羽毛布団 春。 羽毛肌掛け布団 シングル 西川 ダウン50% 抗菌 ウォッシャブル ダウンケット 羽毛肌布団 春の羽毛布団 :3S

羽毛布団・掛け布団の通販|ベルメゾンネット

羽毛布団 春

商品詳細につきましては商品説明にございます。 商品詳細につきましては商品説明にございます。 獲得にはTポイント、PayPayボーナス(譲渡不可)、PayPayボーナスライト(譲渡不可・期間制限あり)のいずれかが含まれます。 いずれを獲得できるかは「内訳を見る」から各キャンペーンページをご確認ください。 表示されている獲得率や付与額には、ヤフーカード決済限定またはPayPay残高決済限定のものが含まれている場合があります。 表示されている獲得率や付与額は、支払方法の条件を満たす場合に適用されます。 各キャンペーンには「一定期間中の付与上限」があります。 その付与上限を超えた場合、対象期間中は表示されている付与額では付与されません。 獲得率の条件や付与上限の詳細は、「内訳を見る」から、各キャンペーンページにてご確認ください。 Yahoo! ショッピングの各種ポイントキャンペーンは対象外です.

次の

羽毛布団は、一年中使用できるのでしょうか。 羽毛布団は冬は暖かくて良いと思い...

羽毛布団 春

本記事では混乱を避けるためこの2枚合わせ羽毛布団については省力してお話させていただきます。 とっても使い勝手のいい合掛け羽毛布団 冬用の羽毛布団と肌掛け羽毛布団の中間に位置する 合掛け羽毛布団は実はとっても使い勝手のいい羽毛布団なんです。 羽毛布団をご愛用されている方は、羽毛布団の気持ち良さを一年中味わいたいと思われている方もたくさんいらっしゃるかと思います。 それでも、冬用の羽毛布団を1年中活用するにはやはり暑すぎますね。 特に下記の時期は、布団選びにとっても苦労してしまいます。 冬から春にかけて• 夏から秋にかけて• 秋から冬にかけて こんな時期に活躍してくれるのが 合掛け羽毛布団です。 合掛け羽毛布団は上記の時期に合うようにしっかりと羽毛量がしっかりと調整されており、適度な保温力で外の冷えから体温をしっかりと守ってくれます。 一般的な羽毛の充填量(シングルの場合)• 肌掛け羽毛布団:約0. 4kg前後• 合掛け羽毛布団:約0. 8kg前後• 冬用羽毛布団: 約1. 2kg前後 最近の家は、機密性が高くなっており真冬でも室内の気温が下がりすぎないという家も多くなってきているようです。 そんな家にお住いの方では合掛け羽毛布団で真冬を過ごしてしまうなんていう方も増えてきているようです。 そのようなこともあり、合掛け羽毛布団の使い方は幅が広がってきているように思われます。 合掛け羽毛布団にご興味をお持ちになられたら、ぜひこれからご紹介する合掛け羽毛布団をご参考にして合掛け羽毛布団をお選びされてみてください。 合掛け羽毛布団のクラス分け 当サイトでは合掛け羽毛布団を以下の3クラスに分けてご紹介しています。 クラス分け詳細 ハイプレミアム:品質重視の方に。 軽いのにしっかりとした保温性。 寒がり、冷え性の方にも。 プレミアム:価格・品質共にバランスの取れた商品。 スタンダード:最低限の品質はこだわりたいが、価格は安い方が助かるという方に。 まとめると合掛け羽毛布団はこんなお布団です。 春・秋がメインで活躍するために羽毛量が調整されている• 夏用肌掛け羽毛布団ではまだ寒さを感じる時期に便利• 優れた保温性・吸湿性・放湿性で気持ちいい• 子供からからご年配の方まで身体の負担になりにくい• 冬用羽毛布団では暑く感じる方にもおすすめ• 冬用よりも安価で購入できるので来客用にも便利 合掛け羽毛布団を購入する際に見るべきポイント ここからは、 合掛け羽毛布団を購入する際にしっかりとチェックするポイントと選ぶ方についてご紹介いたします。 ご確認頂きたい点は以下の通りです。 羽毛肌掛け布団を購入する際にチェックするポイント• 羽毛布団の製造国は日本であること• 羽毛の産地• 水鳥の種類• ダウン率• ダウンパワー• 側生地 羽毛布団の製造国は日本であること 4種類のどの羽毛布団を購入する際にも言えることですが、安心して羽毛布団をご使用したいとお考えであれば必ず 日本製の羽毛布団をご購入することをおすすめいたします。 羽毛布団の豆知識として知っておきたいポイントはいくつかありますが、まずは下記をご確認ください。 羽毛は日本では採取されていない。 (100%輸入に頼っている)• 日本の羽毛布団メーカーは羽毛を海外から輸入し、日本羽毛製品協同組合の定めた洗浄度でしっかりと羽毛を洗浄し、その品質安定に努めている 日本羽毛製品協同組合について 羽毛布団の苦情として最も多いのが、 「羽毛の臭い」の問題です。 そしてその臭いの原因として挙られるのが 「羽毛の洗浄不足」です。 採取されたばかりの羽毛には、汚れや油脂分などが付着しています。 これを洗浄することで綺麗に洗い落とすことで人体に影響がないようにするのですが、その洗浄が不十分であると羽毛特有の 「ケモノ臭」を発する原因となってしまうのです。 しかし、日本製として商品を発売する際は、定められた洗浄レベル(500mm)までしっかり羽毛を洗浄することで臭いの問題が生じないに努力しています。 そして、この日本の洗浄レベルというのは 世界トップレベルと言われており、海外でも高い人気を誇っているのです。 余談ですが、西川ではさらに高い基準で羽毛を洗浄しており、これが西川製品が高く評価される理由の1つともなっています。 羽毛布団を選ぶならおすすめは 「日本製」です。 他国製品、例えば中国製などの値段の安さには理由があります。 羽毛布団の臭いは一生ものです。 家庭やクリーニングに出して洗濯したところで取れるものではありません。 もちろんファブリーズなどの消臭剤なども一時に解決策にしかならず、羽毛を傷めることとなりますし、結果的に雑菌の繁殖を早めることにもなりますので決しておすすめではありません。 買って後悔しないためにも、 羽毛布団は日本製を選ぶことをおすすめ致します。 おすすめ記事 羽毛の産地 にて詳しくご紹介しておりますので、こちらでは簡単にお話させて頂きます。 羽毛の産地としては、昔からポーランド、ハンガリー、ドイツ、フランス、ロシア・シベリア、ウクライナ、チェコ、カナダなどがありこれらに挙げられる国々は国策として羽毛の生産を推し進めるなど、その生産環境や品質は一般的に言って高いレベルにあると言えます。 一方で、安さで台頭し始めたのがアジア圏の国々による羽毛です。 羽毛布団の生産国と同様に羽毛の産地に関してもしっかりと見極める必要があること注意するようにしましょう。 当サイトではもっともおすすめの産地としてポーランドとハンガリーをあげており、続いてロシア、シベリア、フランスなどをご紹介しています。 水鳥の種類 にてご説明している通り、羽毛が採取される水鳥には一般的に以下の種類があります。 水鳥のランクは、品質が高いものから順に下記の通りとなっています。 水鳥のランクについて• マザーグース(ホワイト・シルバー)• グース(ホワイト・シルバー)• マザーダック(ホワイト・シルバー)• 一般的に白色(ホワイト)が好まれますが品質に差はありません。 水鳥だけで見た場合、最も保温性の高いダウンが採れるマザーグースがもっともランクが高く、その次にグース、マザーダック、ダックと続いていきます。 当然ながら、一番おすすめの水鳥と聞かれた場合は、 マザーグースということになりますが、これはあくまでも水鳥のランクだけで見た場合となります。 実際には、これからご紹介するダウン率やダウンパワー、充填量などで羽毛布団を選んでいくことになります。 ですので、ダックダウンの羽毛布団はおすすめではないというわけではありません。 当サイトではしっかりとした品質のダックダウン羽毛布団をいくつもご紹介しております。 ダウン率• 逆に、スモールフェザーは通気性に優れますが保温性に欠けるため、スモールフェーザーの割合が多いほど価格は安くなります。 スモールフェザー率が高い布団はずっしり重くなり、寝苦しさを感じる場合もあります。 もちろんダウン率は、数値が高くて悪いわけではありません。 (ただ、一般的にダウン率に比例して価格も高くなる傾向にあります。 参考 以前までは、かさ高が数値と利用されてきましたが2012年からダウンパワーが用いられるようになっています。 上の写真で両方の皿に乗せられている羽毛は、 どちらも同じ重さですが、右側のダウンの方が大きいのが見て分かります。 この右側のダウンで作られた羽毛布団はとっても ふかふかした保温力のある羽毛布団が出来上がると考えられますが、左側のダウンで羽毛布団を作ったとしてもそれほどふかふかした羽毛布団は出来上がらないでしょう。 ダウンパワーの数値は、そのまま羽毛布団の保温力に繋がるほど大切な数値で数字が高くなればなるほど膨らみ度が高く保温性に長けており良い羽毛とされています。 日本では300dpから販売が許可されており、数値が高いものでは460dp以上の羽毛も存在しております。 当サイトでは、冬用の羽毛布団の場合、ダウンパワー400dp以上を推奨しておりますが、合掛け羽毛布団であれば 350dp以上がおすすめです。 ダウンパワーに関しても数値が高いことで悪いことはありませんが、数値が高くなるにつれて価格も高くなる傾向になります。 おすすめのダウンパワー• 冬用羽毛布団: ダウンパワー400DP以上がおすすめ• 中綿量の違い• 合掛け羽毛布団 :約0. 8kg前後• 夏用肌掛け羽毛布団:約0. 4kg前後• 冬用羽毛布団 :約1. 2kg前後 羽毛布団には、季節とサイズによって適性の羽毛重量(充填量)というものがあります。 合掛け羽毛布団としては、以下の重量が目安となります。 羽毛の適性重量(合掛け羽毛布団)• シングル :約0. 8kg前後• セミダブル:約1. 0kg前後• ダブル :約1. 1kg前後• クイーン :約1. 2kg前後• キング :約1. あくまでも目安としてお考え下さい。 またこの重量に側生地の重量は含まれていません。 側生地 羽毛布団の側生地となる素材はほとんどが以下の3つです。 羽毛布団の側生地の種類• 超長綿• 多くの羽毛布団の側生地がこの綿でできています。 超長綿は、繊維の長さが平均35mm以上の綿のことをいいます。 下記の特徴から、通常の綿よりも高級素材となっています。 超長綿とは 超長綿とは、繊維の長さが平均35mm以上の綿のことをいい、特徴としては下記のことが挙げられます。 やわらかなドレープ性• ソフトでしなやかな感触• 通常の綿よりも吸湿性・通気性に優れる• ゴワゴワやシャカシャカが発生する側生地は多くの場合、100%ポリエステルです。 ポリエステルは軽量で速乾性に優れていますが、綿などの天然繊維に比べると肌触りがあまり良くありません。 側生地は、綿100%がおすすめ• ポリエステルとの混合の場合でも、綿20%以上のものを選ぶ また、布団カバーに関しては必ず綿100%(もしくは超長綿)を選ぶようにしましょう。 洗える[ウォッシャブル]合掛け羽毛布団はおすすめか? 最近の合掛け布団でも家庭で洗える 「ウォッシャブル・タイプ」を見かけることがあります。 使用を継続しているとどんな羽毛布団でも汚れてきてしまうものです。 人は睡眠中にコップ一杯の汗をかくと言われており、かいた汗や汚れが付いた羽毛は徐々にその機能性を失いだします。 羽毛布団の機能性と衛生を保つためには 羽毛布団の丸洗いが一番効果的ではありますが、自宅での合掛け布団の洗濯はおすすめではありません。 その理由は、羽毛量です。 羽毛量が夏用に調整されている羽毛肌掛け布団であれば洗濯やその乾燥も容易に行えるかと思いますが、羽毛量の多い冬用羽毛布団や合掛け羽毛布団は自宅の洗濯機では多すぎます。 また、乾燥させる際も羽毛の偏りが発生する可能性があるなどせっかくの羽毛布団が台無しになる可能性がとても高いのです。 以上のことから、ウォッシャブルタイプの合掛け羽毛布団はおすすめではありませんし、ご自宅での合掛け洗濯羽毛布団の洗濯は避けるようにしましょう。 お布団を衛生的に保つためには、羽毛布団は定期的にクリーニングに出すことがおすすめです。 羽毛布団のクリーニングについて 以上となります。 合掛け羽毛布団を購入する際は、下記の点を確認することをおすすめ致します。 羽毛肌掛け布団を購入する際にチェックするポイント• 羽毛布団の製造国は日本であること• 羽毛の産地• 水鳥の種類• ダウン率• ダウンパワー• 側生地 合掛け羽毛布団のクラス分け 当サイトでは合掛け羽毛布団を以下の 3クラスに分けてご紹介しています。 クラス分け詳細 ハイプレミアム:品質重視の方に。 軽いのにしっかりとした保温性。 寒がり、冷え性の方にも。 プレミアム:価格・品質共にバランスの取れた商品。 スタンダード:最低限の品質はこだわりたいが、価格は安い方が助かるという方に。 現在、当サイトにて一押しの羽毛布団は以下の通りです。 当サイト一押しの合掛け羽毛布団 ポーランド産マザーグースダウンを贅沢に95%も使用した極上のダウンケット。 文句なしのクオリティで高い口コミ・レビューにも納得。 間違いなくおすすめ商品です。 合掛け布団を購入した後に心がけたいこと 最後に、羽毛肌掛け布団を購入した後に行いたいメンテナンス方法などについてご紹介致します。 カバーは掛けましょう。 でご説明していますが、羽毛布団のカバーは、• 衛生的に羽毛布団を保つ• 外からのダメージを防ぐ という点で必須としてご紹介しています。 羽毛布団を長く使い続けるためのにも、布団カバーを使用するようにしましょう。 定期的に羽毛布団の天日干しをしましょう。 にてご紹介していますが、羽毛布団をダニの寄せ付けない衛生的なお布団として保つために定期的な天日干しをおすすめしています。 目安と以下の情報を参考にされてください。 ペースは、10日に1度• 片面1時間ずつ• 湿度の低い晴れの日が好ましい• 時間帯は、午前10時から午後2時がベスト 定期的にクリーニングに出しましょう お布団を衛生的に保つためにはお布団のクリーニングも大切です。 定期的なクリーニングを心がけるようにしましょう。 クリーニングの詳しいお話はこちら 以上です。 ご参考にされてみてください。

次の

秋・冬・春用/羽毛布団/寝具の通販【ポンパレモール】

羽毛布団 春

羽毛布団は、一年中使用できるのでしょうか。 羽毛布団は冬は暖かくて良いと思いますが、初夏や初秋頃は、やはり普通の布団を使用しているのでしょうか。 羽毛布団利用者の方、アドバイスをよろしくお願いします。 布団が古くなあったので、思い切って羽毛布団にしようと思い、一通りダウンのことを勉強してデパートの寝具売り場で1枚購入してきました。 夫婦用に2枚買うつもりだったのですが、高い買い物なので、1枚購入してその具合を試してみることにしました。 今夜初めて使用するのですが、触っていても非常に暖かそうな気はするのですが、冬は良いけれどオールシーズン使えるのか疑問に思えてきました。 オールシーズン用として2枚合わせの羽毛布団が販売されていますが、そのほうが良いのでしょうか。 にわか知識で勉強したため、せっかく買うのなら冬一枚で軽くて良いものをと考え、暖かさ重視で選んできましたが、初夏などにまた古い布団の代わりのものを購入しなければならなくなるのでは、価格的にも収納スペース面でも考え直したほうが良いのか悩んでいます。 そこで、現在羽毛布団を使用している人に伺います。 羽毛布団1枚で年間心地よく過ごせますか(猛暑の時期は、タオルケット等で対応できるので良いと思うのですが、4月から7月頃や9月から11月頃は羽毛布団では、暑すぎるということはありませんか) 羽毛布団は2枚合わせのものがやはり使用しやすいのでしょうか。 アドバイスよろしくお願いします。

次の