郵便局 貯金 時間。 郵便局(ゆうちょ銀行)でお金を借りる3つの方法!必須条件と注意点

ゆうちょの引き落とし手数料はいくら?(土日・時間帯・コンビニなど)

郵便局 貯金 時間

ゆうちょ銀行の営業時間は午前9時から午後4時まで 基本的に 午前9時から午後4時までが営業時間となります。 郵便局が夕方5時まで営業していても貯金窓口は4時で閉めます。 土曜日、日曜日、祝日はお休みになります。 大きな郵便局で郵便窓口が営業していても貯金窓口はお休みしています。 夕方4時以降でも貯金窓口を営業している郵便局 一部の都市部にある郵便局に限り夕方4時以降も貯金窓口が開いている局があります。 新宿郵便局:〒163-8799 東京都新宿区西新宿1-8-8 貯金窓口:9時〜18時 上野郵便局:〒110-8799 東京都台東区下谷1-5-12 貯金窓口:9時〜18時 大阪中央郵便局:〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1-3-1(大阪駅前第1ビル地下1階) 貯金窓口:9時〜18時 福岡中央郵便局:〒810-8799 福岡県福岡市中央区天神4-3-1 貯金窓口:9時〜18時 以上ようにいくつか並べてみましたが他にも多数ありますので詳しくは、下記の郵便局検索サイトで探してみて下さい。 スマホ版 ネットのゆうちょダイレクトでも一部対応しています。 ゆうちょ銀行宛の振込み、他銀行宛の振込み、照会、貯金利用の変更など一部においてネット版のゆうちょ銀行:で対応しています。 今はスマホからも手続きができますので便利です。 窓口が終了している時間帯でも使えます。 私も振込みなどではゆうちょダイレクトを使っています。 日中は仕事などで忙しい方にオススメです。 関連記事:.

次の

【郵便局】ゆうちょ銀行(貯金窓口)の営業時間は?

郵便局 貯金 時間

コンテンツ• 2㎡)タイプのマンスリーマンション・ウィークリーマンションのお部屋です。 StayJam梅田西2は、JR各線「 大阪駅」から徒歩5分の場所にある 1K(約20. 7㎡)タイプのマンスリーマンション・ウィークリーマンションのお部屋です。 いずれのマンションも都心近くながら、住環境の整った住みやすい立地です。 そんな StayJam梅田西1・ StayJam梅田西2の近くの「 郵便局」を調べてみます。 新梅田シティ内郵便局 新梅田シティ内郵便局は、StayJam梅田西1から北へ徒歩約8分、StayJam梅田西2から北へ徒歩約3分の新梅田シティ内にあります。 通常の窓口の営業時間外でも郵便業務を行っている窓口「 ゆうゆう窓口」のみです。 施設名 大阪北郵便局 住所 大阪市中央区備後町1-3-8 最寄駅 大阪メトロ堺筋線「堺筋本町」12番出口から徒歩約5分 TEL 集荷の依頼 0120-895223 郵便・ゆうパック等について 0570-943-387 取扱サービス ゆうゆう窓口 営業時間 24時間営業 休業日 無休(要確認) まとめ 以上、 福島区福島6丁目のStayJam梅田西1、北区大淀南1丁目のStayJam梅田西2の近くの郵便局を調べてみたをお送りしました。 休日で急ぎの郵便の取り扱いは「 大阪北郵便局」が24時間営業です。 StayJam梅田西1・ StayJam梅田西2をご利用になる方は参考にしてください。

次の

泉南郵便局 (大阪府)

郵便局 貯金 時間

今流行りの小銭貯金!買い物帰りに郵便局ATMに立ち寄ろう! 「しよう」と思っていても中々行動に移すことができない「貯金」。 貯金をするに越したことはありませんが、貯金の習慣が無かったり、経済的な事情がある場合には、一度に大きな額を口座に入れることを難しく感じる方も少なくありません。 そこで今流行っているのが「小銭貯金」です! 小銭貯金とは、買い物帰りなどで財布に余っている小銭を口座に入れる貯金の方法で、貯金が難しい方でも気軽にできる貯金です。 基本的に、小銭を入金する口座は金融機関であればどこでも問題ありませんが、金融機関によっては小銭の入出金を取り扱っていない場合も多くあります。 そのためオススメなのは「郵便局」です。 郵便局では、小銭の入出金を取り扱っており、また、全国のどの地域にもほぼ確実にあるため立地面でも安心です。 小銭貯金は日々の積み重ねで長い時間をかけて無理なく貯金をしていく貯金方法です。 大きな額の貯金は難しいと感じている主婦の方!簡単にできるこの「小銭貯金」を始めてみてはいかがでしょうか。 大量の小銭を貯金するなら郵便局へ持ち込むことをおすすめします 「貯金」の方法には様々な方法がありますが、その中のひとつで、100均等で販売されている貯金箱に小銭を入れてお金を貯める方法がありますよね。 この貯金箱が小銭でいっぱいになると、基本的には、銀行等の金融機関に貯金箱を持ち込んで貯まった小銭を口座に入金するのが一般的だと思いますが、この時「大量の小銭を銀行に持っていくのは少し気が引ける」と感じた経験はないでしょうか。 もちろん、銀行側からすればあくまでもお仕事となりますので、小銭を預けることに引け目を感じる必要はないのですが、どうしても感じてしまう場合もあると思います。 もし、そのような気持ちを感じるのであれば、郵便局での預け入れがオススメです。 実際に私も、郵便局の窓口に大量の小銭を持って行き、口座への預け入れをお願いしたことがありますが、何一つ嫌な顔をされることはなく、口座への入金をして貰うことができましたよ。 当然ながら銀行でもこれは同じだと思いますが、もし心配なのであれば、郵便局で預け入れをすると良いでしょう。 郵便局は銀行と違い小銭が何枚であっても手数料はかかりません 一方で、 郵便局で小銭を預けるのが良い理由は、他にもあります。 それは「手数料」がかからないということ。 銀行で大量の小銭を入金したことのある方はお分かりかと思いますが、多くの銀行では、一定の枚数を超えた段階で手数料がかかるようになっています。 この手数料は、枚数が多くなるに比例して高くなるのが一般的で、どうしても枚数が多くなりがちな小銭を預ける場合には、殆どの場合で手数料がかかってきてしまいます。 「郵便局」での小銭の預け入れには手数料はかかりません。 無駄にお金を払うことなく、貯めたお金を「無料」で預けることができるのです。 手数料は、多くの場合で数百円程度でそんなに高いものではありませんが、数百円を毎日少しずつ繰り返し貯金してきた方からすると、手数料を勿体無く感じる方も多いと思います。 そんな高い金額じゃないし気にならないという方は良いですが、数百円であっても手数料でお金を払うのはちょっと…、という方は、ぜひ郵便局を利用してみて下さいね。 小銭の貯金は手数料がかからない郵便局の窓口が一番! 前述したように、小銭の貯金をする際には手数料が無料の郵便局がオススメなのですが、実際に小銭の預け入れする際には、「ATM」と「窓口」のどちらが良いのか?気になりますよね。 基本的にはどちらでも問題ありません。 しいて言うのであれば「小銭の枚数」で決めるのが良いでしょう。 日々のお買い物で財布に余った小銭を預ける程度であればATMで問題ありませんし、郵便局に寄ることが難しくて、自宅で貯めた小銭をまとめて預けるのであれば窓口がオススメです。 もちろんATMでも小銭の預け入れを行うことは可能です。 ただ、小銭の枚数が多ければ多いほど時間もかかってしまいますし、ATMの操作も繰り返し行わなければいけません。 ATMを占領してしまえば、他のお客さんに迷惑がかかることにもなりますし、枚数によっては柔軟に対処することが大切です。 郵便局のATMなら小銭も引き出せる 農協など、金融機関によっては「小銭の出金」ができない場合も多くありますが、郵便局では小銭の引き出しも可能です。 ただ、小銭の引き出しには「取扱時間」が定められており、年中無休で24時間いつでも引き出せるというものではありません。 平日の取扱時間は「7時~21時まで」、土日祝日の取扱時間は「9時~17時まで」となっており、この時間以外では硬貨の引き出しや預け入れなどの「入出金」を行うことができません。 また、この時間は店舗によっても異なる場合がありますので、硬貨の出し入れを行う場合には事前に店舗へ確認しておくことをオススメします。

次の