肝臓 に いい 食材。 肝臓に良い食べ物・飲み物|肝臓に悪い食べ物・食品

肝臓に良い食べ物とは?肝炎を予防し肝機能アップ

肝臓 に いい 食材

肝機能を改善するツボ• 老宮(ろうきゅう):手を軽く握った時に、中指の先端がてのひらに当たる部分が老宮です。 片方の手の親指で押してもいいのですが、握った中指の先端で押してもいいのです。 手を津四に握っては開くという動作を繰りかえすだけでもツボ刺激になります。 陽池(ようち):手の甲側にあるツボ。 手首の真ん中よりやや小指側で、おさえるとちょっと凹んでいる部分です。 血流を改善するツボとして知られています。 片方の指で回転させるようにマッサージする感じです。 肝臓も温まるため機能が高まる効果があります。 肝兪(かんゆ):このツボは背中の真ん中あたりにあるので、自分で押せないことはないと思いますが、誰かに押してもらう方がいいでしょう。 このツボの場所は、両方の肩甲骨の下のラインを結んだちょうど真ん中あたりに第7胸椎があり、そこから骨2本分下に下がると第9胸椎があります。 そこから指2本分外側にあるのが肝兪(かんゆ)です。 肝臓の疲れを摂るだけでなく、体の疲労回復のツボでもあります。 太衝(たいしょう):足の甲の親指と人差し指の間を、足首側に指を滑らせていくと、指が止まるすこしくぼんだところにあります。 痛気もちいくらいにちょっと強めに押します。 肝臓の経絡につながっていて、肝機能の改善だけでなく体の疲労回復にも役立ちます。 行間(こうかん):このツボは足の親指と人差し指の付け根の部分にあります。 行間のツボは肝臓の解毒作用がありますので、ちょっと飲みすぎたときなどはここを押してみてください。 曲泉(きょくせん):膝を曲げたときに、膝の内側にシワができます。 そのシワの端部分のやや凹んだ部分にあるツボ。 約3秒間、ゆっくり押して離します。 これを何回か繰り返すことで肝機能を高めることができます。 スポンサーリンク 肝臓の働きをよくする食べ物 抗酸化作用の高い食材が有効 ファストフードやコンビニ食が多く、食生活に偏りがあると感じている人、良く飲み歩く人は、特にバランスのとれた食生活を心掛けなければなりません。 食べ物の中でも 抗酸化力が強く、肝機能を高めるとされるオルニチンなどが含まれていることが理想です。 活性酸素が体内に増加して、体の中の細胞が酸化されることは、肝臓にとっては大敵にもなるのです。 肝臓の働きに良いとされている食べ物を紹介しますので、積極的に摂るようにしましょう。 抗酸化作用の高いビタミンと食べ物 抗酸化力が強いビタミンとそれが含まれる食べ物• 特に、かぼちゃ、人参、ほうれん草など。 ビタミンC:かんきつ類に多く含まれる。 キウイ、アセロラ、小松菜、ブロッコリーなど。 ビタミンE:アーモンドなどのナッツ類、かぼちゃ、ほうれん草、うなぎなど。 イソフラボン:大豆、枝豆、豆腐・納豆、豆乳などの豆製品に含まれています。 アントシアニン:ブルーベリーや黒豆、ナス、紫キャベツに含まれ非常に抗酸化作用が高い。 肝臓にいい食べ物• 枝豆:ほぼ大豆と同じ栄養価なのですが、枝豆には、大豆には含まれていないビタミンAやビタミンCが豊富なことが特徴です。 さらに枝豆には脂肪を体に貯めないように働くコリンやレシチンをはじめ、肝機能を高めるサポニンも含まれています。 肝臓の働きをよくする食べ物としてはにとても優秀な食材です。 しじみ・牡蠣・イカ・タコ:肝臓にとってとても有用な働きをしてくれる 「タウリン」が含まれています。 タウリンを含む食材を摂ることによって、胆汁酸の分泌が良くなり、血中コレステロールを下げてくれます。 牡蠣に含まれるタウリンについては、肝臓に溜まった中性脂肪を排出する働きがあります。 脂肪肝にとっては特に良い食材といえます。 キャベツ:意外かもしれませんが、キャベツは肝臓にいい食材なのです。 は、肝臓の働きを活発にして脂肪肝を防ぎます。 ナッツ類:抗酸化作用が強く、体内の活性酸素の増加を抑えるビタミンEが豊富です。 にんにく:アリシンという物質が特に肝機能をためるための要素で、胆汁の分泌を促し、肝臓での脂肪の代謝を高めます。 まとめ 肝機能を改善して、その働きを良くするためには、ツボ押しや食材の見直し等、生活習慣の見直しはとても大切です。 しかし「人間」の体を作っているのは食べ物が基本になります。 肝臓にいいと言われる食材ばかりを食べるのも良くないでしょうし、肝機能を改善するためには、肝臓によくないといわれている食材も控える必要があります。 もちろん適度な運動も必要ですね。 ただ、誰もが言うように、結局は「バランスのとれた食事」がとても大切なのです。 バランスのとれた食生活の中で、「肝機能にいい食材」を摂りいれていくことですね。

次の

【肝臓に負担】薬・サプリの飲み過ぎも原因に 肝臓にいい食べ物「梅干し」がおすすめ

肝臓 に いい 食材

肝臓にいい食べ物・食品 肝臓にいい食べ物や食品は、 大豆製品、しじみ、緑黄色野菜などが有名です。 これらの食べ物には抗酸化力の強い栄養素が含まれている他、ビタミン、ミネラルなどが豊富、またオルニチンなどの肝機能をサポートするための栄養素が豊富であるという特徴があります。 肝臓の機能が弱っているかなと感じたときに、これらの食べ物を積極的に摂ることは肝臓へのサポートになりますが、 摂り方にも注意が必要です。 エネルギー、たんぱく質を摂り過ぎずに、1日3食をよく噛んで食べるようにしてください。 枝豆 枝豆は大豆が完熟する前に枝ごととった植物なのでほとんど大豆と同じ栄養価です。 しかし、枝豆には大豆にはないビタミンAやビタミンCが豊富に含まれているため、大豆よりも肝臓の健康にいい食べ物といえます。 また、枝豆には脂肪を分解するコリンや、体内の余分な脂肪を燃やすレシチン、過酸化脂質の生成を抑制し、肝機能を高めるサポニンも含まれているため、肝臓を保護、改善することに優れた食べ物といえるでしょう。 豆腐 豆腐は、枝豆と同じく大豆でできている食べ物なので良質なタンパク質やビタミンE、サポニンが肝機能に効果を発揮します。 豆腐と枝豆の違いは、ビタミンA,ビタミンCの有無と吸収率です。 さらに、枝豆はそのまま食べたりサラダに混ぜるぐらいしか料理方法がないのに対し豆腐は料理として他の食材と合わせてることでさらに多くの栄養素を取り入れることもできます。 納豆 大豆製品の中でも納豆はタンパク質の消化吸収率が高いことが知られています。 また、ビタミンKやビタミンB群といったビタミンも豊富で大豆にはないムチンという肝臓に良い成分も含有されています。 ムチンは、胃の粘膜を保護しアルコールが直接胃から吸収されるのを防ぐため、普段は胃から吸収されるアルコールが腸から吸収されるようになるので、悪酔いや二日酔いを防ぐ作用があります。 しじみ しじみが二日酔いにいいとうのはよく知られています。 しじみにはタンパク質やビタミン、ミネラルなどが豊富に含まれているので、肝機能を高めアルコールの代謝をよくするためです。 また、しじみにはタウリンという栄養素が豊富に含まれています。 タウリンは肝細胞を再生したり、脂肪肝を改善したりといった肝臓に良い作用が多くあります。 また、現在は肝臓病などの治療薬として使われているほどその効能が認められています。 ただし、しじみも万能ではありません。 肝臓病の人には鉄分が肝機能に悪い影響を与えることがわかってきています。 しじみには鉄分が含まれているため、肝臓病の場合にはしじみを大量に食べることは避けた方がいいでしょう。 カキ 牡蠣には18種類のアミノ酸、ビタミンA,B1,B2,C、亜鉛、鉄、カルシウムなどのミネラル、グリコーゲン(ブドウ糖、タウリンといった栄養素をバランス良く含むため、「海のミルク」といわれています。 このように豊富な栄養素に加えて肝臓の薬として使われているタウリンも含まれているので肝細胞を修復したり、肝臓の解毒作用を強化したりして悪酔いや二日酔いを防止する効果などもあります。 かぼちゃ かぼちゃは、緑黄色野菜とし有名です。 かぼちゃにはビタミンA(カロチン)が豊富で、ビタミンC、ビタミンEなども含まれています。 肝臓病になると、ビタミンAが不足する他、ビタミンCやEには、過酸化脂質の生成を防いだり、分解したりするので、 肝臓病や動脈硬化に効果を発揮します。 キャベツ キャベツにはビタミンCやカルシウムなどが多く含まれていて栄養価が高い上に、ビタミンUとよばれる硫黄分を含んだアミノ酸が含まれています。 ビタミンUの肝臓に対する作用は優秀で肝臓でのアルコール分解を助ける、脂肪肝を防ぐ、肝臓の働きを活発にするなどの働きがあります。 キャベツは、水に溶ける水溶性の野菜なので肝臓の作用を期待する場合は、スープなど全て飲めるような料理のほうが栄養素を余すことなく摂取できます。 にんにく 栄養価が高く滋養強壮にいいと有名なにんにくには、脂肪と糖質の消化吸収を調節する働きがあります。 さらに、にんにくには、アリシンというイオウ化合物が含まれており、肝臓に蓄積された毒素を体外に排出する働きがあります。 にんにくは、お酒を飲む前に食べと効果が高まりますが、日常的に、にんにくを毎日1~2片程度食べることで肝機能の低下を防ぐことが期待できます。 梅干し 梅干しには、クエン酸などの有機酸が多く含まれるので肝臓のアルコールを解毒するスピードを速めることができます。 お酒を飲みながら梅干しを食べると、悪酔い防止になり、梅干しを飲酒後に食べると二日酔いの防止につながります。 他にも梅干しにはウイルスや食中毒が原因で起こる『流行性肝炎』を梅のもつ殺薗・解毒作用によって予防する作用などもあります。 牛乳 牛乳に限らずチーズ、ヨーグルトといった乳製品には良質のタンパク質と各種ビタミンが豊富に含まれています。 その中でも、特に牛乳はタンパク質や脂質、糖質、ミネラル、ビタミンをバランスよく含むため栄養価が高い食品です。 牛乳に含まれるタンパク質は、肝臓に必要な必須アミノ酸をすべて含むため肝臓の強化にはかなり効果があります。 また牛乳には肝臓の働きをよくするビタミンAやビタミンB2が多く含まれています。 牛乳が苦手でなければ肝臓のために積極的に飲みたい食品です。 もやし もやしには、たんぱく質やビタミン、ミネラル、食物繊維が多く含まれる栄養価の高い食べ物です。 肝臓の機能が衰えてしまうと栄養を蓄える能力が衰えるためビタミンやミネラルが不足しがちになります。 もやしは安価で栄養豊富なので、特に肝臓が弱っているときにはこまめに食べたい食品です。 ナッツ類 ナッツ類はバーなどのおつまみにも常備してあるのでお酒と相性がいい食べ物です。 ナッツ類は過酸化脂質の生成を防ぐビタミンEが豊富に含まれているので肝機能の向上やアンチエイジングなどにも効果を発揮します。 ただし、ナッツ類には脂質が多いため多く食べ過ぎると脂肪がたまって逆に肝臓に負担がかかるということもあるので適度な量を摂取することが大切です。 カレー ウコンに含まれるクルクミンは強い抗酸化作用があるため活性酸素を除去してくれます。 クルクミンの効果については、効果がある、ないという両方の論文があるので確実に効果があるかは結論がでていませんがカレーには何種類ものスパイスが配合されているので肝機能を高めるとされています。 お酒のおつまみにはどんなものがいい? 肝機能をいたわるためには、アルコールを摂取するときにどんなおつまみがいいのでしょうか? バーや居酒屋の定番メニューにはそのヒントが隠されています。 ミックスナッツは肝臓の解毒作用と助け、枝豆や卵料理、緑黄色野菜などはタンパク質やビタミンが豊富です。 このような 定番のおつまみは肝臓にかかる負担を和らげる効果もバツグンです。 おつまみは食材によっては肝臓の負担を軽くすることもできるので、お酒を飲むときにおつまみを摂ることは必須といえるでしょう。 ただし、おつまみを食べればいくら飲んでも大丈夫というわけではありません。 あくまで肝臓の働きを助けるだけなので飲みすぎはやはり肝臓に大きな負担がかかります。 肝機能を高める食事 肝臓自体がタンパク質でできているため肝機能を修復、再生させるには肉、魚、卵、大豆製品といった良質のタンパク質を多く含む食品の摂取が必要です。 その他、体内では合成できないビタミンやミネラルは肝臓の機能をサポートするのでこれらも必要です。 肝臓病や肝臓が弱っているときの食事の基本は脂肪肝や肝硬変、肝炎で食事の仕方が若干変わってきますが「規則正しい食生活」と「バランスのとれた食事」です。 まだ大丈夫と思わずに早めに医療機関を受診して食事に気をつけましょう。 主食 主食の白米やパンなどは、炭水化物(糖質)です。 重要なエネルギー源になりますが、あまり食べ過ぎないように少量(ごはん1杯、パンなら1枚)を心がけましょう。 主菜 肉、魚、卵、大豆などの良質なたんぱく質を摂ります。 良質なたんぱく質とは、必須アミノ酸のバランスが優れているたんぱく質のことです。 副菜 肝臓の機能が正常でない場合は、ビタミンなどの代謝効率が落ちてしまいます。 通常より大目のビタミン類を摂る必要があります。 ビタミンは、偏って摂ると吸収率が悪くなるためバランスよく摂取することが大切です。 汁物 アサリやシジミは、タウリンが含まれるほか肝機能を強化する栄養素が豊富に含まれています。 二日酔いのときにシジミの味噌汁を飲むとよいのもこのためです。 その他 肝臓が弱っているときはビタミンを蓄える機能が弱まりますので、積極的にビタミンを摂って下さい。 ビタミンが豊富な食べ物としてはイチゴやキウイなどの果物や不足しがちな栄養素はマルチビタミンなどのサプリメントでもOKです。 食べ過ぎると、肝臓がフル回転で働きますので負担をかけるため肝臓が疲労します。 乳製品や油分の多いもの、肉類や小麦粉などを消化することも、肝臓が処理をするのにかなりの手間がかかるので、肝臓を疲れさせます。 脂肪肝の時にいい食べ物は 肝臓病とまではいかないものの、アルコールの飲みすぎや脂肪の摂りすぎで脂肪肝になってしまっている人は多くいます。 特に40代、50代の人は若いころよりも基礎代謝が落ちているのでお腹に脂肪がつきやすいという特徴があります。 脂肪肝のときの食事は食べ過ぎに注意して肉中心の食事を魚や野菜を多めの食事に変えていく必要があります。 同時に糖の摂取を控えるためにジュースなどの清涼飲料水はお茶や砂糖なしのコーヒーや紅茶など、炭水化物も摂りすぎないように注意します。 牡蠣・タコ・イカ・アサリ 脂肪肝に効果のある栄養素として「タウリン」があります。 タウリンは牡蠣やタコ、イカなどに多く含まれる成分で動脈硬化やコレステロール値を下げる作用、肝機能を高める作用があるとされています。 しじみ・マグロ・チーズ・食パン しじみ、マグロ、チーズ、パンには「オルニチン」が含まれています。 オルニチンには肝臓の代謝や解毒をサポートする作用があるので、肝臓に溜まった中性脂肪の代謝を促すことが可能です。 ただし、食べ物にはオルニチンがあまり多く含まれていないためオルニチンの効果を十分に得たい場合はサプリメントから摂る方が現実的でしょう。 アジ・サバなどの青魚 アジやサバ、サンマなどの青魚にはEPAが豊富に含まれているため血液をサラサラにする作用があります。 また、タウリンも豊富に含まれているので脂肪肝だけでなく高血圧などの血液系の疾患にも良い作用をもたらします。 カボチャ、ニンジンなどの緑黄色野菜 ほうれん草やトマト、カボチャ、ニンジンなどの緑黄色野菜は各種のビタミンを多く含み中性脂肪の代謝や分解を助けるほか、抗酸化作用、抗炎症作用があるため脂肪肝の予防や改善に役立ちます。 肝臓にいい食べ物:まとめ 肝臓にいい食べ物については以上になりますが、肝臓の働きが悪くなってしまってから食事で肝機能を回復されようとしても薬とは違ってすぐに効果がでるというものではありません。 日々の生活において、意識して肝臓にいい食べ物を摂取し続けることで徐々に肝機能が修復されていくでしょう。 これら肝臓にいいものを積極的に摂取しているからといって、脂肪分の多い食べ物、お酒をたくさん飲む、コンビニやインスタント食品などを食べ続けてはなかなか肝臓が回復しないので注意してください。 日々の食事が肝臓にはとても大切です。

次の

肝機能がグングン向上!肝臓にいい食べ物とは

肝臓 に いい 食材

肝機能を改善するツボ• 老宮(ろうきゅう):手を軽く握った時に、中指の先端がてのひらに当たる部分が老宮です。 片方の手の親指で押してもいいのですが、握った中指の先端で押してもいいのです。 手を津四に握っては開くという動作を繰りかえすだけでもツボ刺激になります。 陽池(ようち):手の甲側にあるツボ。 手首の真ん中よりやや小指側で、おさえるとちょっと凹んでいる部分です。 血流を改善するツボとして知られています。 片方の指で回転させるようにマッサージする感じです。 肝臓も温まるため機能が高まる効果があります。 肝兪(かんゆ):このツボは背中の真ん中あたりにあるので、自分で押せないことはないと思いますが、誰かに押してもらう方がいいでしょう。 このツボの場所は、両方の肩甲骨の下のラインを結んだちょうど真ん中あたりに第7胸椎があり、そこから骨2本分下に下がると第9胸椎があります。 そこから指2本分外側にあるのが肝兪(かんゆ)です。 肝臓の疲れを摂るだけでなく、体の疲労回復のツボでもあります。 太衝(たいしょう):足の甲の親指と人差し指の間を、足首側に指を滑らせていくと、指が止まるすこしくぼんだところにあります。 痛気もちいくらいにちょっと強めに押します。 肝臓の経絡につながっていて、肝機能の改善だけでなく体の疲労回復にも役立ちます。 行間(こうかん):このツボは足の親指と人差し指の付け根の部分にあります。 行間のツボは肝臓の解毒作用がありますので、ちょっと飲みすぎたときなどはここを押してみてください。 曲泉(きょくせん):膝を曲げたときに、膝の内側にシワができます。 そのシワの端部分のやや凹んだ部分にあるツボ。 約3秒間、ゆっくり押して離します。 これを何回か繰り返すことで肝機能を高めることができます。 スポンサーリンク 肝臓の働きをよくする食べ物 抗酸化作用の高い食材が有効 ファストフードやコンビニ食が多く、食生活に偏りがあると感じている人、良く飲み歩く人は、特にバランスのとれた食生活を心掛けなければなりません。 食べ物の中でも 抗酸化力が強く、肝機能を高めるとされるオルニチンなどが含まれていることが理想です。 活性酸素が体内に増加して、体の中の細胞が酸化されることは、肝臓にとっては大敵にもなるのです。 肝臓の働きに良いとされている食べ物を紹介しますので、積極的に摂るようにしましょう。 抗酸化作用の高いビタミンと食べ物 抗酸化力が強いビタミンとそれが含まれる食べ物• 特に、かぼちゃ、人参、ほうれん草など。 ビタミンC:かんきつ類に多く含まれる。 キウイ、アセロラ、小松菜、ブロッコリーなど。 ビタミンE:アーモンドなどのナッツ類、かぼちゃ、ほうれん草、うなぎなど。 イソフラボン:大豆、枝豆、豆腐・納豆、豆乳などの豆製品に含まれています。 アントシアニン:ブルーベリーや黒豆、ナス、紫キャベツに含まれ非常に抗酸化作用が高い。 肝臓にいい食べ物• 枝豆:ほぼ大豆と同じ栄養価なのですが、枝豆には、大豆には含まれていないビタミンAやビタミンCが豊富なことが特徴です。 さらに枝豆には脂肪を体に貯めないように働くコリンやレシチンをはじめ、肝機能を高めるサポニンも含まれています。 肝臓の働きをよくする食べ物としてはにとても優秀な食材です。 しじみ・牡蠣・イカ・タコ:肝臓にとってとても有用な働きをしてくれる 「タウリン」が含まれています。 タウリンを含む食材を摂ることによって、胆汁酸の分泌が良くなり、血中コレステロールを下げてくれます。 牡蠣に含まれるタウリンについては、肝臓に溜まった中性脂肪を排出する働きがあります。 脂肪肝にとっては特に良い食材といえます。 キャベツ:意外かもしれませんが、キャベツは肝臓にいい食材なのです。 は、肝臓の働きを活発にして脂肪肝を防ぎます。 ナッツ類:抗酸化作用が強く、体内の活性酸素の増加を抑えるビタミンEが豊富です。 にんにく:アリシンという物質が特に肝機能をためるための要素で、胆汁の分泌を促し、肝臓での脂肪の代謝を高めます。 まとめ 肝機能を改善して、その働きを良くするためには、ツボ押しや食材の見直し等、生活習慣の見直しはとても大切です。 しかし「人間」の体を作っているのは食べ物が基本になります。 肝臓にいいと言われる食材ばかりを食べるのも良くないでしょうし、肝機能を改善するためには、肝臓によくないといわれている食材も控える必要があります。 もちろん適度な運動も必要ですね。 ただ、誰もが言うように、結局は「バランスのとれた食事」がとても大切なのです。 バランスのとれた食生活の中で、「肝機能にいい食材」を摂りいれていくことですね。

次の