鬼滅かなお。 【鬼滅の刃】栗花落カナヲ(つゆりかなお)がかわいい!声優や花の呼吸の技を紹介!

「鬼滅の刃」バレンタインスイーツの販売がスタート 描き下ろしイラストを使用した缶バッジが付属 : ニュース

鬼滅かなお

概要 漫画『』に登場する主要な敵であり、人食いの生き物。 日光以外では死なない不老不死性と、超人的な身体能力や怪力を持ち、中にはのような特異な能力を使える者もいる。 その正体は、千年前に最初に鬼になった鬼の原種である の血を注ぎ込まれた人間が、その血に適応できた場合に変異して生まれる超越生物。 無惨の支配を受け、より多くの人を喰らい、より強くなることを目的として行動する。 上述したように、日光に弱く日中の野外では活動できない、人間の血肉を食べて力にする、人間を同族に変える、などの特徴から、日本でよく知られる のと言うよりは、西洋における に近い存在と言える(『鬼滅の刃』の前身にあたる読切『』においても、西洋の吸血鬼が敵として登場している)。 生態 人間を主食とし、人肉や血に対して激しい飢餓を覚える。 他の動物の肉でもある程度代替は可能なようであるが、鬼の身体の維持にはやはり人喰いが欠かせない(ただし、その一方で 睡眠は必要としない)。 ただ、の例から、段々と人肉を体が受け付けなくなり、食えなくなる体質の鬼もいるようだ。 単純な身体能力については、当然のことながら人間を完全に圧倒しており、年若い鬼でも容易く石壁を砕く程の怪力と、岩より硬い身体を有する。 鬼としての年齢を重ねるほど(人を多数喰らうほど)上がって行き、一定を超えると下記のを行使できるようになる。 知性は個体により大きく差がある。 人間から鬼への変異直後は、激しい意識の混濁・退行がある。 このため最初に喰らうのは親兄弟などの近しい者が多い。 その後、生前の執着等の念を基本とした個性を獲得し知性を得るがその人格は自己本位なものとなる。 不死という特性上、永い年月の中で高度な医学知識などを得る事も可能ではあるがそのような例は現状、無惨の呪いを打破した一例のみである。 鬼になった時点で強い闘争本能や無惨への忠誠心等の 呪いを植え付けられる。 また、無惨の血を更に受ける事で鬼としての力は格段に強化されて行くため、上位の鬼ほど無惨の血が濃い。 終盤、が 鬼を人に戻すの開発に成功し、鬼にされた者を救った。 しかし、無惨の血を与えられることのみしか鬼は増えないという制約はあるものの、無惨がその気になれば 際限なく鬼を増やすことは可能である。 また、鬼殺隊の隊員が鬼にされてしまい仲間を襲撃する事態も発生したため、基本的には鬼を抹殺するしか選択肢はない。 さらに、無惨から分けられた血を別の人間に分け与えるという形で、が鬼を増やしたことがある。 ただし、鬼を増やすためには『無惨の血』が必要になる為、無惨が死んだ場合はそれ以上増えることはできないという、生物として見た場合致命的な欠陥がある。 そして 「無惨が死ねば鬼は全て滅びる」との指摘に無惨が激昂した事から、彼を滅せれば鬼たちは死に絶えることになる。 鬼の存在に関する認知 作中で鬼の伝承地にいたのはが明確に分かっているだけでほかの人物の所は不明。 ただ、のいた場所付近も伝承が残っており、二人の住む地域は奥多摩郡で近い位置となる。 一方、街の方では伝承が立ち消えており程度であった。 (浅草の時も が暴走しているとしか警察も含めて誰も思っておらず、の件の辰巳も鬼殺隊をうわさ程度にしかとらえていなかった) は「鬼がいた」と言ったために孤立してしまった(つまり彼は鬼殺隊入隊以前のとある事件での犯人を鬼だと確信していた。 彼の出身は今の渋谷区や中野区の付近)。 能力 再生 日光に照らされる以外には 不老不死であり、四肢を失っても短時間で再生するのはもちろんの事、頭部だけになる、あるいは頭部を粉砕されても再生できるほどの、生物としてはあり得ない生命力・治癒力を有する。 変形 身体の形状をかなり自在に操作する事が可能であり、のはもちろんの事、頭部に角を生やす、腕や脚に鋭利な刃を生成する、舌を長大に伸ばすといった、自身を異形化する個体が多い。 中には『 』、『 』、『 』、『 』などの常識からはかけ離れた異形化を果たす個体も少なくない。 人喰いを重ねた鬼が行使できるようになる 異能。 鬼の外見と同じく、その能力は千差万別。 鋼よりも硬い糸を生成するなど、物理的な攻撃能力に留まらず、異空間を自由に出入りする、空間と空間を繋げるといった物理法則を完全に無視した現象を引き起こす個体も多数存在する。 弱点 日光 鬼の最大の弱点。 日光に照らされた鬼の身体は瞬時に灰化して崩れ去る。 ただしあくまで直射日光に弱いのであり、曇天の日や、日が射している時でも日陰ならば、昼間であっても問題なく活動できる。 同時に過剰な再生や血鬼術の行使はそれらの能力の低下を招き、最終的には一般人に討ち取られてしまうほどに弱体化する事もある。 ただし、それは十二鬼月以下の雑魚鬼ぐらいでしか見られない現象であり、十二鬼月に至っては下弦でも底をつくことはそうそう無く、のように相当決着を焦らない限りは起こりえない。 隊員の基本装備であり、鬼を殺すことのできる唯一の武器。 詳細は当該記事参照。 この日輪刀で首を切ることで、を除いて倒すことが出来る。 藤の花 鬼は藤の花の香りを嫌い、近づく事さえできない。 藤の花の匂い袋などを持っておけば、鬼除けになる。 鬼殺隊の入隊試験が行われる藤襲山は一年中藤の花が咲いており、中に閉じ込めた鬼の逃走を阻む自然の結界となっている。 呪い 無惨から血を分け与えられた全ての鬼は、無惨に反逆できないよう肉体・意識の両面で絶対の制約を強制的にかけられる。 この呪いを外す事は、か、が無い限り不可能。 自壊 無惨に関する情報を僅かにでも口にした時点で、体内の無惨の細胞により鬼自身から野太い『腕』が生え、宿主の身体を粉砕する。 この『腕』は、無惨同様に鬼の身体に再生不可能なダメージを与えるため、事実上の自壊である。 なお、この自壊はあくまで人前で名を口にした場合に限るため、鬼同士で名を出す分には呪いは発動しない。 読心 無惨を前にした鬼は、その思考を全て無惨に読まれる。 距離が離れるほど精度が低くなるが、位置情報程度ならばどれほど離れても無惨の認識から逃れる事はできない。 同族嫌悪 鬼同士は心理的に嫌悪感を抱くため、助け合ったり徒党を組むことは無く、食料が確保できない状況では共食いすら起こす。 尚、無惨から集団行動を命じられた場合は、この限りではない。 珠世はこの呪いを、 「自分より強い鬼が、徒党を組んで叛乱を起こさない為」としている。 主な鬼 首領• その他• (声:)• (声:)• (声:)• (声:)• (声:) 例外• (声:)• (声:)• (声:)• 浅草の人(仮称) 鬼舞辻無惨によって囮のためだけに鬼にされた青年。 と珠世、愈史郎の尽力により呪縛から逃れる。 後に鬼舞辻無惨との産屋敷邸での対決時に 「散布した肉の種子から凄まじい強度・速度の枝分かれした棘を放つ」という強力な血鬼術で無惨の足止めをする、に在るまじき活躍を見せた(産屋敷耀哉の語った 「本来ならば一生眠っていたはずの」の一人と言える)。 (ネタバレ注意) 関連タグ 関連記事 親記事.

次の

鬼滅の刃声優一覧!アニメ放送日はいつ?第2クール情報有【あらすじ・画像・PV動画付き作品情報】 │ anichoice

鬼滅かなお

髪の毛は右側でひとつに束ねていて、しのぶと同じ蝶々の髪飾りをしています。 髪を下ろすと胸にしたくらいまで長さがあります。 無口で指示をされたこと以外の行動はしませんし、会話もしません。 迷った時にはカナエからもらった銅貨を投げて選択をしています。 類稀なる身体能力を持っていて、訓練相手となることもあり、その力量は同期の隊士たちをもしのぐほどです。 そんなカナヲですが当初は鬼殺隊に入ることをカナエもしのぶも認めていませんでした。 カナヲを変えた竈門炭治郎という存在 蝶屋敷を出発する際にカナヲへあいさつに来たにすら、カナヲは銅貨を投げて話をするかを決めていました。 この炭治郎の行為がカナヲの心を動かし、炭治郎が去ったあと銅貨を手で包み胸の前でぎゅっとする仕草をしています。 この時のカナヲの感情はカナヲ自身にも理解できないものでした。 上弦の陸との死闘のあと2ヶ月もの間目覚めなかった炭治郎のために花を生けたりしていたようで、炭治郎が目覚めると涙を流して安心したような表情をしています。 この後、隠のさんに「炭治郎が目覚めたなら人を呼べ!」と大声で説教をされてしまいます。 この時のカナヲはあわあわして、さんにペコペコと頭を下げていました。 まだ炭治郎たち以外の人との接触にはなれていないようです。 ですが、再び眠りについた炭治郎を見てその周りで大騒ぎをしているアオイとに対し「静かにして!」と声をあげています。 カナヲの過去を描いた番外編ではカナヲの初恋が炭治郎であるかのような描写がされています。 それを証明するかのように、無惨を倒した後に鬼化してしまった炭治郎のために自分が失明するリスクのある技を使い、炭治郎を救うのです。 炭治郎が目覚めるシーンではお互いに視線を合わせて微笑む描写があります。 栗花落カナヲの性格 孤児であったために、カナエとしのぶに引き取られた当初からほとんど無口で無表情の少女でした。 炭治郎によって自主性を解放されたカナヲはだんだんと自分の感情を表に出すようになってきます。 ですが、それよりも以前にカナヲが自分の意思で行動していることがあります。 それは鬼殺隊入隊のための選別への参加です。 カナエとしのぶに無断で選別に参加したことは確かにカナヲの意思だったはずです。 鬼への強い思いを近くでみていたカナヲだからこそ、自分も強くなりたいと思ったのです。 柱稽古に参加していた際もしのぶに対して「師範にもっと稽古してもらいたい」などと恥ずかし気に発言していて、しのぶもそれを良い傾向だと微笑んでいました。 童磨に骨を折られ吸収されたしのぶを見たカナヲは激昂し、怒りで震えます。 カナヲはこの時すでにしのぶに「自分は鬼に喰われなければならない」と告げられています。 しのぶを吸収したことによって藤の花の毒を体内に取り込んだ童磨に毒が効き始めると、しのぶの意思をしっかりと受け継いでいるカナヲは自分の目を失う可能性のある呼吸を使い童磨を倒します。 この代償としてカナヲの右目はほとんど見えなくなってしまいます。 カナヲが育った環境はとても劣悪なもので、泣いていると蹴とばされ、踏まれて、引きずり回されて、水に付けられていたようです。 父親に殴りかかられ、当たり所が悪いと兄弟たちは冷たくなっていたこともあったようでした。 そのような環境で育ったので、カナヲは自分の意思を持たず、指示をされないと何もできない、何もしない人間に育ってしまったのです。 カナエとしのぶに引き取られたことで少しずつ人としての感情を取り戻してきていたカナヲでしたが、カナエの死を知り、周りが泣いていても、カナヲは冷汗が出て泣くことができませんでした。 これはカナヲが育ってきた環境が起因していました。 カナヲは泣くことを我慢しながら育ってきたのです。 栗花落カナヲの声優 カナヲの声を担当しているのは上田麗奈さん。 1994年1月17日生まれで富山県富山市出身です。 所属事務所は81プロデュース。 代表作は『ハナヤマタ』の関谷なる役や、『ReLIFE』の小野屋杏役、『Dr. STONE』のルリ役などがあります。 栗花落カナヲの名言・名シーン ここからは栗花落カナヲの名言や名シーンをご紹介していきます。 「好きな人や大切な人は漠然と明日も明後日も生きているような気がする」.

次の

鬼(鬼滅の刃) (おに)とは【ピクシブ百科事典】

鬼滅かなお

(鬼滅の刃2巻 吾峠呼世晴/集英社) そこで今回ドル漫では 「栗花落カナヲ(つゆりかなお)」の正体と能力強さをフルカラー画像付きで徹底的に考察していこうと思います。 栗花落カナヲは主人公・竈門炭治郎たちと共に、実は序盤から登場してた重要キャラ。 これまでの意外と知られてない過去や性格、栗花落カナヲの「悲しき結末」も考察してます。 『鬼滅の刃』最終盤の展開も含まれてるのでネタバレ注意です。 栗花落カナヲとは胡蝶しのぶの継子 まずは栗花落カナヲの正体をおさらい。 栗花落カナヲとは 蟲柱・胡蝶しのぶの「継子(つぐこ)」。 名前の 読み方は「つゆりかなお」。 誕生日は5月19日。 年齢は16歳。 出身地は東京府本所区(現在の墨田区向島)。 身長は156cm。 体重は46キロ。 声優CVは上田麗奈。 栗花落カナヲはとにかく戦闘の素質があり、女性でありながら竈門炭治郎と比べても反射神経や身体能力で群を抜く。 そのため胡蝶しのぶから絶対的な信頼を置かれてる鬼殺隊の隊員。 日輪刀の色は桃色。 カナヲのは「花の呼吸(詳細は後述)」。 (鬼滅の刃7巻 吾峠呼世晴/集英社) この「好きな男の子」とは、後にカナヲが出会う竈門炭治郎のこと。 「人の心が原動力だから。 心はどこまでも強くなれる」と天真爛漫に手をぎゅっと握られると、栗花落カナヲは炭治郎に恋心を芽生える。 まさに伏線の匂いもプンプンですが、答え合わせは最後に後述。 残念ながら、胡蝶姉妹は上弦の2・童磨によって殺されてしまう。 数年前に花柱(?)だった胡蝶カナエは偶然相見えた時に倒され、無限城で姉の恨みを晴らさんとした胡蝶しのぶも返り討ちに合う。 それでも胡蝶しのぶは全身を毒状態と化して食われることで童磨を弱らせ、栗花落カナヲが最後はとどめを刺した。 胡蝶しのぶからは「カナヲが頸を切ってとどめを刺して」と頼み込まれるなど、栗花落カナヲがいかに信頼されていたかが分かります。 それ故に、栗花落カナヲのショックはひとしお。 姉・胡蝶カナエが死亡した時はまだ過去の経緯を引きずっていた、素直に涙を流すことはできなかった。 妹・胡蝶しのぶに責められることはなかったが、だからこそ余計に辛かった。 何もできなかった自らの無力さに自責の念が募るばかり。 (鬼滅の刃163話 吾峠呼世晴/集英社) そこで栗花落カナヲはようやく初めて「大粒の涙」を流した。 胡蝶姉妹の髪飾りを抱きしめながら思い描く光景は、胡蝶姉妹が「天国で両親と笑顔で仲良く暮らす姿」。 両親も鬼に殺されており、本当に胡蝶一家は安息の日々を送っているのかも。 女子は自信を持てない人が多い模様。 栗花落カナヲに対して「共感」を抱く鬼滅の刃読者は多いのかも知れない。 栗花落カナヲの強さは胡蝶超え? ちなみに、 カナヲの名前は姉・胡蝶カナエが命名したとされます。 どちらかというと栗花落カナヲは姉・カナエの方が親密度はやや高かったか。 でも考えてみると、竈門炭治郎に出会うまで意思表示できなかったカナヲが鬼殺隊に入ったのか? 実は、栗花落カナヲが 鬼殺隊に入った理由は「人間として不器用すぎた」から。 栗花落カナヲは家事などができなかったため、胡蝶姉妹に貢献するために「修羅の道」を歩んだ。 天性の身体能力も手伝って、見様見真似で姉・カナエの花の呼吸(後述)を体得。 もちろん究極の指示待ち人間だった栗花落カナヲですが、カナエが殺されたことなども手伝って無意識的に「鬼を倒す」という目的に向かっていたそう。 鬼殺隊に入るための選別試験も、実は胡蝶しのぶに黙っての参加でした。 人の役に立つためには戦う方法以外になかった。 そこで続いては栗花落カナヲの強さを考察。 (鬼滅の刃162話 吾峠呼世晴/集英社) 続いては花の呼吸・ 終ノ型「彼岸朱眼(ひがんしゅがん)」。 大量の血液を眼球に集中させることで、動体視力を極限まで引き上げる技。 それ故に眼球が真っ赤に染まる。 ただでさえ動体視力に優れる栗花落カナヲにとって、ブーストされた動体視力は周囲の動きは極端に鈍く止まって見える。 しかしながら、終ノ型「彼岸朱眼(ひがんしゅがん)」は眼球に対するダメージは凄まじく、失明してしまう可能性が高い。 童磨戦では短時間の使用でしたが、栗花落カナヲは片目だけ失明してしまう。 まさに「終わりの最終型」。 栗花落カナヲの名言一覧 続いては「栗花落カナヲの名言」を考察。 当初はロボットのような性格でしたが、後に師匠・胡蝶しのぶの割とキツい性格を継承したのが毒舌も吐きます。 やはり女性だけあって観察眼や洞察力に優れる模様。 (鬼滅の刃157話 吾峠呼世晴/集英社) 童磨を追い詰めるように出た名言が「 貴方、何のために生まれてきたの?」。 既にネット上では「ねぇ今どんな気持ち?」並に、相手を煽る際に使用されることも多い模様。 具体的には「貴方には嬉しいことも楽しいことも苦しいこともつらいことも、本当は空っぽでなにもないのに滑稽だね。 ふふっ」という前段のセリフがあるわけですが、カナヲの指摘が図星だったため、直後に童磨も初めてブチ切れるのが笑います。 ただ栗花落カナヲは炭治郎との出会いで「凍った心」が溶けた。 童磨も炭治郎のような優しい人間と出会ってれば、もしかすると何かが変わった可能性もありそうです。 栗花落カナヲと童磨はある意味、対照的だけど同じだったのかも知れない。 【死亡】最期は炭治郎に殺されてしまう? 最後は「栗花落カナヲの現在」を考察。 ここからは完全にネタバレ注意です。 前述のように上弦の2・童磨に最終的にとどめを刺した後、栗花落カナヲもに嘴平伊之助と共に参戦。 珠世が開発した透明化の血鬼術を使って鬼舞辻無惨を翻弄するものの、最強のやたちと共に返り討ちに合ってしまう。 それでも最終的に鬼舞辻無惨に太陽の光を浴びさせて倒す。 しかしながら、無惨は最後のあがきで自身の細胞と血液を全て竈門炭治郎に注ぎ込む。 結果、日の呼吸を体得した竈門炭治郎は太陽の光を克服した「最強の鬼」と化してしまう。 (鬼滅の刃202話 吾峠呼世晴/集英社) まだ鬼化して間もない段階であれば炭治郎の攻撃をかい潜れると考えた栗花落カナヲは、花の呼吸・終の型「彼岸朱眼」を最期に発動。 そして、炭治郎の背中に鬼を人間に戻す薬をぶっ刺すことに成功した。 涙を流した瞬間にはきっと死を覚悟してたに違いない。 でもカナヲが最期に残した言葉は「炭治郎だめだよ。 禰豆子ちゃん泣かせたらだめだよ」。 栗花落カナヲは炭治郎が好きだったはずなのに、あくまで炭治郎の未来だけ気にかけていた。 伊黒小芭内と甘露寺蜜璃の最期と違って、まだ年齢が幼かったせいか不憫な最期でした。

次の