、諸元、規格や仕様、標準、原因や要因、手法や方法、方式、種類や分類、利点やメリット、欠点やデメリット、問題点、対義語や類義語との違い、用例や事例、具体例、画像や図表、関連用語、外部資料や別の辞典による解説へのリンクなどを掲載しています。 株 インセプトが制作・運営しています。 お問い合わせは まで。

次の