バーコードリーダー読み取り。 読み取り距離4.5mの長距離読み取りバーコードリーダー MS851|システムギアダイレクト

性能グラフ|バーコードリーダーの選び方

バーコードリーダー読み取り

解決時1000pt バーコードリーダーで読み取った情報の最初と最後の文字を消したい。 佐川、レターパックプラスの伝票をバーコードリーターで読み取ると IMEを半角英数にしている場合はA403479371111AやD403479371111Dと読み込み、 且つ改行(エンターキー)が押される。 という処理が行われます。 全角ひらがなの状態であれば入力文字がA403479371111Aこのように 全角になり、エンターキーは押されないパターンと 半角で入力され、やはりエンターキーは押されないという2種類のパターンが確認されました。 全額ひらがなの時にパターンが変わってしまうのは、メモ帳に書き出すときとヤフオクの所定のぺージで書き出す場合で 違う結果になるということかもしれませんが詳細調査はまだしていません。 コメント欄に続きます・・・ こちらの状況を詳しく記載します。 ヤフオクで出荷した商品の伝票番号をお客さんにお知らせするときにヤフオクの発送通知のページ内でバーコードリーダーを使用し、 伝票番号を読み込んでいます。 現在は半角英数で読み込みをするのでA403479371111Aこのように最初と最後に余計な文字が入ってしまい、 且つ、エンターキーの処理がされますので確認ページに移動してしまいます。 ですので確認ページから1つ前のページに戻り、手動で前後のAの文字を削除し、改めて、確認ページへと進み、確認ボタンを押す。 という流れです。 最初と最後の文字を消す際の誤削除を防ぐため、また消す手間を省く為に何とかして自動で前後の文字を消したいと思っています。 またできればA403479371111Aのかたちを4034-7937-1111というように4桁ずつ区切るハイフンを入れることができれば最高です。 何か良い方法は無いでしょうか。 今考えられるのはエクセルで関数を使って必要な値を得てそれをコピペするというやり方ですが、 エクセルを使うことなくもっとシンプルにそれを実現する方法はないでしょうか。 もし何かご存知の方、良いアイデアをお持ちの方いらっしゃいましたらお知恵を貸して頂ければ幸いです。 どうぞよろしくお願いいたします。 1000 pt バーコードリーダーが必要なほど発送を行うことはありませんが、効率化は好きなのでこんな方法もあるんだなと。 試しにレターパックをスマホでスキャンしてみましたが、前後に一文字ずつ入っていました。 郵便の送り状などで使われる、NW-7という種類バーコードのようです。 それはさておき、一番簡単だと思うのがバーコードリーダー自体に読み取った文字列を編集して出力する機能を持ったものを探すこと。 少し調べてみましたが、結構あるみたいです。 例えばの説明書ですが 前方から何文字、後方から何文字と桁を指定して削除させることができるようです。 また、2つまでコード挿入できるみたいなので、4桁と8桁目に「-」を挿入。 といった感じにプログラミングすれば、目標を達成できるかと思います。 この機種は説明書がわかりやすかったのですが、Amazonで見ても1万円とちょっとした出費になりそうです。 他に手ごろな機種でないかとAmazonで調べてみると SD-120 BC-BR900L-W と、文字を削除する機能は低価格な機種でもありました。 SD-120に関しては任意の場所にコード挿入ができるみたいですが、2か所でできるのかわかりませんでしたので気になるようであれば問い合わせてみて下さい。 こう見ると、もしかすると機能としては割と一般的なのかもしれません。 お持ちの機種もこれらの機能があるかもしれないので、まずは確認してみてはいかがでしょうか。 ・・・ まさか こんな製品があるんですね。。。 驚いています。 というか、元々こういう製品があるという事をご存じでないのに、 この情報までたどり着かれたということですよね。 そのことに驚いてしまいます。 ご掲示いただいたものを調べ、また自分にあったものを探すこともしようと思いますが、 この情報までどうやってたどり着いたのでしょうか。 このような機能をもったリーダーがそもそも存在するのではないかと思われたのでしょうか。 その上で (バーコードリーダー 編集 ) 等のキーワードで検索をされたのでしょうか。 私も効率化インフラ整備が好きなので、情報収集の仕方を勉強したいと思っています。 どうかお返事お待ちしております。 最終的には(バーコードリーダー 文字 削除) みたいな感じで引っかかったと思います。 BC-BR900L-W はシリアル番号によって説明書が違うようなので、Webから見るのであればこちらから該当の設定マニュアルを参考に。 先ほど貼ったリンクはVer1. 22の方ですが、これで言うと左側 3. 説明書を見る限り文字の付加は前後にしかできないようなので、間に「-」を挿入する方法は無さそうですかね。 ちなみに3ページの2. 4が読み取り後にエンターキー処理になる部分の設定に見えます。 前後の文字削除だけでハイフン無しで良いならそのままで良いですが、手動でハイフンを入れるのであればNoneをスキャンすれば勝手に確認ページに飛ばなくなるのかなと思います。 設定の際は各ページ上下にある設定開始と設定終了のバーコードをスキャンする必要がありそうなので忘れずに。

次の

バーコードリーダーの種類・選び方|最適な機器はどれ?|基本の【き】|自動認識の【じ】|自動認識を”みじか”にするメディア

バーコードリーダー読み取り

amazon. valuecommerce. shopping. yahoo. ただし漢字QRコードを読み取る時はiPhoneへの送信は不可とされています(口コミによると シフトJISのみ対応とのことです)。 通信は Bluetoothと USBの両方に対応しています。 本体にメモリを内蔵し、 5万件のバーコードを保存できます。 充電は専用のクレードルにセットして行い、USB充電には対応していません。 5時間の充電で 8時間使用可能です。 口コミによると購入時は漢字QRコードを読み取れず、ファームウェアアップデートにより読み取り可能になったとのことです。 価格は中国メーカーにしてはかなり高く、設定用のQRコードがAmazonに掲載されていたりと怪しげなこともあり、自信のある人以外は手を出しにくい製品と言えるでしょう。 amazon. valuecommerce. shopping. yahoo. amazon. valuecommerce. shopping. yahoo. スーパーマーケットなどのレジの場所にあるタイプですね。 FR20は QRコードも読み取り可能で、 USBでパソコンに接続することができます。 また スキャン幅は1. 2インチ 約304mm と広くなっています。 これこそが本体サイズの大きい据え置き型が、ハンティタイプに勝る点でしょう。 口コミでは簡単に設置出来て読み取りスピードが速いと好評ですが、中国語の取扱説明書しかない、日本語版があってもわかりづらいという指摘もあります。 据え置き型はハンディタイプより用途は限られますが、必要な人にはとても助かる製品で、従来はニッチ分野だけにとても高価な製品だったとのことです。 口コミでは安さに感謝の言葉まで見られました。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. amazon. valuecommerce. shopping. yahoo. amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. I-O DATAはパソコン周辺機器を扱う日本の大手メーカーです。 中国メーカーの製品とは違い、メーカーのサイトにしっかりした商品紹介ページがあり、 日本語のマニュアルもダウンロードできます。 パソコンにUSBで接続するとキーボードとして認識され、読み込んだデータがパソコンにテキストとして入力されます。 読み取り最大幅は70mmまでで、長めのバーコードでも読取りができます。 本体の色は白と黒の 2色から選べます。 口コミでも安定して使用できると好評です。 日本の有名メーカーのバーコードリーダーを求めている人には最適の製品と言えるでしょう。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. amazon. valuecommerce. shopping. yahoo. amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. ビジコムはPOSシステムを提供している日本企業で、バーコードリーダーも取り扱っています。 BC-BR900Lは 10万台以上の販売実績を持つ人気モデルです。 読み取りセンサーは CCDタイプで、レーザータイプと比べてLED照明との干渉が無い・光が目に優しい・寿命が長い、といったメリットがあります。 また、レーザータイプが苦手な液晶画面の読取りも可能なため、 スマートフォンのバーコードも読み取れます。 またBC-BR900LをパソコンにUSBで接続してパソコンから設定変更が可能です。 本体の色はグレー・白・黒の 3色から選べます。 口コミでもコストパフォーマンスが良いと好評です。

次の

バーコードリーダー

バーコードリーダー読み取り

XPERIAのバーコードリーダーってどこにあるの? この記事では、「XPERIAでバーコードリーダー機能がどこにあるのかを知りたい」というニーズに沿ったコンテンツを提供します。 今や、ありとあらゆるところで利用されているバーコード。 以前はその番号をパソコンでインターネット検索する方法がありましたが、今やスマートフォンのカメラで読み取ることができるアプリが存在します。 しかし、バーコードリーダーを使ったことがない方は意外に多いのではないかと思います。 では、そのアプリはどこにあるのでしょうか? 標準アプリ?、Google Playからダウンロード? その使い方は?? そんな、初めて使ってみようと思う方のために、使い方などの疑問にお答えしてみたいと思います。 なお、筆者の手元にあるXperia xz1はau版ですので、スクリーンショットなどはすべてau仕様になります。 あらかじめご了承ください。 XPERIAではバーコードリーダーをアプリで取る必要があるのか Xperiaでバーコードを読み取る場合、専用のアプリをダウンロードする必要があるのでしょうか? プレインストールされている場合、どのアプリがバーコードリーダーなのでしょうか? まずは、ここを見てみたいと思います。 もともと入っているアプリの中にある場合• docomoの場合 ICタグ・バーコードリーダーは、ポスターなどのバーコードにスマートフォンをかざすだけで、おトクな情報を簡単に読み取ることができます。 もちろん、QRコードにも対応しています。 また、バーコード/QRコードだけでなく、ICタグの読取機能やICタグの作成(ICタグへの書込み)も備えており、シームレスな機能切り替えが可能なアプリです。 参考元:• SATCHでは、QR・バーコードリーダーの機能以外にも、AR(Augmented Reality)を楽しむことができます。 ARとはカメラにかざして対象物を読み込むことで、動画やCGなどを表示できる機能です。 参考元:• Softbankの場合 ソフトバンクのマスコット、白戸家のお父さん犬のアイコンのバーコードリーダー QRを起動します。 QRコード(バーコード)リーダーとして機能するアプリです。 参考元: なお、海外版のXperiaなどの場合は、その本来の仕向け地などによって入っていないこともあります。 もともと機能として備わっている場合 その他に、元々Androidが持つバーコード読み取り機能として、 Google Lensを使用する方法があります。 2018年10月31日現在、Xperiaシリーズを用いて日本国内でGoogle Lensを使用するためには、スマートフォンの第一言語を英語に変更する必要があります。 しかし、言語設定を英語に変更するだけで、Google PhotoにGoogle Lens機能が現れます。 このGoogle Lensには、バーコードなどの読み取り機能と、そのバーコードが示すものを直接インターネットで検索するような2つの機能が統合されています。 赤丸の部分をタップするとGoogle Lensが起動します。 あとは、認識させたい画像を選ぶだけです。 画像の中のバーコードを自動で認識し、さらにGoogle検索でその商品などまで探し出してきます。 XPERIAでバーコードリーダーがある場所 さて、ではスマートフォンの中でバーコードリーダーはどこにあるのでしょうか? もともと機能として備わっている場合 Androidにもともと備わっている機能として、Google Lensがあります。 一部のスマートフォンでのみ使用できるのが現状ですが、SONY Xperiaシリーズは既に対応しています。 Google Lensは、カメラアプリから使用するように思われがちですが、実はGoogle Photoが内蔵する機能です。 現状ではまだ英語環境でのみ動作します。 アプリとして取った場合 プレインストールアプリの場合、キャリアにかかわらず「 ツールフォルダ」に分類されています。 docomoの場合 名称は、「ICタグ・バーコードリーダー」です。 auの場合 名称は、「SATCH」です。 Softbankの場合 名称は、「QR」です。 その他に、ご自分でダウンロードした場合には、アプリ一覧の中に並びます。 例えば、デンソーウェーブが開発しているQRコード公式リーダーは、当然のようにバーコードも読み取ることが可能です。 QRコードの開発元がリリースしているQRコード/バーコードリーダーですので、SIMフリー端末だけでなく、キャリア版Xperiaをお使いの方にもおすすめのアプリです。 まとめ この記事は、「XPERIAでバーコードリーダー機能がどこにあるのかを知りたい」という方に、標準アプリの使い方や、Androidが持つバーコードリーダー機能などをご紹介しました。 ありとあらゆるところで利用されているバーコードも、今ではスマートフォンのカメラで読み取り、その場でインターネット検索をすることができます。 URLが記載されていたり、割引クーポンになっていたり、商品コードであったりと千差万別ですが、バーコードリーダーアプリがあれば、その中身を知ることができます。 XperiaにはSONY標準のバーコードリーダーは搭載されていませんが、各キャリアがそれぞれのバーコードリーダーアプリをプレインストールしています。 また、2次元バーコードとも呼ばれる QRコードの開発元であるDENSOが公式アプリをリリースしていますので、SIMフリー端末の場合でもこのアプリでバーコードを読み取ることもできます。 手元にある商品をインターネット購入したい時などに、バーコードリーダーはとても便利です。 使ったことのない方も多いかと思いますが、一度アプリを立ち上げて手元のバーコードを読み取ってみてください。

次の