全 羅 監督 元 ネタ。 実在の人物を出す重み ドラマ「全裸監督」 元AV女優に映像化の同意を得たのか

全羅道

全 羅 監督 元 ネタ

その動向が常に注目を集める山田孝之、35歳。 世代を代表する人気俳優であり、映画プロデューサーやミュージシャン、会社経営者の顔も持つ。 そんな彼が「AVの帝王」を演じているという。 制約ばかりのテレビや映画に「フラストレーションがたまりにたまっている」という山田が飛び込んだのは、世界的な動画配信サービスのネットフリックス。 「半裸になることも抵抗はなかった」。 今、彼は何を考え、何を見据えているのか。 少しだけ頭の中をのぞいてみた。 8月8日からネットフリックスで配信されているドラマシリーズ「全裸監督」の広告ビジュアルだ。 ひと目見て、強烈なパンチを食らった。 「また山田が変なことをしている」と思った。 本人のインタビューができるという。 映画担当記者として、会わないという選択肢はなかった。 山田が主演する「全裸監督」は、バブル絶頂の1980年代を舞台に、「AVの帝王」と呼ばれたアダルトビデオ監督・村西とおるの半生を全8話で描く。 共演する玉山鉄二が「よく企画が通った」と語るように、過激な性描写も含んでいる。 山田は出演のオファーを受けたときをこう振り返る。 「村西さんを紹介する宣伝文句が『前科7犯、借金50億』……。 それだけでも、すげえ人だなと。 その時点で、やりたいと思いますよね? これは多分すごいことが起きる、起きちゃうなと思った」 米国発の動画配信最大手のネットフリックスは世界が相手だ。 今作も約190カ国で見られるという。 「事件を起こそうと思いました。 この作品が、世界中に配信されるのは事件みたいなことだと思います」と興奮気味に語る。 「全裸監督」の広告ビジュアル 半裸になることも抵抗はなかった 村西は英語教材のセールスマンから転身し、当時爆発的に売れ始めていたアダルト雑誌の販売を足がかりに、文字どおり裸一貫でエロ業界に飛び込んでいったパイオニアとして描かれる。 演じる山田も、俳優だけの活動にとどまらず、映画「デイアンドナイト」をプロデュースしたり、俳優仲間と音楽バンドを組んだりするなど、開拓精神にあふれる活動を続けている。 そんな山田にとって村西は「はまり役」のように思えてくる。 村西にシンパシーがあるのではないかと聞くと、「ありますね」と即答。 「村西さんの発言や、言いそうな言葉からセリフが作られていますが、それはすごく理解ができます」と言う。 初期段階から制作に関わり、村西本人にも会った。 印象は「スイッチを切り替える方だと思った」と言う。 「話している相手や内容によって、様子や雰囲気がすごく変わる。 みんなで言っていたのは、『ものすごい天才かもしれないし、とんでもないうそつきかもしれない』ということ。 どっちだ? いや、どっちでもいいやと」 ネットフリックスで全世界独占配信されている「全裸監督」から それは、ハッとする美貌(びぼう)で観客や視聴者の心をわしづかみにする二枚目を演じたかと思えば、女性用下着を身につけて公の場に現れてファンの度肝を抜く三枚目にもなる、つかみどころがない山田と通ずる。 そう指摘すると、早口でまくし立てる。 「村西さんは、どっちでもいいんですよ。 魅力的な方というのは分かっているので。 僕も『いい加減なヤツだ』『馬鹿だ』『天才だ』とか、何を言われても別にいい。 顔も知らない人に、どう思われたって」。 そして、続ける。 「でも、僕は人生をめちゃくちゃ楽しめている。 それでいいんです。 しかも楽しめているだけでなく、数人なのか数百人なのか分からないけど、人を楽しませることもできているから、めちゃくちゃ幸せなことですよね」 人の目や評価は気にしない。 だから、AV監督を演じることも、半裸になることも抵抗はなかったという。 「これができるのは俳優だからこその特権です。 村西さんの人生を疑似体験で生きられるわけですから、これは俳優以外できないことです」 ネットフリックスで全世界独占配信されている「全裸監督」から 「選択肢として配信があることはすごくいいこと」 2015年に日本でサービスを開始したネットフリックスは近年、自社制作のオリジナル作品を続々と投入しており、テレビや映画とは異なる「第三極」になりつつある。 今回、同社の作品に初出演した山田の目にはどう映ったか。 そう問うと、「ネットフリックスに人が集まって当然だと思います。 見る側も作る側も」と言い切る。 現在のテレビや映画の現場は、「それは出来ません」「それも無理です」「その中でできることをやってください」といった制約ばかり、という。 「作り手はフラストレーションがたまりにたまっている。 『全裸監督』のスタッフや俳優は、それを爆発させ、表現に変えていった感じです」 受け取る側がどう思うかではなく、作り手側が「これを作りたい」という作品を世に出すことが、山田にとっての「表現」だという。 世界で1億5100万人からの会費(日本で1千円前後)で成り立っているため、スポンサーの意向を意識せず、途中でCMを入れることを想定した作りにすることもない。 その意味で、足かせのないネットフリックスが制作体制を強めていることを歓迎している。 ネットフリックスで全世界独占配信されている「全裸監督」から 劇中に登場する、80年代の新宿・歌舞伎町の街並みをつくりあげた巨大セットを見れば分かるように、予算は潤沢だった。 それだけでなく、制作期間も余裕をもって組まれていた。 「ただただ楽しかった。 今までで一番楽しい現場だったと思います。 撮影が終わるのが嫌でしたし、ここまでスタッフやキャストが一つになったのは初めて経験でした。 それに、全員が全力で楽しんで、ひとときもブレーキを踏まない感覚が、気持ちよかった」。 山田は目を輝かせて言う。 そんな経験をしたからこそ、「(出演者側の)選択肢として配信があることはすごくいいこと」と、俳優がより広範囲に活躍できる場になりえると山田は見ている。 そして、トップランナーたる山田が、新種の配信サービスに「まずは自分から」と、食いついていったという形だろう。 「食いついたのか、食いつかれたのかわかんないです(笑)。 少なくとも僕は本気になれるものを見つけてしまったという感覚はありますけどね」 いつも新しいものを求めている人だ。 決まった枠組みは嫌いなのだろう。 「嫌ですね。 だって、僕は放牧状態で親から育てられたんで。 『これをやりなさい』『宿題しなさい』とか、言われた記憶がないし、全然やっていなかった。 好奇心旺盛なので、自分が興味がわいたものに、とにかくそこに進んでいきたいんです」。 物語を引っかき回し、既存の概念をぶっ壊すトリックスターたる山田から、ますます目が離せない。

次の

山田孝之が”注意喚起”したドラマ『全裸監督』、過激さ以上に視聴者が驚愕した場面とは?|日刊サイゾー

全 羅 監督 元 ネタ

その動向が常に注目を集める山田孝之、35歳。 世代を代表する人気俳優であり、映画プロデューサーやミュージシャン、会社経営者の顔も持つ。 そんな彼が「AVの帝王」を演じているという。 制約ばかりのテレビや映画に「フラストレーションがたまりにたまっている」という山田が飛び込んだのは、世界的な動画配信サービスのネットフリックス。 「半裸になることも抵抗はなかった」。 今、彼は何を考え、何を見据えているのか。 少しだけ頭の中をのぞいてみた。 8月8日からネットフリックスで配信されているドラマシリーズ「全裸監督」の広告ビジュアルだ。 ひと目見て、強烈なパンチを食らった。 「また山田が変なことをしている」と思った。 本人のインタビューができるという。 映画担当記者として、会わないという選択肢はなかった。 山田が主演する「全裸監督」は、バブル絶頂の1980年代を舞台に、「AVの帝王」と呼ばれたアダルトビデオ監督・村西とおるの半生を全8話で描く。 共演する玉山鉄二が「よく企画が通った」と語るように、過激な性描写も含んでいる。 山田は出演のオファーを受けたときをこう振り返る。 「村西さんを紹介する宣伝文句が『前科7犯、借金50億』……。 それだけでも、すげえ人だなと。 その時点で、やりたいと思いますよね? これは多分すごいことが起きる、起きちゃうなと思った」 米国発の動画配信最大手のネットフリックスは世界が相手だ。 今作も約190カ国で見られるという。 「事件を起こそうと思いました。 この作品が、世界中に配信されるのは事件みたいなことだと思います」と興奮気味に語る。 「全裸監督」の広告ビジュアル 半裸になることも抵抗はなかった 村西は英語教材のセールスマンから転身し、当時爆発的に売れ始めていたアダルト雑誌の販売を足がかりに、文字どおり裸一貫でエロ業界に飛び込んでいったパイオニアとして描かれる。 演じる山田も、俳優だけの活動にとどまらず、映画「デイアンドナイト」をプロデュースしたり、俳優仲間と音楽バンドを組んだりするなど、開拓精神にあふれる活動を続けている。 そんな山田にとって村西は「はまり役」のように思えてくる。 村西にシンパシーがあるのではないかと聞くと、「ありますね」と即答。 「村西さんの発言や、言いそうな言葉からセリフが作られていますが、それはすごく理解ができます」と言う。 初期段階から制作に関わり、村西本人にも会った。 印象は「スイッチを切り替える方だと思った」と言う。 「話している相手や内容によって、様子や雰囲気がすごく変わる。 みんなで言っていたのは、『ものすごい天才かもしれないし、とんでもないうそつきかもしれない』ということ。 どっちだ? いや、どっちでもいいやと」 ネットフリックスで全世界独占配信されている「全裸監督」から それは、ハッとする美貌(びぼう)で観客や視聴者の心をわしづかみにする二枚目を演じたかと思えば、女性用下着を身につけて公の場に現れてファンの度肝を抜く三枚目にもなる、つかみどころがない山田と通ずる。 そう指摘すると、早口でまくし立てる。 「村西さんは、どっちでもいいんですよ。 魅力的な方というのは分かっているので。 僕も『いい加減なヤツだ』『馬鹿だ』『天才だ』とか、何を言われても別にいい。 顔も知らない人に、どう思われたって」。 そして、続ける。 「でも、僕は人生をめちゃくちゃ楽しめている。 それでいいんです。 しかも楽しめているだけでなく、数人なのか数百人なのか分からないけど、人を楽しませることもできているから、めちゃくちゃ幸せなことですよね」 人の目や評価は気にしない。 だから、AV監督を演じることも、半裸になることも抵抗はなかったという。 「これができるのは俳優だからこその特権です。 村西さんの人生を疑似体験で生きられるわけですから、これは俳優以外できないことです」 ネットフリックスで全世界独占配信されている「全裸監督」から 「選択肢として配信があることはすごくいいこと」 2015年に日本でサービスを開始したネットフリックスは近年、自社制作のオリジナル作品を続々と投入しており、テレビや映画とは異なる「第三極」になりつつある。 今回、同社の作品に初出演した山田の目にはどう映ったか。 そう問うと、「ネットフリックスに人が集まって当然だと思います。 見る側も作る側も」と言い切る。 現在のテレビや映画の現場は、「それは出来ません」「それも無理です」「その中でできることをやってください」といった制約ばかり、という。 「作り手はフラストレーションがたまりにたまっている。 『全裸監督』のスタッフや俳優は、それを爆発させ、表現に変えていった感じです」 受け取る側がどう思うかではなく、作り手側が「これを作りたい」という作品を世に出すことが、山田にとっての「表現」だという。 世界で1億5100万人からの会費(日本で1千円前後)で成り立っているため、スポンサーの意向を意識せず、途中でCMを入れることを想定した作りにすることもない。 その意味で、足かせのないネットフリックスが制作体制を強めていることを歓迎している。 ネットフリックスで全世界独占配信されている「全裸監督」から 劇中に登場する、80年代の新宿・歌舞伎町の街並みをつくりあげた巨大セットを見れば分かるように、予算は潤沢だった。 それだけでなく、制作期間も余裕をもって組まれていた。 「ただただ楽しかった。 今までで一番楽しい現場だったと思います。 撮影が終わるのが嫌でしたし、ここまでスタッフやキャストが一つになったのは初めて経験でした。 それに、全員が全力で楽しんで、ひとときもブレーキを踏まない感覚が、気持ちよかった」。 山田は目を輝かせて言う。 そんな経験をしたからこそ、「(出演者側の)選択肢として配信があることはすごくいいこと」と、俳優がより広範囲に活躍できる場になりえると山田は見ている。 そして、トップランナーたる山田が、新種の配信サービスに「まずは自分から」と、食いついていったという形だろう。 「食いついたのか、食いつかれたのかわかんないです(笑)。 少なくとも僕は本気になれるものを見つけてしまったという感覚はありますけどね」 いつも新しいものを求めている人だ。 決まった枠組みは嫌いなのだろう。 「嫌ですね。 だって、僕は放牧状態で親から育てられたんで。 『これをやりなさい』『宿題しなさい』とか、言われた記憶がないし、全然やっていなかった。 好奇心旺盛なので、自分が興味がわいたものに、とにかくそこに進んでいきたいんです」。 物語を引っかき回し、既存の概念をぶっ壊すトリックスターたる山田から、ますます目が離せない。

次の

山田孝之主演『全裸監督』新星・森田望智がAV女優役に体当たり

全 羅 監督 元 ネタ

8月に配信され、芸能人から一般男女まで日本中をトリコにしたドラマ「全裸監督」(Netflix)。 注目されたのは、監督・村西とおるを演じた山田孝之だけではない。 80年代のいかがわしき艶ビデオ女優を演じた新進女優の魅力を、映画パーソナリティのコトブキツカサ氏が語る。 生まれたままの姿で浴室に横たわり、ハリのあるみずからの胸と茂みの奥に指をはわせ、熱い息を漏らして体をびくびくと痙攣させる。 また別のシーンでは、思い切り突かれ、「あぁん! あんうぅん!!」と、のアエぐ。 一世を風靡した村西の秘蔵っ子女優・黒木香を演じた森田望智(23)は、その品のある横顔から放たれる下品な匂いで、視聴者の下腹部を熱くさせた。 その一人である有吉弘行も、自身のラジオ番組で「すごいよ。 こういうのが体張って演技するってことなんだなあって思いました」と手放しで絶賛した。 「彼女はオーディションから、他の女優との違いを見せつけていたようです。 参加者で唯一、ワキ毛をサインペンで書いて臨んだといいます」 女優としての意気込みが感じられるが、コトブキ氏が注目するのは、彼女の経歴である。 ベッドシーンの時の彼女の体の柔らかさ、しなやかさがすばらしいなと思っていたというが、 「そのはずで、クラシックバレエやフィギュアスケートの経験者でした。 となると、いい家庭で育ったお嬢さんに間違いありません。 まさに適役だったのだ。 もう一人、村西がデビュー作を撮った新人女優・奈緒子を演じたのが、冨手麻妙(25)だ。 彼女は園子温監督作でもヘアも見せた全脱ぎを披露しているが、「これまでも普通の若い女優がドン引きしてしまうような作品に、みずから『出たい!新しいことをやりたい!』とやる気を見せるような、気概のある女優でした」(コトブキ氏)という。 芸能界入りはAKB48の研究生オーディションに合格したのがキッカケだったが、「奈緒子役に、そんな元アイドルの片鱗は一切なかった」とコトブキ氏は感心する。 冨手演じる奈緒子は、半ば無理やり現場に連れてこられ、村西の話術にやる気を見いだし撮影に挑む。 そして「野球場での野外プレイ」をキメるのだ。 バスの車体に手をつき、後ろから激しくピストンされ、さらにマウンドでは突き上げられ、豊かな胸を揺らしながら嬌声を上げる。 「こんなに肉感的だったのかと驚きました」とするコトブキ氏によれば、まさに、80年代艶ビデオ女優らしい肉質が、彼女に備わっていたという。 「そんなリアリティーあるたたずまいも、オーディションで奈緒子役をゲットした要因ではないでしょうか」(コトブキ氏) 男性の下腹部だけではなく、見る者の人生観すら熱くさせる二人の艶技は要注目だ。

次の