梅雨明け 2020 関西。 関西・近畿地方の梅雨入り・梅雨明け予想!2020年はいつ?

梅雨明けはいつごろ?例年の時期と2020年の予想!

梅雨明け 2020 関西

関西・大阪の梅雨明け2020年の時期を予想しようと、気象庁の過去のデータを元に傾向を考えました。 気象庁には昭和26年(1951年)から現在までの過去データが蓄積され、それを私たちも見ることができるので活用できるのですね。 そこから出た 関西・大阪の梅雨明け予想は7月の半ばごろになります。 そして 関西・大阪の梅雨明けの平年時期や、観測が始まって過去最速の梅雨明け日。 もしくは、過去最も遅かった梅雨明け日などもわかりました。 関西・大阪は沖縄が梅雨明けしてから一ヶ月ほどでやってくることが多く、2020年もそこまで変わらないと思います。 では、具体的に関西・大阪の梅雨明けはいつごろになるのか、その予想をご覧ください。 近畿地方というと三重県が入るかどうかでわかれますが、今回の場合は2府4県の情報として進めていきます。 関西・大阪の梅雨明け時期は平年いつから? 気象庁のホームページには、昭和26年(1951年)から現在までの過去データが蓄積されています。 それは私たちも自由に見ることができます。 そのデータでは関西・大阪の梅雨明け時期、平年の様子も出ています。 それを2000年以降でまとめました。 data. jma. html この表をまとめると、 関西・大阪【2000年~2019年】 紫外線に注意! 梅雨が明けると本格的な夏が近づいてきますが、そこで気になるのが 紫外線! 実は、もうすでにかなりの紫外線量が降り注いでいます。 その内容を別ページでまとめてますが、ちょっとビックリするかもしれません! 参考ページ 夏に向けてしっかり紫外線対策する意味でも、一度読んでおいてくださいね。 あとがき 2020年関西・大阪の梅雨明けの時期の予想ですが、これまでの結果を表にしてまとめました。 関西の梅雨 日にち、期間 梅雨明け予想 7月15日~7月24日ごろ 平年 7月21日ごろ 過去最も早い日 1978年7月3日ごろ 過去最も遅い日 2009年8月3日ごろ あくまで予想ですので、その年の気象状況によっても大きく変化します。 ただ、毎年のデータからの予想ですが参考にはなると思います。 また、「梅雨明けしたとみられる」と気象庁から発表があっても、普通に雨が降り続く場合もあったりします。 そのくらいこの時期の天気の見極めは難しいのでしょうね。 梅雨の時期はジメジメしてうっとおしい日が続きますが、晴れの日でも雨に注意してレインコートや折り畳み傘など備えておきましょう。

次の

【2020年】関西・近畿の梅雨入り・梅雨明け時期がいつか徹底予想!

梅雨明け 2020 関西

【関西の梅雨明け時期。 例年と2020年予想は?】 気象庁のデータによると、関西の梅雨明けは例年だと7月21日頃です。 梅雨入りは例年で6月7日頃なので、梅雨は2ヶ月ほど続きます。 ちなみに、2019年は梅雨入りが6月27日と大幅に遅れましたが、梅雨明けは7月24日と例年通りでした。 2018年は梅雨入りが6月5日で梅雨明けが7月9日と早く梅雨明けしていますし、2020年は例年通りに行くとは限りません。 【関東の梅雨明け時期。 例年と2020年予想は?】 気象庁のデータだと、関東の梅雨明けは例年だと7月21日です。 梅雨入りが6月8日と関西とほぼ同時期なので覚えやすいですよね。 ただ、関東の2019年の梅雨入りは6月7日、梅雨明けは7月24日と梅雨入りした時期が関西よりも早く、梅雨明けは関西と同じ日にちでした。 なので、関西よりも梅雨の時期が長かったと言えます。 2018年は6月6日が梅雨入り、6月29日が梅雨明けで、関西と梅雨入りは同じ時期だけど梅雨明けは一足早い年でした。 【北陸の梅雨明け時期。 例年と2020年予想は?】 北陸の梅雨明けは、例年だと7月24日頃です。 梅雨入りは例年だと6月12日で、ほぼ関西や関東と変わりません。 2019年は6月7日が梅雨入り、梅雨明けは7月24日、2018年は6月9日が梅雨入り、7月9日が梅雨明けです。 2018年は例年よりも早く早く梅雨明けしていますが、過去のデータではだいたい7月後半が梅雨明け時期です。 【中国地方の梅雨明け時期。 例年と2020年予想は?】 中国地方の例年の梅雨明けは7月21日です。 梅雨入りは6月7日で、他の地域とほぼ同じです。 2019年の梅雨入りは6月26日、梅雨明けは7月25日、2018年は梅雨入りが6月5日で梅雨明けは7月9日でした。 過去2年で例年よりもズレましたが、過去のデータでは梅雨明けが例年とほぼ同じ時期なので、2020年も例年通りかもしれませんね。 【北海道の梅雨明け時期。 例年と2020年予想は?】 北海道には梅雨がありません。 なぜなら梅雨前線は東北地方のあたりでなくなってしまうからです。 梅雨前線は暖かい空気と冷たい空気のぶつかり合いだと説明しましたよね。 梅雨前線が北上すると、暖かい空気の太平洋高気圧の勢いが強すぎて冷たいオホーツク海高気圧がおし負けてしまいます。 そのため、前線が消えて北海道まで梅雨はやってきません。 ただ、温暖化の影響で前線が弱まらず、北海道まで梅雨入りする年もあります。 また、北海道では蝦夷梅雨と呼ばれる小雨が降り続く日があります。 そしてリラ冷えと呼ばれて冷え込む日もあるため、北海道も雨と無縁ではありません。 しかし、蝦夷梅雨で降る雨は本州の梅雨よりも少なく、ジメジメしないのが特徴です。 また、降ったりやんだりで本州のようにザーザー降りになる事もありません。 北海道の花で有名なのがラベンダーですが、ラベンダーはスッキリした天気を好みます。 梅雨が来ないから、北海道はラベンダーがきれいに咲くのです。 【沖縄の梅雨明け時期。 例年と2020年予想は?】 沖縄の梅雨明けは本州よりも1ヶ月ほど早いです。 例年だと6月23日に梅雨明けをし、梅雨入りは5月9日です。 ゴールデンウィークが明けた頃に梅雨入りとなり、本州が梅雨入りした時に梅雨明けをするという事ですね。 なので、本州よりもだいぶ早い梅雨入りと言えます。 2019年は梅雨入りが5月16日、梅雨明け7月10日、2018年は梅雨入りが6月1日で梅雨明けは6月23日です。 年によってバラつきがあるのが分かります。 そして、2020年はすでに梅雨入りしています。 6月2日現在 九州南部や四国も梅雨入りしたとの事で、間もなく梅雨明けすると予想されます。 もし6月の初旬に梅雨明けしたら、例年よりも早い梅雨明けとなります。 いかがでしたでしょうか? 梅雨明けは地域によってバラつきがありますが、年によってもだいぶ違いますよね。 なので2020年の梅雨明けを完璧に言い当てるのは困難ですよね。 ただ、例年通りなら本州が7月の終わり頃に梅雨明けし、沖縄は6月の終わり頃です。 なので、沖縄で梅雨明けしたら、そろそろ梅雨入りだなと考えれば良しです。 また、北海道は梅雨がありませんが、冷たい雨がシトシトと降る雨はあります。 もし梅雨が来たら、珍しいなと思っておくと良しです。

次の

近畿の梅雨入りと梅雨明け 2020(確定値)

梅雨明け 2020 関西

令和2年の梅雨入りと梅雨明け(速報値) 梅雨期は大雨による災害の発生しやすい時期です。 また、梅雨明け後の盛夏期に必要な農業用の水等を蓄える重要な時期でもあります。 一方、梅雨期は曇りや雨の日が多くなって、日々の生活等にも様々な影響を与えることから、社会的にも関心の高い事柄であり、気象庁では、現在までの天候経過と1週間先までの見通しをもとに、梅雨の入り明けの速報を「梅雨の時期に関する気象情報」として発表しています。 (発表後3日程度の間、に各地方別の情報として掲載しています。 地方に含まれる都府県は、をご覧ください。 ) このページは梅雨入りと梅雨明けの情報を発表したときに更新しています。 ただし、情報発表が休日の場合は休日明けの平日に更新となる場合があります。 後日、春から夏にかけての実際の天候経過を考慮した検討を行い、その結果、この情報で発表した期日が変更となる場合があります。 ここに掲載した期日は移り変わりの期間の概ね中日を示しています。 ・「平年」は、平成22年(2010年)までの過去30年の平均(入り・明けを特定しなかった年は除外)の日付です。

次の