ワクワクメールweb版。 ワクワクメールを退会する方法は?ポイントやデータはどうなるの?

ワクワクメールのアプリ版とWeb版比較!お得な使い方も紹介

ワクワクメールweb版

見出し• ワクワクメールにはWEB版とアプリ版がある ワクワクメールを利用するにはサイトにログインする必要があるのですが、その入り口には WEB版とアプリ版があります。 WEB版を利用するには、ネット検索で「ワクワクメール」と入力し、検索結果に出てくるワクワクメールの公式サイトログイン画面を使います。 一方のアプリ版では、アプリをインストールして使います。 一つのアカウントで両方を利用でき、どちらからログインしても出会いを見つけることができるようになっているのですが、 その内容にはかなりの違いがあります。 この違いを知っておかないと、せっかく会員になったのにワクワクメールを満喫できない可能性があります。 以下では、そんなWEB版とアプリ版の違いについて説明していきますので、しっかり読んで頭に入れておいてくださいね。 WEB版とアプリ版の違い WEB版とアプリ版の違いには以下のような違いがあります。 これを読むと、WEB版のメリットがよく分かるのではないでしょうか。 課金するならWEB版がお得 WEB版とアプリ版は課金方法が違います。 WEB版では、「クレジットカード決済」「ゆうちょ・ジャパンネット銀行振込」「その他の銀行振込」「コンビニ決済」の4つが使えます。 一方、アプリ版では、「キャリア決済」と「iTunesカード決済(iOS端末の場合。 android端末ではGoogle Playギフトカード)」が使えます。 これらのうち、 もっとも交換率が良いのはWEB版のクレジットカード決済です。 逆に、アプリ版の「キャリア決済」と「iTunesカード決済」は交換率が低くなっています。 (特に大きな金額を課金する際の交換率が悪いようです) なので、普段からアプリ版を使っている人でも、 課金する時はWEB版を使うようにしましょう。 WEB版はアダルトコンテンツが充実 ワクワクメールを利用する人の多くは目的です。 援助交際や、割り切りなどとも呼ばれており、 お金を求めている女性とセックスを求めている男性の意向がマッチしています。 近年の出会い系サイトの発展は、これが背景にあるといっても過言ではないでしょう。 実際、ワクワクメールの掲示板をみると、援助交際相手を探している女性からの投稿がズラリと並んでいます。 投稿のタイトルも過激なものが多く、 セックス目的の男性であれば、相手に困ることはないはずです。 しかし、それはあくまでもWEB版を利用した場合のことです。 アプリ版で投稿されているものをみると、そのタイトルから内容まで、随分大人しい表現が使われています。 あまりにも表現が控え目なので、援助交際目的なのか単なる友達探しなのかが分からないような女性もいるくらいです。 このような違いが生じるのは、 AppleとGoogleによる審査が厳しいからだと言われています。 iPhoneやiPadでアプリを配信する際にはAppleによる審査を受けなければなりません。 また、android端末でアプリを配信するには、Googleによる審査を受ける必要があります。 そして、この両社はアダルトコンテンツを非常に厳しく規制しているのです。 なので、 アプリ版にはアダルト色の濃い投稿を載せることができないのです。 (載せてしまうと、アプリそのものの機能を停止させられてしまいます) 一方、WEB版にはこうした規制がかかっていないので、アダルトな投稿があっても大丈夫です。 その結果、アプリ版にはアダルトな表現を含む投稿が少なく、 WEB版はアダルトなコンテンツが多いという状況になっています。 WEB版の方が利用者が多い アダルトコンテンツが充実している分、 WEB版には大勢の利用者がいます。 これは18時頃から24時頃までの女性からの投稿数を見れば一目瞭然です。 アプリ版では1時間あたり数件から十数件程度の投稿しかありませんが、WEB版では数十件ほどの投稿があります。 (東京都内の場合) そして、それらの投稿のほとんどに男性からのメールが届いているのです。 出会い系サイトでは利用者の数が重要ですから、 活発にやり取りされているWEB版と、投稿そのものが少ないアプリ版の差は、今後どんどん広がっていくかもしれません。 WEB版が優れている点は他にもある WEB版では、アプリ版にはない機能を利用することができます。 WEB版には日記機能がある WEB版のみの機能として「日記」というものがあります。 日記とは、いわばワクワクメール内のFacebookのようなもので、自分で書き込みをしたり、他の会員の書き込みを閲覧することができます。 その際、コメントを送ることもできるのですが、これらの機能は すべて無料なのです。 メールを送信するたびにポイントを消費する男性にとっては、これほどありがたい機能はないのではないでしょか。 実際、 日記機能を駆使して女性と出会っている人は沢山います。 そんな有効な機能がアプリ版にはありません。 日記は素人女性が利用している確率が高いので、「業者の子には会いたくない」という人は、WEB版の日記機能を使って相手を探すと良いでしょう。 WEB版では投稿動画像を観ることができる WEB版はアダルトコンテンツが充実していますが、その代表格ともいえるのが「 投稿動画像」です。 会員が撮影した動画や画像が沢山投稿されているのですが、そのほとんどがかなり際どい内容になっています。 特に動画コーナーの方は、さながら AV配信専門サイトのようなラインナップになっており、AV好きであればかなり楽しめるのではないでしょうか。 投稿の削除や強制退会処分になりにくい ワクワクメールを利用していると、稀に日記や掲示板に投稿した内容が運営側によって削除されることがあります。 これはその内容が 禁止事項に抵触しているからであり、主にアダルトな内容や個人情報に関する場合に起きます。 とくに売春を匂わせるような投稿は削除されやすく、 最悪の場合は強制退会処分になってしまいます。 強制退会処分になると同じ電話番号では二度と登録できなくなり、その時点で保有していたポイントややり取りの履歴を失ってしまいます。 なので、できるだけ強制退会処分のリスクは避けたいところなのですが、 WEB版の方が運営側によるチェックが甘く、強制退会になりにくいようです。 露骨に書いてしまうとWEB版でもチェックに引っかかってしまうのですが、ギリギリの表現であれば、アプリ版では削除されるのにWEB版ではそのまま投稿できることがあるのです。 この点もアプリ版の審査が厳しいということに由来していると思われますが、利用者にとってみれば、より表現がはっきりしているWEB版の方が使いやすいのではないでしょうか。 あえてアプリ版を使うメリットは? WEB版と比べてメリットの少ないアプリ版ですが、実は優れている点もあります。 デリヘル業者が少ない アプリ版においてアダルトなコンテンツに規制がかかっていることはご説明した通りです。 これを残念に感じている利用者は多いと思いますが、それ以上に残念に思っているのがデリヘル業者です。 ワクワクメールでは女性会員になりすました デリヘル業者が援助交際相手募集の投稿をするのが当たり前のようになっています。 実際、WEB版で援助交際相手を募集している女性会員のほとんどがデリヘル業者です。 こうしたデリヘル業者は過激なタイトルと内容で男性会員の興味を引いているのですが、それができないアプリ版は、 デリヘル業者にとって非常に集客しにくい場だといえます。 その結果、全投稿数における 素人女性の割合は、WEB版よりもアプリ版の方が高くなっています。 (ただし、母数が少ないので、素人女性の数自体は決して多くはありません) 「セックスはしたいけどデリヘル嬢は嫌だ」「手間をかけても素人女性と出会いたい」という人は、アプリ版を使うと良いでしょう。 クレジットカードを持っていない人には便利 何らかの理由で クレジットカードを持っていない人もいると思います。 そういう人にとっては、アプリ版で決済するのはとても便利です。 WEB版で銀行振込をしても良いのですが、振込手数料がかかりますし、課金結果が反映されるまで時間がかかります。 まして営業時間外になると、翌営業日まで待たなければなりません。 アプリ版からの課金であればそういった煩わしさはありませんし、 少額の課金であれば、クレジットカード決済との差はわずかです。 プロフィール写真が大きい アプリ版でプロフィール検索をすると、女性会員が一覧になって表示されます。 そこから気になる女性をタップすると詳細なプロフィールを観ることができるのですが、このときに 表示される顔写真がとても大きくて見やすくなっています。 WEB版では写真が小さくてよく分からないことが多いのですが、アプリ版ではその女性の顔がはっきりと分かります。 なので、ルックスにこだわる人は、 アプリ版で相手を探し、その後のやり取りをWEB版でやるようにすると良いでしょう。 まとめ この記事では、ワクワクメールのWEB版とアプリ版を比べてみました。 課金時のボーナスポイントやアダルトコンテンツの豊富さ、利用者の多さなど、WEB版の方が優れている面が多く、 通常はWEB版を使うようにした方が良いでしょう。 とはいえ、素人女性を探すときや顔写真をはっきりとみたい時はアプリ版の方が優れています。 なので、目的に合わせてWEB版とアプリ版を上手に使い分けてくださいね。

次の

ワクワクメールを退会する方法は?ポイントやデータはどうなるの?

ワクワクメールweb版

とにかく、女性は料金がかかりません 実質無料で使えます ワクワクメールはとっても多機能 ワクワクメールには、出会い系サービスとしての機能の他に、携帯ゲーム、ニュース、日記、といったサービスも充実しています。 特に つぶやき機能などは、ワクワクメールの中でも 盛り上がっているサービスです。 他サービスにないこの機能は、気軽に発言できるので人気です。 伝言板サービスがあり、男女ともに無料で使えます。 この他、ワクワクメールの特徴のひとつに、 アダルト関係の投稿・閲覧機能があります。 さらに、 パパ活も許可されています。 ハッピーメールにはこの2つの機能はありません。 ただ残念なことに、これらの機能は、 《WEB版》でしか使うことができません。 ワクワクメールとライバルの ハッピーメールの主な料金を比較しました。 サービス名 ハッピーメール ワクワクメール 会員登録料金 無料 無料 1ポイントの料金 10円 10円 新規登録時お試しポイント 最大120ポイント 最大120ポイント サービス名 ハッピーメール ハッピーメール ワクワクメール ワクワクメール 性別 男性 女性 男性 女性 メッセージ 1通50円 初心者宛1通70円 無料 1通50円 無料 プロフィール閲覧 無料 無料 無料 無料 写真閲覧 無料 サブ写真閲覧20円 無料 20円 無料 掲示板閲覧 10円 無料 10円 無料 掲示板投稿 50円 1日1回は無料 無料 無料 上位表示50円 無料.

次の

ワクワクメールを退会する方法は?ポイントやデータはどうなるの?

ワクワクメールweb版

本記事ではそれぞれの違いや特徴、また入会登録方法も解説していくが、とにかくさっさとワクワクメールアプリをダウンロードしたいという人は以下のApp StoreとGoogle Playからダウンロードできるのでどうぞ。 さてこのワクワクメールアプリ版とWEBサイト版の話、少しややこしいので次項でまとめてしまおう。 すでに仕組みをご存じの方は飛ばしていただいても大丈夫だ。 ワクワクメールアプリ版とWEB版、端末(スマホ・タブレット・PC)による利用の違い ワクワクメールには「アプリ」と「WEBサイト」の違いがある。 お使いの端末によって、ワクワクメールアプリ版とWEB版どちらが使えるかが決まってくる。 以下の表にまとめる。 一方、PCユーザーはWEBサイト版のみ利用できる。 またアプリ版とWEBサイト版は併用できるので、初めてワクワクメールアプリを使う人も、すでにワクワクメールに登録済みでWEBサイト版を使っているという人も、本記事の手順でアプリ版を無料でダウンロード&インストールできる。 また、 ワクワクメールで実際に出会えるのかについても解説する。 ぜひ最後までお読みいただきたい。 お使いのスマートフォンのプラットフォーム(iOS・Android)に合わせて、以下の手順に従って操作していただきたい。 ワクワクメールアプリ版ではなく、WEBサイト版を使う人は2項目目「WEBサイト版を使う」を参照。 iPhone App Store でアプリを無料ダウンロード&インストール• App Store のワクワクメールページを開く こちらが公式• 入手ボタンをタップする• ダウンロードとインストールが終了したら[開く]をタップする• [新規登録]• ニックネームや年代などのプロフィールを入力し[さっそく遊んでみる!]をタップ Android(Google Play)でアプリを無料ダウンロード&インストール• Google Play Store のワクワクメールページを開く こちらが公式• [インストール]をタップする• ダウンロードとインストールが終了したら[開く]をタップする• [初めての方]をタップし、画面の指示に従って登録をする WEBサイト版に登録(PCの方はこちら)• ワクワクメール公式サイトを開く こちらが公式• [男性登録]/[女性登録]をタップ• ニックネームや年代などの簡単なプロフィールを入力し、[ステップ2へ進む]をタップ• 電話番号を入力し、[確認]をタップ• 登録後にワクワクメールから電話がかかってきたり、電話番号を悪用されることはまずありません。 以上でワクワクメールアプリのダウンロードとインストール、およびWEBサイト版の登録は完了だ。 続いてプロフィール登録と年齢確認の手順を解説する。 それは顔写真の登録と詳細プロフィールの登録だ。 アプリ版を利用している場合は、アプリから顔写真とプロフィールの入力を促されるので、画面の指示に従って入力していただきたい。 この顔写真と詳細プロフィール(特に一口コメント)は重要で、これらを登録しないと出会い系アプリで異性と会うことは難しくなる。 相手の立場を考えれば当然で、例えば顔写真のある人と顔写真のない人がずらっと表示されたとき、どちらが選ばれるかは明白だ。 プロフィールも同様で、何も記載していない人や、一行しか記載していない人がいるが、こんな怪しい人に誰が声をかけるだろうか。 どうしても写真を登録したくないという人は、せめてプロフィールを充実させよう。 ワクワクメールアプリを使うには、18歳以上であることを証明する必要がある。 これは「出会い系規制法案」により年齢確認が義務とされているからだ(逆に年齢確認が無い出会い系アプリなどは絶対に使ってはいけない)。 年齢確認方法は「証明書類で確認」「クレジットカードで確認」「ポイントを購入して確認」「FAXで確認」のいずれかで行う。 ほとんどの人が証明書類またはクレジットカードで年齢確認をするので、以下解説する。 証明書写真で確認する場合• 証明書を1つ用意する。 ・運転免許証 ・健康保険証 ・パスポート ・学生証 など• 証明書を撮影する(スマホのカメラでOK) ・「証明書の名称」「あなたの生年月日または年齢」「証明書の発行者名」が写るように撮影します。 ・上記3つの情報以外(顔写真など)は隠して撮影しても構いません。 よく分からない場合は、とりあえず顔写真と住所だけ隠して送信すればOKです。 専用フォームまたはメールで写真を送信 クレジットカードで確認する場合 クレジットカードで年齢確認する場合は、ポイント購入という形になるため100円ほどかかる。 また、事前にメアドと電話番号を登録しておく必要がある。 [クレジットカードで確認]をタップ• 画面の指示に従って、クレジットカード情報を入力 以上でワクワクメールアプリのダウンロードと入会登録は完了 以上でワクワクメールアプリのダウンロードとインストール、および入会登録は完了となる。 さてここからが重要なのだが、先述したワクワクメールのアプリ版とWEBサイト版、実は仕様や機能に結構な違いがあるのだ。 以降解説していく。 ワクワクメールアプリ版とWEBサイト版の違いは? ワクワクメールにはスマホにインストールして使う「アプリ版」と、ワクワクメールのWEBサイトにアクセスして使う「WEBサイト版」がある。 アプリ版とWEBサイト版には結構違いがあるので、簡単に解説する。 スマホ(iPhone)の場合、アプリもWEBサイトも利用できる。 さてどちらを使うかだが、一番の違いは アプリ版にはアダルトコンテンツがない、 WEBサイト版にはアダルトコンテンツがあるということだろう。 そのため「おねだりゴハン」「すぐ会いたい」「既婚者」そして人気No. 1の「大人の恋人候補」などの掲示板はWEBサイト版にしかないのだ。 さらに、アプリ版には日記機能がないため、無料で使えるコミュニケーション機能が弱いと言える。 ワクワクメールアプリとWEBサイトでなぜこのような違いがあるかというと、アプリはApp StoreやGoogle Playの規約制限を受けるため、アダルトコンテンツを中心とした機能が制限されてしまうのだ。 そのため、WEBサイト版を使い慣れている人からすると、アプリ版はかなり機能が少ないと感じるだろう。 ただ、ワクワクメールは出会い系サイトの中でも比較的ピュア系の会員が多いので、アダルトコンテンツは必要ないという人はアプリ版でいいかもしれない。 特に女性の方でアダルトコンテンツは不要だという方はアプリ版のほうがいいだろう。 男性の方も基本的にはアプリ版かWEBサイト版好きな方を使えばいいが、個人的には併用をおすすめする(他のサイトでやたらWEBサイトのみを推しているのはアフィリ目的でちょっと不誠実と思う)。 以下の点を踏まえて運用するといいだろう。 WEBサイト版は初期登録で120ポイントもらえるので、登録はWEBサイト版で• アダルトコンテンツを利用したい人はWEBサイト版を使う• ポイント購入はWEBサイト版の方がお得(複雑ですが、実際に見比べれば分かります)• アプリ版は毎日ログインボーナス(1P)が付くのでダウンロードしておく アプリのログインボーナスを貯めれば月換算でメール6通分になるので、これはこれで逃したくない。 以上を踏まえて、ワクワクメールアプリ版、WEBサイト版を利用していただきたい。 数日かけてメッセージをやり取りしてから会うというのが基本だが、ワクワクメールには掲示板もあるので、うまくいけばその日に連絡を取ってその日に出会えてしまう。 筆者はもともとハッピーメールをメインに使っていたのだが、ある日気まぐれでワクワクメールを使ってみたら無料ポイントのみで女の子と出会えてしまったことがある。 その時のメッセージのやり取りや出会った時の様子を記事にしているので、よかったらお読みいただきたい。 体験談 それでは最後にもう一度、ワクワクメールアプリをインストールしたい方、またワクワクメール WEBサイト版を使いたい方は以下からどうぞ。

次の