ブロック くずし て。 脳が沸騰しそうになるブラウザー版『ブロックくずし』、やってみて

スペースブロックくずし

ブロック くずし て

発売日一覧• iアプリ 2002042002年4月 J-スカイ 200205152002年5月15日 ezplus 200207102002年7月10日 その他 型式: KDS-NZN NES-37-ESP 『 謎の壁 ブロックくずし』(なぞのかべ ブロックくずし)は、にから発売された用ゲーム。 タイトルの 謎の字のしんにょうの点は、、アプリのものは1つである。 欧州では用ソフトとして『 Crackout』(クラックアウト)のタイトルで発売された。 開発はコナミ開発2課、ゲーム・デザインは後に用ソフト『』()などを手掛ける事となる神戸良治が担当、音楽は前沢秀憲、船橋淳、が担当している。 ゲーム内容は自機「レッドファイター」を操作し、コンピュータの自爆装置を解除して地球人が移住している惑星「セリム」を救出する事を目的としている。 『』(1986年)の亜流の一つであるが、ただ単にブロックを崩すだけでなく、画面内に現れる敵キャラクターを倒してでパワーアップしたり、「コナミマン」をキャッチして裏面にワープしたりすることができる。 また、全面をクリアしてもそれだけではエンディングとはならず、いくつかの面に隠されているアルファベットを組み合わせて英文を作り、最終面クリア後にその英文 MERRYCHRISTMAS を入力しなければならないシステムとなっている。 に携帯電話アプリ用としてゲーム化され、、、用としてそれぞれ配信された。 ディスクシステム版はゲーム誌『』の「」にてゴールド殿堂入りを獲得した。 ゲーム内容 [ ] システム [ ] ここではファミコン版のルールについて解説する。 ゲームは大きく4つの「ゾーン」から構成され、各ゾーンには表面が1面から11面まで、裏面が2面から10面まで(11面は表裏共通)あり、合計80の面が存在する。 ゲームの途中で出現する「コナミマン」に触れると、現在の面番号からプラス1面した裏面へワープする(例:1-02表面でコナミマンに触れた場合は1-03裏面へワープ)。 なお、裏面から表面へは戻れない。 画面内の破壊可能なブロックを全て破壊すれば面クリアとなる。 ただし敵キャラクター「コナゴン」が登場する面では、それらもすべて倒さなければならない。 また、2-11と4-11はボスキャラクター「メニーレッグス」との対決となっており、敵を倒すことで面クリアとなる。 「コナゴン」および「メニーレッグス」はボールを数発ぶつけることにより倒せる。 画面内にある窓のようなものからは(以下ザコ)が出現し、そのザコにボールをぶつけて倒すと時々アイテムを落とすことがある。 ただしザコの中にはボールが当たるとボールを一定時間口にくわえて妨害し、倒すことの出来ないものもいる。 ザコは何度倒しても一定時間が経つと復活する。 なお、ザコは自機に向かって攻撃してくることはない。 ボールを画面下に落とすとボールのストックが1つ減り、ボールがなくなるとゲームオーバー。 また、メニーレッグス戦で自機が破壊されたときはボールが残っていてもゲームオーバーとなる。 ゲームオーバー時にはゲームの進行状況をディスクカードにセーブすることが出来、次回ゲームを始めるときはクリアした面の中からプレイしたい面を選択することが出来る。 4-11をクリアするとキーワードの入力画面となり、ここで正解すればエンディングだが、不正解だと1-01から再度やり直しとなってしまう。 ブロックの種類 [ ] ブルワァーク 普通のブロック。 ボールを1発当てるだけで破壊出来る。 イエローブルワァーク 薄い黄色のブロック。 ボールを数発当てないと破壊出来ない。 シルバーブルワァーク 銀色のブロック。 破壊不可。 ムービングブルワァーク 左右に往復してボールを妨害する。 破壊不可。 カウンターディスク 数字の書かれた円盤。 最初は「0」から始まりボールが当たるごとにカウントが増えていき、「10」になると壊れる。 アップダウンウォール 一定時間ごとに出たり引っ込んだりし、ボールを妨害する。 破壊不可。 その他 [ ] 「コナゴン」は同社のファミリーコンピュータ用ソフト『』()にも登場する。 ストーリー [ ] 西暦30XX年、地球からはるか遠くにある惑星「セリム」にて、地球人は巨大コンピュータによる生命維持装置を開発し、そしてその星に地球人たちが移り住んでいった。 しかしあるとき、惑星セリムの資源を狙う異星人によって、コンピュータの自爆装置を起動させられてしまった。 これを解除するには、コンピュータの入力装置に、ある14文字のキーワードを打ち込まなければならない。 プレイヤーは惑星を救うため、戦闘機「レッドファイター」に乗り込み、コンピュータの内部に潜入する。 移植版 [ ] No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 備考 1 コナミのブロック崩し 謎の壁 2002年4月 コナミ コナミ (お得なサイト コナミ) - 2 謎の壁 ブロック崩し 2002年5月15日 コナミ コナミ ダウンロード (コナミ・J-アプリ) - 3 謎の壁 ブロック崩し 2002年7月10日 コナミ コナミ ダウンロード (コナミアプリコレクション) - 音楽 [ ] サウンドトラック• 『コナミ・ファミコン・クロニクル Vol. 1 ディスクシステム編』 スタッフ [ ]• プログラム:松岡伸治、青山和浩• デザイン:神戸良治• サウンド:前沢秀憲、船橋淳、竹安弘• 企画:R. KIZU、松岡伸治• スペシャル・サンクス:樹下國昭、小林右一、ひかわたかひこ、おおたにまさのり• ゲーム誌『』の「」では8・9・9・9の合計35点(満40点)でゴールド殿堂入りを獲得した。 ゲーム誌『』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、15. 88点(満25点)となっている。 また、同雑誌1991年5月24日号特別付録の「ファミコンディスクカード オールカタログ」では、「ブロックくずしのニューウェーブ」、「だれもが知っているブロックくずしだが、見事にパワーアップ」、「個性的な各面を、アイテムを利用しながらクリアしていく。 まさに新感覚のブロックくずしだ」と革新性に関して肯定的なコメントで紹介されている。 項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合 得点 3. 20 2. 87 3. 38 3. 35 - 3. 08 15. 88 脚注 [ ] []• 北村孝和 2002年4月10日. 2019年6月22日閲覧。 2002年4月10日. 2019年6月22日閲覧。 北村孝和 2002年5月15日. 2019年6月22日閲覧。 アイティメディア 2002年5月15日. 2019年6月22日閲覧。 2002年5月15日. 2019年6月22日閲覧。 2002年7月10日. 2019年6月22日閲覧。 北村孝和 2002年7月10日. 2019年6月22日閲覧。 アイティメディア 2002年7月10日. 2019年6月22日閲覧。 Blue Flame Labs. 2017年2月18日閲覧。 2016年10月30日閲覧。 外部リンク [ ]• - (英語) この項目は、に関連した です。

次の

Vector: ブロックくずし

ブロック くずし て

新感覚ブロックくずし? ゲームは「新感覚の攻めるブロックくずし」と されています。 実際に遊んでみると、 確かに、かなり新しい感覚の ブロックくずしゲームになっている… という印象ですね。 ブロックくずしゲームと言うと、通常は 上の方にブロックがあって、 下の方に自分が操作する棒みたいのがあって、 ボールを地道に跳ね返しながら 全てのブロックの破壊を目指す感じの シンプルなゲームです。 シリーズによってはアイテムがあったり (アルカノイドシリーズやTHEブロックくずしシリーズ)、 敵が出現したり(アルカノイドシリーズ)、 立体にブロックが積まれていたり(THEブロックくずしハイパー) などが存在していますが、 360度使う、というのは 個人的にはこのゲームが初めてでした。 (他にあるかもしれませんが、私は知りません) そういう意味では、新鮮に感じました! ただしブロックくずし…というよりは…? あまりにも新鮮すぎて、ブロックくずしというよりかは 別のゲームのような、 そんな印象も受けます。 実際に、オーソドックスなブロックくずしとは だいぶ雰囲気の違うゲームになっているので そのあたりは好き・嫌いが分かれるかもしれません。 スポンサーリンク 爽快感とスピード感あり 基本的にブロックくずしゲームは 爽快感やスピード感とは、あまり縁のない ゲームになります。 1個1個ブロックを壊していくタイプもそうですし アイテムを取るタイプもそうですが、 爽快感を求めるようなゲームじゃありません。 ただ、この「はじいて!ブロックラッシュ」に関して 言えば次々とブロック(ブロックと言っても 結構サイズが大きい)が出現して、 それを次々と破壊していきます。 なので、結構爽快なゲームになっています。 また、ボールのスピード感もかなりあるので、 ブロックくずしゲームとしては 珍しい爽快感・スピード感のある作品に 仕上がっています。 効果音やBGM、動作に関しても 快適なので、そういったあたりも 爽快感UPに繋がるプラスポイントの 一つと言えるのではないでしょうか。 難易度は…? 普通のブロックくずしと違って ミス、とかそういう概念がないので 通常のブロックくずしと比べれば だいぶ簡単に、手軽に遊べる作品に なっています。 もちろんスコアを競う要素などがあるので、 そういった要素を楽しむとなると、 簡単に遊べるけれど、歯ごたえのあるゲームに 早変わりするのが特徴ですね。 1プレイあたりの時間も短くて済むので 1回1回手軽にプレイでき、 ついつい遊んでしまう、というのも この作品の魅力の一つに感じます。 長続きはしない… ゲームのボリュームとしては、 良くも悪くも、500円のゲームですから パッケージのソフトみたく、がっつりと大ボリュームって 感じのゲームではありません。 長続きするかどうか、と言われてしまうと 正直、厳しい作品であるのも事実でしょう。 一通り遊ぶまでに数時間程度で十分かと思います。 特別、長時間かけてやりこむようなコンテンツは ありませんし、 そういった意味では、あっさりしているのも 事実と言えば事実です。 ただ、価格は500円ですし、 私個人としては、十分に500円分は 遊べたと思うので、特に不満はありません。 500円のゲームに大ボリュームを求めるのは 酷ですからね…。 短いですが、その短い時間を 楽しく、新鮮に遊べるのが、この 「はじいて!ブロックラッシュ」という 作品になっています。 ポイント操作はどんな感じ? 操作はWiiリモコンによるポイント操作で 行うことになります。 感度に関してはWiiのセンサーバーを 設置する位置などによっても 異なってくると思いますから 一概には言えませんが 私の場合は特に「反応が悪い!」と 感じるようなことはありませんでした。 Wiiの中にはリモコンで思ったように 操作できないゲームもたまにあって ストレスの原因になりますが このゲームに関して言えば、 そういったことは特には なかったですね。 感じ方には個人差もあると思いますから 必ず皆様がそう感じるとは限らないのですが 参考までにお話しておきます! スポンサーリンク はじいて! ブロックラッシュ2の可能性は? 続編が発売される可能性はあるのかどうか。 これは、非常に厳しい感じですね。 はじいて!ブロックラッシュ自体が 発売されてからだいぶ年月も経過していますし 発売元のアジェンダという会社が 既にゲーム事業から撤退してしまっています。 アジェンダ自体が 2013年に別の会社と共同出資により フロンティアウェーブという会社を設立しており 翌年にフロンティアウェーブが さらに別の会社に吸収合併されている…という 流れになります 一応、アジェンダのゲーム部門を継承した 会社は残っている…ということにはなりますが 今になってはじいてブロックラッシュ2などという タイトルでゲームを作る可能性は非常に低いと思いますし そもそも新規タイトル自体が出てくるかどうかも ちょっと怪しい感じではあります。

次の

ブロックくずしとは (ブロッククズシとは) [単語記事]

ブロック くずし て

概要 [ ] また、単体として完結するタイプのゲームに対して、開発に時間のかかるプログラム部分だけを公開しその他の部分を協調者が自由にカスタマイズして完成品を作るタイプが出現している。 画面上を反射しながら移動するボールを、画面下部に落ちないように、パドル(バー)を左右に操作して打ち返し、煉瓦状に並べられたブロックを消していく。 それまでの『』タイプのゲームが二人プレイを前提としていたのに対して、一人でのプレイを前提とし、より変化に富んだプレイが可能となった。 そのシンプルなゲーム性ゆえに今なお、携帯電話などで同種のゲームが提供されている。 ゲーム作品 [ ] ブロックくずしとしての最初に発売されたゲーム作品は、アタリによるオリジナルの『ブレイクアウト』である。 ブレイクアウト 『ブレイクアウト』はにが発売。 ブレイクアウトには「壁破りの脱獄」という意味がある(当時のアタリはが盛んだった背景もあり、を吸いながら会議をしていた。 逮捕者も続出し、刑務所からの脱出という願望が『ブレイクアウト』である )。 囚人が壁うちテニスのふりをして塀を崩すことがモチーフになっている。 ただし全部崩しても新しい壁が出て来るので、結局脱獄はできない。 タイトルロゴデザインにはBREAKとOUTの間に、ラケットで玉を打ち返す縦じま服の囚人が、で描かれている。 日本ではやチラシにイラストが必要な場合、テニス、卓球、ゴルフ等、道具でボールを打ち返すイラストになっている。 『クリーン・スウィープ』は、ボールが突き進むとブロックが連続して消えるが、『ブレイクアウト』はボールが跳ね返って一つずつ破壊する点が異なる。 ブッシュネルが直接開発に関わった最後のゲームで、以後経営のみに専念することになる。 なお、実際の設計は率いる開発チームが行った。 開発チームの一人がである。 アタリにとって『ポン』以来のヒット作となり、には「ボールもラケットも2つずつ」「ブロックが降りて来る」「予備のボールが2つ捕らえられている」と3種類のブロックくずしができる『スーパーブレイクアウト』が発売されたが、『』のヒットに隠れてしまっている。 後にを創設するスティーブ・ジョブズとの二人が関わったことでも有名である。 「二人が開発した」と誤記された文章がよくあるが、ゲームデザインや基板の基本設計自体には関わっておらず、二人がやったことは回路の部品減らしである。 ウォズニアックは後にアップルが発売するパソコンの設計に際し、『ブレイクアウト』のハードウェア設計に非常に強いインスピレーションを受けたことを証言しており、ウォズニアックの強い要望によってApple IIには『ブレイクアウト』とパドルコントローラーが標準で付属された。 アップルがはるか後に発売したにもミニゲームとして収録され、2007年9月からは3Dリメイクの『』が収録されている。 でもアタリによって『ブレイクアウト』が提供されている。 なお、すると、結果の画面でブロックくずしができるようになっている。 日本の『ブロックくずし』ゲーム作品事情 [ ] 日本では早くから海外メーカーからのを行った、が発売したのが始まりである。 さらにタイトーは従来ボックス式しか無かったに対し、テーブル式を開発した。 これはタイトーが元々の輸入販売で、あちこちの飲食店にコイン投入式機械を収める得意先を持っていたのがきっかけで、喫茶店で接客テーブルとゲーム機どちらでも使える筐体を置くことにより、店にとって効率良い営業を目指したものである。 これは予想以上の成功を収め、喫茶店が大きなゲーム市場として開かれていった。 以後テーブル筐体は同様にジュークボックス販売を行っていたタイトーの『スペースインベーダー』のヒット時にも起爆剤となり、までその姿が日本のあちこちで見られた。 日本の中堅ゲーム会社の多くは『ブロックくずし』でビデオゲームに参入した。 (レジャーシステム)のアーケードデビュー作は『コンピューターオセロ』だが、2作目はやはり『ブロックフィーバー』でこれらのゲームのコンシューマー版も出している。 最初からテーブル筐体やを採用したメーカーもあった。 ナムコ(後の)はアタリとの距離が近かった時代であり、他社のブロックくずしがコピーゲームであるとしてアタリに何度も訴えた。 しかし同社はの販売開始に必要な資金繰りに追われ、日本まで監視の手がまわらず、アメリカではコピーが流通しなかったことから、特別な対策をしなかった。 のちにナムコもブロックくずしを発売したが、その頃には先発亜流メーカーにすっかり遅れをとっていた。 こうしたメーカーの激しい競合で、ブロックくずしの販売市場は飽和状態となり、各メーカーは障害物が登場する続編または追加基板キットを発売し、客離れを防ごうとした。 だがそれは単純にゲームが難しくなっただけであり、改造基板も壊れ易くなり、ブロックくずしのブーム終焉を加速させてしまった。 まだこうした新規メーカーにはオリジナルのゲームを作る力はなく、後述する『』のを作るのが関の山だった。 しかしタイトーがブロックくずしを下敷きに、日本で一大ブームとなった『スペースインベーダー』を発売、各メーカーは『スペースインベーダー』のライセンスやコピーゲームを出すことで、より会社を大きくしていった。 派生テレビゲームソフト [ ] (タイトー) 『スーパーブレイクアウト』の1ゲームと同じで、ブロックが段々降りてくる。 風車に当たると上に戻る。 キャッスルテイク(三共) ブロックのある場所が和城の型をしており、全てブロックを消すと炎上する。 当時としては極彩色だった。 ブロック以外に当てるゲーム [ ] オリジナル作品は全てのブロックを当てるのがゲーム目的であったが、プログラミング技術や開発者の構想(アイデア)が契機でブロック以外を当てることを目的とするゲーム作品も制作販売された。 (ナムコ) ブロックの他にバンパーやスピナーといった的な得点要素が加わっている。 翌年には『ボムビー』や、条件を満たすとモンスターが現れ、倒すと得点がもらえる等ボーナスキャラクターの増えた『キューティーQ』という続編も発表されている。 (Exidy) シーソーを操作してピエロを飛ばし、画面上部の風船に当てる。 日本でも多数のコピーゲームが作られた。 PT麻雀(IPM) 画面上部をスクロールする牌にボールを当て、14牌揃えて役を作る、日本初のアーケード麻雀ビデオゲーム。 類似のコンセプトを持つゲームに『ジャンボウ』(SNK)がある。 (タイトー) がモチーフで、ゴールの周囲を周っている選手(アメフトのヘルメット)を消し、ゴールに当てる。 ストレートフラッシュ(タイトー) 画面全体にトランプのマークや、トランプに関係したキャラクターが配置されている。 5枚一組になっているトランプにボールを当てて表にするととボーナスが入る。 ピラミッド(三共) 『キャッスルテイク』の替えゲーム。 画面上部にをイメージしたライン画が描かれており、ボールをラインに当てることでスコアが加算される。 ボールがラインの隙間に入るとバウンドして大量に得点が発生するので、当時としてはスコアがインフレ傾向にあった。 ボールをターゲットに当てても消えないのでステージクリアの概念は無いが、ゲームが進むとラケット上部に状の障害物が発生する。 なお、三共はインベーダーブームを待つことなくゲーム業界から撤退した。 モンキーマジック(任天堂) ブロックを配置して猿の顔が描かれている。 ネーミングはによる当時のヒット曲より。 (タイトー) 前述の『サーカス』の調リメイク。 シーソーがトランポリンに変更、またトランポリンを持つキャラクターに当たり判定がつくなどのアレンジがされたため、『サーカス』に存在した手詰まり(ミスを回避不可能な状態)はなくなった。 リメイク作品 [ ] 従来の完成型ブロック崩しの範畴を維持しつつ発売当時の要素を導入することで、完成度を高めたリメイク作品も発売された。 (タイトー) タイトーが1986年に発表した、第二次ブロックくずしブームのきっかけとなったゲームである。 敵キャラクターやパワーアップアイテムなど80年代半ば以降の要素を導入したことで、ユーザーに新しいゲームとして受け入れられ大ヒットした。 アルカノイドの成功から、一時期他のゲーム会社ものゲームをリメイクした作品を発表することが増えたが、アルカノイド以上の成功をしたゲーム作品はなかった。 のクリックホイールでパドルを操作する。 システム配布型 [ ] 初期の頃は難易度等を変更できるのみで従来の完成型ブロック崩しの範畴を越えていなかった。 後に、画像、効果音、シナリオに加え、システムの根本動作や他のシステムを任意に取り入れたりと様々なカスタマイズが出来るタイプが主流となっている。 同時に開発を支援するページが公開されており、多数の完成作品がweb上で公開されている。 爆裂健の制作した『Bakuretu Block Applet』は脱衣型ブロック崩しの草分けとして有名で、これをきっかけに同系統のシステムが登場した。 オンライン型 [ ] インターネットブラウザ上で実行するタイプ。 主な脱衣系のブロックくずしシステム• 爆裂ブロック崩し()• 嘯めくり()• B2(Flashアプリケーション) オンライン型ルール [ ] おもに、ブロック崩しの通常ルールと変わらないが、アイテムが落ちてきたりすることもある。 たとえば、バーの動きが反対になる、玉の数が増える、鉄砲が使えるようになる、バーが伸びるなど。 オフライン型 [ ] ダウンロードして実行するタイプ。 激烈ブロック崩し(Windowsアプリケーション)• ICE BREAKER - がに開設する「ゲームスペース」の中で無料提供されている。 脚注 [ ] [].

次の