テレビ 故障。 テレビの画面が映らないときはどうすれば良い?原因と対処法

テレビの故障には4つの前兆!普段の使い方を見直して寿命を延ばそう|YOURMYSTAR STYLE by ユアマイスター

テレビ 故障

液晶テレビの寿命は何年? 液晶テレビには、寿命というものがあります。 液晶テレビは大体7~10年ぐらいで寿命がくると言われています。 主な要因としては、使用している液晶テレビのバックライトの寿命がおよそ7~10年と言われているためです。 液晶テレビでは、液晶パネルの後ろからバックライトの光を当てることによって映像を表示するため、バックライトが故障したらテレビの映像が映し出せなくなってしまいます。 バックライトは、おおよそ30,000時間~60,000時間使用できると言われているため、この程度の時間使用すれば壊れても仕方ないと考えた方がいいでしょう。 また、液晶テレビを購入してから5,6年が経過して画面に線が入ったり、映像全体が暗く感じるといった症状が出てきたら、故障の前兆かもしれません。 その他の要因として、半導体等の電源基板や回路などの耐久性も同程度になっているということもあります。 放送形態と液晶テレビの寿命 近年、液晶テレビの画質の進化は目覚ましいものがあります。 フルハイビジョンが一般的になったと思ったら、すぐに4Kが登場し現在の主力テレビになっています。 さらに最近、8K対応型液晶テレビも見かけるようになっており、液晶テレビの映像の進化は止まることはありません。 フルハイビジョン、4K、8K以外に有機ELテレビもあります。 過去に液晶テレビと競い合ったプラズマテレビは寿命が長いという特徴がありましたが、現在は製造されていません。 液晶テレビの寿命は、液晶パネルの使用可能時間が長いほど長くなります。 フルハイビジョンや4Kなどの液晶テレビ、有機ELテレビ、プラズマテレビのプラズマテレビの寿命を比べると以下の通りです。 液晶テレビの寿命前の故障 寿命まで液晶テレビを使えば、ある程度仕方ないと諦めができますが、それ以前に液晶テレビが故障してしまうこともあります。 液晶テレビのメーカー保証期間は通常1年ですので、有償補償をつけないで2・3年で故障した時は、修理に結構な費用がかかってしまったということもあるのです。 液晶テレビが何かおかしいと思ったら、念のため各メーカーのリコール情報を確認しましょう。 問題がある部品や機能の関する不具合情報が公開されているかもしれません。 無償で部品交換を行ったり保証期間が延長されたりします。 おすすめ記事 液晶テレビの部品保有期間8年 液晶テレビを製造しているメーカーには、部品保有期間というものがあります。 部品保有期間は各メーカーによって異なるのですが、おおむね各メーカーとも8年くらいが多くなっています。 基本的に日本のメーカーは8年です。 これは、液晶テレビのメーカーで、8年程度しか液晶パネルやバックライトが故障した時のための部品を保有していないということです。 メーカーでは、この期間を超えた場合に部品供給中止とし、これ以降に故障があっても部品交換により修理はできなくなります。 メーカーとしてもこれ以上長い期間部品を倉庫などに保有することもできないうえ、製造するにあたってもこれ以上長い期間、故障なく動作することを想定していません。 家電製品には、それぞれ法律で定められた性能部品保有年数というものがあります。 必要な部品を最低でも何年間保有するかというものですが、液晶パネルの場合は8年です。 古い液晶パネルが製造されなくなったとしても最低8年間は、想定される数の液晶パネルを倉庫に保管する必要があるということです。 このことは裏を返せば、メーカーはこの8年間は、故障が出ないように色々試験などを行って液晶テレビを製造するということになります。 液晶テレビの寿命の症状 寿命がある液晶テレビですが、寿命と判定できる幾つかの症状があります。 次のような症状が出てきたら買い替えのサインと考え、新製品を検討するとよいでしょう。 新製品は省エネ性能も進歩してるため、電気代の節約効果も考えて買い替えを検討するとよいのです。 おすすめ記事 画面の明るさが半減したら寿命の象徴 液晶パネルは、明るさが50%になったらおおむね寿命と言われています。 明らかな故障は画面が真っ白になり何も映らない症状ですが、画面の明るさが半減したら、買い替えを考えた方がよいです。 画面が暗くなり明るさの設定変更を行った場合には、寿命を疑った方がよいでしょう。 電源が入らないと寿命の象徴 液晶テレビの電源が入らなくことがあります。 このような時は電源基板の故障の可能性が高いですが、購入してから結構年数が経っている場合は、寿命と考えた方がよいです。 電源基板は時間の経過ともに劣化していくものです。 電源基板は液晶テレビの中心的な部品であるため、修理や部品交換をすると買い替えを変わらないくらいの費用が掛かることもあります。 画面に線などが入ると寿命の象徴 よくある液晶テレビの不具合に、画面に線が入ることがあります。 線は縦線であったり、横線であったりします。 初めは小さな線であったものが、次第に大きな線になったりすることもあります。 画面の色が変わってしまったり、画面が真っ暗になるばあいもあるでしょう。 その他の寿命の象徴 その他の液晶テレビの問題として、突然音が出なくなったり、音が割れたり、音が途中で途切れたりする可能性もあります。 また、突然異臭がする場合もあります。 焦げくさい臭いがする、煙が出るという場合もあるでしょう。 購入して数年であれば修理を検討すべきですが、結構年数が経っている場合には、買い替えも視野にいれるべきです。 液晶テレビの寿命を縮める要因として、長時間の使用や画面の明るさ設定が高いなどもあります。 どちらもメインの部品である液晶パネルの劣化につながる使い方であるため、寿命に関係してしまいます。 直射日光を当たる場所での使用やゲームなどでの利用も液晶パネルの負担になり、寿命を縮めることになるでしょう。

次の

テレビが故障!? TVの電源が、ついたり消えたりするときの対処法

テレビ 故障

テレビが映らない……個人で解決可能な原因 テレビが映らない場合はいくつかの原因が考えられ、状況によっては、簡単なケアで元通りにできるケースもあります。 ここでは、原因別に個人で解決可能な事例をご紹介します。 1-1. 電源がコンセントにつながっていない まずはテレビの電源ケーブルがコンセントにつながっているか必ずチェックしましょう。 非常に基本的なことですが、意外とありがちなミスです。 なお、電源タップにスイッチがついている場合は、ONになっていることを確認しておきましょう。 1-2. 配線などの接続に問題がある テレビの配線を抜いた後にテレビが映らなくなった場合は、つなぎ方が合っていない可能性が考えられます。 その場合は、正しくつなぎ直すことで復旧可能です。 他にも、移動の際に B-CASカードが少しだけ抜けてしまったケースが考えられます。 この場合も、しっかりと差し込み直せば解決します。 一方で、接続方法は正しいものの問題が解決しない、という場合には、ケーブルの断線などが疑われます。 テレビの場合、特に注目すべきはアンテナ線(同軸ケーブル)です。 その名の通り、アンテナからの信号をテレビに伝えるケーブルのため、ここで何らかのトラブルがあれば映像は映りません。 漏電などの危険もあるため、断線していないかしっかりと確認しましょう。 1-3. リモコンの操作ミス 単純な原因ではありますが、リモコンの操作ミスも考えられます。 地デジを見ようとして、BSのボタンを押していた、というケースです。 契約や設備がないとBSの番組は映らないため、誤ってBSボタンを押したことに気がつかずに、急にテレビ画面が映らなくなった、と勘違いしてしまうのです。 1-3-1. BSが映らない場合に考えられる原因 BSの契約をしているにも関わらず、BSの番組がテレビ画面に映らない場合は何が原因なのでしょうか。 例えば、BSアンテナにトラブルが発生している可能性が考えられます。 BSアンテナは衛星放送のため、アンテナを上空の一定方向に向けなくてはなりません。 方向がずれてしまうと、正しく受信できなくなる場合があります。 アンテナに触れていないとしても、強風などによってアンテナの向きが変わってしまうこともあるでしょう。 接続などに問題が見当たらず、BSの映像に異変が見られる場合には、アンテナを確認してみると良いでしょう。 1-4. チャンネルスキャンに問題がある チャンネルは地域によって異なるため、地域ごとに設定を変える必要があります。 この設定がうまくできていないと、一部のチャンネルで受信ができなくなるなどのトラブルが起こります。 特に、引っ越し直後は注意しておきましょう。 一時的にでも画面が映るのであれば、チャンネルスキャンを再度試してみるのが有効ですが、それでも映らない場合は、機器の故障である可能性が高いでしょう。 テレビが映らない……個人で解決できない原因 テレビは精密機械に分類されます。 そのため、個人が分解して修理を行うことは推奨されていません。 前項の内容を試しても復旧ができない場合は、メーカーや家電修理業者での修理をお願いしましょう。 2-1. テレビ本体の故障 テレビの内部的な故障は、個人で簡単に修理を行えるものではありません。 特に、音は出ているのに画面だけが映らない、といった症状は、テレビ本体が故障している可能性が非常に高いと考えられます。 この場合、一般的にはバックライトの故障が疑われます。 「真っ暗になる頻度が1秒程度」「数時間真っ暗になって映る」など、症状はばらばらですが、接続に問題が見られないのに突然画面が暗くなるのであれば、故障の可能性は高いでしょう。 2-2. チューナーが壊れている テレビの映像だけでなく音も出なくなる場合は、チューナーの不具合も疑ってみましょう。 地デジ化に伴ってアンテナチューナーを使用している場合など、チューナー本体が故障してしまうとテレビ番組が映らなくなります。 テレビ本体のメニューなどが表示できる場合は、チューナーに問題があると考えられます。 また、本体だけでなく配線についてもチェックしてみましょう。 トラブルの原因が断線などであれば、ケーブルの買い替えのみで済むこともあります。 2-3. 屋外分配器の故障 屋外分配器にも目を向けてみましょう。 屋外分配器とは、受診した電波を各部屋に送る装置です。 アパートや一軒家の部屋数が多い家にはほぼ必ず付属しています。 屋外に設置してあるため、年数による劣化やケーブルを通してくる雨水などが原因となり、発生したさびなどがトラブルにつながってしまうケースもあります。 2-4. 悪天候の影響 個人での対応が難しい要因の1つに、「天候の影響」も挙げられます。 悪天候だと、積雪や強風でアンテナの向きがずれてしまったり、落雷によってアンテナが破損してしまったり、目に見えるようなトラブルを思い浮かべると分かりやすいでしょう。 分配器やブースターなどへの浸水被害による機械故障の恐れもあります。 2-4-1. 電波への影響 目に見えない地デジやBSの電波も、天候の影響を受けてしまいます。 大雨や大雪、落雷によって 電波が遮られることでアンテナまで電波が届かなくなり、テレビに映像が映らなくなるのです。 また、地デジよりもBSの方が影響を受けやすいとされています。 2-4-2. 落雷による故障 テレビ本体が天候に影響を受ける場合もあります。 例として考えられるのは、落雷による停電です。 ブレーカーが落ちるだけであれば大きな問題にはならないのですが、場合によっては落雷の過電流によって故障することもあります。 一般的に「雷サージ」と呼ばれる現象ですが、最悪の場合はテレビだけでなく家中の家電が動かなくなります。 家からある程度離れた場所への落雷によっても起こる可能性があり、非常に厄介です。 落雷後の停電から復旧した際にテレビが映らないようであれば、落雷による故障(雷サージ)を疑いましょう。 対処が難しい場合は業者に任せる 多くの場合、テレビ本体の修理は メーカー・家電修理業者へ任せた方がメリットが大きいでしょう。 同様に、アンテナ等が故障している際も、個人では手を出さない方が無難です。 一軒家の屋根など、非常に高い所にアンテナがある場合や、マンションなどで複数の住人がいる場合など、自分でアンテナを交換するのが難しいケースも少なくありません。 マンションやアパートの場合は、アンテナが一括で管理されている可能性もあるため、そもそも勝手に行ってはいけません。 修理については、不動産や管理会社の管轄となります。 電気回りの不具合は危険が伴います。 ケーブルの損傷確認やテレビの設定を変えてみても問題が見つからなかった場合は、個人でどうにかしようとせず、専門業者に調べてもらいましょう。

次の

テレビが故障!? TVの電源が、ついたり消えたりするときの対処法

テレビ 故障

リビングのソファに座って一息、テレビでも見ようかな~なんてリモコンを押したら、あれ。 あれれ。 画面が真っ暗なまんま。 さてはリモコンの電池でも切れたかなと電池を変えてみてもだめ。 主電源を押してもだめ。 ……とせっかく楽しみにしていたリラックスタイムをどん底な気分で過ごしているみなさん。 もしかしたらそのテレビ、故障しているのかもしれません。 ときどきテレビの画質が悪くなるな~でも映るから別にいっか、なんて楽観的に考えてるみなさんも要注意です。 中には、買って1年で壊れてしまうテレビもざらにありますからね。 今回はそんなテレビの不具合でお困りのみなさんに、テレビが故障する前兆や、動かなくなってしまった時の対処法などをお伝えしていきます! 目次• テレビが故障する前に 保証期間内だったら無償だったのに、ちょっと過ぎてしまっただけで修理代が何万円……なんて考えただけでも悔しいですよね。 そこで、故障する前にどのような症状が出るのかを知り、できるだけ保証期間内に修理をしてもらえるようにしておきましょう! テレビの保証期間 保証書は、テレビを買った際にもらったレシートや、説明書にくっついていることが多いです。 万が一のために、絶対に捨てないようにしてくださいね! テレビの寿命は一般的に7~10年などと言われていますが、一般的なメーカーさんの保証期間はなんとたったの1年!使う年数を考えると、なんだか短いような気がしますよね。 ただ、メーカーさんによっては、一部の部品だけは保証期間が長いこともあります。 修理をお願いする時は、 保証期間の確認だけは怠らないようにしましょう。 また、テレビの販売店によっては、メンバーに加入することで保証期間が伸ばせたり、修理が無料になる場合もあります。 電源が入りづらい 電源ボタンを押してもなかなかテレビがつかないこと、よくあることだと思っていませんか? リモコンで操作している場合は、リモコンの電池が切れているだけかもしれません。 まずは 電池を確認しましょう。 電池を新しくしても数回押さないとつかない場合や、テレビの主電源も反応が悪い場合は、 テレビの中の回路に問題があるかもしれません。 放置していると電源が全く入らなくなってしまう可能性があるので、要注意です。 画面が乱れる テレビを見ている途中で急に映像が乱れたり、黒くて細い線が横に入ったりする場合は、 液晶パネルが故障しかけているのかもしれません。 色がおかしくなるのも、テレビ本体の故障が原因のことが多いため、早めに修理の相談をするように心がけましょう。 音声が乱れる 音声に雑音が混じったり、ときどきバリバリっと音割れしている場合は、テレビに内蔵されている スピーカーの故障が考えられます。 故障の他にも、スピーカー付近に物を置いていることが原因で、不快な音が聞こているケースもあるそうです。 音割れが気になる方は、一度、スピーカーの近くにあるものをどかしてみましょう。 焦げた臭いがする テレビの方から何かが焦げた臭いがする……と感じたら、すぐに使うのをやめるようにしてください。 火災に発展する恐れもあるため、コンセントも抜いておきましょう。 テレビの裏など、掃除しにくいところにホコリが溜まり、電気と反応して焼け焦げた臭いがする場合があります。 一度、自分で掃除してみてもいいですが、安全面を考えると、メーカーさんにお問い合わせしてみた方がいいでしょう。 テレビを保証期間内に修理してもらいたいのであれば、不具合を見つけたらすぐに修理を依頼する、または相談の電話を入れるということが大事です。 今回あげたもの以外にも様々な部位の故障が考えられるので、気になったらすぐにメーカーさんに相談するようにしておきましょう。 テレビが故障した時 では、実際に故障してしまったテレビはどのように対処すればいいのでしょう? 故障したテレビとは ここでテレビの故障例をいくつか見てみましょう。 ・コンセントはきちんとささってて、ブレーカーも落ちていないのに急にテレビが消える ・画面は映るけど音声が聞こえない ・逆に、画面は真っ暗で音だけ聞こえる ・常に色が異常に明るい などなど。 これから紹介する手順で電源を入れ直しても、テレビが正常に作動しない場合は、故障と考えていいでしょう。 電源を入れ直す どのような症状であっても、まず第1にしてもらいたいことは、 電源を切り、入れ直す、ということです。 テレビの主電源をOFFにして、数分そのまま放置してからONにしましょう。 それでも変わりがない場合は、コンセントを抜き、数分置いてから挿して電源を付けてみましょう。 それぞれ3回ほど繰り返し、直らない場合は修理の相談をした方がいいかもしれません。 POINT 電源を切ったり、コンセントを抜いたりした後は、 少し時間を置きましょう。 テレビにリセットする時間を与えることが大切です。 メーカーさんに電話をかける 電源を入れ直しても調子が悪い時は、テレビの製造会社に電話をかける他ありません。 保証書やウェブサイトなどに載っている相談窓口などに電話し、テレビの不具合を直す方法を説明してもらいましょう。 修理にかかる費用があまりにも高い場合は、買い替えるほうがお得な場合もあります。 電話の際に修理代がいくらかかるかを、大体の値段でいいので聞いてみると良いでしょう。 テレビの修理代 テレビの修理代は、メーカーさんや機種、故障部位によって値段が変わってくるため、詳しいことはメーカーさんに問い合わせなければいけません。 ただ、1つ言えることは、修理代は高いということです。 難しい造りをしていますから、修理代がかさむのは仕方がない……と考えておきましょう。 故障部位による修理代の差 テレビを修理する時、液晶パネルと内部の故障で大きく値段が変わってきます。 液晶パネルが故障した場合は、パネルごと交換することが多いため、 修理代は平均7~8万円となっています。 一方、 テレビの内側にある電源基盤などややこしい回路が埋まっている部分は、意外にも 平均2万円で修理できることもあるのです。 もちろん、さらに細かい故障部位を探ったら急に値段が跳ね上がって5、6万もした…なんてケースもあるため、液晶パネル以外の部位の修理は安い、とは一概には言えません。 ただ、「液晶パネルの交換が必要」と言われたら、買い替えを考えてみてもいいでしょう。 もしかしたらリモコンが壊れたかも! さて、ここまではテレビ自体の故障だった場合。 本体の操作ではきちんと動くのに…! そんな時は、 「リモコンの故障」が原因でしょう。 もしリモコンが壊れているだけなら、テレビ本体より安く済むのでラッキー! とは言っても故障は故障。 原因がわからなければ対処できません。 まずは電池が切れていないかを疑う 発生しやすい不具合の1つは「電池切れ」。 そんなばかな、と思うかもしれませんが、これが灯台下暗し。 意外と電池切れに気づいていないケースって多いんです! 最近の電池は長持ちするので、意識から外れがちですねよね。 この他には「電池チェッカー」がおすすめ。 電池の残量を測ってくれるアイテムなのですが、ご存知でしたか? あとどれくらい使えるのかも分かるので、非常に便利ですよ! 操作ミスを疑う(地上・BSなどは合っているか) これも意外と多いのですが、ただの「回線切り替え」が原因なのに、大騒ぎしてしまっている可能性もあります…! 「このチャンネルは映りません」 なんて出てきたらびっくりしますよね。 あれ?昨日は見れたのに? リモコンにある「地上」「BS」などのボタンを不意に押してしまったのかもしれませんね。 リモコンを修理・買い換える場合の費用 上のどちらでもない場合は、リモコン自体が故障していると考えましょう。 買い替えの場合、ネット通販の相場はだいたい1,000〜3,000円程度でした。 お使いのテレビのメーカーによっては保証が効く場合もあるかもしれないので、一度メーカーに問い合わせてみても良いかもしれません! 普段の使い方を見直そう なるべく故障せずに長持ちさせたいテレビ、普段からの使い方を見直すだけで、寿命を延ばすことができるかもしれません! テレビの寿命とは はじめにお伝えしましたが、テレビの寿命は基本的には 7~10年程。 これはバックライトと言われる、液晶に映像を映すために必要なライトの寿命と関係しています。 バックライトは、大体30,000~60,000時間の使うことができる、と言われています。 これをざっくり計算して、10年くらいは持つんじゃないか…ということです。 テレビを長く使うには なるべく故障することなく、修理にお金を使うことなくテレビを使うには 3つのコツがあります。 ホコリをためない テレビの裏やスピーカーとかって、小さな穴がいくつも空いていますよね。 こういった小さな隙間からホコリが入りこみ、それが蓄積して内部の故障に繋がることがあります。 テレビ本体を乾拭きしてホコリを拭き取ることも大事ですが、お部屋自体も清潔に保っておくといいでしょう。 また、周りにホコリっぽいもの、例えばカーテンのすぐそばにテレビを置くなども避けた方がいいかもしれません。 長時間つけっぱなしにない 一日中テレビを付け、特に見てもいないのにBGM代わりにテレビを付けていませんか? 「ながら視聴」という言葉がよく言われる時代ですが、そもそも見てもいないのにテレビをつけっぱなしにしているなんて、電気代の無駄ですよね。 テレビの平均寿命が10年と言っても、ずーっとつけっぱなしにしていれば壊れやすくなってしまいます。 高くていい素材の洋服でも毎日着ていれば、すぐに生地が傷んだり、毛羽だったりしてきますよね?それと同じで、なんでも使いすぎは禁物なのです。 絶対条件としては、日に当たらないようにするということです。 逆光で見づらいから、という理由だけでなく、 テレビに日光が当たると熱により故障しやすくなってしまう恐れがあるためです。 電化製品は熱が加わると壊れやすいため、自分がテレビを見る時間だけは日が当たらないから大丈夫。 ではなく、できるだけどの時間帯も画面などに直接日が当たることのないように心がけましょう。 まとめ テレビが故障してしまうと、修理代は一般的に2万円以上かかることもあります。 その修理代を抑えるためには、普段から大切にテレビを扱うことがポイントです。 万が一修理が必要となった場合、大体の修理代を聞き、値段やテレビを使った年数などを踏まえて、買い替えるか修理するかを決めましょう。 画面の乱れや音割れのないテレビで、ゆっくりとテレビの時間を楽しみましょう!.

次の